ビエンチャン2日目


翌日には次の国へと向かうので、
ラオス滞在も実質これが最終日!


この日の朝食は宿の近くにあるお店
にワンタン麺を食べに行きました


口コミの評判が良さそうだったの
で楽しみに訪れてみると、店内
は中国人観光客などで満席状態


その人気の高さが伺えて期待が持てます⬆️




『Wonton Noodle with Roaster Duck』
20000キープ(約250円)を注文


ところで下痢は相変わらずで薬を飲
んでもあまり変化がなく、いつしか
その状態にも慣れてしまいました


とりあえず飲み物には注意して、その他は
あまり気にせず好きな物を食べることに


ワンタン麺はスープがとてもサッパリと
、ローストダックもクセがなくて全体的
にホッとするようないいお味( ´∀`)




また食べてみたいと思うようなお店でした


食事の後はビエンチャン観光のスタート!


まず最初はちょっと珍しい感
じのB級スポット的な場所へ




タラートサオショッピングモール
の裏手にあるバスターミナルから


14番のローカルバスに乗って向かいます


日本から寄贈されたバスが走ってるんだね〜ひらめき電球




バスに揺られ1時間くらいで目的地に到着


訪れたのはワット・シェンクアン


またの名をブッダパークといい、ビエンチ
ャン観光で外せないスポットみたいです🎵




こちらでは一風変わった多く
の仏像が見られるとのこと


怖いもの見たさな感じでちょっと面白そうキラキラ


入場料10000キープを支払
い早速気になる公園の中へ




まずは巨大な涅槃像のお出迎え!


もっと寂しい感じを想像していたので
観光客が意外と多くてビックリです




いや〜、それにしてもこれはスゴいな💦


仏教とヒンドゥー教が混在している
ような、なんとも奇妙な作品の数々




普通に祈りを捧げている人たちの姿
もあるし、地元の人はこの場所をど
う捉えているのかも気になるなぁ


実際に目の当たりにすると、言葉では形容し
がたい独特な雰囲気がそこにはありました💨




でも結して厳かな雰囲気というわけではなく


不気味なやつから思わず笑ってしまうよう
なやつまで、その種類は本当に様々音符




ツッコミどころ満載で見ていて飽きない感じ


園内はそれほど広くないので1時間
もあれば十分に見て回れましたグッ




最後はひときわ異彩を放つインパク
ト強めなこちらの様子を拝見です


開いている口の部分が入口になっ
ていて、そこから内部へと侵入ランニング




人がやっと1人通れるくらいの狭い階段
を通ったりしながらひと通りチェック


こちらもやはり独特な世界
観が広がっていました💦




さらにブッダパーク全体を
見渡すことができる屋上へ


公園は上から見るとこんな感じキラキラ




普通の観光では物足りない人にはマ
ニアックな感じがかなりオススメ


その摩訶不思議な世界は一見の価値ありです!




ビエンチャンに戻るとお次は
ファストフードをチェック


調べてみたらラオスには残念
ながらマックがなかった(TT)


でも何故かロッテリアはあるという(笑)




そんな訳でレンタサイクルを借りて
ロッテリアまで行ってみました自転車


日本にもありそうなメニューばかりだ
ったけど、一度も食べたことがない


『Mozzarella Cheese Burger』の
セット48000キープ(約600円)と


それから『ロングチーズスティック』
15000キープを(約190円)オーダー




なんかチーズに飢えていたのが
分かるようなチョイスだわ(^_^;)


店内は日本と変わらない感じで学
校帰りの学生さんたちがいっぱい


でもかなり裕福な家庭の子供なんだ
ろうなぁと、ふとそんなことを考え
たりしながら出来上がりを待ちます




ハンバーガーは魚のフライやビーフパ
テにチーズフライなどボリューム満点


チーズスティックもチーズハットク
みたいにチーズが伸びてうんまいOK


久しぶりにチーズをたらふく堪能できた
し、ロッテリアも結果的に良かったかな




ラオスのファストフード事情のチェ
ックが終わると観光を再開です!


続いて訪れたのは


アヌサワーリー・パトゥーサイ




ラオスの凱旋門ですね


どうやらフランスの凱旋門を
参考にして建てられたみたい


上から見渡す景色は、首都なんだけどやっ
ぱりどこか長閑な雰囲気が伺えました⤴️




そして最後に訪れたのがこちらの


タート・ルアン


ラオスを代表する仏塔のひとつでラ
オスのシンボル的な存在とのこと✨




他には特に見どころがなさそうだ
ったけど、黄金に輝くその建物
は神秘的でとっても綺麗でした


こうしてビエンチャン観光も無事に終了!


お腹の調子を崩して一時はど
うなることかと思ったけど


北から南へと移動しながら体感した初
めてのラオスは、いつまでも記憶に残
るような素晴らしいスポットも沢山あ
って実に魅力的なところでしたアップアップ


機会があればまたゆったりとした時
間を過ごしに訪れてみたいです☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




朝食を終えるとお腹の調子はと
りあえず大丈夫そうなので、バ
ンビエン名物のひとつでもある


チュービングに参加することにしました!


チュービングとはタイヤのチューブ
に乗って川を下るアクティビティー


バンビエンではこれをやって
みたかったんだよね~アップアップ


クアンシーの滝とブルーラグーン
では水の中に入ることができなか
ったので、今度こそリベンジです




ホテルのフロントに申し込み、送迎車
で受付がある場所まで移動しました💨


ちなみに料金は60000キープ


それにデポジットの20000キープで合計
80000キープ(約1100円)を支払います




この時の参加者は欧米の若者グ
ループと僕というメンバー構成


車にもうこれ以上乗れないくらいぎ
ゅうぎゅう詰めの状態で、ソン川
の上流まで向かおうとしていると


突然アジア系の男性1人がギ
リギリで参加してきましたひらめき電球


偶然にも日本人だったので
一緒に行動をすることに




その方はゴールデンウィークを利
用してラオスに来ているみたい


出発して20分ほどでスタート地点に到着です


いよいよドキドキワクワクな
チュービングのスタート🎵


コツを掴むのに最初は苦労しなが
らも、スタートして数分後には
川沿いにある最初のお店を発見




このチュービングのもうひとつの楽しみは
、途中にあるお店に立ち寄って、のんび
りお酒を飲んだり食事をしたりすること


ビールを飲みましょうと誘われたの
で、お腹が若干心配ではあったけど
『Beer Lao』を購入しちゃいました生ビール


欧米人グループはここでま
さかのピンポン大会に突入


ピンポンはアメリカ発祥のゲームで、テー
ブルに置かれた水の入ったカップにピンポ
ン玉を交互に投げ合って遊ぶゲームみたい




それで負けたチームがお酒を奢る
んだけど、まだ出発して間もない
のにもう始めちゃってるよf(^_^;


音楽に合わせて踊りながら楽しむ姿は、
まさにパリピな感じの若者たちでした


さて、僕たちはビールを片手
にチュービングを再スタート


ゆっくり川を下りながら飲
むビールはやっぱり最高⤴




やっと景色を楽しむ余裕も出てきたかな


情報では長い時でゴールまで5
時間くらいかかるみたいです💦


流石にそれはキツいけど、果たして何時
間でゴールできるかも気になるところ


順調に進んでいると大き
なお店がある場所を発見




まだ先にもたぶんお店はあるだろ
うと立ち寄らずにスルーしました


まさかこれが結果的に最後のお店にな
るなんて僕たちには知る由もなく…


さらに先へ進むとジップラインのア
クティビティーなんかもあったり


山が間近に見える景色は、まる
で桃源郷にでも来たみたい✨




橋がある場所に差し掛かると現地の子
供たちが元気に水浴びの真最中です!


目が合うといきなり彼らの
襲撃を受けちゃいました


人懐っこい感じで「マネーマネー」を連発


う〜ん、お金をあげてもこっちは
別に痛くも痒くもないんだけど




簡単にお金を手に入れられてしまうこと
が疑問に思えたのであげませんでした


ゴールまで押してくれればチップ
もかなり弾んだんだけどなぁ(笑)


チュービングをしているとかなりの数の
カヌーをしている観光客を見かけました


スイスイ進んで行く姿はちょっと羨ましい




時間もそれほど長くかからないだろうし
、ちょっとカヌーにも惹かれちゃいます


そしてついに中心街が見えて
きてもうすぐゴールの予感⬆


ゴール付近にあったハンモックカ
フェがとっても気持ち良さそう音符




川辺でビールでも飲みながら
ハンモックに揺られたらきっ
と優雅な気分なんだろうなぁ


バンビエン滞在中に訪れるこ
とが出来なくて残念でした


そして体調が悪くなること
もなく無事にゴール地点へ


所要時間は約3時間と時間的にもまずまずOK




ところで、あの欧米人グループは
それっきり姿を見ることもなか
ったけど大丈夫だったのかな?


何時間かかってゴールした
のかかなり気になります(笑)




初めてのチュービングは、油断
していると淀みにハマって全然
進まなくなったりもしたけど


ここでも楽しい体験をするが
できて大満足でした(#^.^#)




終了後はせっかくなので、ずっと一緒だ
った日本人の方と食事をすることにランニング


途中で何も食べることが出
来なくてもうお腹ペコペコ


お相手の希望にてラオス式の焼肉に決定です


鍋中央の盛り上がった部分で焼肉
をして、周りの水が入っている部
分でしゃぶしゃぶをするスタイル




体を動かしてたのもあるけど、これがサッ
パリ食べられてマジ美味かったなぁキラキラ


翌日はなかなかハードな生活
だったバンビエンともお別れ


最後は玉子焼きとチーズのバ
ケットサンドを頂きました




バナナジュースはジョッキで出て
きちゃってかなりの量だったけど


朝食の時にはフルーツがサービ
スでつくのが嬉しかったかな


バンビエンの次は首都のビ
エンチャンに向かいます!




前日にはメインストリートにある
ツアー会社でVIPバスの手配済み


でも当日に乗ることになった
のは何故かこのバンタイプ


全然VIPではないじゃん(TT)




車内はぎっしり満席の中を約4時間で到着


今回お腹の調子は大丈夫でしたグッ


ビエンチャンは今までと比べ
るとそれなりに都会な感じ


チェックインまで少し時間があったので
『タラートサオ ショッピングモール』へ




韓国のミリオレを思い出すような雰囲気です


特に見る物もなかったので
少しカフェで休むことにコーヒー


『Milked Japanese Green Tea』を注文




こういうのが飲めるし改めて都会に
来たことを実感しちゃいました♪


ビエンチャンでの宿はこんな感じ


ルアンパバーンのゲストハウス
では、巨大なトカゲと廊下で遭
遇したのが今ではいい思い出




夜中にはカエルと鳥が合わさったよ
うな、そのトカゲの鳴き声がずっと
聞こえてきて不気味だったけど💦


さて、ひと息ついたらビエ
ンチャンの街も散策です


メコン川がある方へ行ってみると




そこには大きな公園があり、毎晩ナイ
トマーケットが開催されるとのこと


沢山のトレーニングマシンがあったり


子供が遊べる小さな遊園地などもあって




市民の憩いの場となっている様子でした


メコン川は遠くにあってよ
く見えなかったのが残念💧


それからこんな感じのお店
があったのもちょっと意外




ミニソウなのかメイソウな
のかややこしいなぁ(笑)


ラオス滞在も残すところ
あとわずかとなりました


ビエンチャンには観光スポ
ットが少ないみたいだけど


明日は郊外へ行ってみる予定


最後の1日を楽しみたいと思います☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




世界遺産の街ルアンパバーンでの滞在を
満喫したら次の目的地へ向かいます!


目指すのはルアンパバーンと
首都ビエンチャンの中間あた
りにあるバンビエンという街


バンビエンは山に囲まれた地域で空港がない
ため、ミニバンやバスでの移動となりますひらめき電球


ミニバンだと移動時間は短いけど
、満員状態の車中で4〜5時間は
我慢しなくてはならないみたい


僕はヘタレなバックパッカーなので、ゆった
り座れるバスでのんびりと向かうことに🎵




バスだと6時間くらいの道のりらしいけど、
14時間のバス旅を経験してるから楽勝かな


前日にはそんな感じで気
軽に考えていたんだけど


当日になるとかなりお腹の調
子が悪化していました(-.-;)




ひどい下痢と腹痛で、薬を飲
んでみても全然効果がなし


かなり不安の中をバスに乗り込みます💨


僕は1人で最前列、後ろの席には
日本人カップルが座りました




出発すると早くも爆音で音楽を流
し始めるラオスの運転手さんキラキラ


後ろのカップルが「まさか到着するまでこ
の状態じゃないよね?」と話ていたけど


音楽を止める気配など微塵もな
くて、バンビエンに着くまでそ
のまさかの状態が続きました




おかげで何度か流れていたヒッ
ト曲がずっと耳に残っちゃって


ラオス滞在中にその曲をふと口ずさ
んじゃってる自分がいるし(*^^*)


ラオスのヒット曲の影響力は
意外とバカにできません!


バスは舗装状態のあまり良
くない山道を順調に走行中




ところでお腹の調子は相変わらず
最悪で、2回の休憩タイムはも
ちろんトイレにダッシュランニング💦


波のように襲ってくる腹痛に冷汗をか
きながらもなんとか耐え抜き、結局7
時間かかってバンビエンに到着です


バンビエンの宿と街並みはこんな感じ↑↑↑


原因が水なのか食べ物なのか分から
ないけど、ここに来てついに東南
アジアの洗練を受けちゃいました




大丈夫だろうと変に自信はあったので、意外
と胃腸がナイーブだった自分にショックタラー


それからは歯磨きするのにもペ
ットボトルの水を使う徹底ぶり


さて、バンビエンの街自体はルアンパバー
ンよりも更にこじんまりとした感じです




飲食店やツアーのお店、それに時
折見かけるお寺などがあるくらい


バスから降りるとやっとのこと
でゲストハウスにチェックイン
できてホッとひと安心( ´∀`)


食欲がなかったので近くの
お店でレッドブルを購入




次の日の予定に備えて早く休みました


バンビエン2日目


薬を飲み続けてはいるものの、相
変わらず症状は改善されず(TT)




でも腹痛はないし空腹だったので、名
物のバケットサンドをいただくことに


調子に乗ってしまい『Chicken+
Cheese+Vegetable』を注文です


見た目があまり綺麗に写ってないけど
これがとっても美味しかったなぁグッ




これからお腹の具合がどう
なるか心配ではありますが


この日はバンビエンの観光スポット


BLUELAGOONという場所へ音符




再びのレンタサイクルで出動です自転車


途中には橋があって、通行料の
6000キープ(約80円)をお支払い


迂回すれば通行料を払わなくて済む
方法もあるみたいだけど、もう暑
くて遠回りなんかしていられない




帰り道では学校帰りの少年たちが川
へダイブして水浴びをしていました


ブルーラグーンへと続く道は
こんな感じでとっても長閑キラキラ


道中では牛さんがのんびりお散歩する姿も




ただ7Kmの道のりは意外と長く感じられて


容赦なく照りつける太陽に体力
がどんどん奪われていきます


う〜ん、スクーターかバギーを
素直に借りれば良かったな(^_^;)




おっ!やっと看板が見えてきた~!


でもまだ2Kmもあるのか


そして休憩を入れながら、なんとかブル
ーラグーンに辿り着くことができました




わーい\(^o^)/


とテンション上げていきたいと
ころだけど、お腹の調子と疲
労もあって木陰で再びの休憩


水分補給をしたらいよい
よ周辺の散策を開始です




ブルーラグーンも結構いい感じの水の色OK


ルアンパバーンでクアンシーの滝を見ちゃ
ってるからそこまで驚きはなかったけどね


こちらは規模もそこまで大きく
なくて、みんなでワイワイ水浴
びするようなスポットみたい




子供のようにはしゃいでいる観光客の姿を
見ているだけでも楽しい気分になりますアップ


高い場所にある木の枝から飛び込んだり


のんびり水に浸かって涼んだり




食事をしながらその様子を眺め
たりと楽しみ方は人それぞれ
 

子供用のプールやウォータース
ライダーなんかもありました


一応僕も水着持参で来てはみたけど…




やっぱり不安なので今回
も水の中に入るのはパス


2回続けて絶好のチャンスを
逃してしまいションボリです


それでも足だけ水に浸かって涼んでいると、
見たことない色鮮やかなトンボを発見✨


こんな感じで雰囲気は十分に味わうこ
とができたので帰ることにしました自転車




ブルーラグーンの後はバンビエ
ンの街が一望できる山を登る
予定もあったけどこれもパス


宿に戻るとこの日も大人しく早めに就寝です


さて、夜中になると突然ゲスト
ハウスの外が賑やかな状態に


目が覚めたのでバルコニーから眺めてみる
と、全裸の男性が何人かの人たちに抱えら
れパトカーに押し込められていました💦




バンビエンはカヌーやチュービングなど
のアクティビティーがとっても盛ん


そしてドラッグが簡単に手に入ると
いうもうひとつの一面もあります


何年か前までは普通に街中
でやり放題だったみたいだし


 それを求めて訪れるバックパッカーもいるら
しいので、実際に葉っぱでキメてるような人
を目撃したら思わず納得しちゃいました




それでも僕みたいに普通にアクティビテ
ィーを楽しむ分には全然問題ないし、
特に危険な雰囲気は感じなかったかな


体調が良くなかったので、夜
の街の様子を見に行くことが
出来なかったのが残念でした


バンビエン3日目も朝食へと表に出ると、
街中で牛さんの大移動にまさかの遭遇ブルー音符


いったい何処から来て何処に向
かっているのか気になるなぁ




この日はとあるお店にて、胃に優しそ
うなライスヌードルをオーダーです


しかも僕にはまずありえない感じの
『Ricenoodle With Vegetable』と
いう肉なしのやつをチョイス(笑)


野菜が盛りだくさんでバナ
ナのサービスもありがたい


朝食が終わって暫く様子をみてたけど
、体調は大丈夫そうなのでアクティビ
ティーに参加することにしました!


バンビエンで一番楽しみだった
あれだけは絶対にやらないと☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




次の日は朝の5時に起床しました


早朝に行われる『托鉢』を見学することにランニング


ルアンパバーンを訪れたら、この托鉢
も必ず見ておきたい見所のひとつです


起きてモタモタしてたら出発がちょっと遅れ
ちゃったけど、なんとかギリギリに到着💦


僕が訪れたのは宿から近い場所でしたが、街
中のいろんなところで行われているみたい




早朝にもかかわらず観光客の
姿もかなり見受けられますひらめき電球


ちなみに托鉢は毎朝行われてい
て、信者の人がお坊さんたにお
供え物を喜捨していくんだけど


路上にはこのようなお店があり、観
光客も購入して参加することが可能




お菓子などを準備できなかったし、一度
は体験しておきたかったので早速購入


さて、オレンジ色の袈裟に身を包んだ
お坊さんたちの姿が見えてきました!


沿道に用意されてある椅子
に座りその時を待ちます




初めての経験だしちょっと緊張するなぁ


そして実際に参加してみると
これがなかなか忙しい(^_^;)


お坊さんが持っている入れ物の中
にお供え物を入れていくんだけど




慣れてないし次から次へと
来るから慌ててしまう感じ


必死に行っていたら、もう
あっという間に終了です💦




それでもかなり貴重な体験
をすることができたかな


観光イベント化されている一面があ
るとはいえ、この厳かで神聖な儀
式に身が引き締まる思いでした✨




宿に戻ると朝食の時間


バナナジュースがうんまい🎵


しっかり食べてこれからのツアーに備えます




ツアーは前日にフロントで予約しました


いろんなツアーを頼めるからとっても便利⬆


ちなみにお値段は40000キープ(約500円)




これから訪れる場所は郊外にある


クアンシーの滝というスポット


ルアンパバーンでこれが一番楽
しみにしていたイベントです音符


送迎のバンに乗り中心地から1時間弱で到着




道路はかなりバンピーだし運転手
さんは音楽を爆音で流すしで、全
然眠ってなんかいられない(笑)


入口には沢山の飲食店やお土
産屋さんが並んでいました


やはりルアンパバーンでも人気のスポ
ットなだけに自然と胸が高鳴る感じ⤴️


入場料は20000キープ(約250円)




中に入ると保護されたと
いうクマさんがお出迎え


さて、こちらで滞在できる時間は2時間ほど


ワクワクしながら緑の中を先へ進みますランニング


そしてついに…




キター\(^o^)/


そう、まさにこの景色が見てみたかったのよ


事前にネットでチェックはして
たけど、実際に見るまではどこ
まで綺麗なのか半信半疑でした




でも画像で見たそのままの景色が目の
前にあって、しばらくは放心状態です


こちらでは水着に着替えて入ることも可能


水温はなかなか冷たいけど
入る価値は十分ありそう


そりゃロマンチックな気分になるよね〜ラブラブ




わかりますよその気持ちグッ


それにしても楽園って本当にあるんだね


ちょっと現実離れし過ぎてい
て不思議な感覚になりました




この日は快晴で天候にも恵まれたし


夜中に雨が降ったので心配ではあったけど


濁りもなくて綺麗なエメラルドグリ
ーンを見られて本当に良かったキラキラ




マイナスイオンをめっちゃ浴びまくりです


夢中になって写真も撮りまくりカメラ


素材が良すぎてどう撮っても絵になっちゃう




上流の滝を目指してさらに進んで行くと


意外なことにお魚も沢山い
てこれにはビックリです!


食べ物にめっちゃ集まってきて元気いっぱい




30分くらいかけて大きな滝
がある場所に到着しました


画像では伝わりにくいけどこれ
がまた迫力があって絶景です


本当は水の中にも入りたかったけど、お腹の
調子が良くないのでやめておきました(TT)




足だけ浸かっていても最高
に気持ち良かったけどねブルー音符


ここは2時間くらいの滞在
時間じゃ全然足りないなぁ




できればもっとゆっくりと満
喫していたいところだけど


それでもこの絶景を実際に見るこ
とができて、ルアンパバーンに来
た甲斐が本当にありましたアップアップ




中心地まで戻ると、夕方は
ナイトマーケットを散策


可愛い民芸品などが数多く揃って
いてこちらも楽しいイベント乙女のトキメキ


旅は続くので持ち物はあまり
増やしたくないところだけど




これはぜひ欲しいと思っ
たBeerlaoTシャツを購入


それから持っていた扇子が壊れ
てしまったのでMADE IN LAOS
のカラフルな扇子もゲット


マーケットでの買い物は値段交渉が必
須ですが、どれも言い値の半額以下
で購入することができました(*^^*)




夕食はまた近くの屋台へ💨


ラオスの串焼きは大きくてとっても豪快


選んだ食材はお店の人が炭火で
焼いてくれて熱々を頂けます


まずは『Fried yellow noodle
 with pork』をオーダー




焼きラーメンみたいな味でマジうまでしたOK


それから『鶏の足の炭火焼き』もペロリ


こうしてルアンパバーンでの最後の夜も終了!


短期間だったけどとっても中
身の濃い3日間だったなぁ


まだまだ続く楽しみなラオス
の旅は次の街を目指しす☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




タイの次はラオスにやって来ました!


正式名称は『ラオス人民民主共和国』


公用語はラーオ語で人口は約668万人


タイの北側の位置にあり、中国・ミ
ャンマー・ベトナム・カンボジア・
タイと隣接した海のない内陸国です


国土の70%が高原や山岳地帯で占められて
いて、ラオスを縦断するように流れるメ
コン川は貴重な水源になってるみたいひらめき電球



 
社会主義国のラオスってどんな国なの
かよくわからないのが正直なところ


まぁ、それだけ何が待ち受けてい
るか楽しみではあるんだけど⬆


そのラオスで最初に訪れたのは、ラオス北
部にある世界遺産の街『ルアンパバーン』


バンコクからルアンパバーンまでは飛行機
で約1時間半くらいとあっという間でした




本当はバックパッカーらしくバスで国
境越えをしてみたかったんだけどね💦


でも旅の期間が決まっている
ので時間を有効に使わないと


ルアンパバーン国際空港に到着す
ると、とても小さくてこじんまり
としたシンプルな造りにビックリ


さて、空港から中心地まではタク
シーしか交通手段がない為、この
乗り合いタクシーを利用します




空港出口付近にタクシーのチケット売り
場があり50000キープ(約630円)で購入


そしてこちらが今回お世話になる宿


開放的で全体的に雰囲気の
良いゲストハウスでした


部屋は広くてスペースも十分に
ありゆっくりくつろげそうOK




バスルームはこんな感じ


タイでもそうだったけど、便器にはお
尻を洗うシャワーが設置されてます


公衆トイレだと便座がかなり濡れて
いたりして、シャワーを使った形
跡がすぐに分かるんだよね~f(^_^;




ルアンパバーンもかなりの暑さなので、
クーラーの効いた部屋で涼んでいると


スタッフから嬉しいウェル
カムドリンクのサービスカクテル


スイカジュースがとっても体に染みました




ひと息ついたらいよいよ探索の開始ですランニング


街自体はかなりこじんまりとした感じ


ちなみにこれがメインストリート


世界遺産の街並みを保存するために、家の修
復や建て替えは厳しく制限されてるみたい




ルアンパバーンでは毎朝行われ
る僧侶の托鉢が特に有名なので
、お寺が数多く点在しています


フランス統治時代の雰囲
気も味わえるのも魅力的


人々は穏やかそうだし、ここに
は豊かな自然と素朴な生活が残
っていてなんだか癒されそう✨




通りを歩くと干しバナナをよく見かけました


お土産屋さんにあったド派手な柄のシャツ


どんな人に需要があるんだろ?(笑)




ドライバーのお兄さんは
車の荷台でお昼寝中です


そして何処に行くのかヤギを連れて歩く青年


そこにはゆったりとした時間が流れていて
、それが僕にはとっても心地いい( ´∀`)




ラオス最初の食事はナイトマーケ
ット近くの屋台へ行ってみました


こちらは好きな料理をお皿に一度だけ
盛り付けられるバイキングスタイル


色がほぼ茶色で我ながら笑える(^_^;)


気になるそのお味は全然クセがない、
優しくて食べやすい物ばかりでした




ラオス2日目


目覚めのドリンクはアイスコーヒーをブルー音符


ラオスのコーヒーはコンデンスミ
ルクが入っているのが特徴的です




この日も街中を軽く散策した後
はメコン川にもやって来ました


うわ~、なんて開放的なレストラン⤴


川沿いを歩いていると何度もリ
バークルーズの勧誘を受けます




とあるおじさんから『今日は全然お客さん
がいなくてヒマだからぜひ』とのお願いが


でも本格的なクルーズは流石に値段もお高め


値段交渉をして30分ほどボート
に乗ってみることにしました🎵




急な階段を川岸まで下りて行き、
こんな感じの船に乗り込んだら


メコン川30分の船旅に出発!


貸し切りなのでちょっと寂しい感じだけどね




船上から辺りを見渡してみると、
改めてメコン川の雄大さを実感キラキラ


川岸にあるいくつかの家屋も見えてきます


生活感がリアルに感じられて興味津々




さらにゆっくりと船は進み💨


魚を捕っている人の姿もちらほら




これは何かのお店なのかな?


のんびりしたクルージングは気持ちよく
て、なんだかお昼寝したくなっちゃった




簡単ではあったけどサクっ
とメコン川クルーズを満喫


きっとサンセットの時間帯は
雰囲気最高なんだろうなぁグッ




夕方にはルアンパバーンの名所のひ
とつでもあるプーシーの丘


150mの丘の上からはルアンパ
バーンの街が一望できるみたい


中心地にあるから気軽に行
けてとっても便利ですルンルン




階段を少し上ったところにはお店がちらほら


そこにはカラフルな籠に入
った鳥が売られていました


どうやら願掛けをしてこ
の鳥を空に放つみたい乙女のトキメキ


欧米人のカップルが早速お買い上げ




鳥を放つところ見てみたかったなぁ


さらにちょっと進んだら、途中にある料
金所で20000キープ(約250円)をお支払


ここからあと190段


口コミでは階段が結構大変とあ
ったので覚悟はしてたけど…




あれ、もう終わり?って感じで
意外とあっさり頂上に到達です


特に達成感とかはありません(笑)


仏像を拝見したら見晴らしの良い場所へ




おぉ、本当に自然が豊かだね~!


高い建物は勿論ないし、家が緑と
調和して本当に良い眺めでした


ところで、このプーシーの
丘で一番の見所と言えば




夕陽が沈んでいく様子を観賞すること


ゆったりとした時間の中で体験する、こ
れはなんて素敵なイベントなんだろう


天気は全然問題なさそうだし、このま
まいけば間違いなく見られそうです🌄




早めに着いていた僕はしっ
かりとポジションを確保


時間が経つと丘の上は夕陽目当
ての観光客で満員御礼となり


周りではいろんな言語が飛び
交ってかなり賑やかな状態💦




ゴールデンウィークの最中だか
らか、ルアンパバンではかなり
の数の日本人を見かけました


日本人がこんなにいるなん
てちょっと意外だったなぁ


それにしても、オレンジ色に染まっていく
夕陽がメコン川に輝いてめっちゃ綺麗アップアップ




この場所で夕陽を見ている
自分がなんか不思議な感じ


こうして旅を続けられている
ことに改めて感謝です(*^^*)




夕陽が沈む瞬間も無事に見られて大満足音符


プーシーの丘の麓ではナイトマーケット
も始まりだして活気が溢れていました




毎晩開催されているこのナイ
トマーケットも見所のひとつ


でもお腹が減ってきことだ
し、また今度にしようかな


雰囲気良さげなこちらのお店に
立ち寄って夕食をとることにランニング




ラオス名物の『ラープ』をいただきます


お肉はビーフ・ポーク・チキ
ンの中からチキンをチョイス


ニンニクの香りが食欲をそそり、
日本人の口にも合う美味しさ💓


そしてこの飲み物も忘れちゃいけない




ラオスと言ったらやっぱりこ
の『Beer Lao』 でしょう!


両方でお値段は32000キープ
(約400円)とお財布にも優しい


こうして2日目も終了となりました♪


早くもラオスの魅力にハマりつつあるかな


明日は現地ツアーで郊外へ出かけます☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




プーケットもこの日が最終
日となってしまいました


タイガーキングダム・バングラ通り・パ
トンビーチ・サイモンキャバレーなど、
ひと通り満喫することができたけど✨


バンコクへ戻る前に、まだあと
ひとつお楽しみが残ってます


最後の締めくくりは象乗り体験⬆


何気にこれが一番楽しみだったかな




アユタヤでやりたかったのを
グッと我慢したからねf(^_^;


プーケットでお世話になっ
た宿をチェックアウトして


今回も送迎つきの現地ツアーに参加しました




バンに揺られて中心地から
15分くらいで到着したのは


カリムエレファン
トトレッキング


料金は象乗り30分で770
バーツ(約2700円)でした


早速可愛い象さんたちがお出迎え🎵




とっても穏やかな優しい顔つきで癒される


まずはファミリーが2組に分かれて出発


次はいよいよ自分の順番です💓


象さんの上に座ってみると、これ
が結構な高さに感じられました




さて、象乗りも僕1人での参加なの
で、問題は写真撮影をどうするか


そこで最初に象使いの人にチップを渡す作戦に


ぜひ素敵な写真をお願いしまーす(笑)




出発前には象さんもやっぱり暑いのか
、水をいっぱいかけてもらってました


準備も整いそれではワク
ワクな冒険のスタート!


こちらのエレファントトレッキ
ングでは、自然豊かな緑の中を
象乗り体験できるのがいい感じ




象さんが頑張ってゆっくりと
一歩ずつ丘の上を目指します


結構急な斜面もあってなか
なかスリリングな道のり💨


そしてとっても見晴らしの良い場所に到着




ここからは記念撮影大会カメラ


象使いのおじさんがこれでもかと
沢山の写真を撮ってくれました


象さんもいろんなポーズで応えてくれます




なんだか愛着がわいてくるなぁ(#^.^#)


象使いのおじさんも愛想が
いいし優しくて良かった


ただ象さんにあげるエサのサトウキ
ビを買い忘れたのが心残りでした




写真撮影が一段落すると、帰り道
もまたゆっくりと進んでいきます


上りよりも下りのほうが
体感的には怖かったかな


それにしても、上手に乗りこなしてい
てるおじさんの姿には本当に感心グッ




初めての象乗り体験は送迎を含め
て約2時間ほどでサクっと終了


帰りのバスまでの空き時間を有効に使っ
て楽しむことができて大満足ですアップアップ


とても思い出に残るアク
ティビティとなりました




プーケットタウンに戻るとランチタイム


ショッピングセンターのフードコート
で『カオマンガイ』をいただきます


タレが鶏肉とご飯にマッチして美味しかった


最初はリゾート地に1人だから心配だ
ったけど、結果的には様々な体験が
できたので行ってみて正解でした音符




ここからは行きと同様に再び夜行
バスに乗りバンコクへと戻ります


帰りは違うバス会社だったけど、正直
行きのバスのほうが良かったかな💦


そして朝の7時頃、無事バンコ
クの南バスターミナルに到着




朝の7時じゃ早すぎて何もやることないなぁ


とりあえずバスターミナルでブロ
グを書いたりして時間つぶしです


それから路線バスでこの日
の宿の近くまで移動してランニング




ショッピングセンターをプラプラ


日本語に反応して思わずタピオカミ
ルクティーを購入しちゃいましたブルー音符


もちろんうまうまで、バン
コクでも人気あるんだね~




それからマックで気になっていた
『Cheesey Spinach Pie』もゲット


気になるそのお味は濃厚なクリ
ームシチューみたいな感じだね


この語彙力のなさf(^_^;




そしてやっとこの日の宿にチェ
ックインできました~( ´∀`)


1泊しかしないけど、今回は駅か
ら近いので移動がとっても便利


でも部屋は清潔で綺麗なのに、
冷蔵庫がないのが本当に残念


夕食は初めてのシーロムエリア
に行ってみることにしました




タニヤ通りには日本のお店が盛りだくさん


日本料理・居酒屋・カラオケ・ナイトクラ
ブなど、なんでも揃っていてビックリです


この旅には無縁なので行かないけどね(笑)




結局通りの屋台で安定のワンタン麺OK


次の日の朝は宿でブレックファーストを


とりあえずタイはこれにてひとまず終了です




日本に帰る時にまた戻ってくるけどね⤴


初めてのタイはどれも刺激的で濃厚
な時間を過ごすことができました


少しはタイの魅力が分かった気がしますキラキラ


次の国でもどんなことが待ち受
けているのかとっても楽しみ


次回はいよいよ2ヶ国目に突入です☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




TIGER KINGDOMにてドキド
キな虎との触れ合いの後は


再びソンテウに乗りビーチエ
リアまでやって来ました!


『ジャンセイロン』という大き
なショッピングモールで下車


沢山の飲食店や土産物屋にスーパ
ーなど、ここにはなんでも揃っ
ている感じで便利なスポット🎵


雰囲気も華やかで多くの
観光客で賑わっています




丁度買い物がしたかったの
で立ち寄ってみることにランニング

 
おにぎりやのり巻きが当たり前の
ように売られていて、日本の味
が恋しくなっても問題ない感じ
 

インスタントラーメンまで置いてあるし


ちなみにプルダックポックンミョンは
どこのコンビニでも見かけましたひらめき電球




海外に来てまでわざわざ食べないけどね(笑)


買い物が終わるとビーチ近
くにある宿へチェックイン


可愛いらしくて素敵なんだけど、自
分にはちょっともったいないくらい




お値段はお手頃なのに想像以
上の広さでビックリです💦


シャワーは温かいお湯が普通に出て良かった


でも水圧はやっぱり弱めなんだよね〜




今回はバルコニー付きの部屋を予約しました


開放的でここで飲むビールは美味しそう


洗濯物を外で干せるのも何気に嬉しいグッ




少し休憩をしたら夜の街に繰り出します


『バングラ通り』という
歓楽街まで来てみました


派手派手なネオンに外までガンガ
ン聴こえてくる大音量の音楽キラキラ




そこにいろんな人種が入
り混じってかなり刺激的


通りにはオープンバーやクラブ
など、夜遊びを満喫できるお
店がこれでもかと揃ってます


なんかカオサン通りより
盛り上がってるかも(^_^;)




さらに屋台街まであってめっちゃ便利


それではお店で一杯といきますか生ビール


TIGER KINGDOMで遊んじゃったし、あま
り贅沢はできないので大人しく一杯で終了


それでも雰囲気をかなり満
喫することができました




プーケットでもこれからパンで
節約生活していかないとなぁ


さて、プーケット2日目です!


この日は前日にゆっくり訪れるこ
とができなかったパトンビーチへ




まずはビーチ沿いをのんびり散策


海を眺めながらマッサージが受けられたり


ハンモックやオープンバーなんかも
あったりしてリゾート感満載ですアップ




ビーチも全然混雑している
様子がなくてかなり快適


日本はまだゴールデンウィーク前だったの
で、これから観光客が増えてくるのかな?


海の透明度はそれほどでもな
かったのがちょっと残念(TT)




周辺の島々のほうがもっと綺
麗なんだろうなと思いました


ディカプリオ主演の映画『ザ・
ビーチ』の舞台となったピピ島
にも行ってみたかったなぁブルー音符


アクティビティもひと通り揃って
いてパラセーリングが人気な様子




声をかけられたりしたけど、流石に
1人でやるのは悲しすぎるでしょ


歩いてたら暑くなってきたのでそ
ろそろ海にも入ってみようかな⤴️


全然冷たくなくてチョー気持ちいい




逆にぬるめのお湯かな?
ってくらいの水温でした


こうしてマッタリとした時間を満喫( ´∀`)

 
ビーチから一旦宿に戻ったら




今度はジャンセイロンの隣にある
『BANZAAN Fresh Market』へランニング


1階は果物・野菜・肉・魚介類な
どが売られている本当の市場で、
思ってたのとちょっと違ってた


夕方からは屋台が出て賑わうみたい




せっかくなのでこちらでマンゴーを購入です


これだけ入って30バーツ(約100円)
とかなり安いし、マンゴーでお腹い
っぱいになるなんてなかなか贅沢OK


ちなみにショッピングモールのスーパー
では3倍のお値段で売られていました




夕方になってから次に訪れたのは


サイモンキャバレー
というニューハーフショー


こちらではニューハーフによる歌と豪
華なダンスが楽しめるとのこと(*^^*)




現地ツアーで予約して宿までの送迎つきです


こういったショーは初体験だし、これも
プーケットで楽しみのひとつでした乙女のトキメキ


席は結構前のほうだったのでラッキーな感じ




ショーは撮影禁止のため残念
ながら写真はありませんが


ポップスや演歌などいろんなジャン
ルの音楽と、華麗なダンスのエンタ
ーテイメントショーは迫力満点!


鮮やかな衣装もかなりゴー
ジャスで見応えがあります




それにしてもお姉さんたちスタイル
が良くて綺麗な人が多すぎでしょ


中にはお笑い担当で見ためがユニー
クなニューハーフもいたけどね(笑)


1時間ほどのショーが終わると、出演
者たちは外で一例に並んでお見送り




この中から好きなニューハーフを選
び一緒に記念撮影ができるシステム


もちろんこれにはチップ(1人100
バーツほど)が必要なんだけど


ニューハーフさんたち一緒に撮影し
てもらおうとかなり必死です(笑)




あえて僕はやりませんでしたが


こちらのショーでも思い出に残
る新鮮な体験ができました⬆️


帰りはバングラ通りにある屋台
で、フライをつまみにビールで
プーケット最後の夜を満喫🍺


明日はまた夜行バスでバンコクに戻ります


そして戻る前にはまだアレも
残っているので楽しみです☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




この日はバンコクで6日間滞在し
たゲストハウスをチェックアウト


次の目的地に向かうため南バスターミ
ナル(サイタイマイ)にやって来ました!


南バスターミナルまではアクセスが良
くないので、BTSバンワー駅からア
プリのGrabを使ってタクシーに乗車


料金は150バーツ(約520円)でした

 
こちらのバスターミナルは『CS
PLAZA』というショッピングセン
ターに隣接しているみたいですひらめき電球




さて、バンコクの次に数
日間滞在する予定なのが


ビーチリゾートで有名なプーケット


そんな場所に1人で行ってどう
するの?って感じもするけど


まぁ、プーケットではいろいろな
アクティビティを楽しむ予定⬆️




さて、そのプーケットまで
は夜行バスを利用します🚃


バスには座席配置が2 × 2の普通の
タイプと2 × 1のVIPバスがあり、
席にゆとりのあるVIPバスを選択


料金は約1120バーツ(約3880円)でした




ショッピングセンターの2Fにあ
るチケット窓口で、ネットで予
約したチケットを受け取ります


所要時間はなんと14時間というかなりの長旅


うまく寝られればきっと大丈夫なはずグッ

 


長旅に備えてまずは腹ごしらえ


麺が食べたい気分だったので、こ
ちらのお店に入ってみましたランニング


『BBQ PORK & WONTON NOODLE』を注文




さっぱりとした味付けで食べ
やすくワンタンもいい感じ


このお水は飲んでも大丈夫だろうか?


お腹が心配なのでとりあえ
ずやめておきました(^_^;)




そしてこちらがプーケット
までお世話になる夜行バス


これから約900Kmのバス旅がスタート!


バスに乗り込むと17時40分、プー
ケットに向けていよいよ発車です




バスの車内はこんな感じ


めっちゃゆとりがあるしこんな
居心地良さそうなのは初めてキラキラ


この『Phuket Travel』という会
社のバスを選んで正解でした




乗客にはこちらの品が配られます


このミネラルウォーター・お菓子・ジ
ュースは料金に含まれているみたい


なんか遠足みたいな感じでちょっと嬉しい🎵




順調にバスは進んでいつの間に
か眠っていると、突然どこかに
停車して乗客が降り始めました


時計を見たら時間は深夜の1時頃(-.-)


どうやらサービスエリ的な場
所で30分ほど休憩するみたい


僕はドライバーさんと一緒のテーブ
ルでチャーハンを頂いちゃいました




目が覚めるような派手派手
な電飾のバスも停まってる


その後も快適に眠っている
といつの間にか朝になり


現在地をチェックしてみたらプーケッ
ト目前のところまで来ているのを確認


そして7時半頃に無事プーケット
第2バスターミナルに到着です!




ついにプーケットに初上陸✨


バスを降りるとまずは窓口で
帰りのバスチケットを購入


まだプーケットタウンやビー
チまでは遠い位置にいます


最初はこのピンクのソンテウに乗っ
てプーケットタウンを目指すことに




ちなみにお値段は20バーツでした


ソンテウで15分くらい走る
とプーケットタウンに到着


ちょっと街中を歩いてみる
と所々なんかいい雰囲気音符




こんなカラフルで可愛い感
じの建物もありました乙女のトキメキ


ソンテウ乗り場まで来てみると、各方
面へ向かう車が沢山待機しています


宿があるパトンビーチ行き
のブルーのソンテウを発見




これに乗ったらあとはビーチを目指すだけ


ここまで本当に長かったなぁ💦


ドライバーの娘ちゃんがゆで卵
を食べていてなんか癒される(笑)




ソンテウがビーチに向かって走っている
と、この日に訪れる予定だった場所の
近くを通過しそうでこれにはビックリ


慌てて下車して行ってみることにしましたランニング


やって来たのはTIGER KINGDOM


ホテルのチェックインまで
まだまだ時間があるからね




朝の9時からオープンしていて良かったOK


こちらの施設ではなんと虎
と触れ合うことができます


虎の大きさによってその値段が違うみた
いで、僕は『中トラ』を選択(900バーツ)




そして一人旅ということもあり撮影して
くれる人がいないので、写真サービス
も追加することにしました(500バーツ)


合計1400バーツ(約4900円)と痛い
出費だけど、滅多に経験できる
ことではないのでしょうがない


料金を支払い早速入場してみると…


いますいます、いろんな
サイズの虎ちゃんたちが




ゴロゴロしていて可愛いけど、それでも
時折聞こえる鳴き声は迫力満点です!


これは小トラだね


子供も怖さを感じず普通に触れ合えるサイズ




自分は中トラを選んでみたもの
の、近くで見てみると意外と大
きいのでちょっとドキドキ💦


それでは意を決していざケージの中へ


最初は虎に近づくだけでもためらう感じ




そしたら早くも係の人が尻尾
を持てと指示してきました


恐る恐る持ち上げてみたけど、
虎は気持ち良さそうにお休み中


これにはホッとひと安心です💨




その後も係の人がいろんな
ポーズを要求してくるf(^_^;


こっちも次第に慣れてきて楽
しむ余裕が出てきました⤴️


一頭だけかと思ったら、結局三頭の
虎と触れ合えうことができて大満足




そしてあっという間に終了
の時間がきてしまいました


こちらは大トラかな?


水の中で涼んでいる姿がなんともキュート




知らない間に係の人がこんなアップの
写真も撮ってくれていてビックリ!


帰りには撮影したばかりの写
真のデータを受け取りました


早くじっくり見てみたいなぁブルー音符


TIGER KINGDOMでもタイならでは
の貴重な体験ができて良かった


次は宿のあるビーチに向かいます☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




この日は前回の寺院巡りで行
きそびれた三大寺院のひとつ


ワット・プラケオ
訪れてみることにしました!


バンコクはいつものように朝から快晴
 

フェリーに乗って最寄りの船着き場
に到着すると、他の寺院の時とは
比較にならないほどの混雑ぶり💦


とりあえずメロンジュースでひと息ついて




敷地内に入るのもかなりの長蛇の列です


やはりバンコク観光では外せな
いスポットみたいだからね✨


入場料は500バーツ(約1700円)でした




他の寺院と比べるとなかなかいいお値段f(^_^;


さて、こちらでは王宮専用のきらびやかな
寺院が拝見できるとのことで楽しみです


感覚的にディズニーランドより
混雑してそうな状況の中を、や
っとのことで入場してみると…




仏塔が並ぶその景観に早く
も圧倒されてしまいました


これはかなり見応えがありそうアップ


でも観光客がとにかく多すぎて、いい
アングルの写真を撮るのもひと苦労




特に中国人の団体がほとんどってい
うくらいの割合で、思わずここは中
国かと突っ込みたくなるほどでした


ここでの一番の見どころは、なんといっ
てもエメラルド寺院と呼ばれている本堂


中にはエメラルドに輝く翡翠の仏様が
安置されています(本堂内は撮影禁止)




中に入って実際に見てみるとも
う圧巻のひと言で、歴史の重み
を実感することができました


それにしてもいろいろ目を引くポイント
が多くて、見ていて全然飽きない感じブルー音符


豪華絢爛って言葉がこれほどお似
合いな場所は初めての体験かも




こちらの黄金の塔を支えて
いる像がとってもカラフル


よく見てみると表情ひとつひ
とつが全て違っていて面白い


本当に細かいところまで繊細に
作られているのが分かります⬆️




それからこちらの建物の
装飾がまた綺麗なこと乙女のトキメキ


色鮮やかでインスタ映え
しそうなポイントでした




なんか素敵だったので思わずパシャリ


どこの国から来たのか知らないけ
どとっても絵になりますなぁグッ




ひと通り見終わると裏手にあ
る宮殿までやってきました


ワット・プラケオはどれも想像以上
の美しさで、混雑してなければもっ
とじっくりと見てみたかったところ


タイに来ることがあれば、この場所
は一見の価値があると思います!




休憩を挟んで夕方に訪れたのはランニング


タラートロットフ
イ・ラチャダー


という人気のナイトマーケット




夜にはこのような夜景も見られ
るとのことで、バンコクで楽し
みなスポットのひとつでした⤴️


場所はMRT『Thailand Cultural Cen
tre』駅の3番出口を出てすぐ近く


ESPLANADEというショッピングセン
ター手前を左折すると見えてきます




アクセスは簡単だし、毎晩開催
されているのが嬉しいところ


こちらのマーケットは雑貨・衣類・
飲食・バーというエリアに分かれて
いて、まずは飲食エリアをプラプラ


すると、いきなりインパクト強め
の虫が売られているを発見です!


まさにTVで観ていた光景が目の前に




中国人の観光客が小さな虫を買って食べて
たけど、これにはちょっと感心するわ~


さらに歩いていると興味を
惹かれる飲み物を発見ひらめき電球


スイカをそのまま器に使った




『Watermelon Smoothie』60バーツ


購入してみるとこれがシャリ
シャリと冷たくて美味しい


でも思いの外量が多くて、全部飲
んだらもうお腹タプタプです💨




他にもいろんな種類の食べ物が売
られていて目移りしちゃいそう


たこ焼きも見かけたけど、変わった具では
サーモンやムール貝なんてのがありました


こういうシーフードも一度
味わってみたいなぁ( ´∀`)




一人旅だと食べられる料理に
限りがあるのがちょっと難点


このお肉マウンテンのインパクトもスゴい!


沢山のお客さんがスペアリブを
堪能して大変賑わっていました




う〜ん、自分の夕食は何にしようかな?


とある一軒の屋台で、ご飯に3種類のおかず
をチョイスできるこちらのプレートに決定


お値段も55バーツとお手頃で良かったです




その後は衣類・雑貨・バーエリアを散策


基本的に値段は手頃だし見
ているだけでも十分楽しい


観光客だけでなく現地の人たちも
沢山訪れていて、ローカルな雰囲
気を味わうことができましたOK




おっと!帰る前に忘れてはいけ
ないポイントがまだ残ってた


ショッピングセンターの駐車場か
ら名物の夜景を見てみなくては


駐車場の4階まで行ってみると、
そこには数多くのカップルがいて
なんかロマンチックな雰囲気(^_^;)




はい、わかりますよその気持ち(笑)


それにもめげずに、上からの
絶景を満喫して帰りました


帰りは初めてローカルバスにチャレンジ




難易度が高そうで今まで敬遠してたんだけど


Google Mapで確認するとカオサ
ン地区を通るバスがあったので、
思い切って乗り込んでみます!


料金は10バーツとかなり安い




車内にいる料金回収のおばちゃんが
優しい人で、席に座らせてくれたり
下りる場所も教えてくれました🎵


夜のカオサン通りは賑やかでやっぱり刺激的


とりあえずこれで見納めかな


お世話になっていたゲストハウスも最
後の夜なのでちょっと寂しい感じです


明日は一度バンコクを離れて
次の目的地に向かいます☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ




タイに来て5日目のこの日
はアユタヤを訪れます!


アユタヤはバンコクの北約80kmの
位置にある、遺跡が数多く残され
た世界遺産に登録されている街


タイに来るまでは、正直あまり詳し
い情報を知らなかったんだけど(^_^;)


タイを代表する観光名所ということで
、日帰りで行ってみることにしました


移動手段はとっても格安な電車を選択ひらめき電球




フアランポーン駅から国鉄を利
用してアユタヤを目指します


電車はExpressやSpecial Expressな
どの2等席でエアコン有りが魅力的


でも間もなく発車するRapid(快速)の
3等席でエアコン無し20バーツ(約7
0円)に乗ってみることにしました




他にはロットゥと呼ばれる乗り
合いのミニバンで行く方法や、
日帰りツアーも沢山あるみたい


6時40分発のこの電車に乗車して


それでは約1時間40分の電
車の旅のスタートです!




列車の中はこんな感じ


無事に席を確保できたし、全開の窓からは風
が入ってきて思ったよりも悪くないかな🎵


出発すると売り子の人がこんな風に
何度もお菓子やお弁当を売りに来て
、ほのぼのとした懐かしい雰囲気




しばらくすると電車は止まり
何やらアナウンスが流れて


乗客は一斉に電車を降り始めました


状況がよく分からないけど
これはついて行かないとランニング




きっと違う電車に乗るんだろうね


その後はのどかな風景を見ながら電車は進み


優しい乗客に『次で降りるんだよ』と教え
てもらって、無事アユタヤに到着です⬆




駅を出たらタクシーの運転
手からの誘いをすり抜けて


近くにある川岸にやってきました


渡し舟(5バーツ)で対岸へ渡たっ
たらいよいよ観光の開始です!




少し歩くとロットゥ乗り場がありました


周辺にはお店や屋台が出て
いてこの辺りは結構賑やか


さて、遺跡巡りは流石に歩いて
はとてもできないので、レンタ
サイクルを利用することに自転車




ちなみにレンタルする際にはパスポー
トを預けるとの情報を得ていたけど


こちらのお店ではサインをして、デポ
ジットの500バーツを預ければそれ
でOKとかなりユルい感じでした☺


このママチャリ(50バーツ)が
アユタヤでの相棒となります




パスポートを預けるのはちょっ
と抵抗があったのでラッキーブルー音符


数ある遺跡の中でまず最初に訪れたのは


ワット・ラーチャブラーナ




初っぱなから、その迫力と美
しさに圧倒されちゃいました


とても神秘的でいきなり感動ものです✨


塔の中にも入ることができたので、
急な階段を登りいざ内部へと突入


ゆっくり見学したかったのに、コウモリ
がパタパタ飛んでいたので早々に退散💦




でもアユタヤに来て本当に良かったなぁ


まだ始まったばかりだけどね(笑)


こちらでは6ヵ所共通チケッ
ト(220バーツ)を購入しました




次に訪れたのはその隣にある


ワット・マハー・タート


アユタヤの遺跡の中でも、一番有名かつ
象徴的な場所とのことで楽しみです⤴




早速ありました!これが見
てみたかったんだよね~


こちらでは順番待ちをしないといけないほ
ど、大勢の観光客で賑わっていました💨


仏像の頭部が木の根に覆われてしまっ
ている、このなんとも不思議な光景




写真では見ていたけどやっぱ
り実物は見応えがあります!


思ってたよりも小さい印象だったかな


自然の凄さを改めて感じるスポットでした




敷地内には数多くの仏像があります


でも戦争での破壊で頭部が切り
落とされていて、見ていると切
ない気持ちにさせられちゃう💧


タイの歴史の長さが感じられたし、
貴重な体験をすることができました


遺跡巡りはまだまだ続きます





アユタヤもかなりの暑さなの
で自転車移動は結構大変💦


お次はワット・プララーム


他の場所に比べると広さはコンパクトで観
光客も少なく、この巨大な仏塔が特徴的


近くには『アユタヤエレファントキ
ャンプ』があり、象乗り体験をして
いる観光客とよくすれ違いました




ちなみに僕はまだここでは
象に乗ってませんよ〜😁


そして次に訪れたのはワット・
ラシー・サンペット


3つの仏塔が並んでいる姿は迫力があります




こちらは昔の王の墓だったみたい


長い年月を経て朽ちた感じが
とっても絵になるなぁ( ´∀`)


夜のライトアップも見てみたいところでした




次の場所に向かっていると木
に吊るされたブランコを発見

 
何気ないこういう風景にも癒されます


ちょっと乗ってみたい気も
したけどやめときました(笑)




そしてこの大きくてインパクトの
ある涅槃仏があるのがワット
ローカヤスッター


自転車を走らせていると突
然現れたので驚きました


ゲームのストリートファイター Ⅱに登場して
いるので実際に見られて嬉しかったですアップ




さて、お腹も減ってきたの
でここら辺でお昼休憩かな


評判が良かったこちらのお店へランニング


SAITHON RIVER RESTAURANT




川辺にあってテラスからの景色もいい眺め✨


飲み物は『パイナップルスムージー』を


食事は『グリーンカレー』と
『生春巻』にしてみました




最初にグリーンカレーの到着


ライスの上にたっぷりとかけていただきますナイフとフォーク


大きな海老がゴロゴロ入っていて嬉しいな




味も辛さもいい感じで、このお店のグ
リーンカレーは結構食べすかったです


そしてボリュームがある生春巻も到着


これだけ食べて全部で370バーツ(約1300
円)とお値段もリーズナブルで満足OK


ランチも終わって再び自転車で
遺跡巡りを再開していると…




荷物を入れていた自転車のカゴが
重さに耐えきれず、突然カゴの
留め具が破損してしまいました


更にまさかのスコールも来たので避難し
て、カゴを修理しようとするも悪戦苦闘


それを見ていた通りすがりのトゥ
クトゥクのおじちゃんが、自分
の修理道具で直してくれました


ヤバい、なんかちょっと泣きそう(TT)




こういった出会いと人の優
しさに本当に感謝です乙女のトキメキ


スコールがなかなか止まず
に、時間の関係で次が最後
の遺跡巡りとなりました


アユタヤで最後に訪れたのは


ワット・ヤイ・チ
ャイ・モンコン




ここは今まで見てきた場所とは川の反対
側に位置していて、車の交通量も多く自
転車で行くのはちょっと大変でした💦


こちらも有名みたいでツアーの
観光客で一番混雑しています


ちなみに、他の寺院とは離れた場所にあった
ので、どうやら破壊を逃れられたみたい👍


少し慌ただしくなったけど、こうし
てアユタヤ日帰り観光も無事に終了


見てない遺跡もまだまだあるので、機会があ
ればいつかまた訪れてみたいと思いました☆




ご訪問いただきありがとうございましたニコニコ


クリックよろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ