事業承継・少数株主からの株式集約・自社株対策・信託・相続税専門東京都文京区の伊藤俊一税理士事務所のブログ

事業承継・少数株主からの株式集約・自社株対策・信託・相続税専門東京都文京区の伊藤俊一税理士事務所のブログ

東京都文京区の税理士伊藤俊一(いとうしゅんいち)です。平日9時から19時、03-3822-0010まで何時でもお気軽にご連絡下さい。土日祝日は事前ご予約があれば承ります。shun_ito○←@にかえてくださいnifty.comでもすぐにご連絡可能です。

税理士向けセミナー情報、DVD発売情報
http://www.tokyo-zeirishi-ito.com/seminar.html
業務提携はこちらから
http://www.tokyo-zeirishi-ito.com/cooperation.html
会計事務所様の顧問契約はこちらから
http://www.tokyo-zeirishi-ito.com/flow.html

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

I 不動産関連税制
QI-1 社長(オーナー)の自宅購入は、「個人購入」と「法人購入」どちらが有利?
QI-2 「居住用財産3,000万円控除の特例適用」と「住宅ローン控除適用」どちらが有利?
QI-3 土地売却時の取得費は、「概算取得費を用いる」と「市街地価格指数を用いる」どちらが有利?
QI-4 借地権について、「事後に無償返還届出書を提出」と「自然発生借地権を算定し等価交換」どちらが有利?
QI-5 不動産所有型法人スキーム策定において、「土地建物ともに売却」と「建物のみ売却」どちらが有利?
II 複数税目関係
QII-1 「役員報酬の増額」と「法人課税所得の増加」どちらが有利?
QII-2 社長(オーナー)からの貸付金、「生前に精算する」と「精算しない」どちらが有利?
QII-3 オーナーへの貸付金は、「解消する」と「解消しない」どちらが有利?
QII-4 退職金を、「現金で支給する」と「現物で支給する」どちらが有利?
III 資本戦略・組織再編成・M&A に係る税制
QIII-1 株主への資金還元方法として、「配当する」と「配当しない」どちらが有利?
補問A 完全支配関係(100%グループ内)の資産移転方法について、基本的な留意事項
補問B 保険積立金は譲渡損益調整資産か?また、適格現物分配できるか?
QIII-2 配当するなら、「資本剰余金を配当する」と「自己株式の取得(金庫株)にする」どちらが有利?
QIII-3 事業M&A における、「株式譲渡スキーム」と「事業譲渡スキーム」どちらが有利?
QIII-4 株式譲渡スキーム事業M&A において売主が個人・買手が法人の場合、「単純売却」と「売却前に種々の手法を重ねて使う」どちらが有利?
【実践例1 】株式譲渡スキームにおける個人株主、法人株主混在パターンの実例、違法配当の有効性
【実践例2 】医療法人M&A の実践事例/理事退職金の過大性の考え方
【実践例3 】同族法人間M&A において事業譲渡した場合の営業権の評価
【実践例4 】第三者M&A において欠損会社が事業譲渡する場合における営業権の評価
【実践例5 】得意先を含めた資産の譲渡の所得区分
【実践例6 】税理士事務所の事業承継 営業権譲渡に係る課税関係
補問C M&A 関連費用の取扱い
QIII-5 少数株主からの買取請求があった時、「そのまま応じる」と「非訟事件にする」どちらが有利?
QIII-6 不要不動産を切り分けたい場合、「不動産をそのまま売却する」と「不動産会社株式を売却する」どちらが有利?
QIII-7 会社の期限切れ欠損金がたまっている場合、「そのまま切り捨てる」と「何らかの収益付けをして欠損金を解消する」どちらが有利?
IV 個人資産税・法人資産税(相続税・贈与税・所得税)に係る税制
QIV-1 「養子縁組をする」と「しない」どちらが有利?
補問D 再転相続の有利・不利判定
QIV-2 各事業体の比較について、パス・スルー課税の諸論点と、業種に合った事業体選択の有利・不利
QIV-3 「生前贈与する」と「相続税を支払う」どちらが有利?
QIV-4 「オーナー個人財産の法人への流入」と「事業承継税制をそのまま適用」どちらが有利?「持株会社にする」と「本体会社そのままに適用する」どちらが有利?
補問E 事業承継税制(特例)適用時のクライアント要請別の有利・不利判定
QIV-5 贈与税の納税猶予において「相続時精算課税併用(平成29年度改正)」と「暦年課税」どちらが有利?
QIV-6 個人確定申告における、「純損失の繰越控除」と「繰戻還付」どちらが有利?
補問F 個人事業の事業廃止の意義とは
V 消費税・印紙税に係る税制
QV-1 消費税、「本則課税」と「簡易課税」どちらが有利?
QV-2 消費税、「一括比例配分方式採用」と「個別対応方式採用」どちらが有利?
QV-3 契約書の記載事項による有利・不利
【資料1 】誤りやすい事例集(資産課税編)
【資料2 】資産課税関係 誤りやすい事例(土地等譲渡所得関係)
【資料3 】質疑応答事例 土壌汚染地の評価
【資料4 】3000万円特別控除制度創設までの居住用財産を譲渡した場合の特例の経緯

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090371?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=41EJ7XABNBS19WPRFJF4

目次

I 事業承継税制(特例)
Q I-1 持株会社スキームの基本と比較検討
Q I―2 贈与税の納税猶予と併用する贈与
Q I-3 事業承継税制(特例)と持株会社スキームとの合算形式の検証
Q I-4 事業承継税制(特例)に係る事前説明責任について
Q I-5 要件別の細かな留意点:議決権判定、法基通9―2―32の平仄、事業事態要件の留意点等
Q I-6 代表権返上と法基通9―2―32との関係、「資本金、資本準備金を減少した場合」の意義
Q I―7 事業承継税制(特例)における代表者就任要件
Q I―8 議決権数判定の留意点
Q I―9 遺言書作成で特に留意すべき事項
Q I―10 相続させる遺言と「遺贈する」の使い分け:特定財産承継遺言と改正民法に関する留意点
Q I―11 遺留分侵害額請求との関係
Q I―12 民法特例活用時の実務上の留意事項・現場での所感
Q I―13 業績悪化事由による差額免除制度の実践的留意点:税務調査との関係・相続時精算課税との関係等
Q I―14 事業承継税制(特例)を利用したM&A譲渡価格減額要請リクエストの方法・実効性
Q I―15 認定申請の実例・現場の所感
Q I―16 特例承継会社が外国会社株式等を有する場合:納税猶予適用時の株価調整計算
Q I―17 特例承継会社が外国会社株式等を有する場合:切替確認VS相続税納税猶予スタートの有利・不利判定
Q I―18 「 非上場株式等についての贈与税・相続税の納税猶予及び免除の特例措置等に関する質疑応答事例について(情報)」
II 事業承継スキーム
Q II―1 資産管理会社組成上の留意点
Q II―2 事業承継ストックオプションによる株主間利益移転は可能か?
Q II―3 所有と経営が分離している場合の持株会社スキームの留意点
Q II―4 会計事務所自身の事業承継戦略
Q II―5 自己株式、定款の見直し等の基本的な考え方
Q II―6 種類株式と属人株の使用場面
Q II―7 事業承継における定款変更及び種類株式導入の有効性、実効力
Q II―8 持分会社スキームの基本的留意点
Q II―9 持分会社スキームの各種留意点
Q II―10 持分会社スキームのその他留意事項
Q II―11 配当還元方式+完全無議決権株式スキーム
Q II―12 改正相続法遺留分との絡み
Q II―13 同族法人への遺贈の基本的な課税関係
Q II―14 亡夫が主宰法人に同社株式及び貸付金を遺贈した場合に、株式の譲渡所得の金額の計算上同社の借入金は負債に計上できないとされた事例
Q II―15 従前の持株会社スキーム・株式交換・株式移転スキーム
Q II―16 従前の持株会社スキーム・会社分割スキーム
Q II―17 従前の持株会社スキーム・新設法人資金調達スキーム
Q II―18 持株会社組成にあたっての組成時の留意点
Q II―19 持株会社への資金融通
Q II―20 持株会社に対する相続税対策上の規制
Q II―21 持株会社方式に係る持株会社を存続させる場合・させない場合について返済方法の相違
Q II―22 資本剰余金と利益剰余金の同時配当における実務上の留意点(東高令和元年5 月29日判決)
Q II―23 持株会社と本体会社を合併させる場合の税務上の留意点
Q II―24 質疑応答事例:持株会社と事業会社が合併する場合の事業関連性の判定
Q II―25 後継者の資金負担軽減策
Q II―26 消費税、準ずる割合の実務上の留意点
Q II―27 消費税、特定新規設立法人外しスキームの実務上の留意点
Q II―28 特定新規設立法人と外国法人
Q II―29 MEBO スキームを選択した場合の留意点
Q II―30 MBO、EBO スキームについて留意点
Q II―31 MBO、EBO スキームについて直接買取方式
Q II―32 MBO、EBO スキームについて自己株式取得方式
Q II―33 MBO、EBO スキームについて持株会社方式(新設法人資金調達型スキーム)
Q II―34 MBO、EBO スキームについてその他実務上の留意点
Q II―35 適格現物分配を用いた資本戦略スキームの各種留意点
Q II―36 適格現物分配に見られる組織再編成における事業単位の考え方
Q II―37 適格現物分配における重要な質疑応答事例
Q II―38 残余財産分配以前の子会社株式評価損計上の可否
Q II―39 M&A 等株式現金化が終了した後の現金化資産を後継者に移転するスキーム・信託受益権複層化スキーム
Q II―40 受益権分離型スキーム、信託受益権の質的分割における具体的な裁判例
Q II―41 従業員持株会・役員持株会の留意点
Q II―42 比準要素数0、1会社解消方法と違法配当の関係
Q II―43 国外転出時課税に係るタックスプランニング(税率差額利用)と今後の動向
Q II―44 個人事業主に外国子会社合算(CFC)税制が適用された事例:レンタルオフィス事件との比較
Q II―45 外国子会社合算(CFC)税制の当局調査のポイント
Q II―46 キャプティブを利用した国外への資産移転の問題点
Q II―47 エンプティ・ボーティングに係る諸論点:議決権分離スキームの是非
Q II―48 株式譲渡に係るファミリールールスキーム:民事信託+(特定)一般社団法人
Q II―49 令和元年6月28日改正通達後の事業承継に係る保険商品の動向
III その他事業承継に係る総則6 項対策
Q III―1 総則6 項への目配せ
Q III―2 総則6 項発動の基本的な考え方
Q III―3 事業承継スキーム策定時にあたっての総則6 項への事前対応策
Q III―4 以前あった自社株対策スキームの指摘報道について
資料1 :一方の法人による完全支配関係のある法人間で行われる無対価合併の適格判定及び被合併法人が有する未処理欠損金額の引継制限について照会する場合の説明資料の記載例(記載例2 )
資料2 :東京地方裁判所平成28年(行ウ)第508号法人税更正処分等取消請求事件(棄却)(控訴)国側当事者・国(麹町税務署長)令和元年6 月27日判決【TPR 事件/特定資本関係5年超要件を満たす合併における法法132条の2 の適用】
資料3:「『租税特別措置法(株式等に係る譲渡所得等関係)の取扱いについて』等の一部改正について(法令解釈通達)」の趣旨説明(情報)

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090347/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_taft_p1_i5

目次

I 中小・零細企業の資本戦略
QI-1 兄弟間の株主が喧嘩した場合の資本構成変更スキーム
QI-2 税理士法人等、特殊な法人の資本戦略:中小・零細企業版アーンアウトの導入可能性
QI-3 関係会社間の債権放棄に係るみなし贈与
QI-4 債務超過DESの処理
QI-5 株式交換による子会社株式の原則的な処理
QI-6 同族関係者が介在するスクイーズアウトの基本的な課税関係
QI-7 債務超過会社に対する有利発行等における純然たる第三者概念:租税回避目的があるかの判定
QI-8 債務超過会社に対する有利発行等における純然たる第三者概念:純然たる第三者の範囲
QI-9 上場会社の資産管理会社に係る資本戦略
QI-10 スクイーズアウトの実務における実効性ある手段
QI-11 第三者割当増資に係る高額引受と純然たる第三者概念
QI-12 合併直前の金庫株
QI-13 少数株主の持分比率を可能な限り希薄化させない組織再編成手法:株主間契約等
QI-14 オーナー貸付金に関する相続対策:貸付金評価の減額判定
QI-15 M&A実行前(プレM&A)の財務内容の精査:オーナー貸付金、滞留債権の解消方法
QI-16 M&A関連費用の取扱いについて基本的な考え方・関連採決
QI-17 株式買収の取得価額に参入すべきM&A費用等の算入すべき金額の時期
QI-18 事業譲渡スキームにおけるM&A費用等の取扱い
QI-19 不動産M&A:適格分割型分割+清算スキームに係るみなし贈与
QI-20 事業譲渡におけるのれん等の留意事項:負ののれんの計上妥当性
QI-21 中小・零細企業における実務直結的なスクイーズアウトの交渉事例
QI-22 中小・零細企業のスクイーズアウトの実務直結型の交渉事例
QI-23 持株会社・グループ関連会社への収益付け
QI-24 第三者M&Aにおける株式譲渡スキームでの交渉事例:中小・零細企業版アーンアウト
QI-25 持株会社スキームへの移行:株式譲渡か現物出資か
QI-26 同族グループ間の事業譲渡に係る基本的な留意点
QI-27 相互持合い解消の基本的な考え方
QI-28 経営者株主グループと同一の議決権行使に同意していると認定された裁決・裁判例
QI-29 グループ法人税回避の留意点
QI-30 グループ間で不動産を売却する場合、最低限必要なエビデンス
QI-31 国外子会社の評価と株特外しの基本的な留意点
QI-32 株式交換完全子法人が株式交換前に保有していた自己株式の解消方法
QI-33 グループ法人税制下における基本的な節税スキーム
QI-34 表明保証ドラフティングにおける税理士から弁護士への税務面のアドバイス/役員の任務懈怠責任

II 税務上適正評価額
QII-1 亡父が主宰法人に同社株式及び貸付金を遺贈した場合に株式の譲渡所得の金額の計算上、同社の借入金は負債に計上できないとされた事例
QII-2 株価算定時に業種目別株価が公表されていない場合の株価の洗替え
QII-3 純資産価額評価方式の時期の考え方:仮決算を組むか組まないか
QII-4 国外子会社の不動産時価評価額が高い場合の対処方法
QII-5 スクイーズアウトにおける税務上適正評価額
QII-6 非上場会社でのストックオプションの基本的な考え方
QII-7 国外会社評価額の純資産価額への反映時期の判定方法
QII-8 経過措置型医療法人(持分あり)の評価に関する考え方
QII-9 配当還元方式の適用範囲
QII-10 経済的実質に着目した税務バリュエーション:ノウハウ設定契約
QII-11 税務上、不確定概念に該当する場合の合理的な税務バリュエーション:著作権評価における税務上の留意点
QII-12 税務上、不確定概念の権利を用いた持株会社への収益付け:意匠権評価についての税務上留意点
QII-13 エンプティ・ボーティングに係る諸論点:議決権分離スキームの是非
QII-14 信託受益権の複層化「質的分割」:受益権分離型スキームの問題点、危険性
QII-15 受益権分離型スキーム、信託受益権の質的分割における具体的な裁判例
QII-16 税務上適正評価額の「基本的な考え方」
QII-17 DESに係る負債の税務上時価
QII-19 会社分割+清算スキーム等で特に留意すべき株価評価
QII-19 事業譲渡の場合の営業権の適正評価
QII-20 保険積立金は譲渡損益調整資産か、また、適格現物分配できるか
QII-21 節税商品で税務上適正評価額に疑義ある問題点及び従来の節税保険のピーク時解約にあたって、これら節税商品をぶつける時の留意点

III 不動産所有型法人等/その他総則6項対策等
QIII-1 不動産所有型法人:建物適正売買価額と当局審理資料
QIII-2 不動産管理会社の資本戦略:中小・零細企業版アーンアウト、組織再編成における事業単位の考え方
QIII-3 不動産管理法人、不動産所有型法人の基本的な考え方
QIII-4 相続した賃貸物件を相続直後に売却する行為について今後の動向・対策
QIII-5 総則6項への目配せ、普段から留意すべき点
資料1 総則6項発動のための要件チェックシート
資料2 グループ法人税制における譲渡損益の実現事由について

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090339/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_taft_p1_i4

目次

はじめに
第1章 みなし贈与の基本的な考え方
1 相続税法第7条の意義と考え方
(1)個本的な考え方
(2)過去の採決・裁判例・判例にみる基本的な考え方
(3)第三者M&Aにみなし贈与は発動されるか
(4)10年以上前に流行った租税回避スキームとみなし贈与の関係
2 相続税法第9条の意義と考え方
(1)基本的な考え方
3 みなし贈与の伝統的議論
4 民法上の贈与と税法上のみなし贈与
(1)民法上の贈与
(2)税法上の贈与
  ① 税法上の贈与とは
  ② 贈与の時期
(3)相続税の税務調査における具体的事例
第2章 みなし贈与が適用されるケース~株主間贈与以外~
1 保険料を親が負担した保険契約の受取人が子供の場合
(1)昭和58年9月国税庁事務連絡「保険料負担者の判定について」
(2)連年贈与
2 生命保険金等
(1)基本的な考え方
(2)人身傷害補償保険の保険金を取得した場合の課税関係
(3)損害保険契約
(4)生命保険契約の転換時の贈与課税
  ① 原則
  ② 貸付金が転換時に精算された場合
(5)相続税申告にあたってのかんぽ生命保険会社への照会
3 定期金
(1)典型事例
4 土地等を時価よりも安く購入した場合
(1)基本的な考え方
(2)混合贈与との差異
(3)典型事例
(4)相続時精算課税制度が絡んだケース(平成19年8月23日判決をベースに)
  ① 贈与税(みなし贈与)
  ② 所得税(譲渡所得)
  ③ 相続税(相続時精算課税)
(5)相続税法第7条の「時価」と「著しく低い対価」について
  ① 「時価」について
  ② 「著しく低い」の考え方について
(6)債務弁済資力喪失者への低額譲渡
5 債務免除等
(1)基本的な考え方
(2)典型事例
6 利息の設定をせずにした金銭の貸し借り等
(1)基本的な考え方
(2)典型事例
(3)税務調査での基本的な考え方と同通達の趣旨
(4)代償分割に伴う負債の利子払いの課税関係
7 登記に係るみなし贈与
(1)基本的な考え方
(2)典型事例
(3)遺産分割のやり直しと贈与税
(4)遺言とい異なる資産分割
8 共有持ち分の放棄
(1)典型事例
(2)遺産分割と共有持ち分の放棄
9 財産の名義変更等があった場合
(1)基本的な考え方
(2)典型事例(贈与税の課税対象とならない場合)
(3)強制執行を免れるために財産の名義変更をした場合
(4)なぜ、預貯金については相基通9-9の適用はないのか?
10 その他の事例
(1)借地権の贈与
  ① 典型事例
  ② 使用貸借に係る土地の上にある建物等の贈与
  ③ 平成19年8月23日東京地裁との関係性
  ④ 使用貸借の場合のみなし贈与発動リスク
  ⑤ 借地権の取引が同族関係者となされた場合
(2)信託
(3)夫婦間の財産移転
  ① 贈与税が生じるケース
  ② 典型事例
(4)ジョイント・テナンシー
(5)結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税制度
第3章 株主間贈与
1 総説
(1)簡便的なまとめ
(2)個別論点
  ① 著しく低い価額で同族会社に資産を譲渡した場合の贈与税
  ② 同族会社の増資があった場合の贈与税
  ③ 同族法人の新株発行に伴う失権株に係る新株不発行
2 金銭出資
(1)パターン別株主間贈与
  ① 有利発行により個人⇒株主間贈与
  ② 有利発行による個人⇒法人への株主間贈与
  ③ 有利発行による法人⇒法人への株主間贈与
  ④ 高額引受けによる個人⇒個人への株主間贈与
  ⑤ 高額引受けによる法人⇒個人への株主間贈与
  ⑥ 法人株主による高額引受けによる有価証券の取得
(2)属人株による利益移転
3 自己株式の取得
 (1)個人⇒個人間の税務上の評価額の適正時価
 (2)個人⇒法人間の税務上評価額の適正時価
  ① 個人⇒法人間の非上場株式の移転についての税務上の適正評価額
  ② 個人⇒法人間の低額譲渡
(3)「著しく低い価額」の明文規定
(4)法人⇒個人間の税務上評価額の適正時価
(5)法人⇒法人間の税務上評価額の適正時価
(6)パターン別株主間贈与
  ① 低額譲渡による個人⇒個人への株主間贈与
  ② 低額取得による法人⇒個人への株主間贈与
  ③ 低額取得による法人⇒法人への株主間贈与
  ④ 高額取得による個人⇒個人への株主間贈与
  ⑤ 高額譲渡による個人⇒法人への株主間贈与
  ⑥ 高額譲渡による法人⇒法人への株主間贈与
4 組織再編成
(1)パターン別株主間贈与
  ① 被合併法人の株主による区分
  ② 合併法人の株主による区分
(2)債務超過再編にける無対価組織再編成
  ① 平成30年度税制改正前の債務超過再編における無対価組織再編成の留意事項
(3)平成30年度税制改正における無対価組織再編成の要件
(4)債務超過法人の組織再編成における株主間贈与
  ① 非適格合併の場合(合併法人の株主:個人、被合併法人の株主:個人)
  ② 適格合併の場合(合併法人の株主:個人、被合併法人の株主:個人)
  ③ 合併の直前に合併法人が被合併法人の発行済株式の全部を取得する場合
  ④ 平成29年度税制改正における適格分割型分割+清算スキームに係る贈与税
第4章 その他のみなし贈与が生じる可能性がある諸論点
(1)民法組合、LLC、投資事業有限責任組合(LPS)等
(2)中小企業のMEBOの手法におけるみなし贈与発動可能性
(3)医療法人の事業承継
(4)事業承継ストックオプションのみなし贈与
(5)失権株
(6)事業承継税制におけるみなし贈与の発動可能性
(7)中小企業M&Aの場合の税理士事務所の事業承継
(8)自己株式取得スキーム
(9)社長借入金を整理する場合の諸論点に係るみなし贈与
  ① 債務免除による方法
  ② 遺言書又は死因贈与契約で「債権放棄」を行う場合
  ③ DESによる方法
(10)相続税法第66条第4項
(11)民法特例とみなし贈与
第5章 みなし贈与に係る裁決・裁判例・判例
 1.相続税法第7条関係裁決・裁判例・判例
 2.相続税法第8条関係裁決・裁判例・判決
 3.相続税法第9条関係裁決・裁判例・判決
 【補足資料】みなし贈与に関する国税庁情報

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909090150/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_taft_p1_i2