プーケットもこの日が最終
日となってしまいました


タイガーキングダム・バングラ通り・パ
トンビーチ・サイモンキャバレーなど、
ひと通り満喫することができたけど✨


バンコクへ戻る前に、まだあと
ひとつお楽しみが残ってます


最後の締めくくりは象乗り体験⬆


何気にこれが一番楽しみだったかな




アユタヤでやりたかったのを
グッと我慢したからねf(^_^;


プーケットでお世話になっ
た宿をチェックアウトして


今回も送迎つきの現地ツアーに参加しました




バンに揺られて中心地から
15分くらいで到着したのは


カリムエレファン
トトレッキング


料金は象乗り30分で770
バーツ(約2700円)でした


早速可愛い象さんたちがお出迎え🎵




とっても穏やかな優しい顔つきで癒される


まずはファミリーが2組に分かれて出発


次はいよいよ自分の順番です💓


象さんの上に座ってみると、これ
が結構な高さに感じられました




さて、象乗りも僕1人での参加なの
で、問題は写真撮影をどうするか


そこで最初に象使いの人にチップを渡す作戦に


ぜひ素敵な写真をお願いしまーす(笑)




出発前には象さんもやっぱり暑いのか
、水をいっぱいかけてもらってました


準備も整いそれではワク
ワクな冒険のスタート!


こちらのエレファントトレッキ
ングでは、自然豊かな緑の中を
象乗り体験できるのがいい感じ




象さんが頑張ってゆっくりと
一歩ずつ丘の上を目指します


結構急な斜面もあってなか
なかスリリングな道のり💨


そしてとっても見晴らしの良い場所に到着




ここからは記念撮影大会カメラ


象使いのおじさんがこれでもかと
沢山の写真を撮ってくれました


象さんもいろんなポーズで応えてくれます




なんだか愛着がわいてくるなぁ(#^.^#)


象使いのおじさんも愛想が
いいし優しくて良かった


ただ象さんにあげるエサのサトウキ
ビを買い忘れたのが心残りでした




写真撮影が一段落すると、帰り道
もまたゆっくりと進んでいきます


上りよりも下りのほうが
体感的には怖かったかな


それにしても、上手に乗りこなしてい
てるおじさんの姿には本当に感心グッ




初めての象乗り体験は送迎を含め
て約2時間ほどでサクっと終了


帰りのバスまでの空き時間を有効に使っ
て楽しむことができて大満足ですアップアップ


とても思い出に残るアク
ティビティとなりました




プーケットタウンに戻るとランチタイム


ショッピングセンターのフードコート
で『カオマンガイ』をいただきます


タレが鶏肉とご飯にマッチして美味しかった


最初はリゾート地に1人だから心配だ
ったけど、結果的には様々な体験が
できたので行ってみて正解でした音符




ここからは行きと同様に再び夜行
バスに乗りバンコクへと戻ります


帰りは違うバス会社だったけど、正直
行きのバスのほうが良かったかな💦


そして朝の7時頃、無事バンコ
クの南バスターミナルに到着




朝の7時じゃ早すぎて何もやることないなぁ


とりあえずバスターミナルでブロ
グを書いたりして時間つぶしです


それから路線バスでこの日
の宿の近くまで移動してランニング




ショッピングセンターをプラプラ


日本語に反応して思わずタピオカミ
ルクティーを購入しちゃいましたブルー音符


もちろんうまうまで、バン
コクでも人気あるんだね~




それからマックで気になっていた
『Cheesey Spinach Pie』もゲット


気になるそのお味は濃厚なクリ
ームシチューみたいな感じだね


この語彙力のなさf(^_^;




そしてやっとこの日の宿にチェ
ックインできました~( ´∀`)


1泊しかしないけど、今回は駅か
ら近いので移動がとっても便利


でも部屋は清潔で綺麗なのに、
冷蔵庫がないのが本当に残念


夕食は初めてのシーロムエリア
に行ってみることにしました




タニヤ通りには日本のお店が盛りだくさん


日本料理・居酒屋・カラオケ・ナイトクラ
ブなど、なんでも揃っていてビックリです


この旅には無縁なので行かないけどね(笑)




結局通りの屋台で安定のワンタン麺OK


次の日の朝は宿でブレックファーストを


とりあえずタイはこれにてひとまず終了です




日本に帰る時にまた戻ってくるけどね⤴


初めてのタイはどれも刺激的で濃厚
な時間を過ごすことができました


少しはタイの魅力が分かった気がしますキラキラ


次の国でもどんなことが待ち受
けているのかとっても楽しみ


次回はいよいよ2ヶ国目に突入です☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ