Dear My Mother | 沖野修也 オフィシャルブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

お母さんへ

 

お別れがこんなに突然やって来るとは思いませんでした。

今年のお正月に1週間一緒に過ごした時に、食事とトイレの時以外はベッドから出たがらなかったから大丈夫なん?って訊いてたよね。

 

ところが、2/1の午後、ふと思い立って実家に帰った時に、別人のように元気なお母さんを見て驚きました。髪の毛を切り、化粧をして、友達から貰って一度も来てないジャケットをおろしたって嬉しそうに話してたもんね。料理もできなくなっていたのに、節分に巻き寿司を作ると言って張り切ってもいたね。だから寝たきりにならないようにと、嫌がってたデイサービスを何とか説得して今年から利用し始めて良かったのかなって思ってたんですよ。歩行訓練も始めて少し歩き方も良くなって来たし、お友達も出来て張り合いが出て来たようだったのに。

 

その日の夕方は妹のエミちゃんと旦那さんを食事に連れて行くと嬉しそうに話していましたね。いつもお世話になってるから恩返しに、なんてしおらしいこと言うので、珍しいなって感心してたんです。で、家に帰ってお風呂に入ってヒートショックで亡くなってしまうなんて・・・。翌日デイサービスがあるからお風呂に入らなくてもよかったのに。寒かったからかな?元気があったらかな?元々は毎日お風呂に入る人でしたもんね。

 

常々、ひっくり返ったり、寝てしまうと危ないからお風呂に入らなくていいよっていってたのに、最後まで僕の言うこと聞きませんでしたね。亡くなる前の日も一人で伊勢丹に行ってたのを、訪問介護の職員さんとの交換日記で知りました。2度座り込んで見知らぬ人に助けらたってのも書いてあったから、「一人で伊勢丹に行ったらあかんで」って注意したら、「あんたなんでそんなん知ってんの?」ってびっくりしてましたね。「なんでも話筒抜けやで」って言ったら、「あんたは何でもお見通しやなぁ」と嬉しそうに笑っていた時の顔が今も忘れられません。

 

口が悪かったけど、いつも冗談ばかり言っていたチャーミングな人でした。

 

僕が初めてDJのイベントに招待した時は「あんた台の上で何してたん?」って訊いて来たし、4年前に大阪のビルボードに招待した時は「あんたが歌手って知らんかったわ!」と本気かふざけてるのかわからない反応で皆を笑わせてました。小泉進次郎が結婚した時は「あんた滝川クリステルと会ったことあるなんて凄いな」と仕事で褒めたなんかことないのに、僕を絶賛してましたね。ちなみに、彼らはお母さんが大好きな皇室一族じゃないからね。あの二人は一般人だからね。その勘違いも含めて、全部ブログとかSNSに書いたから僕のファンの間ではおかあさんは結構な有名人だったんですよ。勝手に書いてごめんなさい。

 

でも、本当に仕事に理解がなくて長年「早く就職しなさい」って言われ続けました。世界中で活動してるって言っても、「アンタにそんなことできる訳ない」って疑ってましたもんね。22年も役員報酬払ってたのに、「あんたが社長って嘘やろ」と信じてもらえませんでしたけど、全部京都人特有のキツい冗談だったと思っています。

 

人を笑わせ、自分も笑うのが好きで、父が亡くなった後も沢山のお友達や親類と楽しく過ごせていたと思います。

 

繰り返すけど、最後の2日は力を振り絞って好きなことやったんですかね?伊勢丹に行って、帰って来てお友達に電話をかけまくり、亡くなる日は僕と買い物に行って、夜はエミちゃん達と美味しいもん食べれて良かったね。その後、カラオケに行きたがったって聞いたよ。みんなにお別れしなきゃいけないのもわかってたんかなぁ。

 

おばあちゃんの介護で苦労したこともあって、「子どもらには絶対迷惑かけない」って言ってたけど、本当にあっという間に亡くなってしまって、有言実行でしたね。親孝行ならぬ、子孝行ですね。絶対入るのいややって言い張ってた老人ホームにも入らなくてよくなったしね。あんたの言うことは聞かへんねんって口癖、最後まで貫き通したね。僕、やっぱりお母さんにはかなわなかったわ。

 

ほんまに言い合いばっかりして、腹立つことも少なくなかったけど、今、お母さんがいなくなって本当に寂しくなりました。ここ半年は目に見えて弱って来たから、心を鬼にして、優しくして来て良かったと思います。後悔はしてません。おかあさんも知ってる友達の大沢君の助言を受けて、一回だけ抱きしめてあげたことあったけど、珍しく嫌がらなかったね。手を繋いで歩いたら近所の人に頭おかしいって思われるから散歩も嫌がってたお母さんが、僕の感謝の気持ちを受け入れてくれてとても嬉しかったです。あ、そのこともSNSに書いたの言わなかったわ。ホンマにごめん。

 

いつも口うるさかったけれど、僕や弟のこと心配してくれてたんですよね。最後の言葉も「あんた気ぃつけて帰りや」でした。身体に、車の運転に気をつけます。もう気苦労することないよ。ゆっくりして下さいね。

 

もうすぐ、大好きだったお父さんに逢えますね。「この家にお父さんがいるから離れられない」って言ってたけど、「お父さんはこの家にいない」って僕が言ってた意味がもうすぐわかると思うよ。やっと「やっぱり修也の言ってたとおりやったわ」って言ってくれると思う。お父さんに会ったら、僕と弟が世界中にファンがいる音楽家になってんでって教えてあげて下さいね。くれぐれも、「ホンマかどうか知らんけど」なんていうキツい冗談は勘弁してください。

 

じゃあね。いつまでも忘れないからね。

気ぃつけて行っ来てや。

 

修也より