有田泉山磁石場から採掘の陶石でできた器たち展。ホントのタイトルは別にあるんですけど。 | 有田焼窯元 幸麓(こうろく)窯の「お茶碗で世界にハッピーを広げるブログ♪」

有田焼窯元 幸麓(こうろく)窯の「お茶碗で世界にハッピーを広げるブログ♪」

しあわせな毎日はしあわせな食卓から。和み・調和・穏やかさ。自然豊かな環境のなか生まれる器がみなさまの豊かな暮らしのお手伝いとなるよう、日々の仕事に励んでいます♪


テーマ:
ゆうべ気づいたのですが、
セミがまた大合唱なんです音譜
もちろん、つくつくほーしなんですが、
それが、
虫の声に切り替わった瞬間をキャッチ!

それって、日没だったんですねーーー。
なんだか、物識りになった気がしただけの、ゆりっちでした(笑)

こんにちは!
手描き・染付の器『幸麓窯』です!
(ネットショップ→ http://kouroku.shop-pro.jp

有田泉山磁石場 薪

きょうは、
10月9日(木)~12(日)まで開催の、
佐賀市内でのイベントについてお知らせしますね。

これまでの制作されてきた、「如泉会」の
有田泉山磁土で作成した器たちが

大集合!!

で、これから薪窯をもうひとつ焚くのです。

有田泉山磁石採掘からのレポートは
こちらに詳しく。
 → コチラ

このときの松たちです。
 → 泉山青空。松の木で薪づくり。その弐



雨から守って乾燥させながら、
薪割して束ねてる薪たちです。



最初はこんなでした。

有田泉山出身の陶石を、
おなじく有田泉山出身の薪で焚くって、

イキだな、っておもうわたしです。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


幼い頃、祖父母の家に遊びにゆくと、
風呂は薪で焚いてました。

「湯加減は~?」

「いい~ラブラブ

あれ、たのしかったなー。

目が痛かったかな。

あと、薪割もお手の物でした。

もう、倉庫にいくらでも薪あったから、
割り放題!

そういえば、
家の廊下にはブランコもあって、
じーちゃん、なかなか!だったのね。

メジロをたくさん飼っていて、
鳴き声コンテスト!?でも
たくさん表彰されていて、

あのメジロのエサをすりこぎで
練ってつくる、あの匂いが大好きでした。

洗面所はタイルで、
洗面器はブリキで、
歯磨き粉はチューブが固かったなー。

あのブリキの洗面器の匂いも好きだった。

そう、じーちゃんは、
一度山で遭難し、捜索されました。

一晩で見つかったのだけど、
よかった、よかった。

ばーちゃんもいろいろ武勇伝があったようだけど、
仲良し夫婦だったんだろうな。

これは語り継がなくっちゃ!
なんて、
敬老の日の翌日だからというわけではないですが、
思い出話に花が咲いてしまいました。

そうそう、
薪の話しでした!

こんどはDMを紹介しますねラブラブ


『今日もお茶碗からしあわせい~っぱい
      広がりますように…!!』


お読みいただきありがとうございますコスモス

















幸麓窯(こうろくがま)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス