いつかはステーキ培養中 |     ✤ We Love Softbrain ✤ 

    ✤ We Love Softbrain ✤ 

        日々の仕事や、プライベートな趣味まで掲載しています。

こんにちは。ニコニコ
あまり登場しないですが最近すこしずつ
スタッフブログに参加したいと考えてる
ソフトウェア開発部のFです。ニヤリニヤリニヤリ

2019/8/7付日本経済新聞 朝刊に掲載されている
第5部 食サプライズ(1) 
東京大学と食品メーカーとの共同で、本物の肉に近い食感を持つ
人工肉を作ることに成功。筋肉の細胞同士をつなげ層状にして
培養することで、本物の肉に近い構造になった。

食のディスラプションから目が離せないことや

将来家庭で気軽にステーキ肉を培養できるという

記事を読んでの感想です。


バイオテクノロジーによる食肉の生産技術が今後進むと、
 いずれは、一般人でも家庭で肉や魚を培養することが

できるようになるという話は大変驚きでした。
食べたい肉や魚を個人レベルで自給自足できるとなると、

人類の生活スタイルが大きく変化することは、間違いないと思います。
 
暦の上では秋ですが相変わらず暑い日が続いております。
ステーキ?食べて乗りきりましょう。 ステーキステーキステーキステーキ