中学受験のプロが語る中学受験に役立つ話

中学受験のプロが語る中学受験に役立つ話

中学受験に必要な4科目を全てマスターし、偏差値25から偏差値80(サピックスを基準としています)を超える生徒を指導して来た経験をいかして、中学受験に役立つ話をしていきます!合格目指す親御さま必見です!
問い合せ先kouichirouikeda001@gmail.com

NEW !
テーマ:

私が「賢いな~」と思うのに成績が付随しない生徒の特長を1年前に書いているみたいなのでコピペしました。

 

テストで点数を出せない生徒の特徴は分からない問題で頑張る生徒です。

 
テストは分かる問題を丁寧に素早く解き、理解出来ていない問題を確かめ捨てる。
 
当たり前のことだと思っていましたが、これも職業病です。私が当たり前だと思うことも受験生にとっては当たり前ではない。
 
小学校の宿題ではないのですから、間違った方向にがんばったことには何の意味もない。ただ、頑張ったことには何の意味もない。
 
打って変わって、普段の学習は分からない問題を減らして、テストで出来る問題を増やす。
 
この辺の区別をしっかりつけましょう。
間違えた方向にがんばっている受験生は諭さなければなりません。
 
分からない問題は残念ながら、いくら頑張っても分からないです。知らないものを知っていろと言うのと同じです。

 

ブレていない自分がいるのですが、自分が成長していない気がしないでもない。

「中学への算数」を毎月解いてるし、おそらく書く側になると思います。

 

「中学への算数」を定期購読してるかどうか、算数の先生へ聞くのはありです。

「中学への算数」は御三家以外には必要ないという現実はありますが(笑)

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 


テーマ:

とある模試で、久々に重松清さんの文章が国語の文章題で出題されていました。

 

「ゼツメツ少年」

 

けっこう、壮絶なイジメが行われるシーンなので、小学生には相応しくないような気もしました・・・・

(死んだお母さんをイジルという1番やってはいけないことをしています)

 

ここで、いじめられている少年とお父さんの会話を一部抜粋します。

 

父「不登校になった生徒や子どもは、よく先生や親から言われるんだよ、『なんでも話なさい』って。でも、それはちょっと違うんじゃないかなって思うんだ。違うっていうか、足りないっていうか」

 

息子「何が足りないの?」

 

父「『いつでもいいから』の一言だ。

 

なんでも話なさい ― 。

いつでもいいから、なんでも話なさい ― 。

 

お父さんは二つの言葉をつづけて、「けっこう大きな違いなんだ」と言った。「しゃべりたくないときにしゃべらされるのって、キツいもんな、誰だって」

 

 

これも引用ですが、ヤヌシュ・コルチャックという人の言葉です。

子供を理解することは、

その大人自身がいかに自分を理解するかであり、

子供を愛するとは、

自分自身をいかに愛せるかということ。

人は誰しも大きな子供なのだから・・・・

 

私達、大人は子どものことを理解出来ると思っています。

なぜなら、子ども時代が必ずあったからです。

ですが、子どもは大人の経験がありません。

だから、親のことが理解できないこもしれません。

 

親子仲良く中学受験してください。

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

 


テーマ:

公式として円の面積は当然、

 

半径×半径×円周率で覚えていると思います。

 

円周は直径×円周率で、円周って何回測っても大体、3.14倍になってるんだよね~!で納得できます。

 

この問題は6年生なら2秒くらいで解いてほしい。

正方形の中の円の面積を求めよ。

 

半径が分からないから、面積出せません・・・・という生徒がいたら早急に対処が必要です。

半径×半径の意味は実は水色の部分の正方形の面積を求めさせているだけです。

 

水色の正方形の面積と円を比べたら、円の面積が大体3.14倍だってことなんです。

だから、半径はだせなくても、半径×半径=50㎠になるわけです。

50×3.14=157㎠

 

これは四谷偏差値50以上なら常識です。

半径が出せないから面積出せないという受験生は公式の意味を考えるクセを付ける必要があります。

 

小学生で証明不可能な公式は錐(先っぽがとがっているもの)の体積を出すときに3分の1をするやつだけです。

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

 

 


テーマ:

最近、私のブログでの考えを自分の考えのように語る方がいらっしゃいます・・・・・

 

大いに結構でございます!

 

自分で言うのもあれですが、中学受験生のためにはなります。

相似の問題の解き方とか、場合の数の解き方とか、いくらでもパクってください!

文化と文明の違いを大いに説明してあげてください。

 

そして拡散してください。

Twitterにいる偽物カテキョーとかに1番見て、受験生に損害がないようにしたい。

 

私は引用するときは、引用します。

 

今後も発信し続け、YouTubeですべて私の「テクニック」「問題へのアプローチ」を開示するつもりですが、考えてみると、私自身の需要はいらなくなるのですかね・・・・・生きていられないじゃないか・・・・・

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

 


テーマ:

四谷の組み分けでも、サピックスの志望校判定テストでも相似の問題は出題されています。

 

入試でも90%の学校は相似を出題します。

解けるようにするためには、以下の解き方手順を繰り返し、訓練すれば99.9%解けます。

 

相似のキーワードは平行と思って構いません。

平行の代わりに、台形、平行四辺形、長方形、ひし形、正方形が使われている可能性があります。

 

第一段階の相似の発見が1番難しいですが、設問と関係する辺の三角形を捜すと解きやすい。

 

99.9%で0.1%はどんな問題かというと、相似だと気づかない問題です。

相似だと気づかないから、そもそも相似で解こうという発想にならない。

たまに、灘で出題されます。

 

それ以外は必ず解ける。

相似が、苦手な方は相似の問題を解くとき、上のメモを座右に置くように!

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


テーマ:

私は、「文化」と「文明」は類義語ではなく、むしろ反対語としてとらえています。

なぜなら、中学受験では文化論、文明論は全く逆なものとしてとらえられるからです。

 

中学受験に関わらず、「文化と文明は同じだ!」という論説文を見たことがありません。

 

でも、四谷大塚のテキストは「文化」=「文明」と書いてあります。

 

これは、理由は1つです。

辞書で調べたときに「文化」の類義語として「文明」があるからではないかと思っています。

 

個人の意見は最も軽視しなければいけません。

たとえば、裁判官の発言は公的なものになり、それを信じてしまったら仕方ないか・・・・と国家は判断します。

弁護士とか大学教授の意見も鵜呑みにしてはダメです。

 

「文化」とは、

モノの見方・考え方

 

だから、正しいとか正しくないとかないよ。

カッコ悪いと思う人を今日からカッコイイと思うようになって。

無理なんです。

文化とは、そういう意味ではとても伝わりにくいものです。

 

「文明」とは、

技術

 

だから、便利、高度がある!

石の斧の代わりに、鉄の斧が持ち込まれれば、すぐにそっちに取り替えます。

チェーンソーが来ればそちらに取り替えます。

だから、文明とは、そういう意味ではとても伝わりやすいものです。

 

よって、むしろ対義語としたほうが良いかもしれないとも思っています。

少なくとも、文化=文明で教えるのは間違っていると思っています。

 

たしかに文化=文明として使われていると思われる文脈があります。

たとえば、文化的な生活です。

 

しかし、私に言わせれば、文化的な生活とは、その時代に見合った考え方やモノの見方によった最低限度の生活です(テレビがない。エアコンがない!など、車は、まぁ、地域による。子供の学資保険は時代に合ったモノの見方・考え方)。

 

本題、

過去問の国語の解答解説、算数の解答解説にはいくつも誤りがあります。

その誤りの解答を根拠に説明してくる講師などには気を付けましょう。

 

と言っても、それはプロにしかできないという現実。

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


テーマ:

場合の数のこの問題はあまりにも有名です。

スタートからゴールまで最短で何通りあるか?

 

一般的には縦、横に1111・・・・と書き込んで斜めに足していく問題です。

 

結果、下図の通り35通りになります。

 

プログラミングの発想かな?

プログラミングを必修化することのことだから、下図のように→↑のコマンドを入力していくという考え方はどうでしょうか?

最短が7のキョリなので7個のコマンドを入力する。

 

例えば以下のように入力すれば、

 

こんな具合になるということです。

 

とするならば、7つの置き場所に→を3つ選べば計算でだせる!ということです。

これを知っている人は少ない。

テクニックでも何でもない。

ウワサの思考力ですが、思い浮かぶわけがない。

知識は最強です。

 

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 


テーマ:

算数の話題のPVは非常に低いですが、これだけは伝えたい。

 

速さの3公式というものをマル覚えしてほしくない!

 

これを覚えて↓

長方形の面積が出せるなら、これを覚えてれば大丈夫!

単位をそろえるの意味は、時速には時間をかける!時速に分をかけてはダメというような意味です。

 

なぜ、これを覚えて欲しいかというと、訳の分からない解説が横行しているからです。

 

例えば問題!

A地点から、B地点まで太郎君は30分、次郎君は40分かかります。

太郎と次郎の速さの比は?

 

訳の分からない解説はこう言います。

かかった時間の比と、速さの比は逆比だから

( ゚Д゚)ハァ?ってなりません?

これを鵜吞みにできる子もどうかと思う。

 

本当はこういうことです。

水色で囲った面積図で解説しますと、↓こんなんが描けます。

 

キョリは同じなので、面積同じです。↓

面積同じにするには、有無を言わさず、縦に反対の数字を入れます。

約分します。

 

これが逆比なんです!

ちゃんと説明してもらってますか!?

 

 

最初は必ず間違えるあの定番問題行ってみましょう!

問題

120㎞の道のりを行きは時速60㎞で、帰りは時速40㎞でドライブします。

平均時速は?

 

最初はほとんど(60+40)÷2=時速50㎞・・・ハイ間違いです。

 

 

かかる時間の比は面積を同じにするため↓のようになる。

 

速さってもともとキョリ÷かかった時間の平均のことを言います。←重要。

 

平均とは、デコボコを平らにすることを言います。

青い斜線部分で凹を埋めるので以下のようになります。

お気づきでしょうか?実は距離は同じってこと以外全く関係ありません。

 

速さのつるかめ算なんてまさに面積図で解きますでしょ。

 

 

未だに↓こんなんで教えられていたら、ヤバいですよ。

何の応用も利きませんから。

 

YouTube製作押しています。

ごめんなさい。

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

意見を多角的に聞くため、新聞とラジオの時間が信じられないくらい多いと思います。

 

直接の授業以外、基本的に新聞とラジオ(ニュースを含むiPadです。ラジオはラジコです。)を聞いていない時間の方が少ないくらいです。

 

現在、中学受験でも多角化が始まり、帰国子女でなくとも英語で受験とか、プログラミング入試とか始まっています。

私は比較的、新聞とかネット記事とか読む関係で英語はまぁまぁなんでんすが、プログラミングはプロの方に比べると10000分の1くらいの技術です。もっと低いかもしれません。

 

プログラミングの基礎は出来ているので教えることもできると思いますが、プロのプログラミングの方とはレベルが違います。なぜかっていうと、仕事に使っていないことが1番大きいと思います。

 

本気のモノって仕事にしたらさらにブラッシュアップされます。

間違いありません。

経営も中途半端、指導も中途半端な個別指導塾が最悪です"(-""-)"

 

とにかく、情報化社会です。

 

これを基礎に算数、国語、理科、社会も考える転換期だと思います。

 

私が主張したいのはGoogle入試とかあってもいいと思います。

中高一貫校がGoogleと提携して、Googleが出した課題をGoogle使い放題で解く!

 

ダメですかね?

押してくれると中学受験に役立つブログにアクセスできます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村