支配から信頼へ♪ゆるっと楽しい子育て♡

支配から信頼へ♪ゆるっと楽しい子育て♡

言うことを聞かせたい、出来る子に育てたい
こどもに求める支配の子育てから卒業
子どもが自ら行動する信頼の子育て楽しみましょう♪


テーマ:
こんにちは。

ゆきえです。


ブログを書き始めて9日目。

ブログにどのような事を書こうか
毎日色々考えるのですが

出来れば読んで頂いた方に

こんな視点もあるのか!という気付きになったり

分かる〜!と共感してもらったり

してもらえる内容にしたいなと思っています。


ただ、なかなか日常の出来事を
新しい視点で見るというのはなかなか難しい…

考えても思いつかないときは、
昨日の【次女の不思議】のような
ゆる〜い記事になっています。


そんな昨日の記事ですが、
現在UMIのカウンセラーコースで
一緒に学んでいる仲間から
コメントを頂いたことで、
新たな視点を加えることが出来ました!


きーちゃんありがとう♡
ちなみにきーちゃんのブログはこちら
話のテンポが面白くて私は大好きです♪


記事へのコメントにはこう書かれてありました。
↓↓↓
入れ歯のおじいちゃんおばあちゃんは、おせんべいとか、たくあんとかバリバリたべます
(入れ歯が合ってたらですけども)
そのかわり、白菜のお漬物の葉っぱの部分とか、繊維質の薄いものは超苦手みたい


【大人の私】が【赤ちゃんの次女】を観察するという視点だと、

ハードカバーの絵本を噛みちぎるのに
バナナが噛みちぎれないって不思議〜!

というだけの解釈だったのですが、


ここに【入れ歯のお年寄り】という別の視点が入る

硬いものを食べることが出来たら
柔らかいものは当然食べることが出来る

というのは歯が丈夫な大人の思い込み

であるという気付きが生まれました。


次女がバナナを噛みちぎれないのにも
彼女なりの理由があるのでしょうね。


色々な立場から物事を考える

ということは

自分の立場での常識や基準を
他の立場の人に押し付けない為に必要な事なんだなと実感しました。


という事で、昨日の記事に追記しました。

ぜひ、こちらも見てみて下さい♪




テーマ:
こんにちは。

ゆきえです。


次女は噛む力がめっちゃ強いです。

どのくらい強いかというと 

ビニール袋を
噛みちぎります!

スーパーボールを
噛みちぎります!!

ハードカバーの絵本の表紙を
噛みちぎります!!!


でも噛みちぎるのが苦手なものもあります。

それが何かといいますと

おにぎり!

蒸したさつまいも!!

バナナ!!!


人それぞれ得意、不得意はありますが

これは想像以上でした。

子どもは大人の常識を

簡単に打ち砕いてくれて面白いですね!


【ここから追記】
そして、入れ歯のお年寄りは

おせんべいやたくあんはボリボリ食べるけど
漬物の白菜の葉の部分や繊維質の薄いものは苦手

なのだそう。

入れ歯だと薄いものが上手く噛めないんですかね。


私はこの入れ歯のお年寄りの話を聞くまで
次女面白いなぁと思っていただけで
そこに私には分からない理由があるという視点が抜けていました。


私は次女に

硬いものを噛みちぎるのだから
柔らかいものは当然噛みちぎれる

という

私の常識を無意識に押し付けようとしていた

ということですね。

押し付けようとしていた自覚全く無し!


そういえば、知り合いに前歯の乳歯が生え変わらずに、乳歯が生えている人がいるけど
その人は前歯で食べ物を噛みきれないって言っていました。

私の主人は、前歯の差し歯が折れるのが怖くて、
前歯で食べ物を噛みきれないって言っています。


人それぞれに事情があり、
出来ること、出来ないこと
やりたいこと、やりたくないこと
色々なんだなぁと改めて自覚しました。


日常生活でも、子どもに私の常識を無意識に押し付けてコントロールしようとしていること、たくさんありそうだなぁ…

ちょっとこの事を気にして生活してみます。


ちなみに豆知識ですが、
バナナは手で簡単に縦に3等分に
割ることができます。

離乳食や手づかみ食べにぴったりなので、
それぐらいのお子さんがいらっしゃる方は
ぜひお試し下さい〜♡


テーマ:
こんにちは。

ゆきえです。


我が家の次女はもうすぐ11ヶ月になります。

最近は積んである積み木を倒すのがブーム♡


大人の常識で言ったら
積み木は積むもの

倒すのは積み木の
正しい遊び方じゃない!
と思ったりしませんか?


私は長女が赤ちゃんの頃は
そう思っていました。

おもちゃは正しい遊び方を
させなければいけない。

そんな気持ちで積み木を倒す長女に
積み木は積んで遊ぶんだよと教えていました。


でも、なぜ正しい遊び方を
しなければいけないのか?

それは、子どもが
正しい遊び方をしているのを見て
ちゃんと発達していると
私が安心したかったからです。

そして、正しい遊び方をしたら
脳が鍛えられる、つまり賢くなる。
これも、私が安心するための理由です。

私の安心の為に子どもに求めている。
完全にコントロールの意識で
子どもからエネルギー奪っています。


では、積み木を倒して遊ぶのは
正しい遊び方じゃないのか?

正解は✖️です。

3歳頃までは、子どもは
積み木を倒して遊ぶのが楽しいのです。

そして、十分に倒す遊びをした後に
積み木を積んで遊ぶ
積み木で作品を作る
段階へとシフトしていくのです。

だから、積み木を倒して遊ぶがとても大事。

この事実を知ってから、
私の積み木に対する常識は打ち砕かれ
積み木を倒して遊ぶことに
イライラすることはなくなりました。

そして、子ども達は
私のコントロールの意識に
晒されることなく、
積み木を倒す遊びを満喫しています。


長女は5歳で、積み木を倒す遊びから
積み木で作品を作る遊びになり
オリジナリティ溢れる作品を見せてくれます。

長男はもうすぐ3歳で、
最近自分のイメージを作品にするようになってきました。


自分の常識は本当に常識なのか?
それを押し付けたくなるのはなぜか?
押し付けたらどうなるのか?

積み木遊びで色々なことに
気付くことが出来ました。


テーマ:
こんばんは。

ゆきえです。


我が家のバンボちゃん♡



今、次女が使っていて現役なのですが
かなり年季が入っています。


我が家の子ども、私の甥っ子姪っ子合わせて

8人目

使用歴は11年

ほぼ休みなく働いてくれています。


我が家から去った後は
新たに産まれた甥っ子の元へ
働きに出かけるようです。


子ども達の成長を
見届けてくれてありがとう♪

テーマ:
こんにちは。

ゆきえです。


昨日はバルーンアートのお仕事2日目でした。

1日目同様、たくさんの方が来てくださり
最長で1時間待ちの行列ができていました。

私がバルーンアートを作るところを見て
出来上がった作品を見て
子ども達やお父さん、お母さんが
パッと笑顔になってくれる瞬間がたまりません♡

私は皆さんの時間を私に使ってもらったので
そのお返しが出来るように
感謝の気持ちを込めて作品を作りました。


さて、私はこの2日間で気になった事があります。

それは、子どもに欲しいものを聞く時の
お父さん、お母さんの聞き方です。

私は何を作るかの注文を受ける時
子どもさんに「何 が いいですか?」
と聞きます。

自分で答えられる子は「◯◯下さい」と
言ってくれます。

恥ずかしくて
何も言えなくなる子もいるのですが

その時にその子のお父さん、お母さんは
お子さんにこう言います。

「◯◯ で いいんやろ?」

そして私にこう言います。

「◯◯ で お願いします」


私は【◯◯でいい】という言い方には
妥協諦めのニュアンスを感じます。

せっかく1時間待って
メニューの中から好きな物を選べて
自分が欲しい物を選んだはずなのに
親に【◯◯でいいんやろ?】と言われたら…

私なら少し悲しくなります

【◯◯がいい】のに【◯◯でいい】と言われる

その繰り返しで
本当に自分が欲しいものが
だんだん分からなくなってきて

物事を選択する時に
【◯◯でいい】の基準になっていくのかな

そんなことを思いました


私も【◯◯でいい】が口癖になっているので
【◯◯がいい】の基準で
物事を選択していけるようになりたいな♪

テーマ:
こんばんは。

ゆきえです。


今日はバルーンアートのお仕事1日目でした。


足痛い〜!


手痛い〜!!


腰痛い〜!!!


疲れた〜!!!!



笑顔が嬉しかった♡


ありがとうが嬉しかった♡♡


上手〜が嬉しかった♡♡♡


頑張ってが嬉しかった♡♡♡♡



魔法の手みたいって
目をキラキラさせてくれる
子ども達を見て
私もパワーチャージしました!


明日も1日頑張るぞ〜♪



テーマ:
こんにちは。

ゆきえです。


私は9年程前から
趣味でバルーンアートをやっています。

きっかけは風船好きの甥っ子を喜ばせるためだったのですが
やり始めたら私がすっかりはまりました♪

風船の角がないシルエットと
触り心地に癒されます♡

子供を産む前は
ちょこちょことバルーンアートの営業でイベントに参加していましたが
最近はすっかりご無沙汰でした。

そんな感じの趣味事情でしたが、
なんと明日、明後日に
4年ぶりのバルーンアートの営業に行ってきます!

久しぶりの営業でドキドキ
子供3人を主人と私の母に1日預ける不安
久しぶりに私1人で行動するワクワク

色々な感情が入り混じっていますが
とにかく楽しみたいと思います♪


子供達のたくさんの笑顔が見れるの楽しみだなぁ♡

テーマ:

こんにちは。

 
ゆきえです。
 
 
今から2年ほど前
長女3歳、長男1歳の頃
 
長女が1歳の時ってどんなだったかなぁ
と昔の動画を振り返っていました。
 
 
そして動画の中の
 
よちよち歩きの長女の姿
赤ちゃん語を喋る長女の姿
 
可愛すぎて衝撃を受けました。
 
 
そのまま2歳の頃の動画も見ていくと
 
カタコトの言葉を一生懸命喋る長女の姿
歌を歌いながら踊る長女の姿
 
またまた可愛い過ぎて衝撃を受けました。
 
 
長女が1歳の頃は
 
言うことを聞いてくれず
お出かけしても私の思い通りにならず
 
いつもイライラしていました。
 
 
長女が2歳の頃は
 
イヤイヤ期真っ只中
トイレトレーニングも思うように進まず
 
いつもイライラしていました。
 
 
いつも上手くいかないと悩んで
楽しむ余裕もないと感じていました。
 
 
でも動画を見たら
 
可愛い長女の姿と
私や主人の楽しそうな声
 
たくさんありました。
 
そしてその頃の悩みなんかすっかり忘れていました。
 
 
あの頃には必死で可愛さに気付かなかったなぁ
長女はすっかりお姉さんになったなぁ
 
と思いながら
 
当時3歳の長女と1歳長男の喧嘩に悩み
長女の爪噛みに悩み
 
いつもイライラしてました。
 
 
そして、今、長女が3歳の頃の動画を見ると
 
言い間違いをしている長女の姿
作詞作曲した曲を披露してくれる長女の姿
5歳の今と比べると幼い長女の姿
 
可愛過ぎて衝撃を受けます。
 
 
やっぱり3歳の頃も
必死で気付かなかったけど
 
長女の可愛い姿と
私達家族の楽しかった時間が
たくさんあったみたいです。
 
 
そしてその頃の悩みはすっかり忘れてます。
 
 
それなら
 
忘れてしまう悩みにばかり気を取られず
 
今ある子ども達の可愛いさ
今ある楽しい時間
 
をしっかり感じたいなぁと思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:
はじめまして。

ゆきえです。


現在

5歳女の子
もうすぐ3歳男の子
もうすぐ1歳女の子

の子育てをしています。


私は、子供に

挨拶ができる
ありがとうが言える
ごめんなさいが言える
物の貸し借りができる
友達と仲良く
ご飯を残さず食べる
ご飯をこぼさず食べる
などなど…

たくさんのいい子できる子を求めていました。

それらを達成するために
たくさんの支配や抑圧の関わりをしました。


でも、長女が2歳になってすぐ

支配や抑圧をしなくても
共感と受容で信頼関係を築けば
子供は自ら考え行動するようになる

ということを知りました。


早速、共感と受容を意識した子育てを開始。

でも、自分の感情がコントロール出来ない…

思うように出来ない自分を責めて
思うようにしてくれない子供を責めました。


どうにもならず行き詰まっていた時に

UMIを知り
上手くいかない原因を
解消出来るかもと思い

すぐにカウンセリングを受けました。

そのままマスターコースを受講。

現在カウンセリングコースを受講しながら
自分と向き合っています。


支配の子育てから信頼の子育てへ

学びながら
日々トライ&エラーを繰り返しています。


こんな私ですが、よろしくお願いします。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス