【Photo】 マグダレノvsドビ WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦。正規王者ジェシー・マグダレノ(米)vs暫定王者アイザック・ドビ(ガーナ)。4月28日(日本時間29日)。米・ペンシルバニア州フィラデルフィア、リアコウラス・センター。マクドネル(26歳)は約1年ぶりのリング登場。25戦全勝(18KO)。

 

 

ガーナ・ボクシング界を引っ張るドビ(23歳)は、18戦全勝(12KO)。

 

 

リングアナウンサーは、ルーペ・コントレラス(メキシコ出身・米在住)。

 

 

レフェリーは、ベンジー・エステベス(米)。試合開始。

 

 

先手を取ったのはサウスポー、マグダレノ。

 

 

初回。マグダレノの右フックでドビはダウン。

 

 

前に出て左右フックを振るうドビに、マグダレノは左をカウンター。序盤をリードした。

 

 

第5ラウンド。ドビの右フックで今度はマグダレノがダウン。

 

 

何とかピンチを逃れたマグダレノだが、ドビの突進の前に後退を余儀なくされた。

 

 

ドビの前進をストップさせたいマグダレノだが、ガーナ人の突進は止まらない。

 

 

迎えた第11ラウンド。ドビの右フック、左フックでマグダレノはダウン。

 

 

再開後、ドビはすかさず追い打ち。

 

 

マクドネルが力なく両膝をキャンバスへ落とすと、エステべス主審は試合をストップ。TKOタイム11回1分38秒。

 

 

10回までのスコアも、ジャッジ三者共にドビがリードしていた。

 

 

無敗のマグダレノをパワーで圧倒。米国のファン、関係者をうならせる素晴らしいい勝利でベルトを統一したドビは、19戦全勝(13KO)。ロンドン五輪バンタム級トーナメントでは、清水 聡 (大橋)選手に10-9の判定で敗れている。今後の防衛ロードに注目。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります