変化と変異の時代。変わらない洋楽名曲。ジョージ・ベンソン、サム・クック、ブルース・ホーンズビー、スタイリスティックス、コールドプレイほか。ジョン・レノン「アクロス・ザ・ユニヴァース」。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 

各コラムで紹介した曲目リストは、「目次」で…

  

あの曲や動画はどこ… 音楽家別作品

 

*今後の予定曲

 

音路(24)変わらない【後編】

No Change



◇変わらないもの

前回コラム「音路(23)変わらない【前編】カタクリの花のように」に引き続き、今回は、その後編として、「変わらない」ことを歌う楽曲をご紹介したいと思います。

世の中には、変わらない…、変えられない…、変えたくない…、変えてはいけない…、変えることができない…、変わっていく…、変えたい…、変わってしまう…、変えなければいけない…、など多くの「変化」の楽曲がありますね。

ものごとの「変化」を歌う楽曲には、強い意志、強い願い、強い使命、強い責任、強い失望などの「強い意思」が込められることが多くあります。
前回コラムの邦楽曲に続き、今回は洋楽曲をとりあげてみたいと思います。

* * *

ちょうど今の3~4月の時期は、自身の人生や周辺環境が大きく変化する時期でもありますね。
変えたくなくても…、変わってほしくなくても…、否応なしに、変わってしまうものごとも多くあります。
特に今は、コロナ禍により、何らかの「変化」を強いられる方も非常に多いと思います。

私たちの周囲の多くのものが、たとえ思いに反して変わってしまったとしても…、知らない誰かが変えたいと思っても…、何があっても変わることのないものが、世の中には存在するのだと多くの人は気づいていますね。
何があろうと、これだけは絶対に変えないというものを持っている方も、少なくないと思います。

自分自身にとって、これだけは絶対に「変わらない」、「変えない」というものが何なのか…、大きな変化をむかえようとしている今の時代だからこそ、少し考え直してみたい気がします。


◇「変化」と「変異」の時代

今回の世界中のコロナによる影響は、各国の歴史はもちろん、世界史に刻まれる絶大なものですね。

数千年の人間の歴史をふりかえれば、こうした壮絶な出来事の後には、たいてい大きな社会構造の変化が起きますね。
戦争や紛争が各地で起きたり、大国の地位が入れ替わったり、政治システム、経済システムが大きく変わったりすることも少なくありません。
国レベルでの、コロナ後の覇権争いはすでに始まっています。

数年前から、今現代の資本主義のあり方、自由主義のあり方、民主主義のあり方、人権のあり方、軍事バランスなどに、揺らぎが起き始めていましたが、今回のコロナ問題は大きな影響を与える可能性が十分にあります。

経済格差、教育格差、情報格差、人口減少、貧困の拡大、地方の疲弊や格差などの問題にも、コロナ問題がかなり影響を与えるかもしれません。

日本史に限らず、各国の歴史の中では、「ジェノサイド(特定の民族や集団への襲撃行為)」が起きてきましたが、今現代の世界各地で、それが起きています。
人種差別や人権の問題、一部の極端な右傾化・左傾化・専制化、各国の軍事行動などの問題についても、コロナがさらに深刻な影響を与えるのかもしれません。
今の各国の「ワクチン外交」は、まさに冷戦時代を彷彿とさせます。

* * *

今現代の医療環境は言うに及ばず、金融システム環境、教育環境、情報通信環境、物流環境などは、非常に高度化、複雑化しました。
そこでは、利権問題や勢力争いが必ず起きます。
今の社会は、繊細で微妙なバランスや技術の上に、大きなシステム環境が作られていることもあり、大きな自然災害や新型コロナなどの脅威に、以前よりも脆弱であったりします。
人々の善意の願いや思いが、なかなか結果に結びつきにくい時代でもありますね。

今回のコロナ問題をきっかけに、今の地球の「近現代の姿」に、何か大きな変化が起きてくるかもしれません。
地球が人類に与えた、厳しい試練になるのかもしれません。

これから本格的に始まるであろう、大きな社会の「変化」や「変異」に、私たちは どのように向き合っていけるのか…。


◇いったい どのような変化?

ビジネス界では、これから先の変化をしっかり予測し動き始めた企業や経営者が少なくありません。
タフで、たくましい、経営者やビジネスマンは、たくさんいますね。

とはいえ、企業それぞれに、「変える物事」と「変えない物事」をしっかり分けて考えなければ、企業の存続は難しいのかもしれません。
今はもはや、同業種の企業だけが、ライバルではありません。

つい先頃、日本を代表する企業のソニーの電気自動車が発表されました。
あなたは、トヨタや日産、ホンダなどの電気自動車と、ソニーの電気自動車の、どちらに安心感を抱きますか…。
ソニーが、その製品づくりにおいて、これまで築いてきた信用はあまりにも絶大です。
私自身も、自動車メーカーではない業種の企業の自動車が選択肢になる時代が、こんなに早く来るとは思ってもいませんでした。

私の家の周辺には、無人の商品販売店舗が増えてきました。
ものすごいカメラの台数です。
それだけ、映像での監視管理社会が進行したということかもしれません。

「置き配」方式の宅配も、今後一層拡大するでしょうし、各所の案内係はほとんどロボットに入れ替わるかもしれません。
コールセンターに電話や通信をして、人間と会話をしていたと信じ込んでいたら、実は相手はロボットだったという日も、まんざら遠くない気もします。

こうした社会は、電気やバッテリーが止まったとたん、すべてが止まってしまいそうな気もしないことはありません。
安定的な電力確保の問題は、環境問題や、全家庭への費用負担問題と絡み、一気に最重要課題になっていくのかもしれません。

ビジネス界は、こうした方向に向かって突き進むのかもしれません。
世の中が、大きなカーブの道に差し掛かり、急速に変化していくのかもしれません。

ビジネス界で、もっとも大きな問題は、「時代の変化」、「社会の変化」、「世界の変化」、「企業自身の変化のあり方」なのかもしれませんね。

* * *

個人のレベルでは、今、目の前のことに追われる人たちが大半で、それだけで、すでに精一杯の人も少なくありません。
これまでの暮らしを変えたくはなかったのに、変えざるをえないという方も多いかと思います。
「変わらないこと」も、「変えること」も、どちらの場合でも相当に苦労しますが、さまざまな変化を感じながら、ゆっくりでも一歩ずつ、前に進むしかありませんね。

個人でも、企業でも、さまざまな苦労は続きますが、そうした中でも、日本の未来をつくり出す人たちの登場に期待しています。
急激な人口減少の日本ではありますが、今の子供たちや若い世代の中から、そうした人物が登場することを願っています。

お堅い話しは、このくらいで終わりにします。


◇いつまでも変わらない名曲たち

ここからは、どんな変化の状況であっても、「変わらない」と歌う洋楽曲を少しだけご紹介したいと思います。

今回のコラムは、「変えない」「変わらない」という意思のほうの、「nothing change」「never change」「no change」の文字がタイトルに使われている洋楽曲や、その歌詞の中でそれが重要な役割を果たしている楽曲を、洋楽の中から、少しだけとりあげてみたいと思います。

アーティストたちはみな、「変化」を感じて、その中から何かを見つけます…。


◇想いは変わらない

まずは、永遠の愛の名曲バラード「かわらぬ想い(Nothing's Gonna Change My Love For You)」を…
ジョージ・ベンソンさんの甘い声で…
♪かわらぬ想い(Nothing's Gonna Change My Love For You)

 

女性の歌唱も、女性ならではの魅力が…
♪かわらぬ想い(Nothing's Gonna Change My Love For You)

 


◇変わらずに待つ

サム・クックさんの、1960年代の楽曲から…
♪Nothing Can Change This Love

 

サム・クックさんの別の名曲「A Change Is Gonna Come」の「change(変化)」のほうは、勇気を持ってガマン強く待つ「変化」ですね。
♪A Change Is Gonna Come

 

公式動画も素敵です。
♪A Change Is Gonna Come

 


◇女王様も変わらない

2019年の映画「アナと雪の女王(Frozen2)」の中の楽曲「ずっと変わらないもの(Somethings Never Change)」です。
♪ずっと変わらないもの(和訳付き)

 

♪ずっと変わらないもの(公式)

 

♪ずっと変わらないもの(キャスト・リハーサル)

 


◇何も変わりはしないさ

2pac の「Changes」です。
♪Changes

 

原曲は、ブルース・ホーンズビーさんが1984年に大ヒットさせた、「何も変わりはしないさ…」と歌うこの曲。
♪The Way It Is

 

この曲は、Don Diabloさんの、こんなバージョンも…
♪Never Change

 


◇No Change

ここからは、新旧の「No Change」の洋楽曲を、ほんの少しだけ連続で…。


最近、テレビCMでよく耳にするドゥービー・ブラザーズの、1978年の曲
♪You Never Change

 

スタイリスティックスの1984年の曲
♪Some Things Never Change

 

面白い日本語バージョンもあった、CHINOさんの曲
♪NEVER CHANGE

 

コールドプレイの
♪We Never Change

 

Olivia Lane さんの
♪Nothing Changes

 

Picture This の
♪Never Change

 

Ar'mon & Trey の
♪No Change

 

Rayven Justice さんの
♪No Changes

 

Wallace さんの
♪Never Change

 

Paulachino さんの
♪No Change

 

* * *


最後は、ジョン・レノンさんが作った、ビートルズの名曲に本コラムを締めてもらいます。
ケネディ・クワイアがカバーして歌う「アクロス・ザ・ユニヴァース」です。
♪Across the universe

 

* * *

 

2021.4.1 天乃みそ汁

Copyright © KEROKEROnet.Co.,Ltd, All rights reserved.

 

コラム「音路(25)退職後は寝ている~アフリカの風を感じて」につづく