新くりにっく

新くりにっく

石川県白山市の内科のクリニックです。


こんにちは 

院長の新です。

 

この春!

とうとう、待望の処女作(初版)となる

書籍が出来あがりました。

 

そもそも私自身、

本を書くなど夢にも思っていませんでした。

しかも国語は苦手中の苦手。

ただ、不思議な事に今回は、

書ける!書ける!

苦手だった文章も、

自分の素直な思いなら

スラスラ書けてしまったのです。

 

今回は、新くりにっく開業(2015年)から

コロナパンデミック(2020年~2024年)までの、

診療風景や診療で得たデーター、

診療に対する溢れる熱い思いを書きました。

 

みなさんが経験する病気や

新型コロナウイルス感染や

人生初のコロナワクチン接種体験は、

良きにしろ悪しきにしろ1回きりです。

 

しかし、

くりにっくでは大勢の患者様が

それぞれの体験を

お話ししてくださいますので、

多数の情報が集積され、

その中には共通点があり、

ひょっとしたら患者様にとって

役に立つ情報になるのではと思いました。

 

私は、「正」の字を書いて何でも統計をとる事が、

子どもの頃からの趣味でもありました。

それが、

ここにきて役に立ってきたのです。

 

これを診療の中で繰り返していたら、

なんと! 

様々な、今まで知られていない、

かつ斬新な情報がとなりました。

まさに、気づきの連続でした。

 

そして、

このことを黙ってはいられず、

どうしても皆さまにお伝えしたく、

ウズウズしてきたのです。

 

今回、金沢市の出版社

「橋本確文堂」にお手伝いいただきました。

80パージほどの薄い本ですが、

自費出版となります。

価格は、800円です。

 

タイトルは、

“町医者のひとりごと”です。

~「正」の字からみえてきた病気の話~

 

院内の受付にて販売しています。

ご購入いただけますと嬉しいです!

 

 

 



くりにっくコラム曖昧模糊更新しました。

以下三月号です。



こんにちは

院長の新です。

早いもので、3月ももう終わります。

3月と言えば卒業シーズン


みなさんの心の中にも思い出の卒業ソングが

流れているのではないでしょうか。


私も♪卒業写真「悲しいことがあると、

開く皮の表紙 卒業写真のあの人は…」


♪Sakura「さくら、ひらひら舞い落ちて…」

など聞こえてくると思わず涙してしまいます。



この春は、

我が家の子どもの巣立ちも重なり、

なおさら涙もろくなっている気がします。


そして、私事続きで、もうひとつ。

44年間、

地域の医療を支え続けてきた、父(新 正浩)が

新内科医院を3月31日で閉院することになりました。

これまで地域の皆さまに支えて頂き、

本当にありがとうございました。



ここ数年間は、父も体が弱り、

入退院を繰り返し診療時間を短縮しながら

続けておりましたが、

この春引退することを自ら決断いたしました。


診療しか興味のない父なので

幾度となく自らの決断を問いかけ続けた

ことだと思います。

そんな中でも診療を続けられたのは、

ひとえに通って来てくださる患者様から

の父を必要と言ってくださる声が

あったからだと思います。



本当に皆様に心から感謝しております。

この場を借りて改め御礼を申し上げます。

ありがとうございました。


家族の中では、口数も少ない父ではありますが、

患者さまとの会話は楽しんでいる様子でした。

そんな父は、

石川県白山市美川の生まれで、

地元の中学卒業後、県立泉が丘高校、

金沢大学医学部を卒業し、

金沢大学の放射線科に入局しました。



今とは違いCTもなかった時代、

血管造影が仕事のほとんどを占めていたそうです。

そして、

その父が3年前、

同じ放射線科の先生に

命を救われることになったのです。





3年前のある日、

突然の腹痛で救急車で運ばれます。

脾動脈に瘤ができ脾動脈瘤破裂という病気でした。

大出血してしまうと、

最悪の事態も想像できる病気です。

その際、放射線科の女性医師が血管から

カテーテルを用いて瘤の中に

コイルを詰めて血流をなくすという治療を

4時間かけて行ってくださいました。

その後、家族に画像を見ながら

病状説明とどんな治療をしたのかを

丁寧に説明してくれたのですが、

一緒に聞いていた娘は、

その繊細な処置に感動し、

自らも医師になる事を決意しました。



珍しい病気になりましたが、

これも不思議な巡りあわせなのだと思います。



2024年3月31日で新内科医院は、

閉院いたしますが、

医院裏の「なつかしや」(古民家喫茶店)で

スタッフと認知症カフェを開催していく予定です。

ご興味ある方、

また久しぶりに父に会いたいと

思ってくださる方は、

ぜひご参加ください。



これまで長きに渡り新内科医院に

通院くださった患者さま、

地域の皆様、

また門前薬局、検査会社としてお世話になりました

株式会社アルプ様、

明祥様、

スズケン様、

メディセオ様、

多くの関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。



この春、

扉を閉じる者もいれば、

扉を開け巣立とうとする者もいます。

たまたま?なのかもしれませんが、

どこかで誰かが

絶妙なタイミングを計算して

導いてくれている気さえします。

心から感謝の気持ちがあふれてくる春です。


最後に改めまして

2024年3月31日 

白山市西柏町 新内科医院 

閉院いたします。


みなさま 

長い間

本当にありがとうございました。






こんにちは

新くりにっくです

 

12月29日金曜日、

2023年の診療を無事に終えることができました。

 

今年一年、お越しいただきました患者さま、

地域の皆さま、関係者の皆さま

本当にお世話になりました。

心から感謝申し上げます。

 

重ねまして当院の診療にご理解、ご協力頂きまして

ありがとうございます。

 

去る2023年は、

皆様にとりましてどんな年でしたでしょうか?

 

ここで今年の印象的な写真をご紹介します

 

 

大好きなキャプテン翼と金沢金箔の

コラボアート作品を購入しました。

クリニック受付に飾ってありますので

ご覧ください。

 

 

 

6月には、クリニック主催で市民セミナーを開催しました。

沢山の方にお越しいただきましてありがとうございました。

 

 

他には、

スタッフが増えました。

例年ナースの補充には、

正直、頭を抱えることもあるのですが、

今年は、そのようなこともなく

ナース5人体制で診療できることに感謝です。

20代から60代のナースが

毎日元気に働いてくれています。

 

求人をださずとも

当院HPリクルートページからお問い合わせ、

ご応募頂けるようになりました。

 

引き続きナース、受付スタッフ、

医療秘書さんを募集中です

 

そして、ご一緒して頂けるドクター

も探しております。

 

ご興味ある方は、

ぜひリクルート欄より

お問い合わせお待ちしております。

 

最後に来年2024年3月末で

父の新内科医院が

閉院する予定です。

白山市西柏町に開院し

早44年の開業医人生に幕を下ろします。

これからは、医療とは違う形で

父のかかりつけの皆さまと交流できるような

形のものを検討中です。

 

第二の人生が益々充実したものになるように

心から願っています。

その父は、辰年。

 

くる年2024年も、辰年!

辰は、竜・龍でもありますし、神話上の動物。

どんな年になるのか楽しみです。

 

来年は、皆様にとりましても

天に上る龍のように上昇していく

勢いのある年になりますように♪

心よりお祈り申し上げまして

今年の締めくくりとさせていただきます

 

 

感謝を込めて

 

新くりにっく

クリニックマネージャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは

新くりにっくです

 

はやいもので

11月になり

日に日に気温が下がっていますね

 

インフルエンザも流行っています

お気をつけください

 

先日ホームページにアップしました

院長のきまぐれ更新のブログです

 

曖昧模糊11月号

「地球」=「人」

という大きなテーマで小さなことを

書いています。

 

よかったらご覧ください

 

このたび

美人百花11月号に

新くりにっくが掲載されました。

 

全国的なファッション誌に

掲載していただきました

ありがとうございます。

 

 

 

高濃度ビタミンC点滴が品薄でしたが

やっと充足してきました

 

美容だけではないビタミンCの効果!

 

小さな枠ですが、

よかったらご覧ください