SE道場 - 似て非なるロジック(前編) |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

 

皆さま、こんにちはビックリマーク
シニアAですクローバー

いつもSE道場をお読みいただきありがとうございます音譜

本日は新人教育で痛い目にあったエピソードを紹介しますひらめき電球



(始まり)
ある日の午後、わたしは応接室で社長と役員から話を聞いていた。

『ま、そういう訳で、今年の新人10名のC言語教育を行ってほしい。その後の教育はまた考えるから』

君しかいないという殺し文句で、嫌とは言えない空気だったガーン

『そういうことでしたら、一生懸命やらせていただきます』

わたしは教えることが嫌いではなかったため、快く引き受けたビックリマーク

次の仕事の開始までちょうど1ヶ月間ある。空いていたから適任だったのだろうニヤリ



そして4月2日、入社式を終えた10人の新人たちがセミナールームに集まったひらめき電球

前に立ち、挨拶をする。このときわたしはC言語教育の講師デビューをした音譜



それからわたしは、午前中に講義を行い、午後に演習問題をなるべく多く解かせた鉛筆

10人も相手していると早い人間と遅い人間がいる。演習が早く終わったら、終わっていない人を教えさせて、講師が少ないのをカバーした。


そうやって、変数宣言から始まって、関数のところまで進んできたひらめき電球


『・・・だから関数って便利でしょ。同じロジックがでてきたら、関数化して、その関数を呼び出すようにコーディングして下さいね』


こうして、講義は、ポインタ・構造体・共用体まで駆け足で進んでいき、1か月間が無事に終了した音譜

新人10人たちはそれぞれにC言語を吸収していた合格

5月2日、セミナールームに皆で集まり、C言語講習会のエンディングを行った。



この後、会社は、「親子教育」と称して、新人1人と中堅社員1人がペアになり、OJT教育することを打ち出したアップ

私の下にも、新人が1人付いたひらめき電球

新人はちょっと危ないところもあったが要領の良い子だったビックリマーク



5月の連休が明け、新しい仕事がスタートしたビックリマーク

システム名は「レーザーカード試験プログラム」で1ヶ月の短期勝負だ筋肉

画面はMS-DOS、ハードはレーザーカードリーダーライターだ。Lattic-Cコンパイラ(一応C言語)を使用する。

1984年当時、Windowsの影も形もなくモニタに毛が生えたレベルのMS-DOSしか存在しないひらめき電球



わたしは、ハードウェアの制御部分は共通関数を作ってパックしてしまい、画面で指示を受けたルートでその共通関数群を呼び出す方式にしたひらめき電球

こうすれば、新人は、共通関数の呼び出し部分を作ったり、メニュー画面を作ったりなどの箇所がコーディングできると考えたひらめき電球

もちろんわたしは、ハードウェア制御部分を担当した音譜



設計書を終えると、ハードウェア制御部分のコーディングを5月中旬に終えた。

順調に進んでいたが、ここで予定外の出張がはいった!! 戻りは来週、新人を置いていくしかなかったあせるあせる

私は不安を抱えたまま、出張に出かけたのであった新幹線
(続く・・・)



今回はここまで。次回のSE道場は、この後の開発秘話です。お楽しみに・・・

 


SE道場では、プログラミングの極意や開発の苦労話等、様々な記事を投稿していますビックリマーク是非ご覧くださいクローバー

 

1つ前の開発秘話は...