来る4月17日から22日まで、いよいよミラノサローネ国際家具見本市が開催される。

 

サローネを構成する見本市は:

サローネ国際家具見本市(毎年開催)
サローネ国際インテリア小物見本市(毎年開催)
エウロルーチェ(サローネ国際照明見本市 / 奇数年開催)
Workplace 3.0 /サローネウフィーチョ(サローネ国際オフィス見本市 / 奇数年開催)
エウロクチーナ(サローネ国際キッチン見本市 / 偶数年開催)
サローネバーニョ(サローネ国際バスルーム見本市/ 偶数年年開催)

加えて下記「展示」が同時開催:(※注:「見本市」ではない)

サローネサテリテ(毎年開催) *35歳までの若手デザイナーによる展示
 

家具だけではなく、インテリア業界やデザイン系全体の街を挙げての祭典といっても過言ではないくらいの大イベントとして盛り上がる。

 

会場となる「ローフィエラ」の面積はおよそ21万平方メートル。そこに2500社ものメーカーが参加するので、1日2日ですべてのブースは見切れない。が、しかし、フォーリサローネと呼ばれるミラノ市内の様々なエリアでのイベントもまた、見ごたえのあるもの。

 

個人的には、フォーリサローネが好き。

フォーリ <Fuori>とは、「外」という意味だが、見本市会場外での展示、ということ。ミラノ市内の美術館やギャラリー、大学構内、歴史的建築大邸宅や倉庫。あるいは企業が事務所スペース ショーウインドなどをアーチストに提供し開催される。展示会場自体、出展料が高く、様々な出展規制があることに対し、フォーリサローネは、最近では新鋭のアーチストから世界の著名なブランド企業までが参加。よって話題性、魅力性満載。

 

 フォーリマップ

 

やはり、個人的に期待したいのは、トルトーナ地区の”SUPERSTUDIO”

日本の伝統と新しいデザインを融合させた”JAPAN DESIGN WEEK in Milano 2018”が開催される。

http://www.superdesignshow.com/en/

https://japandesignweek.jp/2018/03/milano2018.html

 

ヴィトラ、ネンド、COS、AGC旭硝子、レクサスあたりは、要チェック!シークレットガーデン、隈研吾さん、ブレラ美術館の庭…なども心惹かれる!とのお話。

 

来週は、通院に電気屋が来たり(ついに新しいガスコンロとオーブンが入る!)と何かと慌ただしい中、合間を縫ってどれくらい見て歩けるだろうか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.milanosalone.com

http://realkitchen-interior.com/topics/11711/3

http://fuorisalone.it/2018/