発達障害 障害年金 まだ仕事続けてるの? | 発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給し働き自立する方法教えます

発達障害で障害年金を受給している娘の母親である社会保険労務士が、発達障害者が就労し親亡き後に自立して行かれるために必要な情報、親の心構え等お伝えしています。


テーマ:

発達障害、障害年金専門の社労士、(社)障がい者才能開発支援協会 代表の岩田由美です。

 

ご訪問ありがとうございます。

発達障害で障害年金を受けている娘の母である私が、自分の経験から障害年金の事、発達障害の事を中心に書いています。

 

プロフィール障害年金の事なら発達障害者と支援者のために個人セッションお客様の声Facebookお問い合わせはこちらから

 

この数日、一気に涼しくなり、このまま秋かな?と、思いきや。

 

週末の日曜と月曜はまた暑くなるらしい。体調管理、気をつけないとですね。

 

経済的な事が心配で辞められない、だから障害年金知って欲しい

今日のタイトルは、障害年金請求のお客様に、病院同行した時に主治医の先生が仰った言葉。

 

それを横で聞いていて「やっぱり」と、思ってしまった私。だって、具合が悪いのが、見ればすぐにわかるから。

 

お会いしたのは、その日、病院でが初めてだったけれど。メールでのやり取りから、相当具合が悪いのでは?と感じてた。

 

それなのに仕事を辞められない、無理して仕事を続けていると書いてあるものだから、心配で仕方なかった。

 

お顔を見た瞬間、自分の家族なら、友人なら、絶対仕事なんか行かせられない、と思ったけど。

 

生活の事、経済的な事、色々事情があるから辞められない、と、ずっと無理を続けていらしたよう。

 

だから主治医の先生も、まさかと思われて、タイトルの言葉を仰ったんだと思う。「とっくに辞めてると思っていたよ」と。

 

本来なら仕事は辞めるなり、休職するなりして、体調を回復させるべきなのに。

 

経済的な事が心配で心配で、辞めるに辞められない現実、何よりも気持ち。

 

そんな時にこそ、そんな方にこそ、障害年金の事をきちんと知って、受給を考えてほしい。

 

まだまだマイナーなのかしら。もっともっと障害年金の事、知ってもらわないと。

 

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

 

 

10/28(日)手作り味噌で腸内環境を整えよう
 近日募集開始します!

 

【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
 リニューアル準備中です!

 

発達障害・障害年金 社労士 岩田由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります