2018年6月3週発売の新作、E3 2018開催、「おっさんずラブ」公式ブック発売決定 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

▼先週を振り返る

 

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition Amazon限定カスタムテーマ配信

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition

6月8日発売■PS4:PlayStation 4 Pro VR Days of Play Special Pack

6月8日発売■PS4:PlayStation VR Days of Play Special Pack

7月4日発売■ETC:ニンテンドークラシックミニ FC トートバッグ&ポストカード付き

7月4日発売■ETC:ニンテンドークラシックミニ FC ポストカード付き

7月18日発売■Blu-ray:リメンバー・ミー MovieNEX

7月18日発売■Blu-ray:リメンバー・ミー 4K UHD MovieNEX

 

先週はPS4の期間限定本体が人気。

E3の目前にこういったセールを仕掛けてくるあたりさすがソニーは抜け目ない。

 

 

7月27日発売■Book:土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」公式ブック

10月5日発売■Blu-ray:おっさんずラブ Blu-ray BOX ポストカード付き

 

映像系では「おっさんずラブ」が飛び抜けた人気でぶっちぎりのトップに。

「リメンバー・ミー」すら上回るフィーバーぶりにちょっと驚きを隠せない。

7月末に急遽公式本の発売も決定し、こちらも現在書籍部門で1位を独走中。

方やティーン向け、方や恋するおっさんのLGBTドラマだが

同時期に放送されている「花のち晴れ」と双璧を成すピュアな物語が

多くの視聴者を惹き付けたようだ。

吉田剛太郎の茶目っ気と田中圭の狼狽振りのコントラストは

スペシャルドラマのノリをそのまま引き継いでいて、かつ連ドラになったことで

人間関係がさらに濃密に面白くなっていて文句無し。

 

配信中■iOS:auビデオパス

発売中■:Chromecast ブラック(楽天ブックス)

発売中■:Chromecast Ultra(楽天ブックス)

 

ちなみに、テレビ朝日と提携しているauビデオパスならば

7月31日まで「おっさんずラブ」の見逃し配信を実施中。

連ドラの雛型になったスペシャルドラマ版もちゃんとあり。

Amazonの「Fire TV Stick」に対応していないのは痛いが

Chromecastには対応している。

スマホやタブレットで視聴する分にも問題なし。

auビデオパスは月額540円のサブスクリプションサービスで

NetflixやHuluの補足としてあとひとつ申し込むなら良いサービス。

dTVなどと違いau ID所有者向けのサービスのため、対象はauユーザーのみに限られる。

東宝シネマズのポップコーンセット半額サービスがauスマートパスに統合されてしまい

ビデオパスのメリットが薄まったのは利用者のひとりとして少し残念。

Blu-ray発売の10月まで待てないという方はこちらで。


▼今週発売の書籍

 

6月12日発売■Comic:ばらかもん(17)

6月14日発売■Book:宵物語 / 西尾維新

6月15日再販■Book:文藝別冊 是枝裕和

 

是枝監督の特集号が今週再販。

映画「万引き家族」は本公開から満員御礼の大入りらしい。

まことにめでたい。

 

★Amazon 来週リリースの注目作品の売れ筋ランキング(書籍全般)


▼Kindleセール情報

 

【6月14日終了】★Kindle:【50%ポイント還元】すばる舎 学び・成長・成功本キャンペーン

【6月14日終了】★Kindle:【30%OFF以上】高田崇史特集

【6月21日終了】★Kindle:【50%ポイント還元】幻冬舎キャンペーン

【6月21日終了】★Kindle:【最大50%OFF】幻冬舎映像化作品フェア

【6月21日終了】★Kindle:【50%OFF以上】小説フェア

【6月21日終了】★Kindle:【期間限定無料&50%OFF】スクエニ メディア化作品特集

【6月21日終了】★Kindle:【30%OFF以上】サッカー本フェア

【6月21日終了】★Kindle:【50%OFF】アルク TOEIC対策本セール

【6月21日終了】★Kindle:【最大93%OFF】実用書大幅値引きフェア

【6月26日終了】★Kindle:【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定75%OFFセール

 

7日までで多くのセールが終了し、代わりに新しいセールが続々追加中。


▼今週発売のゲーム

 

 

今週のゲームは気になる新作こそないものの

世界最大のゲームイベント・E3が開催されるので

今秋から年末にかけての新作の情報や予約解禁が多数あるものと思われる。

先行逃げ切りを図るPS4、猛追中のNintendo Switch、脱落気味のXbox One。

3社がそれぞれどのような戦略を展開するのか楽しみ。

 

・E3 2018

・Twitch

・YouTube Live at E3 2018

・E3 2018 ファミ通.com 特設サイト

 

<主要メーカー カンファレンス タイムテーブル>

 

6月10日・03時:EA PLAY Press Conference

6月11日・05時:Xbox E3 2018 Briefing

6月11日・10時30分:Betheda's E3 Showcase

6月12日・02時:SQUARE ENIX E3 SHOWCASE 2018

6月12日・05時:Ubisoft E3 2018 Media Briefing

6月12日・10時:PlayStation E3 2018 Media Showcase

6月13日・01時:Nintendo Direct: E3 2018


<マイクロソフト>

 

6月11日〜24日■XB1:Xbox One X 5,000円引きキャンペーン

 

E3開催に合わせた6月11日より、Xboxの最上位機種であり

一時はプレミア価格に跳ね上がっていた「Xbox One X」の5,000円引きキャンペーンが開始。

現世代機では間違いなく最高性能のマシン、楽しむならこの機会に。

 

・MS E3 2018 特設サイト

・公式YouTubeチャンネル

・Mixer

・Twitch

・Twitter

・Facebook Live

・Xbox E3 2018 Briefing ニコ生


<ソニー>

発売中■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition

発売中■PS4:PlayStation 4 Days of Play Limited Edition Amazon限定カスタムテーマ配信

発売中■PS4:PlayStation Plus 12ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]

 

PS陣営では昨日よりハード関連の値下げキャンペーンを展開中。

オンラインサービスの「PlayStation Plus」にいついても、

12ヶ月分を購入すると今だけ+2ヶ月分が無料で付いて来る。

7日の時点ではAmazonの表記がまだ変わっていなかったので

メーカー直だけかと思っていたのだが、ちゃんとAmazonも対応したようだ。

 

・PlayStation E3 2018 特設サイト

・PlayStation 公式ライブ中継

・公式YouTubeチャンネル

・Twitch


<任天堂>

 

・任天堂 E3 2018 特設サイト

・公式YouTubeチャンネル

・Nintendo Direct: E3 2018 ニコ生


▼「NEOGEO mini」収録タイトルの異なる2バージョンで今夏発売

 

【関連記事】ネオジオ復活「NEOGEO mini」SNK40周年記念で発売

 

予告通り本日11時に情報公開。

40タイトル中14本が異なる2種類展開。

基本的な仕様は当BLOGの過去記事をご覧いただくとして

一番気になっていた収録タイトルは以下の通り。

 

★NEOGEO mini

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '94

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '95

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '96

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '97

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '98

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '99

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2001

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2003

・真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変

・サムライスピリッツ 天草降臨

・サムライスピリッツ零SPECIAL

・餓狼伝説SPECIAL

・リアルバウト餓狼伝説

・リアルバウト餓狼伝説2 THE NEWCOMERS

・餓狼 MARK OF THE WOLVES

・ワールドヒーローズパーフェクト

・風雲スーパータッグバトル

・龍虎の拳

・幕末浪漫 月華の剣士

・幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜

・NINJA MASTER'S〜覇王忍法帖〜

・痛快GANGAN行進曲

・メタルスラッグ

・メタルスラッグ2

・メタルスラッグ3

・キング・オブ・ザ・モンスターズ2

・戦国伝承2001

・ショックトルーパーズ セカンドスカッド

・トップハンター 〜ロディー&キャシー〜

・ニンジャコマンドー

・バーニングファイト

・サイバーリップ

・ASOII -ラストガーディアン-

・ティンクルスタースプライツ

・ブレイジングスター

・トッププレイヤーズゴルフ

・得点王

・ジョイジョイキッド

 

☆NEOGEO mini インターナショナル版

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '95

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '97

・ザ・キング・オブ・ファイターズ '98

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2000

・ザ・キング・オブ・ファイターズ 2002

・真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変

・サムライスピリッツ 天草降臨

・サムライスピリッツ零SPECIAL

・餓狼伝説SPECIAL

・リアルバウト餓狼伝説

・餓狼 MARK OF THE WOLVES

・ワールドヒーローズパーフェクト

・風雲スーパータッグバトル

・龍虎の拳

・幕末浪漫第二幕 月華の剣士 〜月に咲く華、散りゆく花〜

・NINJA MASTER'S〜覇王忍法帖〜

・メタルスラッグ

・メタルスラッグ2

・メタルスラッグX

・メタルスラッグ3

・メタルスラッグ4

・メタルスラッグ5

・キング・オブ・ザ・モンスターズ

・キング・オブ・ザ・モンスターズ2

・戦国伝承2001

・ショックトルーパーズ

・ショックトルーパーズ セカンドスカッド

・マジシャンロード

・ラギ

・ロボアーミー

・クロスソード

・ミューティション・ネイション

・ファイヤースープレックス

・ブレイジングスター

・ラストリゾート

・ゴーストパイロット

・トッププレイヤーズゴルフ

・得点王

・フットボールフレンジー

・ジョイジョイキッド

 

ざっくり言えばKOFシリーズを多くした国内向けと、

メタスラシリーズを多くした海外向けといった感じ。

メーカーによれば、格闘が多めの国内とアクションが多めの海外と

振り分けられたかのように説明されているが

私の大好きな「ティンクルスター・スプライツ」は国内向けにしか収録されていないし

「ファイヤースープレックス」は海外向けのみと良くわからない。

「ラストリゾート」や「ゴーストパイロット」が海外のみで

「ASOII」「ニンジャコマンドー」「バーニングファイト」が国内のみと

『どちらも買ってもらうための振り分け』に見えたのは私だけだろうか。

 

どちらか選べと言われると、格闘ゲームはそんなにいらないと思いつつ

「ティンクルスター」の入っている国内版ということになる。

私が期待していた「8マン」「天外魔境 真伝」「ダブルドラゴン」

「超人学園ゴウカイザー」「ソニックウィングス 3」「マジカルドロップ3」

「わくわく7」「新・豪血寺一族 闘婚」などは全て叶わなかった。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に

未発売の「スターフォックス2」が収録されたようなサプライズもないので

この内容ならばやはり1万ぐらいが妥当な線ではないか。


▼今週発売のBlu-ray

 

6月13日発売■Blu-ray:ジグソウ:ソウ・レガシー

 

映画「ジグソウ SAW ソウ・レガシー」一周回って綺麗に復活より抜粋。


ホラー映画ファンにとって秋の季語にもなっていた「ソウ」シリーズが7年振りに復活。
監督に「プリデスティネーション」のマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟を迎え
10年前に死んだはずのジグソウを再びスクリーンへと呼び戻す。
ジェームズ・ワン、リー・ワネルらは今作も製作で参加。
ジョン・クレイマー(ジグソウ)役のトビン・ベルも登場し
長年シリーズを観続けてきた私には胸アツな作品である。

 

7年振りの復活を記念してか、本作のお題目はズバリ『原点回帰』である。
スピード感をウリにしていたデビュー作から少しずつ面白さの質を変え、
ジグソウが何故そこまで「正直であること」「素直に謝罪すること」に
固執するのかを掘り下げていったシリーズ後半までの流れを遮って、
「ゲームを動かしているのは誰なのか」
「10年前に死んだはずのジグソウは本当に死んでいるのか」の2点に絞り
観客を最後の最後まで翻弄しまくる脚本になっている。

物語を動かす主要登場人物3人の全員がジグソウ、
もしくはジグソウの後継者である可能性を持ち、
しかも全員が今イチ信用しきれない胡散臭さを持っているため
ゲームの真相やジグソウの生死まで、何もかも確証が持てない。
普通に考えれば10年前に死んだ人間が生きているはずがないのだが、
ホラー映画の続編製作など、墓場に犬が小便をしそこに雷が落ちたら
ジェイソンが復活したあたりから何でもアリになってしまっているので
ジグソウがどんな理由で「実は生きてました」と出てきても不思議ではない。
しかし、トンデモな理由を付けて来るだろうとの予想は見事に外れ、
「ま、まぁ筋は通っている、、、かな」と思える程度の整合性を保って
見事にエンディングへと到達する。
〆と余韻は初代「ソウ」を彷彿させるものになっていて
シリーズを途中脱落した方でも
最悪初代だけ観ていれば懐かしく思えるようになっているのも上手い。
脱線や暴走を繰り返したシリーズが7年寝かせて綺麗に復活したことを
いちファンとして喜びたい。


▼今週発売の新譜

  

6月13日発売■CD:EXTREME BEAUTY / 吉田美奈子

6月13日発売■CD:KEY / 吉田美奈子

6月13日発売■CD:SPELL / 吉田美奈子

6月13日発売■CD:FULL HOUSE / 大橋純子&美乃家セントラル・ステイション

6月13日発売■CD:CRYSTAL CITY / 大橋純子&美乃家セントラル・ステイション

6月13日発売■CD:ダイヤルYを廻せ! / ヤプーズ

6月13日発売■CD:DADADA ISM / ヤプーズ

 

吉田美奈子、ヤプーズ、大橋純子など

中古市場ではプレ値で取り引きされていることも多い

邦楽の名盤が一律1,000円(2枚組は1,500円)で再販。

他にもあがた森魚伊藤銀次りりィパール兄弟なども同時発売。

 

現在、森俊之とのDUOツアーで全国を縦断している吉田美奈子については

過去にしつこいほど取り上げてきたので今回は割愛。

エールも込めて、大橋純子について過去記事より再掲する。

 

大橋純子、食道がんを公表より抜粋。

 

「日本で歌の上手い女性シンガーは誰ですか」と聞かれたら

私の中でかなり早い段階で思い当たるのが大橋純子である。

世間的には「たそがれマイ・ラブ」や「シルエット・ロマンス」なのだろうが

ヒットしたその2曲こそがイレギュラーであることはあまり知られていない。

 

大橋の夫であり、中森明菜の「Fin」の作曲者でも知られる佐藤健や

後に一風堂を結成し「すみれ September Love」などヒット曲も送り出した

土屋昌巳らが在籍したことで知られる美乃屋ステイションをバックに従えて、

唯一無二のパワフルなボーカルと70年代の音楽シーンでは異彩を放つ

サウンドを融合させた名盤を何枚もリリースしていた。

「シルエット・ロマンス」のおばさんね、と思っている方こそ

今回再販される「CRYSTAL CITY」や「FULL HOUSE」を聴いてみていただきたい。



 


sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。