BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

前日計量でリミットを900グラムオーバー。本日午前8時から行われた計量で、上限55.3キロを600グラム下回る54.7キロでクリア。試合出場へのハードルをクリアした前WBC世界フライ級王者比嘉大吾(白井・具志堅)選手は、「体重をオーバーしても試合をOKしてくれたロサレス陣営に本当に感謝したい」と話し、具志堅用高会長は立ち会った挑戦者クリストファー・ロサレス(ニカラグア)陣営にあらためて、「本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 

 

ロサレス陣営は地元ニカラグアのメディアに対し、試合の同意に関し1万ドルの違約金を受け入れたこと。ロサレスの今朝のウェイトは124ポンド(56.24キロ)で、今夜のリングには126ポンド(57.15キリ)から128ポンド(58.05キリ)で上がる予定であることを明かしている。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります