ほっとくことは○○も込み | 母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

母も娘も『私がわたしの世界いち』心屋♡母親カウンセリング(お子様の摂食障害・不登校など)

たくさんのブログの中から訪問して頂きありがとうございます。
私と一緒に心のブレーキを外して生きづらさを手放していきませんか?

*心屋リセットカウンセリングマスター
(心屋塾マスターコース34期2015年卒)

心屋認定カウンセラー

じゅんですブルー音符
 
 
 
お子さんの変化って
お母さんの変化そのものなんじゃないかなって
感じることが多いです。
 
 
 
image
 
 
 
セッション後の近況を
届けてくださる方が多くいらっしゃって
いつも嬉しく読ませて頂いています。
 
ありがとうございます♡
 
 
 
 
その内のおひとり、
 
可愛らしいママのMさん。
 
 
 
 
小学2年で長期欠席、発達障害と診断された
現在5年生のお嬢さんが、
 
歴代の担任の先生より
ハードルが高いと言われていた学校行事のキャンプに

今夏
無事に参加することができたと
お知らせくださいました。
 
 
 
学校も変わらず毎日
登校していらっしゃるようです。
 
 
 
 
 
 
 
Mさんのセッション中の言葉で
印象に残っているのが
 
 
「ほっといたら
 
私の思うようにはならないけど
 
いい感じでうまくいってる」
 
 
 
 
子供をほっとくって…
子供を信頼することって…
 
失敗も込みだと思うんです。
 
 
 
 
その失敗は、
 
親からするともしかしたら
時には裏切られたと感じるようなことかもしれない。
 
 
 
 
それでも
それも含めて
 
OKだよ~と
 
全部そのまま
受け入れてあげられたらいいね。
 
 
 
 
ほっといたら
親の望み通りになる訳でもないし
 
信頼してたら
失敗しないという訳でもない。
 
 
 
 
失敗もするよね、
失敗していいし。
 
 
 
 
 
それでもこの子は大丈夫な子だと
信じることが親にできること。
 
 
失敗した時は手や口を出すのではなく
その感情に共感してあげたいね。
 
 
 
それでもどうしてもの時は
全力で大切な我が子の味方をしよう。
 
 
 
 
image
 
 
 
それが出来る親でいる為には
 
この子に何が起きても私は大丈夫と
 
自分のことを信頼してるかどうかが大切だと思います。
 
 
 
 
娘のことで渦中にいた時の私の怖れって
 
結局は娘の出来事を通して
 
自分がどうにかなってしまいそうで
 
怖くてたまらなかったということなんだよね。
 
 
 
自分を全然信頼できてなかったんだよなぁ。
 
 
 
 
 
この子に何が起きても私は大丈夫、
 
そう思えてなかった。
 
 
 
 
だから怖い妄想ばかりして
日々怯え…
 
 
娘じゃなくて
私だったんだなと。
 
 
 
 
子供の問題のようで実は、
 
自分が自分のことをどれだけわかり
 
自分が自分をどこまで信じられているか
 
そんなことを突きつけられてるのかもしれない。
 
 
 
 
 
 
そのままの自分でいいのに
自分だけがそのままではダメって思ってる。
 
 
 
 
Mさんと
初めてお会いした時に
 
「自分を信用していない
 
世の中で一番信用出来てないかも」
 
 
そうもおっしゃっていました。
 
 
 
私もそうだったな。
 
 
 
 
子供の問題と思えることって
 
自分が自分を信頼できるようになるチャンスを
 
もらっているのかもしれないね♡