もっと仲良くしてほしかった | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

心屋認定カウンセラー
 
じゅんですブルー音符
 
 
 
image
 
 
 

大好きなお母さんが

 

お父さんに大切にされていないように感じたら
子供はとっても悲しい。
 
 
 
 
自分はそのお母さんの子供だから
 
自分もお父さんに大切にしてもらえないと
思っちゃうかもしれない。
 
 
 
 
そして
そんなお母さんの子供である自分は
 
誰からも大切にされない存在なんだと
 
思い込んでしまうのかもしれないなぁ。
 
 
 
 
 
私もそうだったけど、
 
子供のことで悩んでるお母さんは
ご主人との関係に悩んでる方が多いです。
 
 
 
 
今日は成人したお子さんがいらっしゃる
お母さんのセッションでしたが、
子供(お母さん)にとって
 
父親と母親がどんな関係でいるのかって
すごく大切なことだなと改めて感じました。

 
 
 
 
image
 
 
 
お父さんとお母さんに
もっと仲良くしてほしかったね。
 
 
 
お父さん、
お母さんにもっと優しくしてほしかったよ。
 
 
お母さんを大切にしてほしかったよ。
 
 
お母さんの話を
ちゃんと聞いてあげてほしかったよ。
 
 
 
 
 
お母さんがかわいそうに見えちゃったね。
 
 
私が何とかしなくちゃと思っちゃったかな。
 
 
 
 
 
 
 
覚えてないかもしれないけど、
 
きっとたくさん
家族を仲良くしようと頑張ったんじゃないかな。
 
 
 
 
間に入って仲裁役をしたのかもしれない。
 
 
おちゃらけて家族を笑わせようとしたのかもしれない。
 
 
言うことをよく聞く良い子でいることで
お父さんとお母さんを
仲良くさせようと思ったのかもしれない。
 
 
お母さんがお父さんに責められないように
行きたくない学校も
頑張って行っていたのかもしれない。
 
 
勉強を頑張って褒められることで
お父さんとお母さんの機嫌を
良くしようと思ったのかもしれない。
 
 
 
 
image
 
 
 
 
でもさ、
 
きっと思うように
仲良しにはなってくれなくて
 
とっても悲しい思いを
何度もしたんじゃないかな。
 
 
 
 
たから
もう無理だって諦めて、
 
いろんなことから
心を閉ざしてしまったかもしれないね。
 
 
 
 
 
 
この気持ち、
 
もしかしたら以前
長女が持ってた気持ちと
重なっているのかもしれないなぁ。