10月17日(水)、お天気は曇り。すっかり寒さを感じるようになったここにかほ市です。

本日は14回目の出前商店街。仁賀保地区「百目木自治会館」で開催されました。

 

 

 

会館の前にはたくさんの石碑。

この集落の歴史を感じることができます。

 

平和記念碑、県営圃場整備事業第二期工区記念碑。

 

外の出店者をご紹介します。

齋藤団四郎種苗店。

 

ダリアがとってもきれいだったのでパチリ。

 

観賞用の唐辛子。

 

包丁研ぎは飯尾工務店です。

 

 

 

 

中では設営真っ盛りでした。

 

 

たくさんの表彰状。

 

たくさんの表彰状の中に、昭和40年に秋田県知事から送られた賞状も。驚

私・・・まだ・・・生まれてません。。。で、今、、、おじさんです。。。汗

 

一等米米づくり目標達成章

この地域での営農の活発さを感じることができました。

 

自主防災組織図

こんなところからも日頃からの自治会の結束力を感じます。

どおりで、多くの表彰状が飾られる会館なのだと改めて感じていました。

 

ちょっと一風変わった額を発見。「親父の小言」。笑

朝きげんよろしく

から始まり、

家内は笑ってくらせ

でしめくられています。

 

その頃、齋藤会長は町内をPR活動に出発。ご苦労様です。

 

ここからは中の出店者をご紹介します。

遠藤時計店。

 

ウッドウェル。

 

カーショップ。

 

仁賀保電機ストア。

 

斉藤与作商店。

 

菅原呉服店。

 

まつや。

 

潮乃家。

 

会場内のあちこちで、懇切丁寧な接客が繰り広げられています。

 

 

 

にかほ警察署のアドバイザーも交通安全を普及啓もう。

 

今日はよく光る反射材を配りながら交通安全の注意を促していました。

 

 

今日はテレビ取材が入りました。

取材いただいたのは秋田朝日放送(AAB)の「スーパーJチャンネル トレタテ!」です。

私たち出前商店街をいつも見守ってくださっているトレタテさん。

感謝しかありません。

 

 

 

 

今日のメインテーマは「消費税率引き上げ」についてでした。

 

軽減税率制度やキャッシュレスの買い物に付くポイントについて・・・

 

来場者に消費者の立場からの考えをインタビューしていました。

 

 

事業者側の視点からもインタビュー。

まつやさん。

 

齋藤会長。

 

今日の夕方6時15分からの「トレタテ」で放送予定・・・放送されました!

 

ここからは「出前講座」です。

お店のプロだから知っている生活に役立つ情報を学ぶこができるミニゼミ。

毎回ご好評を頂いています。

今日の講師はまつやさんで、テーマは「ロングセラーのハンドクリームの紹介」です。

 

カシー化粧品のハンドクリームを紹介しました。

特徴は、匂わない、ツルツルすることから、一部にはハンドトリートメントともいわれているという。

 

さあ、お楽しみ抽選会。

今日も盛り盛りがりました↑!!

 

 

 

 

本日のご来場者は33名

出店者11店舗。

 

 

次回は、11月7日(水)、金浦地区の「かもめ荘」での開催となります。

皆様のご来場、メンバー一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

【にかほ「出前商街」とは、2010年5月から始めたもので、市内のおの少ない地域や無くなった地域の高齢者(いわゆる買物弱者)に会話しながら買物する楽しさと高齢者同士のふれあいを楽しんでもらおうと“にかほ市商工会”が企画したものです。毎年4月から12月まで市内11会場で月2回開催します。
は市内26事業所で結成された商工会会員で鮮魚・衣料・日用雑貨・食料品・美容・種苗等のおの他、包丁研ぎ・マッサージさらに食堂も出します。
会場内では物販の他 大工さんによる住まいの困り事相談も受付。さらに にかほ警察署による 「交通安全」と「振込み詐欺防止」の啓蒙活動も行います。11時過ぎにはお店のプロが教える生活に役立つミニゼミ「出前講座」を開催するほか、11時半と12時半の2回 高齢者に好評の「お楽しみ抽選会」を設けています。】

 

 

 

平成30年10月16日(火)

岩手県紫波町より「日詰駅前地域商工振興会」のご一行21名様が、商工会を訪れてくださり、

私たち「にかほ出前商店街」について視察研修をしてくださいました。

 

日程の都合もあり、残念ながら出前商店街当日の現場の様子をご覧いただくことはできなかったので、

せめてもの務めと思い、会場内いっぱいに出前商店街を象徴するツールを掲示してみました。

 

おなじみの「幟」に、「エプロン」「看板」のほか、

会場の後方には出前商店街7つ道具ともいえる消耗品類を全て陳列したりしました。

研修では、私たち「にかほ出前商店街」の沿革から、

どのように取組んでいるのかを組織・事業・財政面からご説明しました。

現場をご覧になっていないので、ご説明品質が悪く、

十分なご理解にお役に立てたかかなり心配ですが。。。

それでも、出席した皆様からは積極的にご質問を多数頂戴し、

齋藤会長も一つひとつ丁寧にご回答されていました。

質問を受けて、改めて自らの事業について見つめ直すきっかけになったようで、

むしろこちらの方が勉強になった一日となりました。

 

 

 

【「にかほ出前商店街」とは、2010年5月から始めたもので、市内のお店の少ない地域や無くなった地域の高齢者(いわゆる買物弱者)に会話しながら買物する楽しさと高齢者同士のふれあいを楽しんでもらおうと“にかほ市商工会”が企画したものです。毎年4月から12月まで市内11会場で月2回開催します。
出店は市内25事業所で結成された商工会会員で鮮魚・衣料・日用雑貨・食料品・美容・種苗等のお店の他、包丁研ぎ・マッサージさらに食堂も出店します。
会場内では物販の他 大工さんによる住まいの困り事相談も受付。さらに にかほ警察署による 「交通安全」と「振込み詐欺防止」の啓蒙活動も行います。11時半と12時半の2回 高齢者に好評の「お楽しみ抽選会」を設けています。】

 

 

 

平成30年10月10日(水)

商業部会主催「コトPOPセミナー」を開催しました。

 

本日の出席者は11名。

 

今日の講師は株式会社ハッピーコンセプトの代表取締役 片桐由紀子氏です。

テーマは「お客様が思わず買いたくなるコトPOPセミナー」としました。

 

今日のセミナーは下記3部構成で進めていただきました。

1 POPの役割

2 コトPOとは?

3 キャッチコピーを書いてみよう!

です。

 

1 POPの役割

商いの基本「売上=客数×客単価」をいま一度確認しました。

では「客数」を上げるには?「客単価」を上げるには?

集客率 ⇒ 購入率 ⇒ リピート率 ⇒ 集客率 ⇒ ⇒

特に「客単価」の向上にコトPOPは効く。

商業にとって永遠の課題とも思えるテーマをいま一度考え直すことができたのではないでしょうか。

 

2 コトPOPとは?

「説得型の売り場」ではなく、「納得型の売り場」に。

「納得型の売り場」とは、お客様の立場に立って、買った後に得られる体験を教えてくれ、選択の手助けをしてくれることをいい、

主語は「お客様」や「生活シーン」。

私にとって良いものを求めてもらうこと。

そのためにも「おすすめ」にはその理由も記載する方がよい。

人の感情を動かすのは「モノ」ではなく、「コト」。

コトとは、お客様のメリットをいう。

 

3 キャッチコピーを書いてみよう

自分で体験することがお客様にとってのメリットを探す近道。

「私」の目線で書くことが大事。

「キャッチコピー」と「説明コピー」はセットで書こう。

お客様のメリットを伝えることばを探すときに役立つのが「だからの法則」。

メーカーなどから発信される「モノ情報」に対し、「だからどうなるの?」を考えてみよう。

それこそがお客様にとってのメリットなはず。

 

セミナーではたくさんの演習も体験していただきました。

・コトだしシート

・お客様の事を考えてみよう!

・商品の「見える化」をしてみよう!

 

・最後に「コトPOP」づくり

 

皆さん、真剣に楽しそうに取組んでいたのが印象的でした。

 

 

2時間のセミナーもあっという間。

終了後も先生に個別に質問する受講生の皆さん。

今日をきっかけにコトPOPづくりをがんばって欲しいと思います。

 

商工会では今日で終わらずに、今後皆さんの売上向上に貢献できるよう、

あの手この手でご支援をしてまいります。

 

 

 

9月15日から10月31日までの期間で実施している「遊湯くじ」。

売出し期間も折り返しを過ぎ、加盟店では活発に遊湯くじのサービス提供が行われています。

 

そんな中、「遊湯くじ」を活用して自店の販売促進を強化している加盟店がありますので、ご紹介します。

象潟地区の老舗衣料品店「ファッションプラザモテギ様」では、”遊湯スクラッチくじ大売り出し!”と称して、販促を行ってくださっています。

今朝の新聞に折り込まれていたチラシがこちら。

しっかりと「遊湯くじ」のスクラッチカードを画像で掲載してくれています。

紙面の四分の一を遊湯くじのアピールに活用くださっています。

そして、50円の超目玉商品のご紹介。皆さま、今すぐモテギさんでお買い物楽しんじゃいましょーー!

 

商工会の商業部会とサービス部会の合同販促事業「遊湯くじ」。絶賛実施中です!

この機会に是非ぜひにかほ市の商店でお買い物をして遊湯くじでラッキーを引いてくださいませ。

加盟店一同お待ち申し上げております。

 

【遊湯くじとは・・・】

〔地元で買い物楽しもう〕 

にかほ市商工会が9月15日から実施している共同販促イベントです。

千円買い物をするごとにスクラッチくじ1枚がもらえ、当たると500円分または100円分の買い物券をもらえる。当たる確率は約2割。

はずれくじも5枚集めると150円分の買い物券か、市のコミュニティバス無料乗車券、市内10カ所の入浴施設で利用できる無料券として使えます。いずれの券も使用期限は来年2月末までですのでご注意ください。

問い合わせは同商工会℡0184-38-3350までどうぞ。

 

【今年の遊湯くじの特徴】

まずデザインです。にかほ市のマスコット「にかほっぺん」を採用しました。

商業の活性化とともに、地域の元気を願った気持ちが込められています。

 

特徴1.スクラッチくじになりました!

 これまでは三角くじでしたが、「切って・めくって」が大変との声が多かったこともあり、

 思い切ってナウいスクラッチを導入しました。

 今回は「削る」だけです。簡単でしかもワクワク感を演出しています。

特徴2.当たり券に「500円お買物券」を追加しました!

 昨年は100円お買物券を大量に入れましたが、「もっと当たる喜びを」との声にお応えし、

 今回100円お買物券のほかに「500円お買物券」も入れました。

 どうです?500円券が当たったら結構たくさんお買い物ができますよ。

 どうぞどうぞ当てちゃってください。

特徴3.はずれ券は5枚集めて3つのサービスからお選びいただけます!

 はずれてもご安心ください。

 昨年同様「入浴無料」か「市コミュニティバス乗車無料」「150円お買物券」の中から、

 お選びいただいてサービスを受けることができます。

 

10月4日(木)、お天気は行った台風と来る台風の小休止のせいかとても良い「晴れ」でした。

本日は13回目の出前商店街。象潟地区「汐見町自治会館」で開催されました。

今年の6月この会場で初開催した時は、自治会役員の方や老人クラブの方々のお声掛けで信じられないほど大勢の来場者で賑わいました(^^) 今回も期待しちゃうメンバー一同です(笑)...

 

 

本日の会場「汐見町自治会館」。

 

何にもない40畳の大広間。出店者が続々と搬入し始めます。

 

この先の角を右に曲がると・・・鳥海山へと続きます。

そんな街です。汐見町。

 

それでは今日の出店者のご紹介です。

齋藤団四郎種苗店。

 

佐藤建築工房。

 

佐々木鮮魚店。

 

丸光商店。

 

三衛クリーンサービス。

 

仁賀保電機ストア。

 

斉藤与作商店。

 

遠藤時計店。

 

カーショップ。

 

ファッションプラザモテギ。

 

ウッドウェル。

 

まつや。

 

潮乃家。

 

にかほ警察署アドバイザー。

交通安全や詐欺被害防止の啓もう活動も行っています。

 

懇切な接客があちこちで繰り広げられる出前商店街が特徴です。

 

ここからは「出前講座」です。

お店のプロだから知っている生活に役立つ情報をコンパクトにお教えするセミナー。

今日の講師は遠藤時計店で、テーマは「補聴器選びで失敗しない為に!」です。

 

補聴器は値段でないんです。周波数のあった補聴器を選ぶことがとっても大切。

補聴器によって値段も様々なので、何が自分に一番合っているか、お店のプロにぜひご相談を。

 

 

「お楽しみ抽選会」、今日も盛り上がりました。

 

さきがけ新聞の記者さんもちょっと顔を出してくださいました。

 

 

 

本日のご来場者は、さすが汐見町。期待を裏切らない52名。

たくさんのご来場、誠にありがとうございます。

出店者13店舗。

 

 

次回は、10月17日(水)、仁賀保地区「百目木自治会館」での開催となります。

皆様のご来場、メンバー一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

【にかほ「出前商街」とは、2010年5月から始めたもので、市内のおの少ない地域や無くなった地域の高齢者(いわゆる買物弱者)に会話しながら買物する楽しさと高齢者同士のふれあいを楽しんでもらおうと“にかほ市商工会”が企画したものです。毎年4月から12月まで市内11会場で月2回開催します。
は市内26事業所で結成された商工会会員で鮮魚・衣料・日用雑貨・食料品・美容・種苗等のおの他、包丁研ぎ・マッサージさらに食堂も出します。
会場内では物販の他 大工さんによる住まいの困り事相談も受付。さらに にかほ警察署による 「交通安全」と「振込み詐欺防止」の啓蒙活動も行います。11時半と12時半の2回 高齢者に好評の「お楽しみ抽選会」を設けています。】