BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBCはフェザー級王者ゲーリー・ラッセルJr(米)と、同級1位ジョセフ・ディアスJr(米)の両陣営に対戦を指令。アル・ヘイモン傘下の王者と、挑戦者と契約するゴールデン・ボーイ・プロモーションは、既に交渉を開始。5月19日(日本時間20日)に米・ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われるキース・サーマン(米)のWBC世界ウェルター級戦興行のアンダーカードとして行われる可能性が高い。

 

 

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れて以来、めっきし試合数が減ったラッセルJr(29歳)は、ここ3年間、年に一度の割合でしかリングに上がっていない。28勝(17KO)1敗。次世代のスター候補ディアスJr(25歳)は、26戦全勝(14KO)。早くも王者の苦戦が予想されているが、果たしてどうなるか。正式発表が待たれます。

 

★ミニグローブ 入荷!  【ペアセット】 【キーホルダー】 【ミニヘビーバッグ・キーホルダー】

                 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります