豊池美術店のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-12-07 06:20:02

ライブハウスでの出来事

テーマ:ブログ

東京で知人のお誘いで銀座に在るライブハウスに行きました。

その夜に出演するバンドは「エド山口と東京ベンチャーズ」

3時間のステージの合間に、エド山口さんが愛用のエレキギター(モズライト)を自慢し、「お客さんの中でどなたか弾いてみますか?」と客席に投げかけました。

すると愛知県から来ていた男性がステージに上がりました。

エド山口さんからギターを肩に掛けてもらい、「では、ベンチャーズ・ナンバーからパイプライン。」と告げ弾き始めました。リハーサルは全く無しです。

初めて10秒も経たないうちに客席からウオーツと感嘆の声。

その夜に居合わせていたミュージシャンのモト冬樹さん(エド山口さんの実弟)も拍手を送っていました。

弾き終えて、エド山口さんが「もう一曲 お願いします。」とリクエスト。

その男性は、たじろぎもせず「では、加山雄三のナンバーからブラックサンドビーチ。」演奏が始まると、これがまた上手い!

「ぬぬ お主 只者ではござらぬな!」と云う感じです。

世の中には凄い人がいるもんだなぁと嬉しくなりました。

察するに、その方は団塊の世代。70歳前後でしょう。活き活きと楽しんでいらっしゃいました。

人生100年時代 老後なんて真っ平 ずっと楽しみましょうと心でエールを送りました。

見ず知らずの方からエネルギーを頂戴した夜でした。

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

 

 

2018-12-05 19:13:49

4K8K 森陶岳

テーマ:ブログ

12月から開始されたNHKスーパーハイビジョン。

備前焼に関する最初の番組は森陶岳先生の作陶姿勢です。

既にNHKは世界最大級の寒風新大窯の特別番組を全国放送しています。

その際にスーパーハイビジョンの放送開始を念頭に置いて、それに纏わる機材で取材をしました。

森陶岳先生の番組放送日は1213日午後300時、1227700からです。

楽しみにご覧ください。

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

2018-11-26 08:22:57

笠岡の月

テーマ:ブログ

早朝のルーティーン

愛犬サチと散歩をしています。

プラチナに輝く美しい月を見ました。

藤島恒夫さんは♪リンゴ畑のお月さんこんばんは~と歌いました。

笠岡港のお月さん おはようございます。

僕にはビートルズのミスター・ムーンライトが響きました。

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BA&tid=cb17a78dbac218859d0c65c36bbb01d5&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

2018-11-21 11:01:02

民藝と河井寛次郎

テーマ:ブログ

文化勲章授賞・文筆家井上靖氏は「私は富本(富本憲吉)、河井(河井寛次郎)、浜田(濱田庄司)、近藤(近藤悠三)四氏のものが好きである。いずれも一時期民芸というものに関心を持ち、それから大切なものを自分の中に取り入れ、やがてそこから出て、陶芸家としての自分を築き上げた人たちである。」(集英社刊・「きれい寂び」所載)と記しています。

人と芸術の関係を的確に言い当てています。

何に心を動かし、そこから(何を)どのように自分に取り入れるか。

自分を磨くことの大切さ。

「驚いている自分に、驚いている自分」と河井寛次郎先生は残しています。

先日、日本民藝館にてハッとするものに出会いました。

「そうか、河井寛次郎先生はこれに感動して、他の人には出来ない河井寛次郎作品を世に送り出したのかと唸るものが在りました。

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

2018-11-08 11:11:40

柳宗悦と日本民藝館

テーマ:ブログ

東京・目黒区駒場に在る「日本民藝館」に行ってきました。古今東西の様々な工芸品が展示されています。施設案内のパンフレットに記されている文章に唸りました。

「当館では品物の説明書きを意識的に少なくしておりますが、それは知識で物を見るのではなく、直観の力で見ることが何よりも肝要であるという柳(柳宗悦)の見識によるものです。」  

うーむ けだし名言です。

なにかに出会った時に、時として予め参考文献を読んでいたが為に人の意見に囚われ自分の心に蓋をし自分の目で見ないことに陥る危険があります。

Feel Don’t think

 

▼豊池美術店ホームページはこちら

>> http://www.toyoike.co.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>