「なぜ療育や訓練

を選ばなかったのか?」


私が息子と歩んだサポート

の道のりには一般的な

「療育や訓練」


・靴を揃えるでも

・座る練習でも 

・上手にお喋りでも

・課題を上手にこなせる事

    でもない!



時より光る個性の発揮する

お子さんもいますよね


 現実は本当に1部であり

大多数が凸凹に悩んでいる方の

方が多い現実!


たくさんのご家族と

関わりサポートセッション

をしてきました



あの子ができるなら!と

過度な期待やプレッシャー

をかけるより大切なことは?✨️





またどんなに

光る個性や能力があっても


「人間力」と

「愛される力」がない


のはかなり苦しい未来の結果に

繋がる可能性が高いのでは無いか?と我が家は息子に関わることを

決めて動きました。



何故か?



それは義務教育終了と

現実社会生活での適応



ゆっくり良く考えてみよう!


義務教育では生徒を首には

出来ない けれど




他害などの危険行動


他の利用者さんの安全を守る


施設やスタッフさんも


その場にいてもらう在籍し


続ける事が難しいと判断を


せざるおえない可能性が


高まり強くなってしまうから



☆これは高齢者介護や施設でも

同じことが起きている現実がある!



実際に他害行為の癖が強く

スタッフさんの他利用者さん

の怪我に繋がる不安に繋がるなど

施設移動をせざるおえない

問題が起きています。




私は息子を支援していく

未来のメインを決めて17年間

あゆみを具体的に取り組みました



人から愛される❤

キャラクターな息子に

成長を目標にサポートを決意


さあ、

私ひとりでやれる?

周りの先生やスタッフ

はたまた 息子の同級生や

支援学級・学校まで

どうチームにしていく✨️💪

が始まりました



続きは次回③で



インスタリール総再生回数
1600万回更新中⬇

♡息子とインスタ フォローしてね♡