映画「日日是好日」ありがとう、またいつか | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

   

発売中■Blu-ray:ブリグズビー・ベア

配信中■Amazonビデオ:ブリグズビー・ベア 字幕版吹替版

発売中■Blu-ray:フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 デラックス版

配信中■Amazonビデオ:フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 字幕版

発売中■PS4/NSw:ロックマン11 イーカプコン特設ページ icon

発売中■PS4:ロックマン11 運命の歯車!!

発売中■NSw:ロックマン11 運命の歯車!!

10月05日発売■PS4:アサシン クリード オデッセイ

10月05日発売■PS4:アサシン クリード オデッセイ ゴールドエディション

10月5日発売■NSw:スーパー マリオパーティ|オンラインコード版

10月5日発売■NSw:スーパー マリオパーティ


▼Blu-ray/4K「インクレディブル・ファミリー」11月21日発売

 

 

11月21日発売■Blu-ray:インクレディブル・ファミリー MovieNEX

11月21日発売■Blu-ray:インクレディブルF MovieNEX 3連キーホルダー付き

11月21日発売■4K:インクレディブル・ファミリー 4K UHD MovieNEX

11月21日発売■4K:インクレディブルF MovieNEX 3連キーホルダー付き


▼映画「日日是好日」ありがとう、またいつか

 

 

10月13日公開■ムビチケ:日日是好日

発売中■Book:日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

 

 

エッセイストの森下典子が茶道教室に通い始めてからの日々を綴った

「日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ」が

「まほろ駅前多田便利軒」「さよなら渓谷」の大森立嗣監督で映画化された。

主演は今年は出演作が目白押しの黒木華。

共演は、多部未華子、鶴田真由、鶴見辰吾。

そして、惜しくも先月亡くなった樹木希林。

本公開は13日だが、明日からの3連休で先行上映が行われることが決定した。

 

 

主人公の典子(黒木華)は、森下典子本人を投影したもの。

生真面目で内向的、決断力も行動力も今ひとつの20歳の大学生だった典子が

母の勧めで何となく茶道を習い始める。

そこで出会った武田先生(樹木希林)は、所作の全てが美しく無駄が無い達人。

右も左もわからず戸惑うことばかりの典子だったが

「頭より先に手が動くから大丈夫よ」との武田先生の言葉を実感したあたりから

茶の面白さに目覚めてゆく。

 

(C)2018「日日是好日」製作委員会

 

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」で

安藤サクラの名を映画界に広めた大森監督は

「まほろ」シリーズ、「さよなら渓谷」と

どちらかと言えばハード系の作品を中心に撮ってきた。

しかし、男子学生の日常会話だけでほぼ全編を描き切った

「セトウツミ」でイメージを180度転換し、

Netflix版「深夜食堂」の演出などを経て本作へと辿り着く。

どんな心情の変化があったのかは分からないが、

一昔前ならばスルーキートスあたりが真っ先に手を挙げていたであろう

日常系(空気系)の作品が、大森監督の手によって

原田眞人監督かと見紛う美しい日本映画になるとは。

まぁ、原田監督も「おニャン子・ザ・ムービー 危機一髪」から

ここまで来たのだから、大森監督が地殻変動を起こしても不思議はないか。

白石和彌監督にハード路線は譲ってこちらに本腰を入れるのだとしたら

今後がさらに楽しみ。

ただ本作に関しては、まだ物語の中の登場人物の誰にも共感していないというか

監督とストーリーの間に距離を感じるのが惜しい。

違和感がポツポツと劇中に出るたびに武田先生(樹木希林)の登場で帳消しにして去る。

また違和感が膨らんで武田先生が掃除して去る、その繰り返しになっている。

 

映画は、恋愛経験に乏しく学業や就職でもなかなか上手くいかない主人公が、

奔放な従姉妹の美智子(多部未華子)を羨みながら

自分なりのペースで人生を歩んでいくお話。

黒木華は「リップヴァンウィンクルの花嫁」でも似たような主人公を演じていたが

大都会の片隅で孤独な人が孤独な人を呼び寄せる「リップヴァン」に比べ、

同種の悩みを抱えた典子の周りには圧倒的におだやかな空気が漂っている。

それは、樹木希林が演じる武田先生のお宅と庭の木々、

そして何よりもゆったりとした時間の流れる茶道の素晴らしさに尽きる。

数多存在する利休の映画も含め、ここまで茶道をきちんと描いた作品は無かったし、

おそらく今後も出てこないだろう。

「動く禅」とも言われる細かな作法にがんじがらめだった典子が

四季折々に移り変わる庭園の景色に目をやり、

釜の音を聞き、器の温かみに触れ、菓子と茶を楽しみ始める。

和敬清寂を頭ではなく体で理解し、心の平安を求め始める過程が

二十四節気の中で丁寧に描かれていて、永遠に見ていられるほどの心地良さ。

四季を大切にする日本の美を改めて誇らしく思う。

 

(C)2018「日日是好日」製作委員会

 

樹木希林は黒木華が出演するならとこの役を引き受けたらしい。

今年5月に放送された「ぴったんこカンカン」のお宅訪問では

仕事場に利休入門の本がこっそりと立ててあった。

本作の撮影は昨年の11月から12月にかけてと聞いている。

奇しくも余命1年と宣告されたのも昨年末。

撮影に臨みながら、彼女はどんな気持ちで武田先生を演じていたのだろう。

生徒達を厳しく指導し、時には母や祖母のような温かさで包み込む武田先生。

残されたエネルギーをどこに振り分けるかを考え、貴重な時間の何割かを

この作品に注いだ気持ちは、少しだけ理解できるような気がする。

「わが母の記」も「あん」も「万引き家族」も素晴らしいが、皆この世を去る役だった。

映画の中で米寿(88歳)を迎えた武田先生は「12年後は…100歳?」と笑っている。

干支がもう一周するまでに、また代わり映えのない日々を

良き日と噛み締めながら過ごすのかなとぼんやり考えている。

そこには希望がある。

スクリーンの中の彼女は、少しだけ呼吸が辛そうなことを除けばいつも通りだ。

些細なことに動じる様子もなく、憎めない毒舌を吐きながら笑っている。

「ただ美味しいお茶を飲みにくればいいじゃないの」と微笑む樹木希林の表情からは

死を目前に控えた人間の畏れや哀しみなど微塵も見てとれない。

亡くなったことは残念だが、私達は映画という形でこの笑顔に何度でも会える。

何と幸福なことだろう。

途方もない喪失感をもって映画を観ているのに、たまらなく幸せな気持ちになる。

きっとこれが、女優・樹木希林の幕の引き方なのだろう。

楽しい映画なんだから、哀しい想いをしないでちょうだい。

そう言われている気がした。

 

亡くなって間がないだけに、樹木希林の存在の大きさばかりに目がいくが

人生をしなやかに生きるための教えとして、老若男女問わず必ず参考になる良作。

映画「日日是好日」は明日から3日間先行上映、13日より本公開。

 

  

配信中■Amazonビデオ:あん

配信中■Amazonビデオ:歩いても 歩いても

配信中■Amazonビデオ:海よりもまだ深く

配信中■Amazonビデオ:わが母の記

 

発売中■Book:SWITCH Vol.34 No.6 樹木希林といっしょ。

11月22日発売■Blu-ray:モリのいる場所 特装限定版


▼Kindleセール情報まとめ

 

<継続開催中のセール>

 

【10月10日終了】★Kindle:ベルセルク最新40巻配信記念セール

最新巻の発売を記念して1〜14巻が50%OFF

【10月11日終了】★Kindle:50%OFF&1巻無料 ニコニコカドカワフェア2018

【10月11日終了】★Kindle:最大50%OFF SNS発の人気著者作品フェア

【10月19日終了】★Kindle:59%以上 オール199円大セール!

【10月25日終了】★Kindle:80%OFF 秋の園芸本フェア

【10月31日終了】★Kindle:20%〜70%OFF 60歳からの人生戦略フェア~仕事・健康

【11月01日終了】★Kindle:300円均一 第一印象がUPするフェア



sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス