ミラノの日常 第2弾

イタリアに住んで24年。 毎日アンテナびんびん!ミラノの日常生活をお届けする気ままなコラム。


テーマ:

 

 

 今日から待ちに待った空手の稽古が再開した!

 
”No pain, no gain”
「痛みがない、得るものがない」ではなく、「痛みなくてし、得るものなし」つまり、「苦労なくてして、得られるものはない」。
 
なので ”No Karate, No Life” 爆
 
ほんと、空手バカだよね〜。
 
ところで、先日の全国大会において参加したイタリア本部の門下生の全画像をチェックしたという師範ご夫妻より細かいコメントをいただいた。目につくところはしつこく、しつこく注意します!とありがたいお言葉。これは言われなくなったらおしまいだから。
 
高い志を持てば持つほど妥協はゆるされない。だからしつこく注意します。と言われた。そして、どうしたら直るのか?そして、どうしたらそれが自分の物になっていくのか?ただただ稽古しかない。過去2年間、大会には出場していなかったので、出場する選手のみ特別稽古に入ると、いいないいな...と横目で見ていた。
 
 大会に参加することでよい成績を残すことも大切だが、それ以上に大会に向けていかに気持ちを持っていくか、そして稽古の内容、大会当日、本番の緊張感などは、体験してみないとわからない。とにかくこの数ヶ月の集中力は自分でもすごいエネルギーを要した。日本はもっと暑いから...と言って、暑い大会の中で自分の試合での指定型と自由型のルーティンを続けてこなす。とにかく持久力が大切だから、最低6セットはこなせるようにと途中フラフラ頭が朦朧としながらも稽古したものだ。でも実際、日本の夏は、今年はミラノほど暑くなかった!爆 
 
ところで、上記のそのコメントでよく理解できなかったところを師範とチャット。
 
話の流れから沖縄空手の奥義に発展し、いかに伝統空手と沖縄空手の差異を理解するか、それって範士以上が理解すればよいのでは?という内容にまで流れ、語り始めた師範の熱はヒートアップ!一撃必殺!一挙動目を失敗したら死ぬ!...あれれ、色帯シニア女子はそこまで探究心持たなくてもいいですよね?と苦笑しながら、チャットを楽しんだ。やっぱり、私、色帯シニア女子のくせに空手バカ?笑
 
ところで、過去の日記を読みかえすと2年前の秋の稽古からウオーミングアップの内容が変わっていた。軽いランニングにダッシュやウオーキング、スキップが混じり、また子供と大人、またその中間に分かれ、腿上げやハイジャンプをしてからのダッシュなど。しかし、そのウオーミングアップで、なんと壮年女子が次から次へと膝を痛めた。苦笑 ああ、若くない。中高時代、狸がでてくる多摩丘陵地に育ち、どこへ行くにも、山を下り、また山を登って学校へ通う。よって部活のトレーニングも常に坂を利用。脚筋力、心肺機能アップ。ここでまた燃えよ闘魂、スポーツ根性メラメラで、ダッシュ一本、メンバーには絶対負けたくなかったなあ、と思い出す。でも今はムーリー。っていうか、壮年•シニア女子、ここまで筋肉必要? 苦笑
 
それに比べたら、今日は体慣らしのリハビリ的稽古だった。
 
と書きつつ、もー、T子さん、何目指してるのよ〜! 女友達に呆きられる日々。いやいや、型を通じて自分を磨く。向き合うのは自分自身でしょ。自らの限界に挑み切磋琢磨。沖縄空手をより深く学びた〜い。
 
No Karate, No Life.
 
空手のあとのビールがたまらない! (私はオヤジか?! 爆)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。