色覚バリアフリーについて② | パークのソフトウエア開発者ブログ|ICT技術(Java・Android・iPhone・C・Ruby)なら株式会社パークにお任せください

パークのソフトウエア開発者ブログ|ICT技術(Java・Android・iPhone・C・Ruby)なら株式会社パークにお任せください

開発の解決方法や新しい手法の情報を、パークのエンジニアが提供します。パークのエンジニアが必要な場合は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。 株式会社パーク:http://www.pa-rk.co.jp/


テーマ:

 

色覚多様性の方でも認識しやすい3つのポイント

([カラーユニバーサルデザイン機構]様のガイドブック)

 

①できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。

②色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。

③色の名前を用いたコミュニケーションを可能にする。

 

①②について記載いたします。

開発だけでは、ドキュメント作成にも利用できるのではないかと思います。

 

①できるだけ多くの人に見分けやすい配色を選ぶ。

 

 1.色を変える 

   色を組み合わせるときは、彩度は「高い色」と「低い色」の組み合わせ、明度は「明るい色」と「暗い色」 を組み合わせると見分けやすくする。

   (彩度の低い色(パステル調)同士を組み合わせると、色覚多様性の方は色の違いがわからなくなります)

 

 

 2.色の濃淡・明暗の差(コントラスト)をつける。

   背景の色と文字の色に明暗の差をつける。

 

 

 

②色を見分けにくい人にも情報が伝わるようにする。

 

 1.形を変える

   形を変えたりマークを併用する。表示位置をかえる。

 

   

 

 2.ハッチング(模様)をつける。

   地図やグラフなど、塗りつぶす面積が広い場合は、斜線やドットなどのハッチングをつけると、色の 違いが見分けられない場合でも、情報が伝わりやすくなりる。※ハッチングをつけた場所は目立たせる 効果があるため、使い方には注意が必要。

   折れ線グラフ等の場合は、マーカーを変えたり、線種を変える。

 

  

 

 3.文字や線を太くする。

   太い線 など面積が大きいほど色を感じやすく、色の違いがわかりやすくなりる。

 

   

 

 

 

パク太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります