オリジナルガラスアート制作/手彫りガラスで『あなたの想いを形に』グラスリッツェン工房Sorriso 千葉県・佐倉市

オリジナルガラスアート制作/手彫りガラスで『あなたの想いを形に』グラスリッツェン工房Sorriso 千葉県・佐倉市

結婚式・出産・還暦祝い。大切な人の記念日に、心を込めた手づくりのプレゼントを贈ってみませんか?あなたの想いがきっと伝わるはず。グラスリッツェン工房Sorrisoは、初心者の方でも作れる手彫りガラス制作のお手伝いをいたします。

千葉県 佐倉市・印西市・船橋市で

グラスリッツェン(手彫りガラス)教室開講中


グラスリッツェン工房Sorrisoです

イニシャル入りグラスなどのオーダー制作もいたします



家事に育児にお仕事に

頑張っているあなたへ

趣味=自分だけの特別な時間を

過ごしてみましょう




グラスリッツェン(手彫りガラス)は

ヨーロッパ貴族の間でも流行した

ガラスに専用の針で線を彫り重ね、描いていく

とても繊細で手間のかかる工芸です



教室では忙しい今の時代に逆行する様な時間が流れます

この、ていねいに過ごす時間が

本来の私たちを取り戻してくれる様な気がします



日常の疲れを癒しに、

ちょっと特別な大人のお稽古に

いらしてみませんか?



資格取得、お教室開講を目指す方も応援いたします!

お気軽にお問合せください

kinoshita@koubou-sorriso.com





テーマ:

グラスリッツェン工房Sorriso(ソリッソ),木下浩子です。


もうすぐ敬老の日ということで、昨日ニュースで厚生労働省が発表した
100歳以上の人口のニュースを見てびっくりしました。

男女の人口比の違いがすごすぎる。


6万9785人のうち6万人以上が女性。
なんと、88パーセント以上が女性なんですね。

(100歳以上の高齢者の方が6万人以上もいらっしゃる事にも驚きですが)


この差は何なの?
戦争の影響や、遺伝的な要素も関係するのでしょうけれど、何か女性ならではの事が
あるのかなぁ。
グラスリッツェン講師の目線から私なりに検証してみました。



総務省統計局人口ピラミッド(平成25年10月1日現在)

 

ちなみに、60代くらいまでは男女にその差があまりありませんね。


これは、年を重ねてからの過ごし方に関係してくるかも知れないと思いました。

2ヶ月ほど前に、中央区の区民カレッジでグラスリッツェン講座を開講したのですが
20人中、男性のご参加者は3名でした。



 

若い方もおいででしたが、年代的には60代くらいのご参加が
多くいらっしゃったように感じます。
女性17人男性3人。男女比が、なんか、100歳以上のそれと近い・・・?


ちなみに講座は日曜日に行いましたので、女性だけが参加しやすいという
事はなかったと思います。


男性は、会社に勤めている間は地域とのかかわりはあまり持たず、
いざ会社をやめてしまうと、急に居場所がなくなって家にこもりがちの方も。


そうすると手持ち無沙汰になるし、奥さんは奥さんで、すでに自分の世界を
もっているから、家に置いてきぼり。社会とのつながりが急に薄れます。


女性は、ママ友、PTAなどできたえられているので
ある程度あたらしいコニュニティに参加するのも、抵抗ないのでしょうか。
こういった講座への参加も積極的。

この講座でも、初対面だけれど席が近くの方とさっそく和やかに
されている姿がちらほら見えました。


私の講座にいらしたことのない方に申し上げますと、
決して男性を排除しようという雰囲気はないのですよ。
むしろ男性は珍しいので、歓迎ムードです。


年をとると、他の方とのつながりがとっても大切になってくると思います。
いつもの場所にいつもの方がいらっしゃらないと、「どうされたのかしら?」って
なります。
「近所に気の合う方がいない」、という方や「近所付き合いはわずらわしくてどうも」
という場合でも趣味の場所があれば、程よい距離のつながりが生まれます。


グラスリッツェンは、男性にも向いています。
なぜ?と問われてもうまく表現出来ませんが、
 

チェックガラスに手彫りで装飾をする、繊細な職人的作業というのは、案外男性に合っている。

チェック扱うのがガラスという素材で
糸とか、布とか女性を連想させるものではないので抵抗ない。
(私はむしろ、編み物や縫い物をする男性のギャップもよいと思いますが)


趣味を通じたお仲間と、ゆるくつながりながら生活を豊かにして頂きたいなぁ。
声を大にして申し上げたい。

 

アラカン男性よ、趣味をもとう!

きっとそういう事が長生きの秘訣でもあると思うんです。


自宅教室は女性のみとさせて頂いておりますが
カルチャー教室では男性もご参加いただけます。


以下の教室では随時体験を受け付けています。
J-2カルチャー教室
イオンカルチャー船橋教室

ぜひ、勇気をふるってお申し込みくださいね。
 

 

 

私について → 【マイストーリー】グラスリッツェンと私

 

 

グラスリッツェン(手彫りガラス)って? → グラスリッツェンとは

 


グラスリッツェン教室は初心者さんからベテランさんまで
こんな作品が作れます↓

 

   

 

→こちらでもご紹介しております ★ホームページ作品ギャラリー

 

 


テーマ:

グラスリッツェン工房Sorriso(ソリッソ),木下浩子です。

今日は、私が先日お会いしてきた素敵な女性のお話です。


スマートなお金の貯め方・使い方というブログで
お金に関する知識のみならず、お金との上手な付き合い方(お金とこころ)について
綴っていらっしゃる三好麻子さん。
わかりやすくて、こころにすっと入ってくるような文章です。
また、ブログに時々登場するご主人がいい味を出していらっしゃって
素敵なご夫婦の様子も楽しいのです。


麻子さんは、平日はシステムエンジニアとして働く傍ら、ファイナンシャルプランナーの資格を
活かし、セミナーやお茶会でお金に関する知識を伝えていらっしゃいます。


私は今回「iDeCo」と「つみたてNISA」ではじめよう!
という投資セミナーに参加してまいりました。




「iDeCo」とか「つみたてNISA」って・・・
最近言葉はよく耳にするようになっていましたが、「投資」は自分には
縁遠いものかなと思っていました。
そもそも仕組みがわからないし、なんだかリスクありそうだし・・・。


実は我が家は、夫が家計を管理しています。

結婚前、まったくと言っていいほど貯金というものをしてこなかったので、

(麻子さんによるとバブル期の女性に多いらしく、それを伺ってちょっと安心したのですが)
お金を預かる自信がなかったので、毎月家計費を渡してもらうシステムになりました。

しかも、渡された中でやりくりしようというのがあまりなくて、足りなくなったら申請するというシステム。
そうなると、ホンとに家全体のことが見えなくて。

賢い妻からは程遠いですよね。


夫から見ると、私は「将来に備えての貯金などに全く関心がない」という風に
見えていた様です。
実際、家族で入る保険のことや子どもの学費の積み立ても夫が考えていました。


でもね、全く関心がないわけではなかったんですよ。
子どもたちが成人して家を離れたら、夫婦二人でこの家にずっと住み続けるのか?とか。
住みはじめて20年、そろそろリフォームしたいところも出てきたし。
そういうことも含め、老後の備えなどの話を夫としたかったのです。
少しでも今ある貯金などを有効に使えないのかな~?
そんな気持ちもあって、麻子さんの「iDeCo」と「つみたてNISA」ではじめよう!

のセミナーはすごく気になりました。


麻子さんとは、以前に香川綾子さんが主催されたイベントでお会いして以来なのですが
ブログを読み続けていて、またお会いしたいという気持ちになっていた事と
ここらで漠然と「わからない」という不安から一歩踏み出してみようという思いが重なり
セミナーに申し込みました。


結果、参加して大正解。

お仕事として投資の商品を扱っていらっしゃる訳ではないので、
メリット・デメリットや、公平な目線でのお話が伺えました。

お金に関する知識がほぼ皆無の私にも伝わるよう、ていねいに伝えてくださり
頂いた資料がわかりやすかったです。
まだ夫とはキチンと時間を取って話しは出来ていないのですが、
こういったセミナーに参加したという事で、私も老後の備えについて無関心では
ないという事がわかってもらえた様。


それに、お話を伺うと「iDeCo」は(個人型確定拠出年金)というだけあって
若い時に入ってこそ、老後の備えになるなと思ったのです。
これは、自分たちアラフィフ・アラカン世代ではなく、子どもたちに薦めたいなと。


けれど、若い時ってほとんど老後のことなんて考えられませんよね~。
あまりに現実味がなくて。
だから私は、「子どもたちに伝えよう」と思いました。


老後の資金や生活について、夫婦で話すきっかけを持てるようになり
お金についてハードルが高いと思っていたのが、ぐんと身近になりました。


麻子さんの開催される 9月22日(土)開催の講座
投資信託の「キホン」を学べば、あなたも投資をスタートできる!
は、申し込み締め切りが終わってしまっている様なのですが
気になった方は、ぜひ麻子さんにお問い合わせをしてみて下さいね。
 

 

 

 

私について → 【マイストーリー】グラスリッツェンと私

 

 

グラスリッツェン(手彫りガラス)って? → グラスリッツェンとは

 


グラスリッツェン教室は初心者さんからベテランさんまで
こんな作品が作れます↓

 

   

 

→こちらでもご紹介しております ★ホームページ作品ギャラリー

 

 

グラスリッツェン工房Sorriso(ソリッソ),木下浩子です。

生徒さんが素晴らしい作品を次々と完成されています。


本日はイオンカルチャー船橋教室においでの S さんの作品。
こちら、ゼンタングル®の本を参考にしています。

 

 

ゼンタングル®とは

ゼンタングル(Zentangle)は、簡単なパターンを繰り返し描いていくだけで
美しい模様を描くことが出来るアートメソッド。

アメリカ人のリック・ロバーツとマリア・トーマスが広めました。
紙とペンさえあれば、誰でもどこでも楽しめる。
消しゴムでは修正しないというのがルールです。

描いた線は消すことはしない、それは間違いではなく経験として認めていく。
描くことに集中して、気持ちをリラックスさせていく。

ゼンタングルの”ゼン”は「禅」タングルは「絡まる」という意味があるそうですよ。

 

 

私は以前、日本人最初のゼンタングル認定講師になられた
さとういずみ先生の講習会に参加したのですが、
本で読んだだけではわからない魅力があって、とても楽しい体験でした。


そして、生徒さんにも、誰にでもオリジナルの模様が描けるアートがあるのよと
本を紹介したところ、「これは良いですね」皆さん興味を持たれたのです。


特に、新しく出版された本「小さなピースで楽しむゼンタングル」は、
小さいピースに描くので取り組みやすく、向きを変えたり色々楽しみ方があります。


グラスリッツェンで図案をガラスに写す時は、
元の図案をコピーして、ガラスに貼り付けてという手順を踏みます。
細かい図案だと、写すのがけっこう大変汗ということも実はありました。


が、ゼンタングルは本の説明どおり、線を引いたり丸をかいたりしていくと・・・
あら不思議!複雑だと思った模様が写さずに自分で描けるのです。
これなら直接描くことが可能なので、細かそうに見える図案もラクラク。


後は、どこを彫るか、グラデーションをどのようにつけるかでも
変化をつけられます。


写真の作品は「小さなピースで楽しむゼンタングル」
P21、P25を参考に、線を加えたりグラデーションを入れて
楽しみながら制作されたようです。


さとういずみ先生に、紹介させていただいてよいか伺ったところ
こころよくご了承いただけましたので、アップいたしました。
いずみ先生、ありがとうございました。


普段はアメリカを拠点に活躍されていらっしゃいますが、
10月に日本で講習会をされますよ。 詳しくはこちら→ゼンタングル講習会


以前から私も、ゼンタングル®の手法を参考にさせて頂いてましたが

こちらの記事でも→風鈴に下絵を描く

 

グラスリッツェンのオリジナル図案に悩んでいる方のご参考に
なればと思います。

 

 

 

私について → 【マイストーリー】グラスリッツェンと私

 

 

グラスリッツェン(手彫りガラス)って? → グラスリッツェンとは

 


グラスリッツェン教室は初心者さんからベテランさんまで
こんな作品が作れます↓

 

   

 

→こちらでもご紹介しております ★ホームページ作品ギャラリー

 

 

グラスリッツェン工房Sorriso(ソリッソ),木下浩子です。


生徒さんが素晴らしい作品を次々と完成されています。

ご紹介が追いついていませんが、なるべくアップする様にいたします。


本日はイオンカルチャー船橋教室においでの I さんの作品。
鍋島焼の皿から着想を得て、豪華なお皿を完成されました。

 


真上から見ると変形の四角ですが、実際はそれをさらに捻った様な形をしています。
大きさは25cm角くらいでしょうか。


 

大小の蝶をバランスよく配し、蝶の羽の模様が全部違ってとても華やかです。
豪華なデザインなので、大きく見えると思います。


陶磁器の知識がありませんので、有田焼や伊万里焼に似ている様だけれど何が違うの?と調べてみました。
伊万里というのは、製品の積み出しが伊万里港から行われたので、

そこから出荷されたものの総称の事の様です。

 

なんと!伊万里焼という焼き物ではなかったのですね。

 

 

中でも鍋島焼と呼び分けているのは、佐賀藩(鍋島藩)において藩直営の窯で製造され
将軍家や諸大名への献上品、贈答品として作られていた焼き物のことを指します。
藩の権威をかけて焼かれただけに、すべてに一流を求められました。江戸の絵師に当時流行の江戸
小紋、能装束、歌舞伎衣装などの図柄を描かせ、それを大川内山の職人に渡して学ばせたといわれ
ています。将軍家や幕府の重要役職、大名など限られたところへ贈られ、制作工程も藩が厳重に管
理して一般には流通しなかったため、数も少なく骨董的価値も非常に高いものとなっています。
技術の漏えいを防ぐため、険しい地形の大川内(おおかわち)に藩窯が移され
昔は入り口で人やものの出入りを取り締まっていたそうです。

「鍋島焼窯元 青山窯さんHP 」 「さんち 〜工芸と探訪〜」より抜粋させていただきました。


険しい地形に職人たちを集め、出入りをチェックしていたなんて、まるでヴェネチアングラスの産
地、ムラーノ島の様だと思いました。
それだけ極秘の技術だったのでしょう。


門外不出の鍋島焼と、ヴェネチアで発祥したと言われるグラスリッツェン。
共通する部分があるように感じました。
 

 

 

 

私について → 【マイストーリー】グラスリッツェンと私

 

 

グラスリッツェン(手彫りガラス)って? → グラスリッツェンとは

 


グラスリッツェン教室は初心者さんからベテランさんまで
こんな作品が作れます↓

 

   

 

→こちらでもご紹介しております ★ホームページ作品ギャラリー

 

 


テーマ:

グラスリッツェン工房Sorriso(ソリッソ),木下浩子です。

工房名のソリッソはイタリア語で笑顔。
【贈る人も贈られる人も笑顔に】をモットーに
世界でひとつの手彫りガラス工芸を千葉県佐倉市からお伝えしています。

 

 

夏休みも残すところあとわずか。

お子様の図工作品つくりなどは、後回しになりがちですね。

まだ・・・という方、グラスリッツェンのワークショップに親子で参加してみませんか?

 

 

ひさしぶりに、都内でワークショップを行います♪

手を動かしてみるって良いものです。

普段やらないことに挑戦するって、楽しいのものですよ。

 


直径15センチほどのガラスのお皿に
グラスリッツェン基本中の基本、「飾り文字のアルファベット」
または「花のモチーフ」を手彫り彫刻していただきます。



 

 

難しそうに思えますが、小学生(4年生くらいから)のお子さんでも
体験できる「はじめてさん向け」の内容となっております。

もちろん、大人の方だけの申し込みも受け付けております。

 

 

涼しげなガラスに美しい模様を彫刻したお皿を作ってみませんか?

手助けが必要な場合は、フォローいたしますので安心してくださいね。

 



ワークショップで制作していただく「飾り文字のアルファベット」の
作り方動画をアップしましたので
ぜひご覧になってみてくださいね。
 

こちらのページから→ グラスリッツェン作り方動画


お申し込みはこちら→ グラスリッツェンワークショップ

 

 

またはお電話で、グラスリッツェン体験希望とお申し込みくださいませ。
TEL 03-3363-7700

 

私とフェイスブック等でつながっている方は、私宛に直接メッセージ下さっても

大丈夫です♪

 

 

【日時】
8月29日(水)10:00~12:00
【場所】
New York Art Galaxy
【アクセス】
「三越前」駅より徒歩5分
【住所】
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-6-1
日本橋本町プラザビルB1F
TEL 03-3363-7700

グーグルマップはこちら→ ワークショップ会場

 

 

 

 

私について → 【マイストーリー】グラスリッツェンと私

 

 

グラスリッツェン(手彫りガラス)って? → グラスリッツェンとは

 


グラスリッツェン教室は初心者さんからベテランさんまで
こんな作品が作れます↓

 

   

 

→こちらでもご紹介しております ★ホームページ作品ギャラリー

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス