ゴロフキンvsマーティロスヤン 「結果」 統一世界ミドル級戦  | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

5日(日本時間6日)、カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センター。WBC、IBF世界ミドル級とWBA世界同級スーパー王座を保持するゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)が、WBC世界スーパーウェルター級1位バネス・マーティロスヤン(アルメニア)を挑戦者に迎えたタイトルマッチは、ゴロフキンが2回1分53秒テンカウントKO勝ち。

 

 

試合開始ゴングと共にジワリ前進。プレスをかけるゴロフキン。しかし、初回終了間際にはマーティロスヤンも良いカウンターを当てた。第2ラウンド。「もっとリラックスして行け」と送り出されたゴロフキンは、右ストレート、アッパーをヒット。攻勢を強めロープ際に挑戦者を追い詰め、最後は強烈な左フックから右をフォローしてマーティロスヤンをキャンバスへ沈めた。ゴロフキンは通算20度目(この試合にIBF王座は賭けられていない)の防衛に成功。強かった!。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります