羽毛ふとんの丸洗いは3~5年に1度の頻度で | グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

グッスリ眠れていますか?『ウメナ寝具の快眠BLOG』

「あなたに合ったより良い眠り」を届けるために。
静岡県三島市のウメナ寝具本店(国道136号線沿い)が発信するBLOGです。
店長でsleepdesigner(睡眠健康指導士)の杉本圭が睡眠と寝具の関係性を主に寝具販売の現場に立っている専門家ならではの情報を贈ります。


テーマ:
昨日、梅雨の晴れ間に羽毛ふとんの丸洗いをたくさん頂きました。


こちらの写真の品はその内の一件のお客様ですが、購入から10年近く経ったので「リフォーム or 丸洗い」のどっちを行った方が良いのかとのご相談でした。




ちなみに羽毛ふとんのスペックですが、製造は西川産業さん、SLサイズでマザーグース93%を1.2kg入れていました。側生地もしっかり綿100%です。






確かに10年ぐらい前は西川産業さんもこのスペックで羽毛ふとんを作ってくれていたので、時々仕入れていましたが、最近は中身のダウン量は減って、何より側生地にポリエステルを使うようになったので仕入れなくなりましたね。


この羽毛ふとんはどうも少し前に亡くなった旦那さんが使っていた品で、10年位前に購入はしたけど、実際の使用年数はもう少し短いとの事でした。


使用年数は10年未満で、もともとパワーのあるかなり高品質なダウンを使っていることもあって、まだまだボリュームがあります。




羽毛の噴き出しも見られないし、年配の男性が長年使うと襟元が黄ばんでくる事が多いのですが、そんな側生地の汚れやシミが目立つ状態も見られませんでした。


サイズやボリュームを変更したいといったご希望もありませんでしたので、今回はリフォームする必要は無いと判断し、丸洗いをご提案しました。


当店で冬用SLサイズの羽毛ふとんを丸洗いする場合は1枚4,900円(税込)です。


丸洗いに関してはこちらのページをご覧ください。羽毛ふとんだけじゃなく毛布や枕なども洗いますよ。マニフレックスの丸洗いも当店は自社の責任で洗っています。
●当店Webサイト ⇒ 『丁寧なふとん・寝具の丸洗い』




ちなみに羽毛ふとんの丸洗いは毎年ではなく3~5年に一度の頻度をオススメします。丸洗いの過程で中身の羽毛が毛玉の様に絡まってしまってボリュームが出にくくなるからです。また、側生地も傷めますので中身が吹き出す可能性も高まります。


羽毛ふとんにはカバーをしっかり付けて、カバーを定期的に洗濯して清潔に保ち、ふとん本体の日頃のメンテナンスは天日干しや布団乾燥機を使って「乾燥させる事」を基本にしましょう。


羽毛ふとんの状態診断とお見積りは無料で行いますので、お気軽にご相談、お持ち込み下さい。


※『ウメナ寝具通信~2018年夏号~』でも取り上げました。

「ふとんのメンテナンス」





ただ今、諸事情により打ち直しのお預かり期間を4週間頂きます。新品の仕立ての納期は3週間頂きます。

●関連ページ
当店Webサイト ⇒ お手入れページ
『羽毛掛ふとん』

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2017年6月20日)
『羽毛ふとんを今よりもキレイに!暖かく!使いやすく!』

当BLOG ⇒ お店の日常(2017年4月11日)
『羽毛ふとんを押し入れに片付ける前に状態をチェックしましょう!』

当BLOG ⇒ 寝具のなるほど活用術(2016年5月14日)
『羽毛ふとんは仕立て直せる!』(羽毛ふとんのリフォーム)

当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年6月18日)
『羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)の価格差について』


by sleepdesigner:圭(睡眠健康指導士・ダウンプロフェッサー)


◆当店Webサイト(ホームページ) ⇒ 快適な睡眠を求めて『ウメナ寝具』
ホームページ画像

◆当店Facebook ⇒ ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店マニステージ三島)
Facebook開設


≪店舗情報≫
住所:静岡県三島市梅名371-8(国道136号線沿い)
電話番号:055-977-2200
FAX:055-977-7756
営業時間:10時~19時
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)※年末年始は臨時休業します。

★ウメナ寝具通信~2018年夏号~発行★








●ウメナ寝具通信を全て見たい方はこちら
当BLOG ⇒ ウメナ寝具通信(2018年6月7日)
『「ウメナ寝具通信~2018夏号~」発行しました』

sleepdesigner(ウメナ寝具店長)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス