周回遅れでもいいんだよ。

周回遅れでもいいんだよ。

今頃こんなことしてますよ的なブログです。

ぼちぼちやってますので、更新頻度は遅めです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本のゲームパブリッシャーは日本のユーザーに対して
ゲームを遊ぶためのデバイスを自由に選ばせてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


$周回遅れでもOKなんです!

$周回遅れでもOKなんです!


ひとりひとりが、それぞれの立場で。
明日はわが身。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


新規でOneDriveを利用される方、リンクを踏んでいただくだけで使用可能容量が0.5GB増えます。

テーマ:

自分用メモ。

購入以来、Soundgenicの設定、再生環境の整備をぼちぼち進めていました。

これを買ってよかったなと思ったのが「OpenHome」という規格が出来ていたこと。

以前、普通のNASに音楽ファイルを入れて運用したこともあったのだけれど、使い勝手が悪くていつしか使わなくなっていたのです。

という訳でOpenHomeについて勉強してみました。

参考ページ

 

なるほど便利だ。

という訳でなるべくお金を掛けずに(ここ大事)OpenHome対応環境に近づけていくことにしました。

 

 

1:再生デバイス(プレーヤー、レンダラー)

手持ちのNR1604は当然ながらOpenHomeに対応していませんが、疑似的にOpenHome環境を再現するソフトを作っておられる方がいらっしゃいました。

お金を掛けない、がテーマなので有り難くいただきます。

BubbleUPnP Server

動作させるのにJavaも必要です。
一緒にインストールします。
導入すると、ネットワーク上に再生デバイス名(OpenHome)が追加され、コントロールアプリ上から再生デバイスとしてこちらを選ぶことで疑似的なOpenHome環境となります。
今後機器更新をする際はOpenHome対応デバイスを選ぶようにしよう、予算次第だけど。
 
 
2:コントロールアプリ
(1)スマホ編
iOSの場合、IODATA純正のfidata Music Appで充分。
iPadなら表示面積が広くて使い勝手が良いようです。
(2)PC編
目の前にPCがあるのだからコントロールだけPCにやらせてみたくなりました。
試行錯誤した結果辿りついたのはfoobar2000にプラグインを導入するやり方。
2つのプラグインを導入します。
foobar2000にDLNAに関する設定が追加されます。
また、ネットワーク上の共有フォルダからプレイリストの作成もできます。
プレイリスト追加方法はちょっとだけ特殊で、foobar2000を起動してViewメニューから「UPnP Browser」を呼び出して設定します。
再生デバイスにネットワーク上のデバイスが追加されます。
当然ここではNR1604を選択します。
 
 
そして音楽を聴いてみる。
ギャップレス再生可能か否かも見たいのでTM NETWORKのアルバム「CAROL」からM1,2を続けて再生してみました。
 
 
おお、できた。
NR1604の電源は自動的に入るしギャップレス部分も含めて問題なく再生できています。
foobar2000が便利すぎる。
あれこれアプリを導入するのが好きではないのでプラグイン次第でいかようにもできるfoobar2000最高です。
もうマランツの純正アプリはいらない。
一応インターネットラジオ用に残してはおきますけど出番は相当減りそうです。

テーマ:
恐れていた事態が遂に訪れました。



完全新規設計のF90がプレバン行き。
既に完全新規設計のHGは存在しますがとうとうMGもです。


プレミアムバンダイのような直販は中間コストをカットして総取りできるためメーカーの利益を最大化することができます。
ただし、直販一本ではユーザー層は広がりません。
わざわざ検索して見たこともない商品を買うユーザーなど存在しないからです。
バンダイはガンダムというコンテンツを既存ユーザーだけで完結させても良いという判断を下したと言えます。
つまり、これ以上長く続ける気は無い、と。


オプション武装がプレバン行きは理解できますがF90本体までもプレバン専売となったので非常に失望しました。
主役級だとV2アサルトバスターに続いてF90。
この流れだとガンプラはプレミアムバンダイで予約して買う物、となる事は遅かれ早かれ避けられないでしょう。
当初、数が出ないマニアックな仕様をフォローしたり劇場限定ガンプラを販売するためにプレミアムバンダイがあったのでむしろ歓迎していました。
それが今やバンダイだけが儲かるためのプレバンに成り果てています。
そこまでしてガンプラ欲しいとは思わない。
バンダイには呆れました。

テーマ:

外付けHDDの調子が悪くなってきたので思い切って導入してみました。

 

ネットワークオーディオサーバーSoundgenic

 

 

音楽専用NASとして昨年リリースされた製品でずっと注目していました。

結構売れているようで値段が全然下がらないですね。

私が買ったのはスタンダードモデルのHDL-RA2HFで、2TBのHDDが搭載されたモデルです。

HDDの代わりにSSDを搭載したモデルもあるのですが予算オーバーでした。

ただのNASとして使うだけなら正直なところ高いのですが、このNASは音楽専用を謳うだけあってUSB-DACを接続してPCレスで音楽を楽しむことができますし、ウォークマンを繋いで楽曲を書き出すことも単体で行えます。

しかも、e-onkyo、moraから購入履歴を参照して直接ダウンロードすることもできます。

出先で気に入った楽曲をポチったら自宅に帰るとDLが済んでいてすぐに音楽が楽しめるというわけ。

更にDVDドライブなどのディスクドライブをUSB接続するとPCレスでCDのリッピングまでできてしまう優れものです。

CDのリッピングとは排他的な使い方になりますがUSB端子にHDDを追加すると音楽データのバックアップも取ってくれます。

かつてiTunesで2000~3000曲ほど吹っ飛ばした経験がある私にはありがたい機能です。

 

 

この製品が出るまでは6桁出さないと同等の機能が楽しめなかったのが3万ちょっとで買えるという非常にありがたい存在です。

売れるのも分かります。

今のところ手持ちのNR1604で再生しているので現状ではただのNASでしかないのですが、USB-DACを追加してみたくなります。

良い製品というものは一旦買うとシステムアップをしてみたくなるんですよね。

そしてリッピングをやり直したい。

最初に作ったファイルは今聴くと冗談抜きで音質が酷くて、せめてそこそこのレベルには持っていきたいですから。

時間が結構かかっちゃいますけど。

 

 

思えばバイオMXの頃からPCで音楽を聴きたいという私の願いもここまで来たという感じです。

面倒なCDの入れ替えもなく好きな音楽を好きなように楽しみたい。

NASを導入することでPCとは環境が独立するのも利点です。

万が一PCがクラッシュしても音楽データが守られますから。

自分のデータは自分で守らないといけません。

日本の音楽配信サイトはこちらがお金を出しているのに再ダウンロード回数に制限があったりしてユーザーフレンドリーの欠片もなく、あてになりません。

そりゃ海外のサービスに駆逐されるはずだわ。

お気に入りの音楽だけNASに入れて、それ以外はSpotifyなどの配信サービスを利用すればCDいりませんからね。

この10年だけでも音楽に対する付き合い方が随分変わりました。

テクノロジーの進化はどこまで行くんでしょうね。

 

 

小難しい話になりましたが、この機種を買って本当に良かった。

自分の理想とする音楽鑑賞の環境が安価で揃ったことが何よりも嬉しい。


テーマ:


 

今月追加されるソフトはこの3本。

  • スーパーマリオブラザーズ2
  • スターソルジャー
  • パンチアウト!!

です。

海外ではディスクシステムが販売されなかったのでまたしても海外は2本...と思いきや、マリオ2は SUPER MARIO BROS.: The Lost Levels というタイトルが付いて海外でもバーチャルコンソール化されているので今月は海外ユーザーも3本付きます。

ちなみに、海外でマリオ2というと

スーパーマリオUSAを指します。

このゲーム、元をたどれば 夢工場ドキドキパニック というディスクシステムのタイトルでしたが海外でNES用タイトルとして販売する際にキャラクターがマリオ等に差し替えられて

スーパーマリオブラザーズ2になった

という経緯があります。

国内と国外でナンバリングが異なるといえばFFもそうですね。

FF4が海外ではFF2、FF6が海外ではFF3です。

 

パンチアウト!!に関しては以前書きましたが、マイクタイソン・パンチアウト!!は完全に幻のソフト扱いです。

バーチャルコンソール、ミニファミコンなど近年では当時は非売品だったバージョンからの収録となっています。

 

 



中でも今月採り上げたいのはスターソルジャーです。

札幌にあったソフト会社ハドソンの力作です。

現在はコナミに吸収合併されていますが、ミニファミコンにも収録されていなかった旧ハドソンタイトルが加わったのは大きい。

ハドソンのソフトは名作ぞろいでしたので。

ただ、さくまあきら氏が権利を保持している桃太郎伝説や桃太郎電鉄の収録は絶望的ですね。

彼はコナミと非常に仲が悪いことで有名ですから...


テーマ:
本日から予約開始です。
全40本のうち今のところ10本しか収録タイトルの発表がありませんが、ここまでの発表内容を見る限り相当気合が入っているので予約するしかないでしょう。
本音を言えば収録タイトルを隠したまま予約開始するSIEをパクる必要は無かったです。


セガストア限定販売となるDXパック セガタイトルコレクターズエディションでは
・ミニカートリッジ(モック)
などが付属しています。
ミニファミコンと違ってカートリッジのフタが開閉できますからね。
このバカバカしさがセガっぽい。
ただ、それだけのためにプラス1万円。
私にはちょっと厳しいかな。



AUTOMATON様の記事で海外版も紹介されていました。
一部収録ソフトの差し替えもあるのですが記事を見れば分かるので割愛して、海外版で注目すべきは
・コントローラーが3ボタン仕様
である点です。
わざわざ両方作っちゃったんだね。
こういう姿勢は嫌いじゃない。
使い勝手でいえばファイティングパッド6Bですが初代3ボタンコントローラーに思い入れがあるユーザーも多くいるはず。
セガストアで3ボタンコントローラーの単体販売を是非ともお願いしたいところです。

Ameba人気のブログ