スタートアップのためのパソコン入門

スタートアップのためのパソコン入門

誰も教えてくれないパソコンの使い方 SmartPC21

NEW !
テーマ:

 

連絡はもっぱら電話で!という人なら、名刺管理アプリから電話をすれば、連絡先データ管理は特に必要ないかもしれません。(笑)

 

メールやSMS(ショートメッセージ)も、連絡先にタッチするだけで送れます。

 

電話しか使わないという人は、ここまでですが、、、

 

パソコンでは、メールの画面を中心に連絡先データ管理ができると便利です。

 

パソコンでの連絡先データ管理には、メールソフトやWindowsに付属した連絡先アプリではなく、CRM(顧客管理)システムを使いましょう。

 

メールソフトやWindowsに付属した連絡先アプリは、昔の住所録のようなものですが、、、

 

CRM(顧客管理)を使うと、相手とのやり取りを記録することができます。

 

例えば、メールの履歴、打合せなどの予定、作業や課題、取引の進捗状況なども記録できます。

 

特にメールは自動的に履歴を取ってくれます。さらに、相手との電話の通話履歴も自動的に記録してくれるものもあります。

 

もちろん、スマホで使うアプリも用意されています。

 

ここでは、GmailやG Suiteを中心に使いやすいCRM(顧客管理)を紹介します。

 

Copper( https://www.copper.com/ )は、GmailやG Suiteと一番相性が良くて使いやすく定評のあるCRM(顧客管理)です。

Customers

https://www.copper.com/customers

 

以前はProsperWorksという名前でした。サービスの利用料は月額19US$からです。残念ながら、まだメニューが日本語化されていません。

 

HubSpot( https://www.hubspot.jp/ )も、GmailやG Suiteと相性が良く大変評判の良いCRM(顧客管理)です。最近日本語化されました。CRMの基本的な機能は無料で利用できます。電話の発信機能もあるので、発信履歴も自動的に記録できます。

 

Streak( https://www.streak.com/ )は、Gmailに統合されたCRM(顧客管理)です。基本的な機能は無料で使えますが、まだメニューが日本語化されていません。

 

日本ではビジネスでも年賀状を送る習慣があるので、葉書の宛名印刷機能は重要ですが、一般的なCRM(顧客管理)には葉書の宛名印刷機能はありません。

 

葉書の宛名印刷を行う時は、連絡先をCSVファイルにダウンロードして、例えば、年賀状印刷ソフトを使用して印刷します。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ ← クリック♪ ありがとう! 

にほんブログ村

 

LINE@はじめました! 
友だち追加

テーマ:

 

何もしないで積んどく? 必要な時は探して見る?

 

名刺ホルダーに整理しておく? 名刺ホルダーを持ち歩くのは重い?

 

名刺もデジタル化しましょう!

 

もらった名刺は、すぐに名刺管理アプリの Eight( https://8card.net/ )や myBridge( https://jp.mybridge.com/home )で読み取っておくと便利。

 

いつでもどこでもスマホですぐに見ることができるし、名刺管理アプリから電話やメールができます。

 

パソコンでは見るだけでなく、会社名や名前、住所をまとめて表計算ソフトにダウンロードしたり、宛名印刷に使うことができます。

 

なかには、名刺管理アプリは使わず、ScanSnap( https://amzn.to/2BatoPY )でスキャンした名刺はすべてEvernote( https://evernote.com/intl/jp/ )に放り込んで、他の資料と同じように扱うという強者もいます。

 

 

※2018年8月時点での情報です。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ ← クリック♪ ありがとう! 

にほんブログ村

 

LINE@はじめました! 
友だち追加

 


テーマ:

 

お客さんからの電話を普通の電話機で受けていませんか?

 

お客さんとの電話にはパソコンを使いましょう!

 

とは言っても、外出が多いから、いつも携帯電話だよ!という人はどうするか?

 

CallConnect( https://www.callconnect.jp/ )は、携帯電話を使うこともできます。

 

通話の安定性を保つために、IP電話アプリではなく、お客さんからかかってきた電話は、携帯電話に着信転送されます。

 

同時に2台の携帯電話と1台のパソコンを同時着信先として指定することができます。

 

https://callconnect.zendesk.com/hc/ja/articles/206777618-%E5%90%8C%E6%99%82%E7%9D%80%E4%BF%A1%E5%85%88%E3%82%92%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84-

 

通話記録や録音はパソコンから確認できます。

 

携帯電話やスマホでは、顧客情報管理の機能は使えませんが、自動応答電話を設定して、営業時間のアナウンスや、窓口の振り分けをする機能を利用できるので、充分使う価値があります。

 

※2018年8月時点での情報です。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ ← クリック♪ ありがとう! 

にほんブログ村

 

LINE@はじめました! 
友だち追加

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス