亀田大毅の収まり場所 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助vs亀田大毅の中継
を観たが、実にイライラが募る試合だった……。
 その原因は挑戦者の亀田大毅にある。兄の興毅同様それが戦法で、徹底的に
ガードを固めて接近戦に持ち込もうとするのだが、「抱きつき」はボクシング
とは思えない。これまでの大毅の突進型ボクシングはどこにもない。結果有効
打を決められないままランウドは過ぎ、ファイナルラウンドでは「投げ飛ばし」
という無様に転じるほどの自失といえる。


内藤タイトル初防衛、大毅に圧勝 【読売新聞/YAHOO】
「ポンサクより全然弱い」亀田倒し初防衛の内藤 【産経新聞/YAHOO】
亀田“投げ技”で減点、最後は自暴自棄 【産経新聞/YAHOO】
「負けたら切腹」「国民のため」大毅と内藤、場外バトル 【iZa】
*--------------------------------------------------------------*
亀田興毅の戦法 (2006年12月21日)
亀田興毅に下した世論の判定 (2006年8月3日)


 ──まだ子どもという声もあるが、大人の世界に足を踏み入れるなら、やは
り大人になるべきだ。そもそも「切腹」などと軽々しく口にするものではない。
言動を慎み、なんといっても「ボクシングとは何か」を見直してほしい。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス