有田泉山磁石場採掘の陶石で作品展その2 じゃじゃ馬ならし?? | 有田焼窯元 幸麓(こうろく)窯の「お茶碗で世界にハッピーを広げるブログ♪」

有田焼窯元 幸麓(こうろく)窯の「お茶碗で世界にハッピーを広げるブログ♪」

しあわせな毎日はしあわせな食卓から。和み・調和・穏やかさ。自然豊かな環境のなか生まれる器がみなさまの豊かな暮らしのお手伝いとなるよう、日々の仕事に励んでいます♪


テーマ:
田んぼの稲穂も頭を深く垂れてきました音譜
田んぼを白鷺が渡る姿がたくさん見られる有田の町。
さすが、古来、有田焼に鷺(さぎ)絵が多いこと、
よーくわかります!

こんにちは!
手描き・染付の器『幸麓窯』です!
(ネットショップ→ http://kouroku.shop-pro.jp

きのうに続いて、
10月9日(木)~12(日)まで開催の、
佐賀市内でのイベントについてお知らせしますね。

有田泉山磁石 器 作品展

有田泉山磁石採掘からのレポートは
こちらに詳しく。
 → コチラ

仕事場をのぞいてみたら、
素焼きの器がまだまだたーくさん、たーくさん、
ありました!!

真っ新な生地にどんな世界が描かれてゆくのか、
ワクワクしますね!

すでに、
ツバメやおなじみの跳ねうさぎや、
花、山水など、
これまでとちょっと違った
江戸初期に思いを馳せる
絵柄がたくさん描かれています音譜

  ・・☆・・☆・・☆・・

でも、

割れすぎる~…悲鳴(。>0<。)<<も届いているんです!!

仕上げに職人隆則、ちょっとでもカッコよくみせようって、
触れると触るとパリン、パリン、って。

もうどんだけ割れたんだーってくらい、
職人、負けてません。

仕事中も仕事のほかでも
じゃじゃ馬相手にたーいへんっ(笑)

さて、じゃじゃ馬はちゃんと馴らせるのでしょうか??

有田泉山磁土 器

そろそろ栗の実も茶色くなったイガイガが
たくさん落ちてるいるのですけど、
弾けた栗、今年1ばん、拾ってきました!ヾ( ´ー`)

まぁ、一杯。
いつもの職人、晩酌の友。

そうそう、宝品急須、新しくなったんですよ、
あたらしいデザインヴァージョン。

今晩も、
ロックだそうですラブラブ

幸麓窯 有田泉山陶石 器



『今日もお茶碗からしあわせいっぱい
    広がりますように…!!』


お読みいただきありがとうございますコスモス




(みなさんの宝品急須、活躍されていますでしょうか?
 今度はぜひこのお揃いを仕入れにお越しくださいねっ)
                ↓ ↓ ↓
幸麓窯 器












幸麓窯(こうろくがま)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス