交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 20日「因縁の再戦」といわれたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、
亀田興毅-ファン・ランダエタの試合は、3-0の判定勝ちで亀田が初防衛を
果たした……。
 さてこの試合、ボクシングファンではないが、因縁といわれた8月の経緯も
あり、「どう決着がつくか」と興味をもって観たが、一夜明けた今日、一部の
新聞でも伝えるように「拍子抜け」の印象が強かった。


 ──それはなぜか。


 亀田興毅にとっては「絶対に負けたくない、負けられない試合」、それに徹
したからこそ、これまでのKOを目指す攻撃的なボクシングから「負けないた
めの戦法」に一転したのだろう。ガードを固めて動き回り大振りのパンチは出
さない。相手が繰り出したパンチをかわしながら一瞬のスキをついて相手のふ
ところに入り連打を見舞う。確かにスピードはランダエタを上回っていたし、
それが功を奏し、作戦どおりポイント稼ぎになったといえる。
 そこにある亀田の姿は「強さ」ではなく「巧さ」というのが適切だろう。あ
る意味「大人になった」ともいえるが、「どんなもんじゃい」イメージに惹か
れて観た者には、やはり物足りない一戦だった。


亀田ファンは「物足りない」/ボクシング 【日刊スポーツ】
「今後は派手にKOする」一夜明けた亀田、怪気炎 【読売新聞】
ランダエタ脱帽「あれほど走るとは」 【デイリースポーツ】


亀田興毅に下した世論の判定 (2006年8月3日)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。