株式会社ネーブルス代表取締役福田一成の公式ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

オールドPCの復活

久々にLinuxサーバを立ち上げました。

CentOS8のサポート終了により、混乱気味の現在ですが、

あえてCentOS8でサーバを構築しました。

とはいっても、Webシステム開発用なので、

ディストリビューションに大きくは影響されません。

だったら、almaやrockyを試してみたかったのですが、

緊急立ち上げ、緊急開発の事もあり使い慣れたCentを選択しました。

※ブログ書いている暇もないのですが・・・。

 

今回、サーバとして選ばれた筐体は、

Windows10をインストールしたけど立ち上がるのに10分以上要する

今となっては懐かしいCPU、Core2DueのMouse Computer様のPCです。

メモリ2Gbyte、HDD320Gbyteと現Windowsでは非力と評価されるスペックです。

 

前世では、

お客様の同環境としてテストのためにWindows環境下でPostgresを動作させ、

他PCよりアクセスするという目的で使用されていました。

Postgresもデータが大きくなって、PC自体の動作も困難となり、

データごと引っ越しさせたため、新たな人生を歩ませるための大抜擢です。

 

では、インストールディスクの作成です。

CentOS8のISOをダウンロードしたところ9.2Gbyteと中途半端な大きさ。

DVD2枚必要ですが、ISOが分かれていないので2層DVDかblu-rayが必要です。

何れにしろ、残った容量が大きくて焼くにはもったいない大きさです。

そもそも2層のDVDやblu-rayを読み書きできるドライブを持ってたかな?

 

ネットインストール用のISOを見たところ、723Mbyteと、

こちらもまた、DVDとCDの容量の真ん中で、「帯に短し、襷に長し」の状態。

 

なので、USBメモリブートでのネットインストールで行う事に。

ネットブート用のISOをUSBメモリに焼いてBIOSを設定しインストール開始です。

 

ひととおり設定を完了させました。問題なくインストールされてるようです。

 

最後にBIOSでブートを変更してLinux起動。おお、動いた。動いた。

最初からSSHが接続できました。SCPでファイル上げたりしましたが、

動作、超~速いです。Windows10の時とは雲泥の差です。

オールドPCが生まれ変わり新たな命を輝かせています。

 

さて、喜んでいる場合ではなく、開発しないと・・・。

Apacheは起動できましたが、

PHPとMariaDB、Postgresは入っていませんでしたので、

インストールしなければなりません。

また、ユーザーディレクトリのドキュメントルートの設定もしなければなりません。

まだまだ、やることがいっぱいですが、ひとまずコーヒーブレイクとします。

 

バレンティーノ・ロッシ引退

バレンティーノ・ロッシが今年限りで引退するとのニュースが飛び込んできました。

とても残念です。

 

私が見てきたレーサーの中で一番の天才と思っています。

 

 

 

Javaとjavascript(懐かしい)

なぜか、javascriptについてwikiで調べる必要があり読み進めていくと

「Javaと似た名称を持つが、異なるプログラミング言語である」の文章が目に留まり

思わず懐かしい事を思い出してしまいました。

 

流石に、もう、「Javaとjavascriptは同じ」と言うITエンジニアはいないですよね?

 

昔、ITエンジニアでも違いが分からずに、

ある程度進んだプロジェクトでHTMLの表示を動的にしたいが、

どうするか悩んでいる時に、

「Javaを使えばいいじゃん。」と発言し

プロジェクト内全員が、「誰が作るの?それも今から?」と引かれる現象がありました。

たいがい発言者はWeb系開発に疎い人間で、javascriptのつもりで喋っています。

 

今時、Web系開発が当たり前の時代になってしまっていますので、

もういないと思いますが、ITエンジニアに

「Javaとjavascriptって同じですか?」と聞いてみて

「同じです。」と言う人がいたなら、

その方は、少なくともWeb系エンジニアではないです。

その方に、Web系のシステムを依頼はしない方が良いでしょう。

と言うか、今時いないですよね。そんなエンジニア。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>