言語スイッチの重要性 | Little Miss SMILE: バイリンガル育児、英語教育、言語習得についての記録

Little Miss SMILE: バイリンガル育児、英語教育、言語習得についての記録

言語習得のこと、英語教育のこと、2012 年9月に生まれた娘へのバイリンガル育児のことについてのメモです♪

バイリンガル育児に特化したプレイスクールと、娘の小学校生活が始まり、

 

ブログを読む時間も書く時間も

なかなか取れませんあせる



でも、日中のプレイスクールではバイリンガル育児のサポート



夕方の英語教室では英語教育のサポート



質は違うけど、色んな形で子どもに接することができて、こちらも日々 子ども達から 学ばせてもらっています。

 


以前、『言語スイッチを作る

という記事でも書きましたが、

 

今日は言語スイッチの重要性について

再度、書いてみたいと思います。

 

 

 

おうち英語やバイリンガル育児で

言語スイッチを作ることは

 

 

バイリンガル育児を続ける上で

かなり重要な役割を担っていると考えています。

 

 

発話が出るための取組みももちろん大切。

 

 

発話が出たら、今度は

言語を切り替えるスイッチを作ることを

意識するといいのかなと思います。

 

 

 

これは例えば、子どもが英語のモードで

英語でおしゃべりしているときに、

 

こちらが日本語で話しかけて

日本語に切り替わるかだとか、

 

 

子どもが日本語でおしゃべりしているときに、

こちらが英語で話しかけて

英語に切り替わるか、

 

 

そういうスイッチです。

 

 

子どもが大きくなるまでは

切り替えのスイッチは

子どもではなく大人が管理していた方が

 

後々、大変ではないと考えています。

 

 

その管理が子どもの手に移ってしまったら、

こちらが言語を切り替えようとしても

 

それがコントロールできなくなる時期が来ます。

 

 

「管理」や「コントロール」と言っても

"Speak English!"とか「英語で話しなさい」と

強制したり、押し付けることではありません。

 

 

こちらの ほんの少しの労力で

言語の切り替えを促せるように

 

 

年齢の低いときから

こちらが言語のスイッチの

主導権を握っておくということ。

 

 

国際結婚の家庭でも、

親が英語ネイティヴの家庭でも

 

 

このスイッチが子ども主導になっていると、

幼稚園や小学校に入った段階で、

 

 

囲まれている言語が日本語であれば、

英語を話さなくなります。

 

 

お友達との繋がりや

家庭の外での繋がりが強くなれば、

 

 

たとえば、お父さんが英語スピーカーで

英語で話しかけても頑なに日本語で

返ってくる、という状態になりやすいです。

 

 

 

子どもの中での英語の重要性が低くなり、

「英語は話さなくても生きていける」と

子どもが感じてしまえば、

 

 

英語を話すことに

労力を使おうとしなくなることも考えられます。

 

 

 

インターナショナルスクールに

通わせている家庭でも、

 

 

英語の影響力が大きければ

英語だけしか話さなくなったりするケースも出て来ます。

 

 

このように、

言語スイッチは目に見えないですが、

子どものアイデンティティと深く繋がりがあり、

 

 

管理できるうちに身に付けておかないと

年齢が上がれば上がるほど、

 

コントロールが難しくなると考えています。

 

 

娘も4月から小学生になり

日本語に囲まれた生活を送っています。



日本語の影響は既に感じていますが、

 

 

言語スイッチの管理を少し強めて

英語と日本語のバランスを取っていますニコニコ