1902 :7年ぶりのピアノPA用X-Yステレオマイクロホン | ShinさんのPA工作室

ShinさんのPA工作室

※ないものねだりこそ開発の原点だ※ 
※すべてのマイクロホンは未だ発展途上のデバイスだ※


テーマ:

「ピアノPA用X-Yステレオマイク」

今回はサイドアドレス型で実現させる事にしました。

山形のフォーリーフ製UEB5361使用のピアノPA用X-Yステレオマイク

 

試作第1号機を2011年に発表した「ピアノPA用X-Yステレオ・バウンダリーマイク」、そして翌年の第2号(正式版)の稼働結果が予想を超えるものであったことが今回の製作の大きなきっかけとなりました。

 

 

試作1号機  2011年(マイクの置き位置にご注目ください)

 

試作1号機はこのスタイルのPA用マイクの実用性を確認、「茶こしマイク」の愛称で試行錯誤しながら現場からのフィードバックによって解決すべき問題をクリアして正式版につないでいきました。

 

 

 

 

2号機(正式版=茶こしマイク2号)まで1年をかけてハード的、外観的にブラッシュアップしていきました。

「X-Yステレオ・バウンダリーマイク」はどこまでホールでの稼働に答えられる内容となるか、東北のあるホール技術者との共同開発のマイクとして好評いただくまでになりました。

2号機(正式版) 2012年(マイクの置き位置にご注目ください)

 

【X-Yステレオ方式について】

A-B方式などにくらべ省スペースでスケールの大きな良い結果を得られる。

2つの方式があり、どちらも一長一短がある。

 

1.スペースド式(仮称)、クロス式(仮称)とがある。

2.バウンダリー型試作1号機はスペースド式、正式版はクロス式でした。

スペースド式(仮称) はL/Rのカプセル同士が近づくほどお互いの形状による「しゃへい」・「反射」の干渉により位相=指向特性に影響を与える。

お互いを離すと改善するが今度は左右マイクのこれまた位相=(ワンポイント性と指向性)を乱すことになる。

(形状として一体型レコーダーのマイクでは「クワガタ」形状となる)。

 

クロス式(仮称) はL/Rのカプセルが上下に重なり合い、左右マイクのワンポイント性が保たれる。

上下方向の位相差が生じるためカプセルは小さいほど有利となる、棒状の2本のマイクのヘッドを重ね合わせるより高さの影響は少ないといえる。

(形状として一体型レコーダーでは方式上厚みを生ずる)

 

双葉 7年後のこのたび非バウンダリーのピアノPAを目的としたX-Y型ステレオマイクの要望によりスモールダイアフラム及びラージダイアフラムの2種類を完成させました。

今回はその1つ(スモールダイアフラム 13.7φ使用)をご紹介します。

このカプセルは7年前と同じフォーリーフのUEB-5361 です。

 

 

構想としてX年前の「茶こしマイク」として愛されてきた内容そのままに「ややオフ」のマイキングで豊かなピアノのPAを目的として結果としてケースの手作りをやめ中華マイクのケースを強化採用した。

 

一連の中華マイクケースの鳴き防止のため厚ゴムによりデッドニング改善し、カプセル床面には吸音材を使用した。

 

カプセルはフォーリーフのUEB-5361 http://www.four-leaf-mic.com/datasheet/UEB-5361spec.pdf を使用、同種のカプセルの中で大変優れた音質実績を得ています。

 

 

【回路図】

回路は7年前の2号機(正式版)とまったく同一です。

 

 

 

 

【接続ケーブル】

モガミ2chマルチ(CL2X)ケーブル2mXLR-5/3P変換Y字ケーブル

 

 

 

5PXLR~3P XLR L/R変換

 

 

5P XLRステレオ用接続図 (ノイマン、シグマ 互換Pinアサイン採用)

 

 

(内部)

ケース内部はゴム板でデッドニング行い「鳴き」防止。

 

 

90度ひねりのカプセルマウントの様子、床部は吸音材敷き詰め

 

 

【あとがき】

今回のX-YマイクロホンはピアノPA用として「ややオフ」から広がりと芯のある質の高いPA音を目的として設計しました。

 

 

 

次回は同時に製作した1インチタイプで同じ目的のマイクを発表します。

 

はたして現場ではいかに。

 

                     以上

 

 

 

 

(お知らせ)
fetⅡ、fetⅡi、fet3、
fetⅡ‐bright など、ご注文により人気機種の製作を承っておりますのでお問い合わせください (いまや貴重品、秋月のパナソニック WM-61Aとオリジナル・パーツで製作) 

 

モノ作り日本もっと元気出せ 

 

【おことわり】

★ここで公開している回路・写真・説明文などは音響家の方、アマチュアの方でハンドメイドまたは試験評価なさる場合の参考として考えております。

★製作物・加工物の性能・機能・安全性などはあくまでも製作される方の責任に帰し、当方(Shin)ではその一切を負いかねます。

★第三者に対する販売等の営利目的としてこのサイトの記事を窃用する事は堅くお断り致します。

★情報はどんどん発信していきます。ご覧いただき、アレンジも良し、パクリも結構です、Shinさん独特のこだわりと非常識を以て音響の世界を刺激してまいります。 

  
ShinさんのいたずらPA工作室  
ShinさんのPA工作室 管理人  Shin-2

ご意見やご質問はこちらから宜しくお願いいたします
メール  
メールはこちらから sound_ai@xk9.so-net.ne.jp  

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス