男の勝負 | 交心空間

交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 プロ野球のオールスターゲーム第1戦。新庄のパフォーマンスやダイビング
キャッチもさることながら、全セが3対1とリードして迎えた9回表の全パの
攻撃で、阪神の藤川投手とパリーグのホームランバッター、カブレラ(西武)・
小笠原(日本ハム)の対決に見応えがあった。
 まず最初に迎えたカブレラに対して、藤川が 150キロを超える直球のみで勝
負を挑んだ。結果は、バットにかすることなく三振に打ちとった。続く小笠原
も、投げ込んでくる球はストレートと分かっていてもそのバットは空を切る。
ツーストライク後、最後の球に小笠原もトレードマークであるフルスイングで
挑んだ。渾身の力を込めたスイングだったが、空振り三振で尻餅をついた……。
マウンド上で藤川投手が帽子を脱いで小笠原に一礼。満足そうな表情を見せた。


 ──気持ちのいい、男の勝負でした。

坂本 博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス