【若干ネタバレあり】映画「カメラを止めるな」技ありなれど傑作ではない | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

 


▼今週発売の新作ダイジェスト

 

   

8月07日発売■Book:おっさんずラブ 公式ブック

8月08日発売■Blu-ray:マジンガーZ / INFINITY 初回限定生産版

8月08日発売■Blu-ray:マジンガーZ / INFINITY 通常版

8月08日発売■Blu-ray:犬猿

8月08日発売■Blu-ray:リバーズ・エッジ 限定盤

8月08日発売■Blu-ray:SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc付き

8月09日発売■Comic:進撃の巨人(26)

8月09日発売■Comic:進撃の巨人DVD付き限定版(26)

8月09日発売■NSw:大神 絶景版

8月09日発売■PS4:ファイヤープロレスリング ワールド

8月09日発売■PS4:龍が如く3


▼映画「カメラを止めるな」技ありなれど傑作ではない

 

8月4日拡大公開■Movide:カメラを止めるな

 

インディーズで活躍してきた上田慎一郎監督の記念すべき長編デビュー作が

先週末より全国で拡大公開中。

夏休み興行の目玉作品が相次いで公開され、

「ミッション:インポッシブル」(8億6,815万円)

「インクレディブル・ファミリー」(8億9,187万円)

「僕のヒーローアカデミア」(5億32万円)といずれも好成績を上げているが

本作は先週末3日だけで7,090万円を稼ぎ出し、累計興収は早くも1億7,054万円に達している。

チープさを逆手にとった演出が絶賛され、週が明けても上映劇場では完売が続出。

104館まで拡大しても需要はさらに上回っていたようで、

依然としてなかなか観られない状況が続いている。

制作費は300万円とも言われているので、関係者は笑いが止まらないことだろう。

 

さて、遅ればせながら私もようやく観ることができた。

あまりの熱狂ぶりを見て期待が膨れ上がり過ぎていたこともあるだろうし、

もともと天の邪鬼な性格もあるのだろうと自覚した上で敢えて書くなら

 

「ストーリーには技ありの面白さがあるし、

これを本当に300万で作ったのであれば、

”枯れた技術の水平思考”(@横井軍平)的なひらめきに感心もする。

が、あくまでも技ありであって、革新的なわけではない。

現在の熱狂ぶりはやや過大評価ではないか。」

 

が私の結論であった。

おそらく今後、私のような天の邪鬼が疑問符を投げかけ、

肩透かしと感じた観客からの揺り返しの評価も出てくるだろう。

そこそこ良く出来ているのは間違いないが

ネット上での異様なまでの盛り上がりが、

本作のハードルを無駄に高くしているように思う。

 

「パラノーマル・アクティビティ」(制作費135万円)や

「ブレアウィッチ・プロジェクト」(制作費600万円)など

ホラー映画はもともと低予算に優しいジャンルとして知られていて

ハリウッドではメジャーの登竜門とも言われているジャンル。

高度な技術や高価な機材、大量の人員を必要とせず

発想の転換さえ上手くいけば観客に恐怖や驚きを与えることが可能だ。

一時期大ブームになったPOVも、カメラマンを用意せず

「出演者がハンディで撮影している」シチュエーションを用意することで生まれた

低予算を逆手にとった発想の賜物であった。

 

「カメラを止めるな」も、POVで撮った37分間にも及ぶ

短編ゾンビ映画「ONE CUT OF THE DEAD」を冒頭で一気に流す。

明らかに途中でカメラマンがバトンタッチしていたり

出演者がアドリブで引っ張ったりと急ごしらえであることが丸分かりで、

ステージ裏を覗かなくても何が起こっていたのか大体の察しがつく。

本編終了後、今度は舞台裏で何が起こっていたかを解説する

裏話エピソードへと話が移ってゆく。

出演者の関係や性格、生い立ちなどを織り交ぜながら

最終的に恐怖ゼロ、笑いアリの家族映画としてまとめ上げた手腕は相当なモノ。

 

  

8月14日入荷■DVD:ラヂオの時間

配信中■Amazonビデオ:ラヂオの時間

8月15日入荷■DVD:ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな

発売中■DVD:キツツキと雨

配信中■Amazonビデオ:キツツキと雨

 

ただし、冒頭でも書いたように本作はそれほど革新的なわけではない。

ゾンビ映画の製作現場のドタバタを追った作品と言えば

真っ先に沖田修一監督の「キツツキと雨」が浮かぶし、

微エロとグロを笑いに持っていくのは井口昇監督の十八番である。

(本作のポスターは完全に井口テイスト)

そして何より、生放送の緊張感とドタバタから生まれる笑いを描いた映画と言えば

三谷幸喜が初監督を務めた「ラヂオの時間」が存在しているではないか。

三谷が主宰を務める東京サンシャインボーイズの

「ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな」も、

生の舞台のドタバタを描いたコメディだった。

 

「カメラを止めるな」は、初期の三谷幸喜のファン(としか考えられない)の監督が

「ラヂオの時間」のようなコメディを撮りたいと思いついたが、

制作費がないので低予算でも可能なPOVホラーにジャンルを移して

三谷イズムをそこに移植した作品、ということになる。

アレンジの上手さという意味で技ありだとは思うが、

『映画の新たな可能性』などという言葉で持ち上げるのは違うと思う。

本作の面白さは、過去の名作を下敷きにしたアレンジの上手さであり革新性ではない。

 

中野量太監督がインディーズで撮った「チチを撮りに」をベースにして

メジャーで「湯を沸かすほどの熱い愛」を撮ったように、

上田慎一郎監督も近い将来、本作をベースにして

キャストだけをメジャー俳優に置き換えたコメディを撮るだろう。

そこまではもう見えた。真価が問われるのはその次である。

 

映画「カメラを止めるな」は現在公開中。


▼Kindleセール情報

 

 

★Kindle本 セール&キャンペーン まとめてチェック

★Kindle本 紙書籍と同時発売の新刊情報

 

<8月3日よりスタートした新たなセール>

【8月16日終了】★Kindle:【40%ポイント還元】集英社 「ナツイチ」

【8月16日終了】★Kindle:【最大60%OFF】幻冬舎 心を運ぶ名作100

【8月16日終了】★Kindle:【30%OFF】教養を養う ちくま新書フェア

【8月30日終了】★Kindle:講談社 「夏☆電書2018」

【8月30日終了】★Kindle:【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定75%OFFセール

【8月31日終了】★Kindle:【99円】実用書サマーセール | 西東社

<継続して開催中のセール>

【8月09日終了】★Kindle:KADOKAWA 真夏のコミックフェア

【8月09日終了】★Kindle:【50%OFF以上】実用書フェア


▼Amazonビデオでサマーセール開催中

 

【8月19日終了】★Amazon:Amazonプライムビデオ SUMMER SALE

 

週末限定で指定の作品が100円になるレンタルセールが

お盆期間を挟んで大規模セールを開催中。

昨日からレンタル332本が100円に、セル282本がワンコイン500円で配信中。


sinobiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス