本当に見たかったゴジラ。映画「GODZILLA」 | 忍之閻魔帳

忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)



▼本当に観たかったゴジラ。映画「GODZILLA」

ゴジラ、ゴジラ、ゴジラがやってきた
モスラ、モスラ、モスラもやってきた
ミニラ、ミニラ、ミニラはふるえてる・・
私が子供の頃、有名なあのメインテーマを使った替え歌がそれこそ星の数ほど作られた。
本多猪四郎が最初の「ゴジラ」を撮って今年で60年。
時代の変化に対応しつつ、常に怪獣映画の王であり続けた
日本最強のキャラクター「ゴジラ」が再びハリウッドで映画化された。
「ただのトカゲじゃねえか」な前作の反省を踏まえてか
今作では日本の怪獣映画に多大なリスペクトを持っているギャレス・エドワーズを抜擢。
低予算で製作された「モンスターズ/地球外生命体」を経て
2作目にしてこの超大作の監督に就任したギャレスからの
感謝と愛情がたっぷりと盛り込まれている。
出演は「キック・アス」のアーロン・テイラー=ジョンソン、
「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、
「バットマン・ビギンズ」「許されざる者」の渡辺謙など。



ハリウッドでこれほどちゃんとした怪獣映画が作られてしまっては
もう日本製作による「ゴジラ」新作は望めまい。
ハリウッドかぶれの北村龍平によって引導を渡された
日本産「ゴジラ」シリーズの無念を晴らすように、
舶来産でありながら、円谷のエッセンスが色濃く受け継がれているのが
今回の「GODZILLA」であり、日本文化へのリスペクトぶりは
「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロをも上回っている。
デル・トロ好きの私が太鼓判を押すのだから間違いない。

核実験によって蘇った「ゴジラ」は、神の怒りを象徴するような存在だった。
ゴジラの咆哮は、愚かな人間達への警鐘でもあったのだ。
しかし、深淵なテーマは徐々に薄まり、ゴジラは子供向け(ファミリー向け)の
怪獣映画としてシリーズを重ねてゆく。
それはそれで受け入れてきた私だが、原点回帰のストーリーと
ハリウッドの潤沢な資金によって咆哮の重低音までがハリウッド級になった
この「GODZILLA」を観てしまうと、あぁ、やはり後期の日本産「ゴジラ」は
私の好きな「ゴジラ」から大分かけ離れていたのだと気付かされる。

ギャレス・エドワーズのこだわり(オタク度)は凄まじい。
デビュー作「モンスターズ/地球外生命体」でも細かく設定されていた
怪獣の生態についても、雌雄2体で登場し、夫婦愛や親子愛も描いてみせたりと
ゴジラの成否を決めると言っても過言ではない、敵キャラクターの作りが
とてもしっかりしている。
それでこそ、下手な小細工をせず直球で攻めるゴジラが映えるのだ。
「パシフィック・リム」では肝心のバトルシーンの大半が夜で
「ええい、昼間に闘わんか、真っ昼間に」と思っていた私だが
本作では明るい場所での闘いもちゃんと用意されていて存分に勇姿を拝むことができる。

311の爪痕が残る2014年に、
核実験をテーマにしたシリーズ第1作をリメイクした意味は大きいし
311以降、海外のオファーを全て断り国内の仕事に専念していた渡辺謙が
久々のハリウッド復帰第1弾として本作を選んだ理由も良く分かる。

ジュリエット・ビノシュが何のためにあんなチョイ役で出たのか分からないことと、
日本語を話す外人の滑舌が悪過ぎて、英語以上に何を言っているのか
聞き取れないシーンがあったことを除けば不満点はなし。
「子供を連れて行くと親の方が興奮して劇場から出て来た」の王道をいく楽しさ。
「アナ雪」や「ポケモン」は母親に任せた全国のお父さんよ、
今こそ立ち上がって「GODZILLA」を観にいくのだ。
かつて熱狂した「ゴジラ」がスクリーンで待っている。

映画「GODZILLA」は7月25日より公開。

最後にトリビアをひとつ。
渡辺謙演じる芹沢博士の名前が『芹沢猪四郎』になっていることに
ハッとする方がどれだけいらっしゃるだろうか。
芹沢猪四郎とは、1954年版の「ゴジラ」に登場した芹沢博士の苗字と
監督である本多猪四郎監督の下の名前を合体させたものなのだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  タイトル:GODZILLA
    配給:東宝
   公開日:2014年7月25日
    監督:ギャレス・エドワーズ
   出演者:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、他
 公式サイト:http://www.godzilla-movie.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



発売中■Blu-ray:「モンスターズ / 地球外生命体」

ギャレス・エドワーズ監督のデビュー作。
80万ドルという超低予算で製作されたパニック映画。
(*当初言われていた1万5千ドル(約130万円)は機材費だけとのこと。指摘感謝)
「ラップトップで作った大作」を生み出した監督への賛辞が
ハリウッド版「GODZILLA」へと繋がった。

地球外生命体を扱った作品ながら、それはあくまでもエッセンスであり
一組みの男女が織り成す、恋愛要素ありのロードムービーになっているところが新しい。
「ウォーキング・デッド」や「アイ・アム・レジェンド」の世界で
「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」をやっているような感じ、というと
お分かりいただけるであろうか。
モンスターの造形がまんま巨大タコなのはご愛嬌。
低予算と言えばPOVが定説になっている中で、
VFX出身のスキルを存分に活かした一発逆転の鮮やかさに乾杯。




発売中■BOOK:「Pen (ペン) 2014年 7/15号 ゴジラ、完全復活!」
発売中■BOOK:「ゴジラの常識」
発売中■BOOK:「GODZILLA(マガジンハウスムック)」
発売中■COMIC:「ゴジラ漫画コレクション 1954-58」
07月24日発売■BOOK:「別冊映画秘宝初代ゴジラ研究読本」
07月25日発売■BOOK:「GODZILLA ゴジラ アート・オブ・デストラクション」
07月25日発売■BOOK:「ゴジラ:アウェイクニング<覚醒>」
07月26日発売■BOOK:「酉澤安施画集 東宝怪獣大進撃!」
07月29日発売■BOOK:「ゴジラ・イラストレーションズ」

ゴジラ関連本も続々発売。
「GODZILLA」より「ゴジラ」だという方に向けても
復刻版の漫画コレクションや研究本など多彩なラインナップ。




07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】GODZILLA(ハリウッド版)」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラの逆襲」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ対メカゴジラ」(1974年版)
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ×メカゴジラ(2002年版)」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】キングコング対ゴジラ」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】怪獣島の決戦 ゴジラの息子」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ2000ミレニアム」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ対ヘドラ」
07月16日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ対メガロ」

生誕60周年とハリウッド版の公開を記念して
6月・7月の2ヶ月連続で「ゴジラ」シリーズがBlu-rayでリリース。
ちなみに、日本映画チャンネル主催で行われた「ゴジラ総選挙」によると、
全28作品の中で一番人気を集めたのは「ゴジラ VS ビオランテ」だったらしい。


06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ(昭和29年度作品)」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】モスラ対ゴジラ」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】三大怪獣 地球最大の決戦」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ(昭和59年度作品)」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs ビオランテ」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs キングギドラ」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs モスラ」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs メカゴジラ(平成5年度作品)」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs スペースゴジラ」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ vs デストロイア」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ × メガギラス G消滅作戦」
06月18日発売■Blu-ray:「【60周年記念版】ゴジラ ファイナルウォーズ」




発売中■Blu-ray:「平成ガメラ Blu-ray BOX」
発売中■Blu-ray:「ガメラ トリロジー 平成版ガメラ3部作収録」(PS3再生・日本語音声可 北米版)

今回の「GODZILLA」は金子修介監督が手掛けた平成ガメラシリーズに
テイストが似ているとの声も多く、ガメラファンも見逃せない。
国内版は13,000円ほど、パッケージのチープな輸入盤で我慢できるなら
破格の1,000円で販売中。なんだこの値段は。
以前紹介した時からさらに下がっているではないか。