嫌がらせビジネスの全て

嫌がらせビジネスの全て

組織的嫌がらせ犯罪の全てを明らかにします。
犯罪のない社会を目指し、広報係、アドバイザ、他の会の相談役として活動をしています。


テーマ:

前回の記事は急いで書いたため、わかりにくい箇所もあったかもしれません。
今回の記事は、ある活動家さんと打ち合わせをして、本質的な内容のものを追加して公開することにしました。
被害に悩む方や組織的な嫌がらせ犯罪に嫌悪感を抱いている方のヒントになれば幸いです。
過去に質問されたことをダイジェストでお届けします。

私達は全てを解明させ、証拠も揃えております。

ある方が「国家茶番劇劇団情報サイト」というホームページを立ち上げていますが、「茶番劇」というのは間違いではなく、日本の問題を全てを知ったとき、国外移住を検討する人も出て来ることでしょう。

私達は、他の活動家と連携を強化し、更に活動を拡大させ、推進して参ります。ぜひとも私達に力をお貸しください。

この犯罪を無くそうと証拠取り、訴訟、周知活動、街宣、請願、陳情、ホームページ作り、チラシ配りをしている皆様を応援しています。

なお、こちらに掲載します内容は、情報の出所が明確であり、公務員の正式な回答を含み、組織犯罪の傍証として十分通用するものです。

※おかしな表現を訂正し、Q&Aを大幅に追記しました。(2/14加筆修正)

 

 

【質問】
マスコミは、組織的嫌がらせや集団ストーカーを報道しましたか。

【回答】

アメリカの大手メディアは「ギャングストーキング(集団ストーカー)」を大きく報道テレビしました。
番組がYouTubeにアップロードされているので、ご覧下さい。
YouTubehttps://youtu.be/IWCjye4ICt0
YouTubehttps://youtu.be/QgrNPTWPxKc
YouTubehttps://youtu.be/jY3ooPN7Nmc
YouTubehttps://youtu.be/8ehfnkUuFC8

 

国内でも大手メディアではありませんが、きちんと報道はしています。
度肝を抜くような内容も含みます。
・大企業が弁護士や宗教団体ルーマニア国旗と共謀して、邪魔な社員を自殺に追い込んだり、社会的信用を落とすような工作することは珍しいことではない
・被害者を精神不安定にさせる工作が実際に運用されている事実
・18年もの間デマが一人歩きして、ネットストーカーや集団ストーカーされた芸人
・国がネット炎上や荒らしをすることもあると報じた
 
URL報道をまとめましたのでこちらを参照ください。
 
 
 

【質問】
犯罪被害に遭うと、どのような事が起きるのですか。

【回答】
URL被害者URL活動家が受けているストーカー被害をまとめてみました。

これに心当たりありませんか。

・不特定多数の人から監視される
・監視していることを、暗に知らせてくる
・個人情報を仄めかしてくる
・脅迫的な言葉や仕草で脅される
・盗聴・盗撮被害に遭う
・偶然を装った嫌がらせを受ける

・タイミング良く騒音を出す

・人間関係の分断

・街の治安が急に悪くなった
・警察が動いてくれない
・加害者や犯行の目撃者は、みな知らぬ存ぜぬでしらを切る
・犯人は**学会のようだ

 

こちらでも手口を丁寧にまとめられています。

URL**学会 合法ストーカー手法まとめ

 

参考動画:被害者の街宣の様子

YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=klvQwW_j3ug

 

 

【質問】

国はこの犯罪のことを認識しているのですか?

【回答】
認識していますが、「している」と公式に言えない状態が続いています。マスクくまちゃん
理由はまたの機会にさせてください。


【質問】
警察は組織的なストーカー犯罪を認識していますか?

【回答】
しています。
昨今、組織的なつきまといや嫌がらせが社会問題になったことを受けて、警察は丁寧に回答をくださいました。
被害者は少ないながらいること、偽被害者が多いことを認識しており、被害者方が包み隠さず全てを話してくれるなら警察は被害者のために動くと言っていました。

自分の被害を客観的に伝え、警察の方々に新手の犯罪として認識してもらえるように、こまめな通報をしましょう。
政治に関心のある方ならご存じと思いますが、警察が(政権側の指示で)犯罪に荷担させられていることは表沙汰になってほしくはないようで、この部分をものすごく気にしています。

私達は、現時点で国の機関の犯罪を公表するつもりはありません。

 


【質問】
夏みかんさんは、なぜ警察に組織的嫌がらせ犯罪を認めさせることができたのですか。

【回答】
認めたのは、運や偶然ではありません。
昨今、組織的な嫌がらせやストーカー的行為がとても目立っていること、被害者は多いこと、新聞で報道され、国会でも問題になっていたことを資料を揃えて説明したからです。
論理的な説明や弁護士のような法律に沿ったトークができないといけません。
非論理的であったり説得力が欠けると、警察は「個人の持論や噂」でかたづけてしまいます。

国が荷担した茶番劇や諸問題を全てつきとめ、適切な形で問題提起したから話を聞いてれました。

「集団ストーカー」や「組織的嫌がらせ」が社会問題になったので、各所と対話しやすい状態に持ち込めたという面も大きいです。

多くの被害者が極度に萎縮したり、加害団体を擁護したり、一部の集団ストーカー犯罪を肯定したり、訳の分からない煮え切らないことをしている間に、本物の活動家や良識ある市民は積極的な通報・調査・分析をしていました。
 


【質問】
警察はなぜ動いてくれないのですか?

【回答】
深い部分への言及は避けますが、「上には上がいる」太陽ルーマニア国旗以上のことは言いませんでした。
ですが、政治的な圧力がかかるから動けないということを十二分に示唆する内容で答えてくださいました。
偽被害者が多いことや、確たる証拠もなく警察を誹謗する自称被害者が多いので、被害者に良い印象を持っていません。

不用意な警察批判によって、当時活動していた自称被害者は、被害者全体にマイナスになる事をしてしまったのです。

※警察正常化団体の大河原さんのように、マスコミが取り上げる程のネタなら話は変わってきますが。


 

【質問】
この犯罪は国家犯罪ですか。

【回答】
最近は、国家犯罪の様相を呈していますが、少し違います。

日本が高いリスクを冒してまで自国民を虐げる理由がみつかりません。
この犯罪は、統計分析しますと、1980年頃を境に被害者が現れはじめ、2010年頃からうなぎ登りに増加しています。
被害者の増加と最も高い相関を持つ事象・団体は、某新興宗教団体ルーマニア国旗なのです。


【質問】
組織的なストーカー犯罪は、半グレ、闇業者、在日の犯行ですか?

【回答】
違います。警察も違うと断言しています。
半グレや闇業者は全国的な組織力を持たず、警察の捜査を妨害するようなことはできません。
在日の方は全国的な連絡網を持っていませんから、主犯にはなり得ません。

大久保や鶴橋で集中的な被害を受けたという話も聞いたことがありません。

反日な宗教が主犯の犯罪であっても、日本人の犯罪者はたくさんいます。

人種差別や、他の新興宗教団体などを根拠なく不要に誹謗するのは良くない傾向だと思います。

十把一絡げにすることは良くないことですよ、といいたいだけです。

 

 

【質問】
私はどの組織から攻撃されているのですか。

【回答】

以下の方法で見分けられます。

近所や職場など被害のエリアが限定的--業者

ネットの炎上が原因--ネットストーカー

会社とのトラブルが原因--主に某新興宗教団体。業界と繋がりのある団体が動くことも

警察関係者に監視されていると感じる--逮捕歴のある方に多い

原因不明--某新興宗教団体

 


【質問】
組織的嫌がらせをする理由は何ですか。

【回答】
他のページに答えとなるヒントがあるので、お読みください。
結論から先に言うと、

<新興宗教団体が主犯の場合>

・リストラ工作(例:オリンパス事件、野村セクハラ事件)
・某新興宗教団体から脱会する
・某新興宗教団体信者に勧誘されたときキッパリと断った(例:騒音おばさん)
・某新興宗教団体の信者とトラブルになった、逆恨みされた
・被害者を排除することで、某新興宗教団体や信者の利益に繋がる場合(例:告訴の取り下げや被害届けの提出妨害など)
・うかつな政治批判、宗教批判をしてターゲットに選定される
・某新興宗教団体は常に敵対者がいないとまとまらない特性があるので、サンドバッグにする為の犠牲者に選定された
・某新興宗教団体が嫌う家庭のお子さん(学生)を、街ぐるみで嫌がらせをして自殺に追いやる
・スキャンダルを捏造して邪魔な若手政治家を潰す
<警察から尾行されている方>
・何らかの策謀で、警察全体から目を付けられてしまった

<業者から被害を受けている方>

・不倫相手や仕事上のライバルから、別れさせ工作やリストラ工作を依頼され、会社への脅迫電話や自宅への嫌がらせを受けている

 

 

【質問】
組織的嫌がらせを端的に表現してください。

【回答】
組織的嫌がらせとは、宗教団体が独自に行う私的制裁と、企業や権力者から請ける委託業務であるといってよいでしょう。
実際には、宗教団体と親しい反日団体、政治団体、ブラックな企業と連携して被害者を追い込みます。
 

 

【質問】
組織的嫌がらせは、誰がやっているのですか。根拠や背景を教えてください。

【回答】

宗教関係、政治団体、企業、組合、反日団体、業者です。

業者などが短期的かつ局所的に嫌がらせをすることもあれば、政治トラブルなどで業界全体が攻撃することもあります。

主犯は某新興宗教団体ルーマニア国旗で、全体の7~8割にのぼります。(被害者の申告をもとに集計した)

 

某新興宗教団体が犯罪を行う理由は、URLこちらのページをご覧下さい。学会幹部が「うちは集団ストーカーしている」と言っています。

 

政治活動家の瀬戸弘幸氏、保守系活動家の有門大輔氏、カルト撲滅を目的とする活動家の黒田大輔氏、在特会、被害者の会も、某新興宗教団体が主犯であるとみています。

URL被害者の街頭演説を文書化したもをこちらに用意しています。

 

某新興宗教団体(S会)の大幹部は、組織として集団ストーカーしていることを暴露しました。
某宗教Sは、集団ストーカーをしているブラック企業、一部の政治家、反日組織と太いネットワークを持っており、状況に応じて彼らが教団の共犯となって動きます。

探偵、業者も一部ですが、ストーカーまがいの嫌がらせを業務としてしていますが、動かせる人が少ないので被害は局所的です。

 

某宗教Sと同団体を支持母体とする某政党Kから、生活保護を当ててもらった信者なども積極的に教団の犯罪に荷担します。

 

某宗教Sと共犯団体・共犯者を併せると、1000万人を超えます。彼らが強固な悪意の意思を持つと、それは世論のようにもみえます。
警察が動かず、警察が動かないことに恐怖した企業や市民を手玉に取り、1000万にもなる犯罪者が悪意を伝染させたらどうなるでしょうか。これは空想ではなく、今日本で起きていることを言っています。


【質問】
偽被害者とはどういう人ですか。見分け方を教えてください。

【回答】
被害者を他の宗教に誘う目的の人、目的がお金の人、加害側に屈するよう促す人、他の被害者を攻撃する人、ガセを吹聴する人、冷やかし目的がいます。
他人の誹謗中傷や被害者間の離間工作を目的とする悪意に満ちた人もいれば、悪意はないけど金や名を売りたい人もいます。

昔から自称被害は相当おり、最近は犯罪に荷担していない被害の方が少ない状態が続いています。

 

ある自称被害者は、ある宗教団体(真○苑)への勧誘をしたり、考えの違う人を排除したいのか、手当たり次第に誹謗中傷を繰り返し、いろんな人とトラブルを起こしています。

悪意の人を見抜く方法はあります。
以下の点検項目に複数当てはまったら高確率で黒でしょう。
被害者心理として、おかしなことをしていれば、回りから警戒されても仕方ありません。

 

・いままで散々叩いていた某新興宗教団体などを擁護する。これまで活動家がしていたことはなに?ってなりませんか。

・やっていい違法行為と、やってはいけない違法行為を区分けする

・加害側に屈するように促す
・この集団ストーカーは被害者の方が悪いなどと、犯罪に善悪を設ける
・最近世の中がおかしくなってから、活動を急にやめた
・人工衛星に追われている、遠方から思考を読まれた、などと非科学的なことを強調する
・イルミナティ、ロスチャイルド、フリーメイソン、ユダヤ、裏天皇など怪しげな陰謀論を信仰する
※あなたが警察に通報して「この事件はイルミナティが関与しているので、ロスチャイルド一家に請願書を送りました。」と言われたら不安になりませんか。
・証拠を取りや警察への相談をしたことがないのに、他の被害者や警察を非難する

 

総じていえることは、発言に根拠というものがなく、思いつきの言葉が多い。「そんな気がする、みんな言っているから」など。


【質問】
組織的嫌がらせが無くならないのはなぜですか。

【回答】
ブラック企業、悪意の政治家・権力者、反日団体にとって需要があるからです。
某新興宗教団体にとっても、攻撃する対象(スケープゴート)がいなくなれば、たちまち求心力を失い組織は衰退してしまいます。

教団の統率力を高めるために、被害者というサンドバッグは常に存在していなければならないと言い換えることもできます。

 

最近は被害者でさえも、大規模な人権侵害やストーカー犯罪などを黙認、場合によっては賛成してしまい、結果として「集団ストーカー」という犯罪を受け入れています。結果として自分の首を絞めるようなことをしています。
某新興宗教団体の関与した組織的嫌がらせなどを一部でも容認してしまえば、加害側は社会全体から共感を得られたと思い込み、更に犯罪は深刻化するでしょう。
最近非難が集中していますが、不審だと思ったものをそのままにしておき、犯罪集団を放置しておく日本人の驚異的な習性も発見されました。

※本件は全て調査済です。見苦しい言い訳は要りません。

 

 

【質問】
被害団体や会はありませんか。

【回答】
ありません。
それらしい名前の団体はありますが、被害者を救済する活動はしていません。
団体幹部が加害側に汚染されていたり、被害者の情報を売り渡したりといい話は聞きません。
結果をひとつでも出せた団体・会はひとつも存在しません。
団体のホームページも数年前から更新されていないところも多いです。
手前味噌ですが、全被害者の中で私と私の仲間が一番結果を出したかもしれません。


【質問】
被害が凄まじいです。助けてください。

【回答】
この犯罪は、腕利き弁護士でもあなたを助けることはできません。

あなたが敵と戦えるだけの証拠を集めるしかありません。弁護士とは、あなたの代弁者に過ぎませんから。

ただし、あなたの尊い行動で、警察を含め、私や仲間の被害者が、あなたを間接的に助けることはできます。
タブーを設けず、自分の被害、他人の被害。世の中の異常な犯罪、あなたの回りの人の犯罪行為など、違法性の有無にかかわらず、迷惑なものは積極的に警察に通報してください。
通報しにくいと感じたら、この記事を引き合いに出していただいて構いません。
警察は、このブログを見ていますから。
自称被害者のなかには集団ストーカー犯罪を肯定している人がそれなりにいます。その人達が、あなたを苦しめることに一役買っていることを忘れてはいけません。

 


【質問】
私は何をしたらいいですか。

【回答】
まずは警察に相談して記録残しをしてください。
自分の被害や他人の被害に関わらず、違法、反社会的、迷惑なものは、すべて警察に情報提供してください。
役所の市民相談や法務省の人権相談も活用してください。
ある程度被害が大きければ証拠は取れますので、証拠集めしてください。
周知活動として、チラシ配り、チラシ掲示、ネットで話題を振る、首相官邸にメールを送るなどが考えられます。

 

この犯罪の弱点は、内情をオープンにされたり、諸事情が公然のものとなれば破綻してしまう類の代物です。

日の当たらないことろでしか実行できない、存在できない工作なのです。

そういった意味で、工作の手口や犯罪をやっている団体の裏側を暴露することは重要なのです。

極端な話、この犯罪の全てをすべてオープンにする人が次々と現れたら、その瞬間、この犯罪は過去の遺物となります。

 

 

【質問】
加害をしている団体ルーマニア国旗が、ストーカー犯罪を得意としているのはなぜですか。

【回答】

主犯である某新興宗教団体は、名誉会長池田*作の指示のもと対立する宗教や政党の諜報活動を行っていました。

※大幹部が暴露しています。URLこちらのページをご覧下さい

その後、日蓮正宗という宗教と喧嘩して激しい宗教戦争が繰り広げられるのですが、そのときに、これまでの謀略と盗聴のノウハウを全て投入して、徹底的な運営妨害やたくさんの住職を破滅に追いやり「(学会のいう)勝利」を得てきました。

このとき、国会で「テロ宗教の集団ストーカーを何とかしろ(やや意訳)」と非難が殺到したのですが、この教団の犯罪を止めさせるには至りませんでした。

教団の敵がいなくなった後も、探偵を遥かに上回る謀略のノウハウや、国の機関の次に高度な盗聴技術を持つ、スパイのノウハウを集結させて、企業から集団ストーカーの依頼を受けたり、教団の邪魔になる一般市民に向けて組織犯罪を行っています。

かつては、敵対する政治団体や宗教団体をボコボコにすることで、教団の士気を上げ、信者のモチベーションを保ってきたのですが、敵を失ったことで、一般の方を標的にすることが増えました。

 


【質問】
加害側(主に某新興宗教団体ルーマニア国旗)は、何をしているのですか。

【回答】
最近は、勧誘と世論のコントロールです。

 

・まずは台本を作って、実行犯と関係者に配り
・「○○は悪者なんだから違法なこと(集団ストーカー)をしてもいい」という口実をつくり、
・(悪者にされた)被害者 VS 正義の味方の(ふりをした)宗教団体 という構図をつくり
・言論統制で加害側に都合の悪い情報が出ないようにして
・金と権力にものを言わせて、手当たり次第に仲間に引き入れたり懐柔工作して
・悪者にされた被害を集団で叩き
・某新興宗教団体の力を誇示して勧誘を拡大させ
・誰も某新興宗教団体や関係者に逆らわないようにする
・このまま年数がたてば、政財界は某新興宗教団体の息の掛かった企業や人材で埋め尽くされ、誰も何も言えなくなっている
という筋書きです。
某政治家と某弁護士から事前に情報を入手していました。

 

悪者と正義の団体という虚像をつくることで、自分達に非難が集まらないようにするという、この教団が長いことやってきた使い古された手法なのですが、本当にプロレスごっこが好きなようです。

日本を荒らせば、より宗教勧誘しやすくなるし、集団のイジメをしやすい(集団ストーカーなどの犯罪をやりやすい)素地を作ることにもなります。

一石三鳥を狙ったのでしょう。

こちらの案件も、良識を持った方々が調査しており、全て解明済みです。


URLGSCバスターズさんはこのように言っています、
「2017年現在、この新型ストーカー犯罪はストーカー規制法の処罰対象から除外されています。それに加えて、社会認知の遅れからストーカー犯罪組織が野放し状態となっています。集団ストーカーは、いつ誰もがターゲットにされてしまう危険性がある“無差別テロ犯罪”です。
集団ストーカーの嫌がらせ・監視行為に、何故か不特定多数の近隣住民までもが協力している!?…そんな証言が、多くの被害者から寄せられています。
時には未成年の学生や、幼い子供のグループまで加担して、被害者宅の周りで大迷惑な悪ふざけをしたり、人をおちょくった態度で(被害者の個人情報を仄めかしたりしながら)罵詈雑言を喚いたりします。
こうした加担者らの素性をよく調べてみると、ある共通点が発見できます。それは“特定カルト宗教に入信している家庭”の者だという事特に多いのはイニシャル「S」が付くカルト宗教の信者です。
インターネットの検索サイトで、教団名と集団ストーカーで検索してみると、この「カルトS会」と「集団ストーカー」犯罪とを結び付ける情報が膨大な量、発見出来ます。

「カルトS会」は昔から教団脱会者や敵対者、入信勧誘を拒んだ者などに対して、組織ぐるみの悪質な嫌がらせや、しつこい付き纏い行為をする危険団体として有名でした。近年インターネットの普及と共に、こうした教団の悪事が「集団ストーカー」という呼び名で表沙汰になってきた訳です。」


【質問】
一般の方からの投稿。
被害者の言うことは時期によって違うし、言うことが怖いです。

【回答】
イルミナティ、ロスチャイルド、フリーメイソン、ユダヤ、裏天皇など怪しげな陰謀論を信仰する人や、ごたいそうなホームページを作り「電波からメッセージを受信した、ロスチャイルドの勝利だ」などと書いている危ない人もいます。
彼らの多くは、被害者の印象を悪くさせるために病人を演じている犯罪者のお仲間か、小説家志望の人でしょう。
雑学やネタとして陰謀論に軽く触れるのは悪い事ではありませんが、それを強調すると病人に見えます。

 

 

【質問】

有用な情報を集めたホームページはありませんか。

 

【回答】

以下のサイトをおすすめします。

 

URL集団ストーカー.info

 

URLGSCバスターズ

 

URLStay Alive

 

URL創価学会 合法ストーカー手法まとめ

 

URL集団ストーカー現象について考える

 

こちらは、協賛サイト様になります。

 


【質問】
日本は終わっていませんか。

【回答】
終わっています笑い泣き

どこもかしこも、こういう声でいっぱいです。
何も突然終わったわけではありません。
集団ストーカーなどという犯罪が年々増えムキー、政治家の暴走にも無関心な国民が多くちゅー、国が荒れても世の中に無関心な国民が多い口笛ために、調子に乗った某新興宗教団体ルーマニア国旗などが日本を壊してしまいました。
このことに気がついていない、全体を見られない、情報弱者が多いですが。

情報弱者やスマートフォンを見て集団催眠に掛かっている人が、ストーカー犯罪を解決不能な方向へ持って行っていることに早く気がつくべきです。

 

これだけの批判やクレームが集まっています。知ってましたか?

・警察に殺到する、某宗教関係者が行う特殊工作や盗聴盗撮へのクレーム
・違法行為への示し合わせや書類の改竄などを強要された人が多く、クレームが殺到
・通報者を脅迫する法務省と警察
・あなたとの会話をブログに掲載していいですかと聞くと、訴えるぞと脅す東京の某区役所
・日本は破綻していると嘆く警察官

 

政治の問題にしても、組織的嫌がらせにしても、みなさんは、自分の目で、耳で、足を使って真実を調べましたか!?
高度な偽造写真を使って、大臣が「こいつは悪人だから殺せ」と言ったら本当に殺してしまうような人が実は多いのはないかと危惧しております。


【質問】
もっと大事なこともあると思いますが、なぜ公表しないのですか。

【回答】
このブログは警察やマスコミの方もご覧になります。
根拠となる情報源が明確にできない、できても説明が面倒なものは、あえて言わないようにしています。

また、ブログに書いてあること全てが私の本音とは限りません。
私は最近革新的な情報を発信しているのも、裁判でも通用する証拠が揃い事実証明が可能となったことと、別の活動家から情報を発信してもよいのではないかと提案があったからです。

私は、公表することで利益に繋がると思う情報以外は公表しません。

 

 

【質問】

犯罪を行っている人達をどう思いますか?

 

【回答】

今の時代は、透明化やコンプライアンスを重要視する時代です。

言論妨害や集団の圧力で強要をする時代ではないのです。

この犯罪の特徴として、犯罪者は暗号のような形で何かメッセージを伝えてくることが多いですが、感性の狂った人達の考えなど常人には理解できません。理解する必要もありません。

集団ストーカーとは、カルト組織と共犯団体がやっている犯罪なので、やり方が時代遅れで下品なのです。

以前、一緒に活動をしていたメンバーが、このように言っていましたが、私も同感です。

 

 

【質問】

SFみたいな技術を使った犯罪が行われているって本当ですか。

 

【回答】

犯罪グループにとって、携帯電話や通信記録の傍受はお手の物です。

こういうことが新聞などに書かれること自体がやばいのですが。

それはさておき、例の団体の幹部に言わせると、通信傍受だけではなく、高度な盗聴・盗撮、写真の変造、書類の改竄、職権乱用なども常套手段としてやっているそうです。

 

私からひとつだけトリビアをお教えします。

パソコンなどから漏洩する電磁ノイズを、隣家で拾い上げて復調し、パソコンのモニタに映し出している映像を再生する、「テンペスト」という技術が存在し、銀行や研究所ではテンペスト対策をしていることを知ってましたか。

一般に知られていない特殊な技術を、犯罪者側は積極的に使っているようなのです。(例の団体の幹部 談)

 

被害者にしてみれば、得体の知れないカルト集団につきまとわれて、ネットを切断しても情報漏洩していると知ったら、誰でもパニックになりますよね。

パニックに陥った被害者が、脳の中を読まれている、CIAが絡んでいると騒ぎ、これを聞いた別の被害者がそれを伝言ゲームで伝えていきデマが定着するのです。

 

上述のとおり、例の団体は、国の機関に次ぐ謀略や盗聴技術を持っています。

被害者が良く訴える謎の騒音被害なども恐らく事実でしょう。

 

事実と、推測と、デマを切り分けられないと、存在しない被害に振り回されます。

 

 

【質問】

この犯罪はいつになったら無くなりますか。

 

【回答】

良識のある被害者と一般の方の考え方次第です。

事実を知り、悪いものは悪いと声を上げないかぎり、いつまでたってもなくなりません。

ブログやツイッターをいくらやっても、被害者以外は基本的に見てくれません。

防犯チラシを作られている方のブログにあるように、「被害が無くなるまで警察に行く」が正解です。

余力があったら、周知活動もしましょう。

年内に国の醜態が表面化する時がきますので、このときが犯罪をチャンスになります。

ウォーカー氏などの陰謀研究家によると、数年以内に警察国家かつ独裁国家に向かうとのこと。

戦前の日本に向かっているのではないかという意見も多いですが、この情報が正とするならば、今年が最後のチャンスということになります。

犯罪を無くしたいと思っている方は、今のうちに準備を。

 

 

【質問】

犯罪者にひとこと。

 

【回答】

私に危害を加えた、容疑者の十数人が責任を取らせれて退職したり閑職にまわれてきました。刑事事件として処理された案件もあります。

つまらないことに荷担して、人生を棒に振るのは賢いとはいえません。

日本は一応法治国家を装っていますので、悪いことをすればそれなりに責任を取らされます。

手や口を動かす前に、何か情報を発信する前に、良くお考えください。

 

嘘を吹聴したり、口止めすれば何とかなると思っている節があるようですが、無駄ですのでお止めください。

指示を出して言うことを変えさせれば、強大な力を使って供述を変えさせているという事になり、かえって組織性を強調させる結果になります。組織的に嘘つくことは得策ではありません。

 

 

※ 以下のホームページとメディアから引用しました。

 

集団ストーカー.info

GSCバスターズ

カルト集団を撲滅する会

新興宗教団体による合法ストーカーブログ

朝日新聞

週刊文春

中日春秋

日刊サイゾー

日刊ゲンダイ

ライブドア

エキサイト

ヤフー

J-Cast

5ちゃんねる

ガールズチャンネル

 

 

○おしらせ

当サイトはリンクフリーですが、引用や転載をする際には、当サイトの趣旨に反しないことと、誰でもアクセスできる場所に掲載することをお守りください。

この記事を印刷して、行政機関、司法機関に要望、陳情、申し入れする際の資料として使用していただいて構いません。

ただし、会員制サイト、地下サイトへの掲載と、ラインなどでの転送はお止め下さい。既に掲載している方は速やかに削除してください。

当方は多忙ですので、2月中旬まで頂いたメールやコメントに返信できません、ご了承ください。

 
 

~情報提供フォーム~

 

組織的嫌がらせの情報提供

 

権力の悪用、集団による暴力・人権侵害等の情報提供

 

手紙メールフォーム

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス