沖野修也オフィシャルブログ Powered by Ameba

沖野修也オフィシャルブログ Powered by Ameba

Kyoto Jazz Massive 沖野修也 Official Blog

森山威男さんのレコードを初めて買ったのは

いつの事だっただろうか?

 

10代前半でYMOにハマリ

そこから高中正義や増尾好秋を経て

日野皓正や渡辺貞夫に辿り着き、

20歳の時に

UKの雑誌"i-D"のジャズ・ファンク特集で

川崎燎やタイガー大越が

ロンドンのダンス・フロアーでは

ダンス・ミュージックとして

再生されていることを知った。

そして、

30年前、

やはりロンドンで、

コレクターにしてディーラーの

John Cooperのお宅にお邪魔した際に

『NATURE』を勧められ、

板橋文夫の名前を意識するようになる。

 

あれは確か、

神戸の三宮の高架下の

中古レコード屋だったと記憶している。

その板橋さんが参加した森山威男さんの

アルバムに出会ったのだ。

 

国内外のジャズ・レジェンドに

運良く

数多く

お会いする機会を得た僕だったけれど、

森山さんにお会いすることはなかった。

 

2020年に

再出発の話が湧き上がったTCJFは

コロナで立ち消え、

2021年の明日、

7年ぶりに

実現することになる。

 

2020年の国内の状況から

前半の絶望的な状況を予測することは

難しくなかった。

 

しかし、

海外の音楽シーン復活の情報を参照し、

僕は、

2021の後半に開催を決意したのだ。

 

5末に代官山のUNITで

レコード会社の英断により

DJ KAWASAKIのリリース・パーティーを

敢行したことがその布石だったし、

何よりも

実行委員からの熱い要望と

文化庁からの助成金が決定したことが大きかった。

 

問題は、

これまでのように

海外ミュージシャン&DJを

招聘することがほぼ不可能だったこと。

 

故に

僕は、

国内アーティストで

海外のオーディエンスが羨むライン・アップを

組み立てることをコンセプトにしたのだった。

 

松浦君、

須永さん、

NORIさん、

MURO君、

JIN君

KOCOちゃん、

SARASAに

MITSU君に

野崎君に

雅也に

瀧見さんに

KASHIさんに

黒田さんに

ヨシヒロと・・・

DJ陣は、

海外に呼ばれる実力者が勢揃い。

 

このメンツだけの、

フェス、海外でやれるような・・・。

 

ライブ・アクトを誰にするかを考えた時に

アルバムからのシングル・カットが決まっていた

DJ KAWASAKIは

自然な流れで候補に挙がった。

 

ヘッド・ライナーを誰にするか?

そこが重要だった。

 

日本に来れないオーディエンス、

日本のアーティストを自国に呼べないプロモーターが

指を咥えるであろう

TCJF的にベストなチョイスは誰かを

考えに考え抜いた。

 

KJSの類家君が

森山さんとの共演を

SNSにアップしていたことを思い出した僕は

森山さんをフィーチャーした

KJSのライブしかない!

と確信に至ったのだ。

 

僕が選び出した森山さんの代表曲は以下。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、

森山さんとの1回目のリハーサルを行った。

 

エレベーターのドアが開いて現れた

森山さんは

僕の想像とは違って小柄で驚いた。

 

それでも黒の上下でボアつきの

バックスキンの

レザー・ジャンパーを着こなし、

その貫禄としぐさから漂う

大物感は半端ない。

 

日ハムの新庄に便乗し、

クラブ・シーンのビッグ・ボスなんて

嘯いている僕だけど・・・

森山さんは、

その風貌も存在も

日本ジャズ界の

リアル・ビッグ・ボスだ!!

 

 

リハーサルが始まるや否や

僕は、

その尋常ではないパワーに圧倒される。

あの小さな身体から

どうやってそのエネルギーが

大放出されるのだろうか?

 

音のシャワー?

いや、

音の滝!

しかも

大瀑布!!

 

シンバルに

バスドラに

スネアに

タムに

ハイハット。

 

鳴る音全てが明確で、

耳に、

ではなく

身体に響く大音量。

スタジオの

ドラム・ブースに

音の粒が充満する錯覚に陥った。

 

それを全身で浴びた僕は

さしずめ、

修行僧のような気持ちにもなる。

 

とにかく、

76歳とは思えない健在ぶり。

 

お話を伺えば、

コロナで演奏する機会がなくなり

何度も引退を考えたそうだ。

 

一度横になってしまうと

起き上がれない程

体力が落ちていたとも仰っていたのに

一念発起して

自宅スタジオにドラム・ブースを組み立て

トレーニングを開始されたらしい。

最初は全身に痛みを感じたそうだが、

叩き続ける内にその苦痛は消えて行ったと・・・。

 

そんな状態だったとは思えない位

迫力ある演奏に

僕は呆気に取られていた。

 

僕からのオファーが

森山さんの

ドラマーとしての本能を呼び起こす

きっかけの一つになったとしたら

身に余る光栄。

 

別記事でも書いたけれど、

若いドラマーが、

新しい時代のジャズの象徴のように語られる昨今。

レジェンドと

彼の過去の代表作を演奏して、

それはノスタルジックなのではないのか?

と思われる方がいるかもしれない。

 

しかし、

今回リハでお借りした

Studio Dedeのマジックと

KJSの面々の力量と

森山さんの溌剌とした生命力溢れる演奏が

一体となり、

ミラクルを起こす。

 

過去の音楽ではない。

完全に現在(いま)の音楽なのだ。

 

それは、

彼の代表曲の普遍性による所も小さくないが

やはり、

森山さんとメンバーが生み出す

グルーヴは、

それぞれの音楽体験のレイヤーを

ベースに紡ぎ出されているのだと思うし、

何よりも今を生きる人の

感情とコミュニケーションによって

我々のジャズは

成立しているからだ。

 

森山さんが、

エレベーターから出て来られて

最初に発せられた言葉は

「貴重な機会をありがとう」

だった。

 

そして、

「また演奏出来るとは思わなかった」

とも。

 

僕の方こそ

出演に感謝しているし、

まさか森山さんと一緒に

KJSが演奏出来るとは思わなかった。

 

2021年11月20日、

誰も想像しなかった事が起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよあと2日に迫った

TCJF2021。

 

国産ジャズのレジェンドであり

今回のヘッドライナー、

森山威男さんをフィーチャーし、

ご本人の代表曲を

演奏するのは

Kyoto Jazz Sextet。

 

 

本日、森山さんをお迎えした

リハの初日でした。

 

森山さんの出す音に

サウンド・チェックから度肝を抜かれましたが

(森山さんのことは別記事で書きます)、

KJSのメンバーにしか出来ないことが

改めて、いや、更に明確になりました。

 

今回、

和ジャズの名曲と呼ばれる楽曲を

ご本人をお迎えして演奏する本企画。

 

アレンジも原曲をほぼ踏襲しているのに、

原曲とは鳴りも、

ノリも全く違うのです!!

 

エンジニア、

Studio Dedeの吉川さんの

サウンド・メイクに秘密があることは

言うまでもありませんが、

やはり、

KJSの面々の資質が

森山さんの魅力を

最大限に拡張しているのだと思います。

 

和ジャズのリメイク?

ノスタルジックなのでは?

 

否!

 

ディープにして、スピリチャル。

洋の東西を超えた

現代的にして重厚なグルーヴは、

必ずや、

森山さんのファンだけでなく

新しいオーディエンスにも

刺さると思います。

 

ダンス・ミュージックを

理解したジャズ・ミュージシャンが、

踊れるだけでなく、

聴けるジャズを演奏するという

螺旋状態の思考+実行は、

何気にレアだと思うのです。

 

スタイルの真似は出来ても

スピリットの継承は

簡単ではないから。

 

人気クラブ・ジャズ・グループを脱退後、

よりジャズの深い部分へと潜行する

平戸祐介(P)。

荘厳にして、

随所にトリッキーなプレイを散りばめる演奏は

唯一無二。

 

数々のグループで活躍すると同時に、

ソロでの実験的アプローチにも取り組む

類家心平(Tp)。

その切れ味の鋭いプレイは

躍動的であるだけでなく、

孤高感に貫かれています。

 

こちらも引っ張りだこの人気奏者、

栗原健(Sax) 。

語りかけるかと思えば、

咆哮し、

エモーショナルな存在に

益々磨きがかかっていますね。

 

そして、

ファンクの"イデア"を武器にした

ジャズ界では稀有な存在、

小泉P克人(B)。

濃厚にして渦を巻くような運指は

KJSのトレード・マークになっている

と言っても過言ではないでしょう。

 

若いドラマーが

ジャズの進化の象徴として

捉えられる昨今ですが、

森山さんが、

"今日性"を獲得しているのは、

レジェンドの類いまれなるエネルギーと

森山さんを支えるメンバーの実力の

融合だと信じています。

 

KJSのメンバーは、

リチャード・スペイヴン、

ノラ・ジョーンズ、

菊地成孔といった

旬のアーティストだけでなく、

カーメン・ランディや

カルロス・ガーネットといった本物とも

共演して来ました。

 

時代と国境を超えた

ジャズのコミュニケーションを

実践して来た強者達。

 

TJCF2021年のステージで、

このメンバーでしか

出来ないことが満載の!

森山さんとのスペシャルな共演を

楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TCJF2021まであと3日となりました!

フロアー紹介の最終回は、

これまでのTCJFではなかったStarです。

 

場所は何処かと言いますと、

Boxの横、Waterを降りた所

(その外側にはParkというコーナーもあるんですが

今回そこにブースはなく焚き火を!)。

 

Barがあるので、実は人が貯まり易い場所なんですよね。

 

ここも豪華ライン・アップになっています。

 

オープニングは、

若手枠から

 

 

M.O.E(初)

 

 

BIB(初)

 

の二人。

新世代ですね〜。

 

音楽的には僕と凄く近いんですが、

年齢は離れてます(笑)。

 

The Room本店でも

The Room COFFEE & BARでも回してくれてます。

 

TCJFに来るのも初めてなんじゃないかな???

 

若手枠からは、

Taichi Isozaki(初)も。

 

 

The Room COFFEE & BARの立ち上げに協力してくれただけでなく、

月一レギュラーとしても回してます。

 

The Room本店では、DJ KAWASAKIとソイルの社長のパーティー、

Magneticのメンバーでもあります。

 

今回は、Water Barで、The Room COFFEE & BARの

Pop Upに立ち会いながら、Starで回すという離れ業を

(京都のPop  Upでも僕とB2Bやりながらコーヒー淹れてました!)。

 

 

Magneticからはこの人も!

 

 

discoSARA(初)さん。

 

全身ミラー・ボールの異名を取る彼女。

噂ではミラー・ボーラーが結集するとの事。

 

皆さん、ミラー・ボールな格好でいらっしゃるんでしょうか・・・。

一体どういう状態になるんだろうか?

 

興味津々です。

 

そして、

最近独立され、

フリーになって更なる飛躍が期待される

青野賢一さん(7年ぶり3度目)!

 

 

TCJFにおいては

音楽とファッションの架け橋となる重要な存在。

 

リスニングからダンサブルなものまで

オール・ラウンダーですが、

その状況や空間、オーディエンスのリアクションに

反応する能力の高さは優秀です。

果たしてStarでどんなプレイを構築されるのでしょうか?

 

更には、

まさかのN'Dea Davenport!!??(9年ぶり3度目)

 

 

え、日本にいるの?

そうなんです。

去年はアトランタにいたんですが、

今年は、東京にいらしたんです。

 

過去2回はボーカリストとしての出演だったのですが、

今回は何とDJでお願いしました!

 

実は彼女、元々はダンサーであり、

DJであり、レコード・コレクターだったそうです。

 

バアスキアやキース・ヘリングなんかとも遊んでたそうですから

クラブ・カルチャーの申し子。

 

歌は勿論のこと、DJもとても素敵です。

 

このStarのトリを務めるのは、

 

image

 

Kyoto Jazz SextetのTシャツを着ていますが、

Kyoto Jazz Massiveの沖野好洋(9年ぶり9度目)。

 

12月22日に19年ぶりのアルバムがリリースされますが、

その新作の中から大量投入予定だとか。

 

何でも、2時間をKJM新作セットと

過去のKJM関連作品セットにするとかしないとか?

 

KJMファンはStarに大集合でお願いします。

 

という訳で

全フロアーを紹介して来ましたが、

いかがでしょうか?

 

え、被り過ぎ?

 

そ、そうなんです・・・。

済みません。

 

TCJF恒例のてんこ盛り状態。

 

これでも

タイム・スケジュール、

第八案まで考えたんです!

 

結局、

第七案に戻ったんですが(苦笑)。

 

これでも、上手く回遊すれば

全アクト制覇できる!

かも?しれません・・・。

 

いや、お好きなDJに張り付いて頂くも良し、

ウロウロして

気に入った曲が流れて来たら

そこを覗いてみても良し。

 

座れるエリア

(メインッステージの反対側)

も解放しますので、

疲れたら休むも良し。

 

とにかく

自由に楽しんで下さい。

 

それでも!

やっぱり、

タイムテーブル見て

イメトレされた方がいいかも。

 

予習して

気分を高めて下さい!

 

Spotifyで

TCJF2021のプレイリストも作りました。

 

 

 

Radikoのタイムフリー機能で

The Room Radio、2度目のTCJF特番もお聴き頂けます。

 

僕は、

今から

Kyoto Jazz Sextetのリハに行って来ます。

 

 

 

 

 

 

7年ぶりに復活するTCJFまで

10日を切りました!

 

1月に閉店が決まっているので

ageHaでやるTCJFはこれが最後です。

 

今回紹介するのは

通称テントと呼ばれるBOXエリア。

 

過去、

主に

Deep House系の固めの音に

没頭するスペースとして

好評を博して来ました。

 

ReclooseとDegoが

ブッキングされた回は

超満員でBOXから離れなかった人達も。

 

TCJF2021も

若手から大御所まで

エッジなDJが揃っています。

 

まずはNo Nations.(初)

僕がLeo君と回したり、

弟がNoNations.にブッキングしてもらったりと

親と子程年が離れている彼らともシンクロしているので、

今回のTCJFに大抜擢!

Jazz〜Crossoverシーンの新世代の活躍を願っています。

 

そして、

The Roomでも何度か一緒に回している

この二人にも出てもらうことになりました。

 

Peter Sayn(Moody Collective)(初)

 

Peterと初めて会ったのはトルコのビーチのフェス。

その時、日本に移住すると聞いてたんですが、

まさかThe RoomでDJをするようになり、

TCJFでDJをすることになるとは!

センスもいいし、

ベイルート、イスタンブール、マドリッド、ロンドンに住んでいただけ

あって無国籍なグルーヴ感もいいです。

Atsu(B-LIB/楽)(初)

 

Atu君は、The Room Radioにも登場してもらった事があります。

Peterの紹介で知り合い、

Leo君は元々知っていたものの

No Nations.のメンバーに出会ったのは

Atu君ルートだったので、

僕の中では新世代との橋渡し役みたいな存在なんです。

 

若手と言えば

The Roomに新風を吹き込んだ彼らにもお願いしました!

 

 

CMYKとしては、初。

ENDONAOは10年ぶり2度目。

KIRIOKA君も初。

 

僕が長年続けて来た

The Roomのカウントダウンを譲ったのが

このCMYK。

 

音楽のクロスオーバー感覚。

DJや選曲の実験性という意味でも

とても期待している若者達です。

 

ここまでほぼ初出演というBOXですが、

何と!

トリの大御所も初登場!!

 

 

そう、あの瀧見憲司さんです。

 

The Roomの開店時のレギュラーDJであり、

DJ KAWASAKIをDJとして起用した恩人であり、

国内外で支持される大物中の大物。

 

今回、実行委員の満場一致で

BOXへの出演をお願いしました。

 

この並びを見て頂いても判るように

フレッシュにしてエッジなライン・アップ。

 

今年もBOXから離れない人が続出するかもしれません。

 

という訳で、

次回のフロアー紹介は

今までのTCJFにはなかった

STAR編です!

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

昨夜2時。

ベッドに潜り込んで、

寝る前に目覚ましをセットしようと

携帯に手を延ばす時に、

着信履歴に気付いた。

23時過ぎに3回も・・・?

 

東京の事務所が入っている

マンションのオーナーからの電話だ。

あれ、

家賃振り込むの忘れたかな?

まずは、そう考えた。

 

次に留守番電話のメッセージを聞いた。

 

入り口のドアが開いていますよ。

大丈夫ですか?

連絡を下さい

 

と。

 

え!

事務所のドアが開きっ放し?

 

大家さんは、

しょっちゅうマンションにいらっしゃるから

(大家さんの事務所も同じ階にあるのだ)、

通りがかりか、

帰りがけにそれを発見して、

驚いて携帯に電話をかけて来たのだろう。

 

泥棒が入ったのでは?

押し込み強盗に襲われたのでは?

思われたのかもしれない。

 

ただ、

深夜2時を回っていたので、

すぐには折り返さずに、

朝になったら連絡しようと決めた。

 

ひょっとしてレコードが盗まれたのでは?

ビンテージ・ブックは大丈夫だろうか?

サンローランのタキシードや

ディオールのコートは

買い直せないじゃないか?

という不安で頭がいっぱいになったものの、

部下にもメッセージを送り、

今はどのみち何も出来ないと

自分に言い聞かせ、

何とか眠りにつく事が出来た。

 

9時過ぎに目が覚め、

大家さんに連絡しようと携帯に手を伸ばした時に

逆に電話がかかって来た。

 

お早うございます。

伝言聞いて頂けましたか?

と。

 

僕はご心配させた事を詫びると

自分の無事を伝え、

取り敢えずドアを閉める事をお願いした。

 

しかし、大家さんは、意外な事を口にした。

 

いや、ドアが開いてた訳じゃないんです。

厳密に言うと、鍵がドアに挿さったままで、

開けられる状態になっているんです...

と。

 

は?

鍵が挿しっぱなし?

 

実は、

その後に須永辰緒さんにメッセージで、

今日のイベントに顔を出せない事を伝えた時に、

会話の流れでこの話になった。

来週の金曜日に、

須永さんの代打で松浦俊夫君と僕で

日本原盤オンリーの無料配信をやるのだが、

事務所に泥棒が入って、

和ジャスが全部盗まれてたら済みません!

と先に詫びておいたのだ。

 

またぁ、沖野君のウッカリじゃないの?

須永さん。

 

そうなんです。またやっちゃったみたいで...

僕。

 

ひとまず

鍵は大家さんに預かって頂いたようなので、

僕は

今日の夕方に出演するフェスの荷造りに

取りかかった。

充電器とイヤホンを

リュックのポケットに入れる。

 

あれ!

リュックのポケットに

事務所の鍵が入ってるやん...