哀しい夢すら、忘れてしまう | 小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

小劇場クルーズ~この素晴らしき役者たち~

最も身近で自由な表現方法である筈の演劇なのに、ごく一部の人々がその恩恵に浴しているだけの現状はとても寂しい。
人知れず才能と輝きを秘めた役者や深い感動をもたらす舞台が、星の瞬きのように次々と光っては消えを繰り返し永遠に忘れられるでは、本当に勿体ない。


テーマ:

sleepwalk [スリープウォーク]「哀しい夢すら、忘れてしまう 」(於:千歳船橋・APOCシアター、~ 2017/10/10 (火))を観てきました。

 

久しぶりに先生の名前を聞いて、貴女のことも思い出した。

学生時代の中で、ポカリと訪れた空白の時間。
クラスともグループとも違う、不思議な仲間たち。
なぜか先生も加わって過ごしたひと夏。
あんなに楽しかったことも、いつの間にか忘れていた。

大切な関係も、特別な瞬間も、その時には気づけない。
ねえ、貴女は今、どこで何をしているの?
二度と戻らない時間と、その後の再会を描く、群像劇。

                                     ~説明文より~

 

 

 

これまで沢山の佳作を発表してきた作演・上野友之(劇団競泳水着)さん活動休止前の最後の舞台-

しかもキャスティングも上野さんということで、各々かなり嵌ってました。

 

不感症気味でどこか冷めた視線で俯瞰したような、女子の生態に精通した、センス良く映像表現寄りでいて渇いたタッチのビタースイートな演出が特長-それが上野作品に対する私の勝手なイメージ(偉そうですみません😅)。

今回も幸せそうな人は出てこないけど、・・いや、あれはあれで全員それなりに幸せということでハッピーエンドなのか!?

・・もう一度観に行こうかな。

お勧め。

 

 

今回もいい役者さんを沢山知る機会に恵まれました。

左から:ぎぃ子さん、1月のアマヤドリ・本多劇場公演「銀髪」での怪演も記憶に新しい倉田大輔さん、佐藤蕗子(mizhen)さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只管打座さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス