IBF 「ゴロフキンの王座剥奪!」 世界ミドル級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

IBFはミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)のミドル級王座を剥奪。8月3日(日本時間4日)までに対戦が指令されていた、1位セルゲイ・デレイビャンチェンコ(ウクライナ)との対戦が同意されていないことが理由とされている。

 

 

9月のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)との対戦が無くなったゴロフキンに対しては、WBCのマウリシオ・スライマン会長も、暫定王者ジャモール・チャーロ(米)との対戦指令を示唆。カネロの薬物陽性により振り回されたゴロフキンが、厳しい洗礼を受ける事態となってしまった。

 

ルールに忠実であろうとするIBFと、団体そのものがプロモーター化しているWBC。どちらも、一番強い者がチャンピオンという観点からズレているのは残念!。

 

★ミニグローブ!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】

                

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります