そらいろプロジェクト京都 

そらいろプロジェクト京都 

NPO法人そらいろプロジェクト京都
美容師が中心となり、みんなの笑顔のために活動しています☆

2014年4月15日
NPO法人そらいろプロジェクト京都 設立
そらプロは 本日で5才になりました。このブログはそらプロの足跡。
 
どんな5年だったのか・・・少し振り返っていきたいと思います。
よろしければ、お付き合い下さい!
 
●そらいろプロジェクト京都 名前の由来
 

「そらいろ」

とても好きな色。(単純)

青空を見上げた時って、すがすがしく爽やかで心がすーっと軽くなりますよね?

子どもも大人もスタッフも、関わる人すべての心が「そらいろ」に晴れ渡るように。 

そんな活動をしたい!との想いを込めています。

「プロジェクト」

なんとなく、かっこよいかな?と(^-^;

「京都」

「京都」をつけるか、最後まで考えました。

京都発。想いを全国へ広めたい。スマイルカットを全国へ広められることを目標に、頑張ります!
 

なんとなくやってみたいな。。。というふわっとした想いが

「そらプロ」という名前をつけて形にしたとたん、前へ動き出したような気がします。

 

♯1●2014年(平成26年)●

2014.7.21(海の日) 設立イベント開催

{D9FAA4D5-A34B-4E26-9033-2775587DD663:01}

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-11899973756.html

「発達障がいの子ども達と作ってきたもの~ピースマンより愛をこめて~」INウィングス京都

そらプロ初めの一歩。ここからスタート。

たくさんのスタッフの協力を得、なんと180名を超える方々にお越し頂きました。

 

2014.6 「2013年度近畿ろうきんNPOアワード」大賞受賞 

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-11885454600.html

そらプロ設立後、初めて頂いた賞。認めて頂いたこと、本当にありがたかったです。

サプライズ!?ピースマンも一緒に。。。

5年前・・・若い!

{3C986891-AA57-4593-AC35-630D463A380B:01}

2014.8.23-24 

「日本自閉症スペクトラム学会第13回研究大会」(立命館大学)

『スマイルカット』報告

神奈川-京都チームで作り上げた、初めてのポスター発表。

今思うと無謀。。。でも楽しかった!

 

2014.8.26 京都府公報

告示という形で、法律の緩和が認められたのもこの頃。

1年がかりで、ここまで来ました。その後 厚生労働省の正式見解も。

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-11923070857.html

 

 

2014.9

第11回京都人間力大賞 グランプリ受賞(赤松)

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-11922078373.html

地元京都での、大きな賞。

これからも頑張っていかねばと、心引き締まる思いでした。

 

2014.9.9 埼玉にて講演会

『ピースマン的子どもへのアプローチ ’’4つの法則’’』

そらプロ関東 心強い仲間達です。

http://loveandpeaceman.wordpress.com/


また、大学の研究紀要に共著でスマイルカットをとりあげてもらいました。

京都光華女子大学

『発達障害児をめぐる理美容に関する研究 : 美容室ピースオブヘアーの取り組みに焦点を当てて』

Researching Barbers and Hairstylists around Children with Developmental Disabilities

― A Look at the Efforts of the Salon ’Peace of Hair’ ―

https://koka.repo.nii.ac.jp/index.php?action=repository_view_main_item_detail&item_id=470&item_no=1&page_id=41&block_id=123

 

 

そらプロ公式サイトが始動したり、スマイルカットPV完成したり。

https://www.youtube.com/watch?v=f3Q2FDlRfkQ

そらプロTシャツも作りました!

 

 

 

♯2●2015年(平成27年)●

2015.3

『ピースマンのチョキチョキできるかな?』

アニメも歌も完全オリジナル。

みんなの力で、アニメーションができました。

http://youtu.be/Eu622Nt-Dbo

DVDも制作!(そらプロサイトにて発売中)

 

2015.3 第16回 北川奨励賞 受賞

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12006823065.html

トレーディングカードを作りました!


 

2015.10 第9回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞 受賞

 

2015.8 ハピハピカット スタート

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12065976843.html

缶バッチも制作

 2015.11 第50 回NHK障害福祉賞 最優秀作品

「気持ちいい!って言っていいんだよ」(赤松隆滋) 

http://peaceofhair.blog52.fc2.com/blog-entry-1022.html

http://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12091221700.html

2015.12~ 子ども食堂 開始のお手伝いを実施

現在も 「京都藤城子ども食堂」  として、活動を続けられています!

https://www.facebook.com/fujishiro.ks/

 

 

スマイルカットや発達障害啓発のため、制作に取り組んだ一年でした。

 

 

♯3●2016年(平成28年)●

2016.2  スマイルカット~発達障がい児のためのヘアカット~
      講演会&実践講習会in大阪

 {A8BA4F7E-5A32-43FC-A640-4B7C4E19DEBE:01}

 

2016.2 住友生命 第9回未来を強くする子育てプロジェクト

子育て支援活動部門  未来賞 受賞

絵本の夢に 一歩近づきました。

 

2016.2 第4回京の公共人材大賞 最優秀賞受賞(赤松)

頂いた講評。ぜひご覧ください。

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12133494890.html

 

2016.4.2 世界自閉症啓発デーin京都 にてピースマンショー

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12149293748.html

http://as-kyoto.com/?p=544

スマイルカット~発達障がい児のためのヘアカット~
講演会&実践講習会

2016.5.28 in東京

2016.9.5 in仙台

2016.11.14 in北九州

 

2016.6 絵本「ピースマンのチョキチョキなんてこわくない!」発刊

本当に本当に長い時間とたくさんの方の思いをのせて、念願の絵本。出版することができました。

2016.6 北海道4講演!実施

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12172573176.html

 

 

2016.10 チャイルドカット講座 第100回開催

2009年からはじまった講座。100回目を開催しました。

 

 

たくさんの仲間の力を借りて、創作活動、また全国での講演が実現した年でした!

 

♯4●2017年(平成29年)●

2017.2.20 みんなの夢AWARD7@舞浜アンフィシアター
ファイナリストとして、2000人の前でのスピーチ
美容師・赤松隆滋の夢「子どもの笑顔に囲まれた 作家美容師になりたい」
https://youtu.be/aJ4PdKd49Ic

http://peaceofhair.blog52.fc2.com/blog-entry-1047.html

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12258192842.html

 

2017.5.15 高知県にて講演会

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12278680288.html

 

 

2017.9 ピースマンのえかきうた 公開
https://youtu.be/tI9FUOoMmkY

レコーディング風景。

2017.10  えほんらいぶ ピースマンの心の授業スタート

絵本の読み聞かせです

2017.11 「健やか親子21」
第6回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)
厚生労働省子ども家庭局長賞 団体部門 優良賞受賞

 

新たなチャレンジをした1年でした

 

 

♯5●2018年(平成30年)●

2018.1.30 東京 2.5 京都

理容師・美容師のための 発達障害児・者のヘアカット講習会 

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12351710225.html

2018.4.7 世界自閉症啓発デー2018・シンポジウム 

「知ってほしい!街の中の味方」 

2018.4.30 

NHK総合テレビ 特別番組「超実践!発達障害困りごととのつきあい方」

周囲の配慮の例として、スマイルカットが取り上げられました。

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12373078916.html

 

2018.8.24
日本行動分析学会第36回年次大会(同志社大学にて)

自主企画シンポジウム参加

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12400528892.html

 

2018.10 第一生命 第70回保健文化賞団体受

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12401202307.html

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12411391235.html

天皇皇后両陛下へご拝謁を賜りました。

2018.10.15 北海道倶知安町 「ママにもできる!チャイルドカット講座」&講演会

2019.2.4 宮崎大学教育学部附属中学校 立志式

https://ameblo.jp/sorairoproject/entry-12439146920.html

 

 

2019.2 第43回児童健全育成賞 奨励賞受賞

 

2019.3.3 スマイルカット開始から8年、そらプロ設立から5年
スマイルカット、のべ3,000人達成。
 

2019.4.15  京都美容専門学校 にて
かわいいピースマンズ。
セットのデモンストレーションも


 

このほか、大学や専門学校・各種団体等たくさんの講演へ呼んで頂き

チャイルドカット講座やえほんらいぶ、ピースマンショーも開催しました。

 

新聞や雑誌、テレビ・ラジオ等でも多数ご紹介頂きました。

https://www.sora-pro.jp/party/media.html

 

 

 

 

 

2019年4月。時代は平成から、まもなく令和へ。

 

 

そらプロは6年目、ここからまた歩みをすすめていきます。

 

「5年で解散する」 この命題のもと始まったNPO活動。

解散するには、まだまだ課題が山積みです。やりたいこと、やらなければいけないこと。

 

こうして振り返ってみると、人とのご縁。そしてつながり。それがそらプロの財産です。


いっぱい知恵をもらったスタッフのみなさん、助けてもらった仲間達、そらプロに関わって下さった方々

保護者さん、子ども達。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

子ども達の笑顔のために、できることはなんだろう?

 

これからもそらプロは、一歩一歩すすんでいきます。

6年目も、どうぞよろしくお願いします!

 

3月。
『ピースマン部隊 追コン』
ピースマン部隊、4回生の追い出しコンパ開催しました。


舞台もリニューアル、ピースマンを進化させてくれた代でした。

この活動が、大学生活の一つの財産になったなら、こんな嬉しいことはありません。
FMC氏から、それぞれに似顔絵のプレゼント。
 
 
春。お別れは寂しいけれど、未来へ続く道。

みんなのこれからを、ピースマンはずっと応援しています

感謝。
 
ピースマン焼酎(限定・非売品)
 
 
 
『3,000人』
2019年3月3日  スマイルカットは、のべ3,000人を越えました。
3・3・3  なんだか、不思議な縁を感じます。
スマイルカット開始から8年、そらプロ設立から5年。3,000人という数字が意味するもの。
 
こんなにも困っている親子がいる現実。
そして、まだまだ全国には困っている親子がいるという現実。
 
そらプロはまだまだここから 進んでいかないといけません。
 
 
 
 
『講演会開催!』 
3/19火曜   就労継続支援A型事業所irodori 様にて、講演会をさせて頂きました。
 
感想を頂きましたので、一部ご紹介します!
 
・今思えば、なんでその子が言うことを聞いてくれなかったのか、動いてくれなかったのか、その子の気持ちに・目線になって考えられてなかったと思います。
・私の周りでも、障害の子を美容院に連れて行くことに抵抗がある親がたくさんいます。美容師や他のお客さんに迷惑をかけてしまう。そんな思いが強いのだと思います。子どもの目線で・子どもは今どんな気持ちなのか そのとおりだと改めて思いました。
・家族に散髪に行くのが難しい者がおり(弟です)、親が苦労しているのを見ていたので、こういう活動をされている方がいらしたのかと、とても興味深く聞かせて頂きました。思考停止せず、一歩踏み出して「やってみる」事で、人生を変えることはいくらでもできると感じました。
・苦手なことは、他人に手伝ってもらったらいいというのが、すごく心に残りました。僕も苦手なことがたくさんあって、それに立ち向かうたびに、誰かに助けを求めています。
・美容室に行けない子どものために、時間を決めさせてあげるという言葉が心にひびきました。
 
皆様ありがとうございました!
 
 
 
おまけ
そっくり!?。                              

※注意)キムタクではありません(本人談)
 
 
 
もうひとつおまけ
 
 
そらプロサイト プチリニューアル しています!
さてどこでしょう?? わかった方は、かなりなそらプロ通!
 
2/25月
京都新聞にて、スマイルカットご紹介頂きました!


とてもわかりやすく、活動をまとめて下さってます。ぜひ読んでみてくださいね。


ご協力頂いたスマイルキッズとお母さん、ありがとうございました✨


↓サイトでも載せて頂いています。




しかし。。

理事長(44)はどこへ向かっているのでしょうか。


ピースゴールド。。?

2/11(月・祝)

NPO法人ふらっとコミュニティ様主催

「第7回ふらっとフォーラム」にて講演をさせて頂きました。

 

 

NPO法人ふらっとコミュニティとは・・・

http://www.flatcommunity.net/

 

誰もが生きていく中で心が疲れたり、時には心の病になったりします。精神障がいは、けっして、自分とは関係の無い別の世界のことではありません。心を病むことで生活が困難になったり、社会の偏見から住み慣れた地域で自分らしく暮らしていくことが難しくなったりする現状が、まだまだ日本の社会にはあります。
人間関係の中で疲れた心は、人と人との関係の中で癒され回復していくのではないでしょうか。精神障がい者の人たちが、地域社会の中で自分の本来の姿を取り戻していくこと、社会参加の道を模索していくことを支援する「ふらっとコミュニティ」を発足いたしました。
精神障がいを持っていても社会の中で、意義のある人生を送ることが出来るように、さまざまな活動を通して、共に考え、共に歩んでいく。そして、地域住民が精神障がいについて考え、互いに支えあうことの出来る共生のまちづくりを目指すことが「ふらっとコミュニティ」の設立目的です。(HPより転載)

 

 

ひきこもり支援をはじめ、多岐にわたる活動をされておられます。

 

 

 

第70回保健文化賞では、代表の山根様が長年の功績をたたえられ、個人受賞されました。


 


そのご縁でお声がけ頂いた、今回の講演会。

 

 



 




 

熱心に聴いて下さった皆様 手を挙げ感想をお聞かせ下さった方、ありがとうございました!

 

持って行った絵本は即完売。

サイン会には行列が…(理事長 すっかり勘違い)


 

温かく迎えて下さった、山口の皆様に 心から感謝します。

 


 

翌日2/12(火) 宇部日報新聞に掲載されました。




これからも、そらいろプロジェクト京都は、全国どこででも「スマイルカット」が当たり前になるよう進んでいきます。

 

細やかにご準備くださった、ふらっとコミュニティの方々。


そして山口の皆様、ありがとうございました!




 


追伸

保健文化賞 天皇皇后ご拝謁のシーン

 

皇后陛下に話しかけられる、山根様。


さて、赤松をさがせ。



 

 

2/4月

宮崎大学教育学部附属中学校
立志式」にて、講演会を行わせて頂きました。
 

 
京都から約700キロ。
ご縁あって、遥か遠い宮崎からお声がけ頂きました。
 
 
 
数年前、現高3の女の子が在校中、そらプロの活動をネットで知り、先生に伝えてくれたのがきっかけです。
 
その後先生は、そらプロの活動を見守っていて下さり、今回の講演会に呼んで頂くことになりました。
 
 立志式とは、元服にちなんで(数え年の)15歳を祝う行事。
中学2年生の生徒たちが、自分の将来やこれからの社会について考えるための儀式的行事で、18回目を迎える歴史ある行事とのこと。

 

くわしくは・・・赤松ブログにて
 
 

 

「君たちは宮崎のためにどう生きるか」をテーマに探究活動に取り組んでおられ、今回の講演会に先立ち、事前学習を進めて下さっていました。

 

 

↓学校HPより

 

 

 

 
 
 

 

「どう生きるか」

大人にとっても 永遠のテーマなのかもしれません。

 

今回の講演

14歳の心にどう伝わったのか。

どう感じてくれたのか。

 

少しでも、これからの人生のヒントになってくれると嬉しいです。

 

 

 

※歌っていません

 

ご感想を頂いたので、許可を得て一部抜粋して紹介させて頂きます!

 

・私は発達障害のある方に対して知らないうちに「障がいがあるからしかたがない」という考えを持っていた。

 これこそが偏見だと思う。私も将来、赤松さんのように人を笑顔にできる人になりたい。

 

・赤松さんの講演を聴いて、仕事についての見方や障害者に対する見方が変わりました。

 私は発達障害の子やダウン症の子は「かわいそうな子」「困らせる人」だと思っていました。 障害者は困っている人だと教えてもらって、私たちと何も変わらないときづかされました。学校で人権について学ぶとき「私はしてないし」「そんなひどいことするわけないじゃん」と思っていました。誰かのために自分ができることを意識してて、自分のキャリアを見つけていきたいと思います。 

 

・私も他の人と同じ、偏見や誤解を障害者に対して持っていた。今日の講演を聞いて、心がぎくりとなった。

 私は成績があまり良くない。それで「あぁ 自分ってダメなんだな・・」と思っていました。しかし赤松さんの言葉で

 「子どもの可能性は無限大!」「完璧でなくていい」というものにとても感動した。本当に救われた。大好きな言葉になった。

 

・今日、インフルエンザにもならず、ケガすることもなく、この講演会をきくことができて 本当によかった。

 

・部活でキャプテンという立場でチームをまとめており、中々上手くいかないことがありました。相手の価値観を責めたり、アイデンティティを責めたりと相手がやる気をなくすような事を言っていました。チームが笑って先生も笑ってキャプテンである自分も笑うことができたら、もっと良いチームになると感じました。

 

・親や子、先生や生徒、両者がこの「ニューロロジカルレベル」を活用することによって、お互いに少しでも楽になり実力を発揮でき、毎日が楽しくなると思った。

 

・「志を持ち、その道のプロとして人を助けること」が大切だと感じました。

 

・僕はこの講演を聞いてとても痛感しました。自分自身が実際にかみを切られることが嫌いだったからです。

 ある日6年生の後半に父がきれて、短髪にされたときは、死にそうになりました。僕みたいな子もどこかにきっといるので、そういう子も笑顔にする赤松さんはすごいです。

 

・赤松さんが今されていることをみると、今の自分が恥ずかしく思えてきました。自分のことで精一杯だからです。

私も誰かのために夢を追いかけます、挑戦する勇気を教えてくださり、本当にありがとうございました。 

 

・今回赤松さんの話をきいて最初に思ったことは「生き方を変えてくれた」ということです。私の夢は元々美容系だったので、「赤松さんのような美容師」になりたいなと思いました。

 

・私はずっと「ダメな子」と思いつめていました。勉強もできないし言われたことをすぐ忘れてしまう。ストレスで狂いそうになり、泣いてしまうことが多々ありました。だから今回話を聞けて本当にリラックスしました。

    E級にいった時、赤松さんがE級のみんなと仲良く会話しているのを見て、すごく感激しました。やっぱりすごいと思いました。私はE級交流委員ですが、そんなみんなの笑顔は一回も見たことがありませんでした。機会があったらまた来て下さい!

 

・完璧ではないけれども自分なりに誰かを「スマイル」にできるような仕事を見つけていきたいです。 

 

・希望のある言葉や、プラスの言葉を他人に使うのは大人だけでなく、中学生である自分たちにも必要な「技術」だと思った。

 

・やはり命は何かのために、この世にあるのだろうと改めて思いました。何もとりえがないと思う自分でもきっと何かがあるんだろうと思いました。自分の夢が特になかったのですが、自分の好きなことをすればいいんだと、自分の進路がぼんやりと見えるようになった気がします。

 

・講演を聞いて、僕は無意識に障害を持った人々を差別していたと気付きました。E級との交流の中でできない事があると、障害を言い訳にして納得しているところがありました。これからの1年間は、良い印象を持って対応できるはずです。

 

・この講演で心に残った言葉が多く、最後の「歩幅」という詩では泣きそうになりました。今まで私は誰よりも下で出来ることなどなにもないと思っていましたが、赤松さんの講演で新しい夢が芽生えました。「支援学校の先生」です。

私はE級(支援学級)交流委員に属していて、なぜか色々な障害を持った人と仲良くなるのが得意なのでいいなと思いました。

私は障害を持った人・持っていない人を支え、応援できる人になりたい。

 

 

 

みなさんが感じてくれたその気持ち。そらプロの宝物です。

 

どう生きるか。

改めて自身を振り返るとともに、この活動を地道に続けてきてよかった。心からそう思える講演会でした。

 

宮崎大学教育学部附属中学校の校長先生 たくさんの先生方

熱くてまっすぐな、鬼塚先生。そしてこうしてご縁を繋いでくれた伊達さん。本当にありがとうございました。

 

 

 

鬼塚先生の「講演からの学び」

すばらしい分析力。文章力。こんな風に、そらプロを捉えて下さっているとは・・・すごいです。

あまりにすごいので、記録のため全て掲載させて頂きます。ぜひ読んでみて下さい。

 

 

 

 

講演後、2年生の中では 「ニューロロジカルレベル」がブームになっているとか。。

いやもう、14歳の理解力と吸収力に驚きです。

 

 

生徒のみなさん。

こんな才能あふれる素敵な先生方や保護者の方、先輩達に見守られ、今の皆さんがいます。

 

大人もみんな 「どう生きるか」 

自分自身と葛藤し反省し成長しながら、人生を歩いているのです。

 

この学校というステージで生き生きと共に学び成長し、これから大きく羽ばたいていかれることを願っています。

 

おとなへの扉は もう、そこに。

 

 

立志式 おめでとうございます。