周回遅れでもいいんだよ。

今頃こんなことしてますよ的なブログです。


テーマ:

朝からなんとか時間を作ってリアルタイムで見てました。

見逃しちゃった方はYoutubeで見ることができますので、そちらをどうぞ。

 

 

約50分もの長さですので個人的に気になった部分をピックアップ。

個人的にはBOSEさんのしゃべりは苦手だ。

ナレーションのプロにお任せするのが無難じゃないのかな。

そして、全部自分で喋っていた岩田前社長が有能すぎることを改めて思い知らされる。

 

 

任天堂は何故このショットを選んだの?(汗)

何はともあれ10月に発売される大作、マリオオデッセイですよね。

ステージ、アクションともに多彩で長く楽しめそう。

今日から予約が始まり、本体同梱版は例によって瞬殺。

1つだけ気になったのが「CERO B(12歳以上)」になっていること。

ん?

全年齢(CERO A)じゃない?

 

 

マリオがクリアできているかどうかも怪しいのに12月にはゼノブレイド2です。

これまた長時間遊べるタイトルで、年末年始はもうおなか一杯という感じです。

ここにゼルダbotwのDLC第2弾が加わるわけですよ。

ゲームで遊ぶ時間をどうやって捻出するかが最大の問題かもしれません。

 

 

こちらも大作ですね。

関連商法も力が入っていますよ。

既報の早期限定特典に加えて、今月22日に出るVC版ポケモン金・銀を買うとサンムーン・ウルトラサンムーンで使える限定ポケモン(セレビィ)がもらえます

限定本体(New2DSLL)も同時発売されます。

 

 

ここにきて、まさかのマイクラ。

New3DS専用ソフトとしてリリースされましたので、対応機種は

  • New3DS
  • New3DSLL
  • New2DSLL

です。

先ほど「リリースされました」と言いましたが、なんとダイレクト終了後からDL版が発売開始されています。

パッケージ版は後日、とのこと。

マイクラで遊びたいけどスイッチが手に入らない、という人にとっては嬉しいニュースだと思います。

個人的にはXboxOneでのプレイもおすすめなのですが...

もう類似品(キューブクリエイター)は引退ですね。

そうそう、ローカルマルチプレイは後日のアップデートで、とのことです。

 

 

個人的に最も

キタ――――――(゚∀゚)――――――!!

と思ったのがこのニュース。

任天堂はファミコン発売以降、アーケードゲーム事業からすっぱり足を洗ってしまいましたので遊ぶ機会に恵まれなかったんですよね。

そもそもファミコンは『当時のアーケードタイトルを家庭で遊ぶ』がコンセプトに入っていました。

同じタイトルでもファミコン版とアーケード版は意外に相違点が多くて味わいも違うので、こういう試みは大いに歓迎です。

任天堂が無理してVCA(バーチャルコンソールアーケード)で頑張る必要はないんです。

他社に委ねられるところは委ねたらいいんです。

よって、この方向性は正解。

とにかく、どんどんタイトルを増やしてほしい。

どういうわけかドンキーコングが入っていませんが時間の問題でしょう。

 

そして、アーケードアーカイブス(アケアカ)自体はスイッチ以外にPS4やXboxOneでも展開されていますが

任天堂のタイトルが他機種でリリースされるか?

という問いについては

あ り え な い

と断言できます。

つまり、実質的にスイッチ独占タイトルです。

これは買いです。

 

 

スイッチ発表会からずっと気になっていたタイトルです。

こつこつ作っていたんですね。

世界観は好きな感じなので期待が持てます。

体験版も配信中らしいので遊んでみようと思います。

 

 

そもそもPS4は「ドラクエで遊ぶため」に買いました。

しかしながら、ヒーローズ1&2が移植され、ビルダーズ2もスイッチで発売されます。

加えてビルダーズ1までスイッチで遊べるとなると、PS4の存在意義は自分の中では失われていますね。

今回は発表されませんでしたがドラクエ11もスイッチで発売される予定ですし。

とはいえ、これだけのタイトルが並んだらドラクエ11を今さらスイッチに移植して果たしてどれだけ売れるか...

ビルダーズ自体は良作だったので未体験の人はぜひ遊んでみてください。

マイクラとはまた違う面白さがありますよ。

PS Plus(オンライン会員権)は買わないので、ドラクエのマルチプレイで遊びたくなった時にスイッチ版に買い替える可能性があります。

中古かもしれませんけどね。

 

 

気になるタイトルをピックアップしただけなんですけど長い。

それだけ内容が詰まっていたということでご勘弁を。

同時に行われた海外版のニンテンドーダイレクトの内容が若干違うという話もありますので後日チェックしてみます。

 

 

実際のところ、XboxOne、スイッチと遊んだらPS4まで触っている時間がありませんよね。

そもそもForzaMotorsport7も特大のボリュームを誇るタイトルだったりするし。

こんな感じで今年の年末年始も盛りだくさんです。

上にも書きましたが、どうやって時間を捻出するかが最大の課題かもしれません。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

一部で噂になっていたニンテンドーダイレクトが14日午前7時から放送です。

放送時間は約50分とのこと。

小学生の登校時間と丸被りですね...

帰宅後にYoutubeなどでご確認を。

 

そういえばマリオオデッセイの予約もまだなんですよね。

50分って結構盛りだくさんな内容になりそうなので、果たして何が飛び出してくるか。

時期的に年末商戦が絡んでくるので相当力の入った内容になりそうな気がします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

リークどおりでしたね。

アップルの質の悪い社員が意図的に流したリークだったという噂は本当かもしれません。
Apple Watch,Apple TVも発表されてましたが割愛。
そして、iOS11は9月19日に配信されます。
 
iPhone8,8Plusは9月22日に発売。
iPhoneXは11月3日に発売。
 
いずれも搭載チップは新型のA11。
Imagination社とのGPU契約交渉が決裂した影響で今回から内製です。
これが吉と出るか凶と出るか。
個人的に気になるのが、A11は速いコア2個、省電力コア4個という非対称コアの構成になる事です。
近年で悪い意味で有名な非対称コアを持つチップといえばPS3でお馴染みのCellですよね。
大失敗で有名です。
話を戻しますが、A11の特異な設計はiOSソフトウェアを開発するエンジニアが困りそうで心配です。
ハード、ソフトともに最適化が進むまでの間は先走るのは危険に感じました。
 
そして普通の人が真っ先に気になる価格です。
{8ADA58A0-EF8B-4992-8435-25AF85C0EE54}

iPhoneSE 349ドル
iPhone6s 449ドル
iPhone7 549ドル
iPhone8 699ドル
iPhone8Plus 799ドル
iPhoneX 999ドル
全て最小値ストレージの価格です。
 
個人的なまとめ
・iPhoneXは高すぎる。8で充分。
・A11はハード、ソフトともに安定するまで見極めたい。
・ワイヤレス充電は便利そう。Qiが一気に普及するかもしれない。
・やっぱり日本人は防水が必要だと思う
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

まさかのTwitterで電撃発表ですよ。

14日のニンテンドーダイレクトを予想していたので面食らってしまいました。

大事なことなので繰り返し書いておきますよ。

9月16日

9月16日

です。

ネットで予約失敗した場合は躊躇せずにお近くの量販店へ。

当日ならたぶん大丈夫...だと思いたい。

 

そして、ミニファミコンについても発表がありました。

来年再販ですよ!

名作ぞろいのミニファミコン。

販売開始時期の詳細は不明ですが、生産を再開することは良いことです。

個人的にはminiNESも欲しいところですが贅沢は言えないか...

 

とりあえず一言。

 

くたばれ転売屋!

 

こほん、大変失礼いたしました。

少々荒っぽい表現ではありますが、転売屋の存在はユーザーにとってもメーカーにとっても百害あって一利なし。

メーカーの立場では一時的な売り上げと引き換えに正確な需要量を見極めることができなくなり大きな損失が出てしまうリスクもあるのです。

なので、やっぱり転売屋は不要です。

メーカーはあらゆる手を用いて転売屋を潰すべきですしユーザーは転売屋から物を買わないようにすべきなのです。

 

というわけで今日はおしまい。

明日の朝はiPhone関連で忙しくなりそうです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

マインクラフト好きの皆さん、チャンスですよ。

Xbox One S 1TB Minecraft リミテッドエディション国内発売決定です。

 

 

 

こちらでも取り上げたXboxOneSマインクラフトモデルが10月5日に日本でも限定発売されることが決定しました。

お値段39,980円+消費税。

マインクラフト(DL版)に加えてレッドストーンパック(DLC)も付いてます。

そして、底面がクリアになってるのはXboxOneとして初です。

レッドストーンの回路をモチーフにしたデザインです。

凝ってますね。

家族用サブ機を持ってなかったら間違いなく購入していたと思います。

あと、コントローラーも同時発売です。

同梱版にも入っているクリーパー(左)に加えてブタをイメージしたカラー(右)の2色です。

XboxOneのコントローラーは出来がいいのでPCユーザーにもオススメです。

価格は7,480円+消費税。

標準コントローラーより1,000円高いのが玉にキズか。

 

価格最優先なら現在発売中のXbox One S 500GB Minecraft同梱版が3万円以下で買えるので、こちらも紹介しておきます。

個人的には今から遊ぶなら限定モデルを入手しておきたいところですけどね。

 

 

どちらを選んでもマインクラフト(DL版)が付いてますので、買ってきてマインクラフトをダウンロードしたらすぐに遊べます。

 

 

ゲームメディア(例えばファミ通)が触れたくないことについても容赦なく触れていきます。

この秋に予定されているマインクラフトのクロスプラットフォーム対象ハードは、

・ニンテンドースイッチ

・XboxOne

・Windows10

・スマートフォン(iOS/Android)

以上です。

 

ゲームメディアは決して触れませんがPS4/PS4proは対象外です。

 

つまり、これを買えばマインクラフトのアップデート後にニンテンドースイッチやスマートフォンのプレイヤーと一緒にオンラインでマインクラフトが遊べます。

おそらくもっとも手に入れやすいのはスマホ版だと思いますが、やっぱりちゃんとしたコントローラーで遊びたいならXboxOneかニンテンドースイッチでしょう。

もちろんニンテンドースイッチ版よりXboxOne版の方が性能が高いので表示可能エリアが広いです。

 

あと、XboxOne版なら『Super Duper Graphics Pack』も見逃せません。

PC(Java)版で通称『影MOD』と呼ばれていたものと同等といわれていて、このDLCを導入するとグラフィックが強化されます。

こちらはXboxOne版、Windows10版のみです。

 

更に、XboxOneSは4Kブルーレイ(UHDBD)の再生も可能です。

このブログでは何度も書いてますがPS4proでもUHDBDは再生できませんからね。

HDRにも対応していてお手持ちの4Kテレビの性能をフルに引き出してくれます。

※当然、テレビ側もHDRに対応している必要があります

これが3万円以下で買えるのがすごいことなんです。

PS4にも出ている大概のソフトはマルチタイトルなので普通に遊べるのですが、残念ながら日本のソフトメーカーの一部が国内のみPS4でしか出ないよう妨害しているのは事実です。

つまり、

海外:PC/PS4/XboxOne

国内:PS4のみ

こういうことを平気でやっていますが、ゲームメディアは触れようともしません。

しかし、その気になれば海外ストアでDL版を買うこともできてしまいます。

 

正直なところ、家族用本体を持っている自分でもグラッときましたよ。

デザインかわいいですもん。

新規なら間違いなく買ってる。

そして、マインクラフトに関して言えば、PS4版を買ってしまった人には申し訳ないのですが今後PS4版に追加機能が他機種と同等に実装されるか疑問ですので、個人的にはクロスプラットフォーム対応ハードに乗り換えたほうがいいと思います。

全てはSIE(ソニー)が非協力的なのが悪いんです...

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。