映画「空飛ぶタイヤ」ショーアップのデメリットが山積み、他 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:


 

▼楽天スーパーSALE開催中

 

開催中★楽天スーパーSALE

開催中★楽天ブックス スーパーSALE

開催中★楽天トラベル スーパーSALE

開催中★楽天スーパーSALE 楽天モバイル

開催中★楽天ブックス スーパーSALE PS関連商品が15%ポイント還元

15%ポイント(4,856円分)還元■PS4:PlayStation4 ジェット・ブラック 500GB

15%ポイント(7,286円分)還元■PS4:PlayStation4 Pro ジェット・ブラック 1TB

15%ポイント(5,666円分)還元■PS4:PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版


▼映画「空飛ぶタイヤ」ショーアップのデメリットが山積み

 

  

配信中■Kindle:空飛ぶタイヤ 上下合本版

発売中■Book:空飛ぶタイヤ 新版

配信中■Amazonビデオ:空飛ぶタイヤ

 

「半沢直樹」の大ヒット以降、関連書籍が片っ端から映像化されている

池井戸潤の原作を映画化したヒューマン・ドラマ。

2009年にWOWOWで放送されたドラマ版は全5話構成で、

仲村トオル、田辺誠一、萩原聖人などが出演していた。

映画版で主演を務めるのは、ひとり減ったTOKIOの長瀬智也。

共演はディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、笹野高史、岸部一徳。

監督は「超高速!参勤交代」の本木克英。

 

 

三菱自動車のリコール隠しをヒントに書かれた本作は

事故の責任を押し付けられた弱小運送会社の若社長が

大企業相手に一歩も退かず、巨悪を暴き出すまでを描いている。

ノンフィクションではないので事実とは異なる展開、結末ではあるが

弱き者が集まって強き者を打ち倒す物語は

どこから見ても「THE・池井戸潤」である。

 

ただ、池井戸作品と聞けば反応し、

WOWOWのドラマ版も楽しく見ていた私から言わせていただくと

この映画版は「映画らしさ」を間違えた方向に追及するあまり

池井戸原作のドラマが持っている成功の法則(お約束)を

ことごとく否定した作りになっている。

 

TBSの日曜劇場でドラマ化された一連の池井戸作品が好評なのは

 

・知名度を最優先したキャスティングではないこと

・芝居の演出は大振りだが、カメラやBGMはむしろ控え目であること

・主人公だけでなく脇役それぞれに魅力的なサイドストーリーがあること

・大手企業の思惑が透ける主題歌を起用しないこと

 

などなどが主な原因ではないか。

もちろん、「陸王」では久々に役所広司を連ドラに引っ張り出したり

キャスティングが地味なわけでは決してないが

キャストが第一のウリにはなっていない。

竹内涼真や山崎賢人といった人気の若手も皆が物語に溶け込んで

チーム一丸となって物語を盛り上げる作りになっている。

 

しかしこの映画版「空飛ぶタイヤ」は、

長瀬智也(ジャニーズ)とディーン・フジオカ(アミューズ)の二枚看板制で

作られていることが明白で、WOWOW版ではしっかり息づいていた

池井戸作品ならではの勧善懲悪の醍醐味が弱い。

キャストが貧弱なせいで肝心の芝居が腰砕けになっているのに

BGMだけはやたらと煽っていたり、原作(およびWOWOW版)では

重要な人物であった井崎一亮(高橋一生)のエピソードがごっそり削られて

ほとんど端役レベルまで存在感が無くなっていた

(それでいてポスターは3人がメインかのような誤解を与えるものにしている)り、

とどめにディーンと同じアミューズのサザンが

主題歌に起用(しかも全く合っていない)されていたりと、

一から十までTBSの裏をいった結果、狙いが裏目に出てしまっている。

 

そもそも長瀬智也は「マイ★ボス マイ★ヒーロー」「泣くな、はらちゃん」

「クロコーチ」「ごめん、愛してる」など、アウトローだったり殺し屋だったりと、

浮世離れした変わり者キャラがハマッているだけで、

本作のような弱小運送会社の行く末に頭を悩ませながらこつこつと働き

リーダーシップをとって皆を引っ張っていくような役柄は似合わない。

ディーンもしかりで、キャスティングでも演出でもWOWOW版の圧勝である。

 

池井戸潤の原作が映画化されたのは、実はこれが初だという。

 

・2009年「空飛ぶタイヤ」(WOWOW)

・2010年「鉄の骨」(NHK)

・2011年「下町ロケット」(WOWOW)

・2013年「半沢直樹」(TBS)

・2013年「七つの会議」(NHK)

・2014年「花咲舞が黙ってない」(日テレ)

・2014年「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS)

・2014年「株価暴落」(WOWOW)

・2015年「ようこそ、わが家へ」(フジ)

・2015年「花咲舞が黙ってない 第2期」(日テレ)

・2015年「民王」(テレ朝)

・2015年「下町ロケット」(TBS)

・2016年「民王スペシャル 新たなる陰謀」(テレ朝)

・2016年「民王スペシャル 恋する総裁選」(テレ朝)

・2016年「民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客」(テレ朝)

・2017年「アキラとあきら」(WOWOW)

・2017年「陸王」(TBS)

・2018年「空飛ぶタイヤ」(松竹配給)

・2018年「下町ロケット 第2期」(TBS)*10月より放送予定

 

これだけの作品が映像化されていて、何故1本も映画が無かったのか。

その理由のほとんどを、この映画が身を以て証明している気がする。

「64」の実写化もドラマ版が映画版を圧倒していたように、

やはり映画には2時間でまとまる話を持って来なければ

あちこちの歪みが大きくなり過ぎる。

 

原作も未読、WOWOW版も未見で、かつ秋の「下町ロケット2」まで

待てないというほどの池井戸ファンであれば止めはしないが

私としては、素直にWOWOW版をご覧いただきたい。

 

映画「空飛ぶタイヤ」は本日より公開。

​​​​​​


▼松坂桃李主演「娼年」がBlu-ray化

 

 

09月14日発売■Blu-ray:娼年 豪華版 A5クリアファイル付き

09月14日発売■Blu-ray:娼年 豪華版

09月14日発売■Blu-ray:娼年 A5クリアファイル付き

09月14日発売■Blu-ray:娼年

 

映画「娼年」松坂桃李がMUTEKIデビューしたのかと思った(ら、違った)

 

インパクトだけで言えば今年上半期のNo.1作品とも言える

松坂桃李主演の映画「娼年」のBlu-ray化が決定。

単館系公開ながらロングランで累計興収3億円を突破したというのだから凄い。

作品の内容については上記の過去ログにて。


▼Kindleセール情報

 

  

【6月15日開始】★Kindle:細田守監督 電子化記念

 

最新作「未来のミライ」の公開が近づいている

細田守監督作品が本日より一斉にKindle化。

 

  

【6月28日終了】★Kindle:【30%OFF】小学館 感謝祭 約3,800点

  

【6月28日終了】★Kindle:【30%OFF以上】『化物語』配信記念 西尾維新・物語シリーズフェア

 

西尾維新の「化物語」シリーズがKindleで配信開始。

その記念として関連作品が最低30%、最高68%の大幅値引きを月末まで実施。

【6月21日終了】★Kindle:【50%ポイント還元】幻冬舎キャンペーン

【6月21日終了】★Kindle:【最大50%OFF】幻冬舎映像化作品フェア

【6月21日終了】★Kindle:【50%OFF以上】小説フェア

【6月21日終了】★Kindle:【期間限定無料&50%OFF】スクエニ メディア化作品特集

【6月21日終了】★Kindle:【30%OFF以上】サッカー本フェア

【6月21日終了】★Kindle:【50%OFF】アルク TOEIC対策本セール

【6月21日終了】★Kindle:【最大93%OFF】実用書大幅値引きフェア

【6月26日終了】★Kindle:【75%OFF】KADOKAWA Kindle限定75%OFFセール

 

 

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.