沖野修也オフィシャルブログ Powered by Ameba

沖野修也オフィシャルブログ Powered by Ameba

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

3月に発売する

Kyoto Jazz Massiveの

新しいEPの為の録音が

今朝、

全て終了した。

 

 

まだ、

編集作業に

ミックス・ダウンと

マスタリングが

残っているけれど、

素材が一先ず

出揃ったので

9月から

断続的に行って来た

レコーディングは

ひと段落。

 

1stアルバムから

2ndアルバムまで

19年かかった事を考えると

2ndからこのEPまで

たった3年!

というのは

Kyoto Jazz Massiveとしては

頑張ったと

言えるのではないだろうか?

 

今回のEPは、

Kyoto Jazz Massiveの

30周年を記念してリリースするのだが、

現在、

ヨーロッパで

僕のサポートをしてくれている

Echoes Of A New Dawn Orchestraとの

コラボレーションになっている。

 

一昨年位から

3rdアルバム用の曲を書き始め、

コツコツとデモを増やしつつある中で、

過去に日本だけで出した曲と

お蔵入りしていた曲に加え、

Echoes Of A New Dawn Orchestraを

イメージした二曲を

新たに書き下ろし、

4曲の新録がもうすぐ完成する。

 

一曲は、

昨年のWe Out Hereフェスティバルで

メロディーを思い付き

(確か、Gallianoの復活ライブを観た後に)、

シンセサイザーのテーマを

帰りの

空港の手荷物検査の

待ち時間に

閃き、

ベース・ラインや

キーボードのパターン、

曲に変化を付けるブリッジは

エジンバラで考案した。

 

バンドのレコーディングは

パリで、

歌の録音はロンドンで行った。

 

実は!

1月27日から

2月2日まで

二都市の滞在を計画していたものの、

良からぬ予感で

出発の二日前に断念。

 

フライトも

宿も

理想の値段で見つけていたにも関わらず、

そんな上手い話がある訳ない!

好機に不安を感じて(笑)、

見送りを決めたのだ。

 

結果、

予感的中というか

虫のしらさ知らせというか、

パリもロンドンも

追加日が増えて行き、

もし渡欧していたら

10日以上の延泊が必要となっていた。

 

リモートに切り替えて

正解!

 

この曲、

タイトルは"Power"で、

権威や金の力ではなく

市民が持っている

潜在的/無自覚なパワーに

想いを馳せて書いた。

 

Vanessa Freemanに

歌詞は依頼したので

リリースされる際には

またその内容を

ブログにアップしたいと思う。

 

もう1曲は、

"Impulsive Procession(衝動的な行進)"。

 

僕ならではの

理屈っぽいタイトル(苦笑)。

Kyoto Jazz Massive版の

アフロ・ビートだ。

 

Echoes Of A New Dawn Orchestraには

アフリカをルーツに持つメンバーが2名

(共にボーカリスト)いるので、

彼らが歌っている姿を思い描いて

曲をエジンバラで書いた。

 

こちらは

パリでレコーディングに立ち会った。

 

Fela KutiとRoy Ayersのコラボを

下敷きにしつつ、

そこに、

SantanaやEW&F、

Herbie Hancockに

Donald Byrdの影響を取り入れ、

更には

Carl CraigやPhil Asherの

アフロ解釈も参考にしている。

 

半年に及ぶレコーディング期間中、

僕は"更新するプレッシャー"と

ずっと闘って来た。

 

まだ完成はしていないけれど、

山頂が視界に入り、

少し安堵している。

 

何を更新するのか?

 

自分なりに

常にフロアーに

ヒットを供給するという使命感があり、

ヒット曲の更新が毎回、

プレッシャーになっている。

 

勿論、

僕が指すヒットとは

ヒット・チャートを賑やかす曲ではない。

 

同業者や尊敬するDJがかけてくれたり、

自分がかける度に好反応が帰ってるく

私的なヒット曲だ。

 

Kyoto Jazz Massive

(Shuya Okino、Kyoto Jazz Sextetを含む)の

30年を振り返ると

常に新たなヒットを産み出す至難の業に、

我ながら毎度挑戦して来たなぁと

感慨深いものがある。

 

Nacel Do Sol(シングル・カット)

Eclipse(シングル・カット)

Substream(シングル・カット)

The Brightness Of These Days-Quantic Remix(シングル・カット)

Mind Expansions-Blaze Remix (シングル・カット)

The View From Her Room(カバー/シングル・カット)

Shine(シングル・カット)

Thank You(シングル・カット)

Still In Love(カバー/シングル・カット)

Still In Love-Kyodai Remix(シングル・カット)

Sun Will Rise-Replayed By ROOT SOUL

Mission

Extra Freedom

Mission-Jaxx Madicine Remix(シングル・カット)

Rosing-RonTrent Remix(シングル・カット)

Get Up- Kaidi Tatham Remix (シングル・カット)

This Feeling-Da Lata Remix(シングル・カット)

Transcend Me(カバー/シングル・カット)

Get It Together(シングル・カット)

 

(この中で、世の中的なヒットと言えるのは

100万回再生を達しているSubstreamと

Still In LoveとExtra Freedomだけかもしれないw)

 

果たして

Kyoto Jazz Massiveの新しいEPから

新しいヒットは生まれるのだろうか?

 

3月中のリリースを目指してる。

2/22の僕のバースデー・パーティーで

お披露目する予定だ。

 

 

2024-02-22 THU 

SHUYA OKINO 沖野修也 Birthday Party & Echoes Of A New Dawn Orchestra / Kyoto Jazz Massive 7inch Release Party!! @theroom_shibuya 

OPEN 20:00 (ALLNIGHTLONG) 

ENTRANCE FEE 2000yen 

 

[DJ] SHUYA OKINO (KYOTO JAZZ MASSIVE/KYOTO JAZZ SEXTET) 

DAISUKE KURODA (kickin) 

DJ KAWASAKI (KAWASAKI RECORDS) 

SHACHO (SOIL&"PIMP"SESSIONS) 

YUSUKE YOSHINAGA 

Natsu Summer 

YOTA KAKUDA (Yota Kakuda Design) 

Ujike 

Satoshi Miya (Jazzy Sport/BROKEN SPORT) 

@shuyakyotojazz 

@kickin45 

@djkawasaki 

@shachosoilpimp 

@yusuke_yoshinaga 

@natsu_summer88 

@yotakakuda 

@ujike 

@satoshi_miya_

 

 

 

 

23時にThe Roomが終わりだったので、

常連さんとお茶しに行った。

で、

酔った勢いでこんな事を言われた。

 

①音楽が一番なのは判ってるけど、

好きなDJの服がダサいと結構落ちる。

狙ってカジュアルなのはまだしも、

素でそれやられると金返せと思う。

 

②奥さんと一緒に写った写真を

SNSに何でアップすんの?

人気商売なんだからさ、

仲良くていいんだけど、

テンション下がるじゃん。

飲み屋行ってホステスの横に

旦那がいたら興醒めするだろ?

 

③飼ってるペットの写真は

可愛いくていいけど、

一緒に写らなくていいじゃん。

仏みたいな穏やかな表情とか見たくないし。

イメージと違うし。

 

場所は桜丘のジョナサン。

韓国製の白いブルゾン、

一応お洒落してるつもりなんだよなーとか、

カミさんとの写真ほとんどあげてないし、

あげるとしても

一応コンセプチュアルなヤツなんだけどなーとか、

犬の写真!

確かにあれはまずかったなーとか

心の中でブツブツ言うも、

スケバンに詰められる中学生状態で

何も言い返せない。

 

挙句の果てに!

煙草の煙を

思いっきり顔に吹きかけられた...

 

ゴホッゴホッ‼︎

咳で目が覚めた。

 

午前1時半。

選曲中に

ちょっと一休みと思って

うたた寝しちゃったみたいで。

それにしても

怖い夢だったなぁww

今から、

もう一仕事します。

 

2018/12/26

あれは4年前の

京都市長選投票日の

前日の事。

 

僕は、

母と買い物に行く為に

実家に向かった。

 

そして

驚いた。

 

その年の

正月には

寝たきりで

散歩にも行けなかった

母が

ピンピンしていたのだ。

 

今まで

一度も着たことのなかった

服に袖を通し、

化粧をして

十歳は若く見えた。

 

前日に髪を切り

大好きな伊勢丹に行って来たようだ

(訪問介護士との連絡帳で発覚)。

 

「お母さん、どしたん?」

 

僕は

呆気に取られて

まさに

顎を落とさないように

そう訊いた。

 

「いつまでも寝てたら

あかんやろ」

 

80歳の母が

少女のような笑顔を見せた。

 

訪問介護と

デイサービスを活用し、

週に2回は

実家を訪れていたが

土曜だけ一人になっていたので

たまたま

週末に京都にいた僕は

急に母の顔を見たくなり

彼女を買い物に誘ったのだ。

 

古着も

古本も

中古レコードも

中古自動車も

誰が触っていたかわからないと

汚いと嫌っていた母が

唯一

「私、この車は好きや」

気に入っていた

黒の993で

母としばしのドライヴ。

 

「こんな車で

私みたいなおばちゃんと

外出してええんか?」

 

嬉しそうに笑っていたな。

 

実家に母を送り届けると

僕は母に別れを告げた。

 

「高校の先輩が

市長選に立候補して

今から応援に行くねん。

明日投票日で

今日

最後の演説を聴きに」

 

と。

 

長年、

毒舌と否定で

僕を散々苦しめた(笑)

母が

満面の笑みを浮かべ

 

「今日はありがとうな。

気いつけて帰りや」

 

僕に手を振ってくれた。

 

その夜、

僕は

三条河原町で行われた

福山和人候補の

最後の演説を

聴き入った。

 

もの凄い人だかりで

僕は

彼の勝利を確信していた。

 

今までの市長選の演説で

こんなに人が集まったのを

見た事がなかったからだ。

 

しかも

すごい熱気!

先輩の口調だけではない。

集まった人々の賛同の声が

寒い京都の夜に

響き渡っていた。

 

20時を回り、

選対本部に

僕も駆けつけた。

先輩の挨拶を聴いて

関係者の皆さんに労いの言葉をかけ、

選対のメンバーの

広海ロクローさんと

守田敏也さんと

食事に行った。

 

恐らく

その時間に

母はこの世を去った。

 

翌朝、

訪問介護の方に

母は

遺体で発見された。

 

死因は

ヒート・ショック。

 

彼女は

自分の死期を悟っていたのだろうか?

僕が

急に彼女に会いたくなったのは

虫の知らせ??

 

同じ日の

夜には

先輩の落選のニュースが流れた。

 

僕は

泣いた。

 

声を出して

泣いた。

 

あれから

4年。

 

早っ!

 

明日は

京都市長選の

投票日だ。

 

先輩が

忘れ物を取りに・・・と

再挑戦されている。

 

あれから

4年、

僕は

進歩?

成長?

したのだろうか?

 

少しは

人の話を

聞けるようになったかもしれないな。

 

Kyoto Jazz Massiveの

2ndアルバムをリリースし

ヨーロッパでのライブ活動を再始動。

いくつものフェスに出演しているし、

ロンドン公演は

3年連続でソールド・アウトだ。

 

厳密な命日は

2月1日だけれど

第一日曜だったから

4年前の明日に

母を失った感覚がある。

京都市長選の朝に

彼女の死を

知ったから。

 

ヨーロッパのレコーディングを

リモートに切り替え

日本にいるものの、

月曜のミーティングは

予め別日にリスケしてあったから

墓参りに行くかな。

 

僕の近況と

先輩の選挙の結果を知らせに・・・。

 

(写真は昭和40年に叔母が別府から母宛てに出した絵葉書)

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

昨夜、

広島のEIGHT Supperclub、

8 Times New Year Specialに

お越しいただいた皆さん、

ありがとうございました!

 

久々の広島、

音楽好き、

お洒落な方、

大人のお客様に集まって頂いて

本当にいいパーティーになりました。

 

最高でしたね。

 

日本であの雰囲気、

今となっては

かなり貴重なんじゃないかな

と思いました。

 

大ネタ、

スーパーレア盤、

KJMの新曲も投入し、

沖野兄弟の

20年ぶり?の広島での共演、

お楽しみ頂けたのではないでしょうか。

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

所謂ナイトクラブではない場所で、

日曜19時からの開催。

女性と大人が集まったのは

会場の雰囲気による所も大きかったと思います。

 

#広島

#EIGHTSupperclub

広島市中区新天地1-9 新天地レジャービル 6F

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

何故こんなにかしこまっていたのでしょうか???

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

バースデー?ケーキも!

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

今回のパーティーの後見人?貢献人?

マナブさん、ありがとうございました!

ポーズがコマネチっぽいですねw

 

Photo by あぶかわあぶこ

 

打ち上げは、ナイトクラブ、Edgeへ。

懐かしい顔が結集しました。

#kobako

#コバコ

#広島

#hiroshima

 

 

一夜明けてランチは、お好み焼き山辰へ。ごちそうさまでした!

#広島

#hiroshima

 

いやー、

本当に楽しい2日間でした。

 

2年に一度と言わず、

年一位で呼んで下さい(笑)。

実現してくれた

BaLune (Maeda & Kajikawa)の二人、

サポートの

Nomata君、

SLEEPYEYE (SuSu & Daiji)のお二人、

写真を撮ってくれた、

あぶかわあぶこさん、

何から何までお世話になった

ハラダマナブさん、

そして、

協賛して頂いた

株式会社IW様

SPACE COMFORT様

株式会社 CANOW様

RAMPAGE様

に感謝。

 

またやりましょう!

 

 

 

僕:悪党って勤勉なんだよなぁ。

  研究熱心だし。

妻:それ、同意出来ないわ。

  前にも善人は怠惰過ぎるとか言ってなかった?

僕:う、うん。

妻:本当に彼らが勤勉で研究熱心だと思ってるの?

  親が金持ちで、

  人脈があるだけじゃないの?

  ロビイングには長けてるかもしれないけれど。

僕:そうだね。確かにアイツらは金持ってるけれど、

  市民は人数が多いんだし

  少額でも集めれば大きな額になるから

  対抗出来ると思うんだよ。

  だからもっと智識を身につけて、

  投票に行かないと太刀打ち出来ないと思う。

妻:一般の人は、生活や子供のことで

  頭がいっぱいなんじゃないかしら?

僕:でも、通勤電車の中で本読むとか、

  テレビを観る時間を減らして

  社会の事について考えるとかした方がいいんじゃないの?

妻:飲みに行って憂さ晴らししてないでね。

僕:悪い現実から逃避せず、

  現実をより良い方向に変える方法を考えないと・・・。

妻:状況を良くする為に時間を使わないとね。

 

外は、快晴で、

穏やかな風が木々を揺らしている。

絶好のビーチ日和だったけど、

僕たちは火曜日を休暇にしているので

水辺に行く事を諦めた。

 

早朝に散歩に連れて行けとせがんでいた愛犬が

今は自分のベッドで熟睡している。

時刻は午前11時半。

 

いつもは聴こえる鳥達の声が

今日は聴こえない。

風が速度を増し、

木の葉が騒めく音が

部屋の中にまで届いて来る。

 

僕は、

湖畔の、

波打際にいる錯覚に陥っていた。

 

2020年6月7日