サイレントルーツの実

サイレントルーツの実

先住民文化と歩く毎日のつれづれ。
食・子育て・自然農・鉱物や菌類。癒し。語りべ。
民族楽器とともに語る昔話への道・先住民の方々との日々。
淡路島移住生活・母子疎開支援

昨日はピース&ネイチャーというところの畑というものを体験した。
賀川記念館、と言うところに潜伏調査していたところ、このようなことになった。

地球上の色んな人種がいた。

青い目の人、黒っぽい肌の人、黄色い肌の人、肌に絵を描いている人。

色んな言語が飛び交っていた。

不思議である。

同じ地球の上に住む人種であろうに、なぜ不便な言葉、というものを使っているのであろうか。

 
*作業の初めでまだ肉体の疲れが見えない地球人
 

地球語に脳内変換してその言語に参加したところによると、「国」というものがあり、日本という国に短い期間働きに来たのであるが、地球人に広がった感染症で帰れないのであるという。

「仕事」と言うものが無くなってしまい「お金」と言うものがなくなってきて生きていくのが大変であるという。

「仕事」「お金」とはなんであろうか。

  

そして、畑というものも不思議である。なぜ狭い大地に傷をつけまくっているのであろうか。広い大地はどこにでもあるというのに。
 


   

そして、この星にはいくらでも生体エネルギーを維持できる太陽エネルギーと空間エネルギーと、人類が発している温かいエネルギー(地球人はそれを「愛」と呼んでいるらしい)が満ちているのに。

      

だが,私は驚くことに遭遇した。

畑というものを、体を動かして、大地に傷をつけている時、皆の全身から愛エネルギーが倍増して放たれているのを。   

そして地球の大地からも空気や太陽からも愛エネルギーが人間に集中していたのだ!!

  
*よくわからない作業。大地をひっかいている。だが、このように太陽の光と空気と大地からエネルギーが地球人に注がれている。不思議なことに地球人は全くそれがわかっていないようだった。「土に触ると気持ちいい。お日様の光と風が気持ちいい」といって笑うことで、どうも注がれているエネルギーに無意識に感謝しているようだ(「感謝」というものはエネルギーを倍増させるようだ。ただ、言葉だけでエネルギーがしぼんでいくこともここではない、別の集団で見受けられた。これは追って調査を続けることにする)
 

そしてランチと言うもののために集めた草に火をかけ、ポテトと言うものと玉ねぎと言うものをアルミホイルというものの中に包み、焼いていた食べたのだが、笑いあい、愛エネルギーが爆発的に人間から放たれているではないか。  

そして、焼いたポテトと言うものと玉ねぎと言うものは体内に入ると、いっそうの愛エネルギーが体内に満ちた。

なんという仕組みであろうか。
  
   *畑仕事の後、愛エネルギーがあるものの肉体の疲れに覆われている地球人。私も地球人の真似をしてみた。
このランチ、というものの後、地球人には笑顔が増え、エネルギーが倍増したが、あまりのエネルギーの急激な増加に一時睡眠を必要とするようだった。
 

なるほど、地球というところは愛というものの循環でできている、らしい。   

地球というところはよくわからないことが多いが、これは癖になる。

*地球人の真似をして愛というものに浸ってみた。
なるほど、これはいい。癖になる。
   

しかし、なぜ「お金」と言うものが生きていくのに必要なのであろうか。十分生きていくのに必要な「愛」や地球に満ちている愛の循環は「お金」というものとは関係ないではないか。

*作業が終わり、収穫の喜びに沸き立つ地球人
    

森や海や動物や植物たちはその循環の中で生きているのに、なぜ人間だけがその循環とは全く関係ないものの中で

「生きられない」となるのであろうか。

宇宙の七不思議である。

    

以上当分地球の探査調査を続行することにする。

地球探査調査員のりこ

    

追伸。畑では皆は私のことを「おしんスタイル」と言っていた。地球一体にそういう流行があるらしい。

よくわからないが地球人が笑い、温かい愛のエネルギーが注がれてきた。
しばらくこのスタイルを続けようと思う。

私は今日から3日間、夏至の儀式。
儀式というのはある意味厳しい問いかけ。日常の、習慣になってることを見つめ、吟味し、挑戦していくから。乗り越えていくって感じかな。
だから準備段階ですでに心身非常にハード。時には断食になる。
まぁだいたい森の中を、遭難しそうになりながら獣道を藪こぎしながら歩き回っています

今年は特に、今は亡き、師匠と出会って16年。日本でWPPDがあった年に弟子入りしたのだった。
この16年は濃かったなぁ。
そして、次へ一歩踏み出すために。
まずは山にご挨拶。

時々地球探査調査員のりこさんがやってきて面白い。
明日は何を見つけるのだろう。

 

まずは一昨日、昨日、今日と日の出はここ、淡路島では4時44分。


3日間の祈りと変換、接続(言語ではこう表現するしかないのです)。

この夏至から7月、8月と3ヶ月にわたる、始まり。

私たちはこの大調和の、母なる大地、大いなる海、大いなる懐の森の中で生かされていて、祖母なる月、父なる太陽、北極星にも見守られていて。
 

対して自分自身。にんげんだもの(相田みつを)、ちっこいよなぁ。人間社会も、ちっこいよなぁ。

そんなちっこい人間の頭でわかることなんて、ホンマに微々たるもの。

世界はでっかい。

まだ意味が読みとききれていないので、こうとしか書けず。

分かっているのはただただ足が震えたなぁ。

今はこれから3ヶ月にわたる期間に、気が引き締まる思い、それしかわかりません。


 

素朴な感想は

全てが繋がっているよなぁ。

全てが完全よなぁ。

すべてのものの奥には銀河がある。

あなたにも、そして私にも。

とても美しい。

なのに、どうしてだかすぐに忘れてしまう。

だから、私は定期的に森へ行って、星を見るのだわね。
   

星に問う
国もなくお金も要らず
分け与え
満ち足りて皆が全てが輝いてる世界
その実現のため何が誰が必要か
そして、リアルにありありと描く
 
側に皆さんを感じていましたよ。
物理的に離れていても、例え山の中で一人きりであろうと、私たちは繋がっていますね。
ありがとうございます。

地球の日本という場所では明日は夏至である。
ちょっとした宇宙ショーが見られるらしい。太陽と月が重なり太陽のリングが見れると地球人が騒いでいるが、日本という場所で観測できるのであろうか。今回は太陽の磁場もこのところずっと4極化しているのと合まって、すでにクラクラしている。

地球人の思いのパワーは近年なんと力強くエネルギッシュなのであろう。同じ現象を前に一斉に似た思いを発しているから、らしい。
母星からの連絡によると宇宙にまで響き渡っているそうだ。
明日はその瞬間を詳細に観測するため、本日は地球用宇宙船メンテナンスを。とある場所に不時着中。


スイッチと動力源の北極星を確認していたら、他の星系からの地球探査調査員に遭遇した。
わずかに動力源がずれていた。134度31秒。むむむ。135度でなくては、地球用宇宙船は案配が悪い。動力源の照準が狂ってしまうのだ。


が、なんとか二人で北極星を原始的な方法で探しあて元に照準を合わせ直す。
彼は大分前に地球に来たらしくかなり地球に馴染んでいて、誤差を直すのも得意なようで、助かった。


明日は日の出から調査を始めることにする。
以上
地球探査調査員のりこ