サイレントルーツの実

サイレントルーツの実

先住民文化と歩く毎日のつれづれ。
食・子育て・自然農・鉱物や菌類。癒し。語りべ。
民族楽器とともに語る昔話への道・先住民の方々との日々。
淡路島移住生活・母子疎開支援


テーマ:

須磨寺。10月8日のこと。
夜音。音楽法要祭。
音による鎮魂と平和への祈り。

10月8日の朝、FB開いたらこのイベントがバーンと出てきたのでした。...
で、なぜかそそられて。
(須磨寺がどこにあるかも知らなかった私。ググって行ってきたのでした)
 
神紗(元ブルーハーツドラマーの梶原徹也さん、和太鼓蓮風の友岡宣仁さん&村下正幸さん、踊り子ゆっこさん)の鳥肌たつような舞台。凄かった。
伝統楽器の須磨琴。
Kiss Fm Kobeの中野 耕史さんの源平合戦の朗読。
もちろん天台聲明社会奉仕會の皆さんの声明も花びらのようなものを時折撒きながら。

会場は最後は秋の虫の音と演奏と舞い、天台聲明兵庫社会奉仕會さん、観客も含めて全員祈りの般若心経の響きで。
ここは極楽浄土か、地上の天界か。
 
4年前から毎年この時期にしているそうです。
神戸に出てきてよかったわ。

 

https://youtu.be/GQ9VFFKdyl0

昨年のですが。47分あります。お時間のある方はどうぞ。


テーマ:

めっきり秋めいてきましたね。
先日思い立って六甲山に行ってきました。

東京時代からずっと行きたかったオルゴール博物館にやっと来れました。

それもこれが観たかったからで。
 
昔々若かりしき頃、私は影絵劇団員の団員で日本中廻っていまして。
これと同じようなシルエットマイムを親子劇場や小学校でやっていたのでした。
天職だと思った、その仕事はストーカーにあいノイローゼ状態になって退団。

これ踊ってる女の人、私です。いわゆる芸能人で女優でした。
いやー、今でも夢に見るんですよね、舞台の夢を。
 
でもま、ずっとやってたら今の私はないわけで。
ヒーリングの道に進むことも
チェロキー族の師匠に出会うことも、
自然食品店の店長をすることもなく、
看護婦さんの助手をすることも
ドラムのヒーリングも儀式を受け継ぐことも、
元夫と一緒になっていないので息子も産まれていないわけで。
占いと言う名のカウンセリング(今はライフカウンセリングと呼ぶ)はこの頃もどうやって知るのか来ちゃうからやってたのでこれだけは18歳から変わらずですね。
 
なかなかいい人生だなぁ。

 
オルゴール博物館のしゃれたカフェ

それでも、どうしてかなぁ、時々思うんですよね。
あのまま続けていたら今頃はどうしていたんだろうと。
世界公演もしている劇団だったので海外を飛び回っていたことでしょうが、それはそれで結構孤独なんですよね。
華やかな世界だけど一か所にとどまることはあんまりないので。

オルゴール博物館2階を出るとそこはモネの絵のような池





また演目の影絵で実家でよく聞いていたオルゴールの曲が流れていて。
幼い頃家にあって。
私は年子の長女で、ひとつしたの弟は違う保育園だったし、共働き教員の両親で慌ただしかったんでしょうね。
夕方、ふと一人きりになることがあって。
そんな時に何度も何度もネジを巻いてオルゴール聞いて。たいがい寝ちゃってたんですよね。
今日の影絵のなかでその時のオルゴールの曲が偶然使われていました。

オルゴールと影絵の組み合わせは、ハートにきますね~。

  
帰りは神戸を一望しつつ。
夜景がきれいだろうな、と思っていたら
神戸は新日本三大夜景(函館、長崎、神戸)の一つだそうで。

また来ようと思いました。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス