沖野修也 オフィシャルブログ

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

沖野修也 オフィシャルブログ

テーマ:

 

セルフ・ライナーノーツ的な楽曲解説の最終回。

アルバムの最後の曲、「Extra Freedom」について書きたいと思います。

 

この曲のタイトルは、僕の会社名です。

 

自分の会社の名前を、曲のつけるアーティストってそんなにいないと思います。

 

社歌!?

 

なんて冷やかされたりもしてますがw、このExtra Freedomは、社名である以前に、僕の座右の名というか行動の指針なんですよね。更に大きな自由、本当の意味での自由を追求したい、探求したいという想いがあるんです。

 

自由は状態のことだと思われがちですが(勿論、身体的自由、発言の自由、思想の自由はとても大切です)、しかし、そうした自由が確保されているにも関わらず、「そんなのは無理だ」とか「やっても意味がない」と考え、発想=自らの可能性に蓋をしてしまう人が世の中には多いと思うんです(僕の勘違いならいいのですが)。いや、僕自身が、そうしたネガティヴで弱気な気持ちに負けてはいけない、自ら自分を囚われの身に追い込むようなことはあってはならないと考ている訳です。つまり、人間らしく生きる権利としての自由に加えて、可能性=更なる自由に僕は賭けてみたいんです。

 

例えば、楽器も弾けない、譜面も読めない人間が曲を書くなんてことができるのか?DJがミュージシャンと一緒にバンドを組んでいいのか?50歳のおじさんにとって、若者にも聴いてもらえる現代的なジャズの表現が可能なのか?等色んなハードルがありました。

 

でも僕は、それらを乗り越えてKYOTO JAZZ SEXTETを結成し、『UNITY』を作りました。やりたいことをやる。これもまた僕にとっては、"自由"そのものなんですよね。

 

ちなみに、この曲、コード進行がPharoah Sandersの「You've Got To Have Freedom」に似ているという指摘もあります。実際に栗原健もちょろっとそのフレーズ吹いてますしね。でも、意識した訳じゃないんです。僕が思いついた2つのホーンのフレーズの後半に、デモ制作の際にマニピュレーターの池田憲一が、「You've Got To Have Freedom」のコードを付けたんです。勿論、Pharoahさんには多大なる影響を受けています。しかも、「You've Got To Have Freedom」は僕がこの世で一番好きな踊れるジャズですし、DJで一体何回かけたか判りません。

 

でも、この曲は単なるスピリチュアル・ジャズではないのです。

2つあるホーンのフレーズの前半に付いているコードは、むしろ「さくらさくら」をモチーフにしているんです。つまり、アルバムのコンセプトでもある"スピリチュアル・ジャズと和ジャズに両翼を拡げるイメージ"を実現する為に日本の伝統的な音楽のエッセンスを敢えて注入したのです。

 

それだけではありません。ジャズをサンプリングしたヒップ・ホップに触発されているんですよ。それはBeatnutsの「Props Over Here」。Donald Byrd&Booker Littleの「Wee Tina」をサンプリングしたヒップ・ホップ界の伝説的名曲は、僕が20代の頃のフェイヴァリット。ジャズをサンプリングしたヒップ・ホップを下敷きにし、そこに和の要素とスピリチュアル・ジャズを重ね合わせることでジャズの現代化を目指したのです。

 

これは、1stアルバム、『MISSION』に収録されたHank Mobleyのカバー、「Up A Step」の発展系でもあります。単なるヒップ・ホップ・ビートの導入というよりも、そのサンプリング・ソースでもあったジャズが、今、どうあるべきなのか?という問いに対する自分なりの答えでもあるのです。

 

かくして、アルバムの最後を前作の延長線上にある曲を配し、更に進化した姿を提示することになったのです。

 

確かに、「Extra Freedom」は、社名の付いた妙な曲でもあります。そして、Pharoah Sandersへのアンサー・ソングでもあります。しかし、同時に、前作から引き継がれる新主流派の現代化とジャズの更なる発展を試みようとした曲でもあるです。その全ての融合が、"Extraな自由"なのです。

 

これで全曲解説は終了です。録音された演奏を楽しんで頂くのが筋とは思いつつも、僕の想いや、その曲の背景を知って頂くことで、それぞれの曲への興味や愛着が少しでも深まればと願っています。50歳で初めて挑んだ"ジャズの作曲"。皆さんにその意気込みが伝わりますように・・・。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

1967年。

僕が生まれた年にコルトレーンは亡くなった。

 

そのコルトレーンの後継者、

ファラオ・サンダースは、僕がプロデュースした日本のバンド、SLEEP WLKERと共演した。

 

そして、ファラオと共に来日していた、コルトレーンの息子、ラヴィ・コルトレーンがThe Roomに遊びに来て、SLEEP WALKERとセッションしたことがあった。

 

今、僕はファラオ・サンダースの息子、トモキ・サンダースをKYOTO JAZZ SEXTETのゲストとして迎え入れている。

 

コルトレーンのDNAは継承されているのだ。

 

アルバム『UNITY』の収録曲の中でその影響が色濃く反映されているのは「Rising」か。

 

最もデビュー・アルバム『MISSION』の世界に近いのはこの曲かもしれない。

レコーディングでは、メンバーがのびのびと演奏していた。

やはり、ジャズメンには4ビートが似合う。

 

スリリングな演奏ができるヤツに限るけれど。

 

DJプレイに組み込むなら、

ホレス・シルバーの「Cape Varden Blues」と

コルトレーンの「Impressions」の間に挟むのも悪くないと思う。

 

僕は常に

尊敬するレジェンド達の曲の間にかけられる曲を

書くことに挑戦しているのだ。

 

50歳になった今も。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

KYOTO JAZZ SEXTET(以下KJS))のニューアルバム、『UNITY』に収録されている「Children Of Peace」は、僕が生まれて初めて書いたバラード曲です。

 

「KJSはノリノリの曲が多過ぎて疲れる!」と常々メンバーから言われておりましたので(汗)、ここは一つ一念発起して、心休まる曲を書いてみたいなと思ったんです。

 

具体的に何かの曲をモデルにした訳ではないんですよ。でも、出来上がってみたら、Wayne Shorterの「Teru」なんかと一緒にかけられるんじゃないかなと。厚かましい話しですが。

 

厚かましいついでに、もう一つ。Kamasi Washingtonもアルバムでバラードやってましたよね?

 

Wayne ShorterとKamasiに挟んでかけてもいいかなと。

 

そのKamasiのバラード、最初聴いた時、カバーって判らなかったんです。いい曲だなぁ、凄いなぁとしか思わなかったんです。

 

でも、待てよ。何か聴いたことあるぞ、何だろう???

で、タイトルを見てみたら!ド、ドビュッシーの「月の光」!!!???

 

 

スピリチュアル・ジャズでクラシックのカバーとは!

そのアイデアも素晴らしいし、選曲もいいですよね。

 

そう言えば、Hiatus KaiyoteのNai Permもインタビューした時に、「ドビュッシーの影響受けた」って言ってたなぁ。小学校の時以来聴いてないから、ちょっと探ってみようかな・・・。

 

言っときますけど、Kamasiの「月の光」に対抗してこの曲作った訳じゃないですからね。

 

強いて言うなら、「蛍の光」でしょうか。子供達が仲良く下校するイメージ。だから、「Children Of Peace」なのです!!

 

ちなみに、「蛍の光」って日本の曲じゃないってご存知ですよね?原曲はスコットランド民謡です。

 

妻がエジンバラ出身なんですが、「この曲スコットランド民謡っぽいね」と。

 

図星です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

KYOTO JAZZ SEXTETにとって初めての歌モノ2曲。その内のもう1曲が「Love Light」。

 

今回はこの曲を解説します。

 

「We Are One」同様、僕がメロディーを書いて、Navasha Dayaが歌詞を考てくれました。

 

「We Are One」がスローだったので、もう1曲は高速のダンス・ジャズ・ナンバーにしたかったんです。

 

Norman Connersの「Mother Of The Future」のような。

 

以下、歌詞を紹介し、和訳してみます。

 

Love Light

 

Love and peace it is the only way

Be positive, and don’t go astray

When you feel peace, it widens your view

When you feel love you know what to do

 

愛と平和それが唯一の方法

ポジティヴに

そして迷わないで

あなたが平和を感じる時あなたの心が広がる

あなたが愛を感じる時あなたはすべきことを知る

 

I surrender to the light inside

It’s so bright that I just can’t hide

No more worries, no more sorrow

I just let love light inside me grow

 

私は内なる光に従う

それは隠れることのできない明るさ

憂いも悲しみもなく

内なる愛の光が膨らむのに身を任せて

 

Look inside tell me what do you see

Do you see peace and harmony

I know where my purpose belongs

You can hear it in the words of this song

 

心の中に何が見えるか教えて

平和と調和があるでしょう

私は目的が何処にあるかを知っている

あなたはこの歌の言葉の中に聴き取れる筈

 

I surrender to the light inside

It’s so bright that I just can’t hide

No more worries, no more sorrow

I just let  love light inside me grow

 

私は内なる光に従う

それは隠れることのできない明るいさ

憂いも悲しみもなく

内なる愛の光が膨らむのに身を任せて

 

「We Are One」が社会派であったのに対し、

「Love Light」はより精神的な歌詞になっていますよね。

 

共に愛と平和がテーマなんですが。

 

そしてこの曲、

天倉正敬が叩き出すブレイク・ビーツに

小泉克人が弾く荒々しいベースが絡み付きます。

Navashaと栗原健と類家心平が重なり合って

テーマを構築。

そして、平戸祐介のソロが舞うのです。

 

皆の演奏は、

シリアスに

そして、同時にポジティヴに。

 

ライヴで絶対盛り上がると思うな。

 

PS

 

今日、たまたまFacebookで

アインシュタインが、
娘のリーゼルに宛てた手紙ってのを見かけたんですよね。

 

 

20年間、本人の意思により秘匿され、
20年後に公開されたものらしいです。

 

その中に

「愛は光だ。
それは愛を与え、かつ受け取る者を啓発する」

という一節があったんです。

 

Navasha、まさかこの手紙読んでないよね?

 

だとしたら凄いかも。

 

アインシュタイン曰く、

「愛と平和は、主義や考え方ではない。
 未だ発見されていない、科学的事実だ」

そうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今回、KYOTO JAZZ SEXTETとしては初の試みとなるボーカル曲を2曲収録しました。

 

ボーカルはNavasha Daya。

 

かつて僕のソロ・アルバム、『Unitede Legends』と『Destiny』に参加。通常プロジェクトごとにボーカリストを変える僕が、禁を破ってNavashaのスライド投入です。

 

理由は、「Thank You」や「Still In Love」でジャズとの相性の良さが実証されているNavashaをKJSで使わない手はないなと。

 

別ブログにも書きましたが、モンテネグロのレストランのトイレでメロディーを思い付きました。眺めがとても良かったんですよね。店が、高台にある城に続く道の途中にあったので、街を見下ろす感じで。遠くに海も見えました。

 

当初、頭の中にあったアレンジはD'Angeroの'Spanish Joint'みたいなリズムだったんですよ。池田憲一とデモを作り出した時はもっとラテン的なドラムでした。

 

しかし、作業を進めて行く内に、他の曲との関連性が薄いことに気付き、徐々に軌道修正して行きました。より生音のR&Bの方向にシフトし、コードもモード風に・・・。

 

歌詞はアルバムのコンセプトをNavashaに伝え書いてもらいました。'Song For Unity'がリード曲となる可能性が高かったので、世代や人種を超えた統一がアルバムのコンセプトになると。

 

以下、歌詞です。

 

We Are One

 

We must keep, love for one another

No matter what, shade, color or culture

You are my, sister and my brother

I know that, love is the answer

 

Humanity is one family, divided by many seas

No boundary or decree, can stop me from being free

 To love my sister and my brother from all the world’s countries

Gotta keep, love for one another

We Are One, and love is the answer

 

The world needs, more cooperation

Work together to better the situation 

To have world peace, and respect for all creation

Peace of mind and no agitation

 

To understand across the lands, the similarities

And I feel every child is my child, and I take this seriously

 

Let’s make them a better future, so they have what they need

Gotta keep, love for one another

We Are One, and love is the answer

 

We must keep, love for one another

No matter what, shade, color or culture

You are my, sister and my brother

I know that, love is the answer

 

Humanity is one family, divided by many seas

No boundary or decree, can stop me from being free

To love my sister and my brother from all the world’s countries

Gotta keeep, love for one another

 

To understand across the lands, the similarities

I feel every child is my child, and I take this seriously

Let’s make them a better future, so they have what they need

Gotta keep, love for one another

We Are One, and love is the answer

 

私たちはお互いに愛し合わなくてはいけないの

肌の色や文化が違っても

あなたは私のシスターでありブラザー

私は知っている

愛が答えだということを

 

いくつもの海に区切られても人類は一つの家族

国境も法令も私が世界中の国のシスターやブラザーを愛する自由を奪えない

お互いを愛することを止めないで

私たちは一つ

愛こそが答え

 

世界は協力を必要としている

世界を平和にする為に

状況を改善する為に

共に行動する

全ての想像を尊敬したい

煽動はいらない

心に平安を

 

より良い未来を作りましょう

子供達は必要なものを持っている

お互いを愛することを止めないで

私たちは一つ

愛こそが答え

 

まさに"Unity"な内容ですよね!

レコーディング中に発覚したんですが、

何とあのGil Scott Heronは、Navashaの従兄弟なんだとか!!

 

「シューヤに言ったことあったっけ?」

とNavashaに切り出されたんです。

 

っていうか、もっと早く言ってよ(笑)。

 

それから、この曲で歌詞と共に聴いて欲しい重要なポイントが二つ。

 

まずは、栗原健が書いてくれたサックスのメロディー。

レコーディング直前に

「この曲、僕と類家君吹かなくていいんですか?」

と尋ねられまして(苦笑)。

デモにはサックスもトランペットも入れてませんでしたからね。

ソロも栗原本人が。いい味出してます。

 

「何か書いて」と伝えたら、その場でいくつか候補を作ってくれたので、一番和風だったものを即採用。この東洋的なラインがいいですよね?僕達は日本人だから、自分達のアイデンティティーを曲にちゃんと入れたいなと。

 

そして、もう一つは、サビのベース・ライン!小泉克人が昔のジャズじゃ絶対にあり得ない(そして普通の人間は思いつかない)ベースを弾いてくれてます。これでないと困る!とダダをこねたんですが、ちゃんと希望を叶えてくれました。

 

こんな時代だからこそメッセージがあり、和的で、先鋭的。

We Are Oneは、

2017年のジャズになっている筈です。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース