交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 句読点は『読みやすくする』だけの目的で打つのではなく、『文意を明確に
伝える』ためにも重要な役割をなしています。13日に述べた【A1】【B1】の句
読点は最低限の数でまかなっており、これで文意は伝わります。逆をいえば、
【A1では読点:男は、車に乗った女】【B1では句点:男は車に乗った。女が】
は絶対に必要といえます。

 この他にも句読点を打つ位置は考えられます。それを紹介する前に、裏側に
秘められた「主語・述語・修飾語・接続語」を付記して一文ごとに分解してみ
ましょう。


【A2】(歩いている男が)横断歩道に差しかかった。
   (そのとき信号機が)赤信号に変わった。
   (それを見て男は)立ち止まった。
   (その場で)男は(見ていた)、
   (男の前を)車に乗った女が通りすぎる。
   (男はそれを)見ていた。


【B2】(男が歩いて)駐車場に行く。
   (男は)ポケットから車のキーを取り出す。
   (そして)男は車に乗った。
   (車に乗った男の前を)女が通りすぎる。
   (男は女を)見ていた。


 そもそも文章は、いくつかの単文で成り立っています。それらを順序立てて
並べ、助詞を用いて繋ぎ合わせたり必要に応じて省略した文を、句読点で区切
ることで作られているのです。【A1】【B1】がそれです。では、流れと一文ご
とを踏まえて、さらに句読点を打ってみましょう。


【A3】横断歩道に差しかかると、赤信号に変わったので立ち止まった男は、車
   に乗った女が通りすぎるのを見ていた。


【A4】横断歩道に差しかかると赤信号に変わった。立ち止まった男は、車に乗
   った女が通りすぎるのを、見ていた。


【A5】男が横断歩道に差しかかると、赤信号に変わったので立ち止まった。そ
   して、車に乗った女が通りすぎるのを、男は見ていた。

   ----------------------------------------------------------------

【B3】駐車場に行き、ポケットから車のキーを取り出した男は車に乗った。女
   が通りすぎるのを見ていた。


【B4】駐車場に行き、ポケットから車のキーを取り出した男は、車に乗った。
   女が通りすぎるのを、見ていた。


【B5】駐車場に行き、ポケットから車のキーを取り出した。男は車に乗った。
   女が通りすぎるのを、見ていた。


 それぞれに微妙な違いはありますが、展開と文意は伝えているので、あとは
書き手の感性の領域になります。
 さらに、書いた文章を「声に出して読む」と、しっくりくるかも確認できま
す。特に脚本では、実際に役者が声に出して演じるわけですから、スムーズな
しゃべりで聴く人に伝わることを重視します。小説にしても、朗読となるとや
はり声に出して読むわけですから、音読で確認するのはより有効といえるでし
ょう。


                              《つづく》

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。