10月10日 午後10時21分に 木星が天秤座から蠍座に入りました。

 

 

みなさん、天秤座の木星の1年間を振り返っていかがでしたか?

 

木星が天秤座に入ったのは2016年9月9日でした。

 

その頃から、今までの1年間で起こった、思い返していい影響はなんでしたでしょうか?

 

木星の天秤座一般的意味: 出会いによって世界が広がる。色々な人とあまり深くない付き合いを楽しむ。適度の距離感で、いいところどり。上品な社交。

 

 

ホロスコープを持っている人は、天秤座がどのハウスからどのハウスにあったか、調べてみてください。

 

僕の天秤座の木星時代は 2室から3室の運行でした。

image

 

このころのことを思い出すと、ツインセッションのブームが少し落ち着いてきて、占星術の教育コースをスタートしたばかりでした。

 

僕は鑑定は得意としていましたが、セミナーは生徒に厳しくしすぎてしまって、挫折者を出すという苦い経験がありました。

 

なので、今回は、テキストをしっかりと作って、生徒が後で復習できるように配慮してやっていきました。

 

おかげさまで、ルシエルゼミも人数が増えてきて、講座も起動に乗ってきたのですが、まだまだ、基本が身についていないなと感じるのが昨今でした。

 

生徒さんたちは、ちょっと変わった人が多く、ゼミにくると気が合う仲間がいて楽しいという雰囲気。いかにも、天秤座の木星が示す、社交の場という感じでした。

 

2室のトランジット木星でもあったので、僕の収入も増えてきたようです。3室には基礎教育という意味があり、占星術なら入門講座という意味もありますね。3室は友達という意味もあり、生徒さんとは楽しい友人関係で懇親会も楽しみました。

 

少し前をちゃんと振り返ることが、占星術上達の秘訣です。

 

セラピストとかセミナーをやっている方々にとっては、良い一年だったと思います。風の活動宮は、情報の伝達が早く、またみなさん流行に敏感に色々なものに参加しようとするからです。薄く広くですね。

 

ところが、蠍座に入るとトレンドが変わってきます。色々なものに触れてみたけれど、私が一番深めるべきは何かということになります。

 

蠍座木星の一般的意味:深い絆を持つことにチャンスがある。特定のテーマや人にフルコミットする。トンネルを掘るような集中力と持続力が必要な勉強。異性との深い絆。性的な探求。共同事業や投資など、人から力を借りる。力を貸す。

 

色々なセミナーを受けてみたけれど、私が一番深めたいものはやっぱり、占星術だな。だとするとルシエル先生について学んでみようとか。(大歓迎です)

 

それから、蠍座は共同事業という意味があります。ヒーリングルームを友達と二人で借りよう。とか、それから、事業に出資するなども蠍座木星の意味になります。

 

みなさんの蠍座はホロスコープのどのハウスにありますか?

 

僕の場合は、3ハウスから4ハウスです。image

相変わらず、教育がテーマかと思いますし、特定の友人との深い絆が鍵になると思います。それと、ICに木星が通過するときに、ずっと考えていた引っ越しを考えています。

 

教育のテーマでは、いよいよ、プロ養成講座ですね。

 

今まで、色々な講座を単発で開発してきましたが、少人数でじっくりとレベルの高いところまで教えていくことをしたいなと思っています。

 

最後に、各ハウスで蠍座木星の現れ方をまとめてみました。

誰でも、二つのハウスを跨って、蠍座があるはずです。カスプのサインを確かめて、手前のサインも参考にして考えてみてください。

 

1ハウスの蠍座(アセンダント)

 

蠍座アセンダントの人にとっては、内面の葛藤から解放されるのびのびと活動する時期です。新しい分野への可能性が広がり、行動範囲や人への影響力が拡大します。服や美容にお金にかけるのもおすすめ。思い切った冒険にチャレンジしてみましょう。海外旅行はぜひおすすめします。

 

2ハウスの蠍座 

 

2ハウスは財運のハウス。ここに木星が来ていると、お金を稼げる1年です。お金でなければ、何かの技能を身につけるという意味もあります。ワンランク上の持ち物と持ちましょう。人の名前やプロフィールを覚えておいてあげることが幸運の鍵。

 

3ハウスの蠍座 

 

3ハウスは、兄弟や友人、コミュニケーションのハウス。ここに木星が来ていると人との交流が活発化します。蠍座ですから、数よりも交流の質が深まります。英会話教室などもおすすめです。定期的に人と会うこと大切です。

 

4ハウスの蠍座

 

4ハウスは、住処を表しています。実家の場合もあり、自分が借りた部屋の場合もあり、場所よりも人、家族の問題かもしれません。ここに木星が来ていると、より快適な家や、くつろげる居場所が得られます。家族全体に幸運がやってくるのです。引っ越し、増改築はおすすめです。

 

5ハウスの蠍座

 

5ハウスは恋愛のハウスとも言われていますが、言い換えるなら生きる歓びのハウスです。あなた自身が輝き、生き生きとする。芸術やスポーツ、創作活動、レジャーなどが活発化。子供ができる。子供との活動も大切です。一つのものや人に深く関わって喜びが生まれます。

 

6ハウスの蠍座

 

労働と健康のハウスと言われていますが、社会の中で具体的なサービスを人に対して提供する。あるいは健康のための運動を始めるなどがおすすめです。若干ストイックな時期ですが、規則正しい生活をするのに、軽い運動になるパートなどを生活に取り入れるのもいいですね。

 

7ハウスの蠍座

 

出会いのハウス、人間関係、社交のハウス、そして、結婚のハウス。ここに木星が来るとこれからの1年間は出会いのチャンスがあります。蠍座なので、お互いの全てを与え合うような関係が深まっていきます。これが結婚で出たり、共同事業として現れたりもします。

 

8ハウス

 

蠍座は8番目のサインであり、8ハウスでその意味が一番強まります。ここは、借金のハウスとか、遺産のハウスとか言われており、8ハウスに木星がある人は遺産運があるといいます。8ハウスは相手の所有物という意味があるからです。

8ハウスに何もない人でも、ここに木星が回って来るときは、高額のローンが組めたり、資金援助が得られます。また、人のものを自由に使わせてもらえたりします。

 

9ハウス

 

9ハウスでは、木星の力が強まります。9ハウスは学問と宗教のハウスですが、「世界観」のハウスと僕は読んでいます。ここに木星がきたときはぜひ、旅行に行きましょう。語学を学んだり、高等教育を受けて、世界を広げていきましょう。先生からのご贔屓を受けたりもしやすいときです。

 

10ハウス

 

10ハウスはズバリ、ビジネスのハウス。これはお金という意味もありますが、周囲に対する権力がますという意味です。専業主婦でも、自分の取り組んでいることへの評価が得られます。コンテストに入賞するとか、教育委員会の役員を引き受けるとか、責任を引き受けることであなたのパワーが増すのです。 

 

11ハウス

 

友愛のハウス、クラブ活動のハウス。仲間のハウスです。ここれは、一人一人が自由な立場で関わり、共同創造する場所です。ここに木星があるということは関わっているグループ活動、会社の同僚などとの関係が広がりと成功を見せます。新しいグループにも飛び込んで、楽しんでくださいね。

 

12ハウス

 

スピリチュアルな気づきのハウス。ここに木星がある時は、表立ったことは地味に進みますが、インナーチャイルドの傷などと良い形で向かい合い、潜在意識の浄化が進み、隠された恐れから自由になるプロセスが進みます。セラピーを受けたり、瞑想をしたり、一人でいる時間を豊かに過ごすことが大切です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

特に1ハウス 4ハウス 7ハウス 10ハウスに木星が来る人は、あなたの身の上に幸運が舞い込むという意味なので、チャンスをしっかり受け取りましょう。

 

「私なんか、そんな価値ない」という気持ちは、評価してくれた人に対して失礼なんです。

 

みんなの期待に応えるということが幸運の鍵。

 

そのためには、自分を信じることですね。

 

もっと詳しく、知りたいという方は、ぜひ、鑑定を受けてみてください。

 

受付:ローザミスティカ http://www.rosamysticamaria.com/
初回 100分 2万円 リピート 1時間 13000円 

木星のラッキーエネルギーを100パーセント生かしたいという方は、 先祖からの影響力などのクリアリングもできるツインセッションをお勧めします。

 

ツインセッション詳細

https://ameblo.jp/rosamystica-maria444/entry-12221705451.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リブログ(2)

リブログ一覧を見る